卓上スタンドを購入する前に用語を知ろう

卓上スタンドはスペックを確認しても専門的な用語が多く、分かりにくいことがありますますはそれぞれの用語を知ることで卓上スタンド選びの参考にしましょう。

lmとは?

LEDを使用した製品のスペックを見ると「lm」という表記がされています。これはルーメンといい、光源から放射される光の量の単位のことで端的に言えば感覚的に視覚でとらえることができる明るさを表す数値になります。

このルーメンという単位はLEDが主流になってから目にすることが多くなったと思いませんか?LEDではない電球や蛍光灯が主流だった頃は明るさを示す目安として「W(ワット)」が用いられていました。ワットは明るさそのものを表す単位ではなく、消費電力を表しています。60ワットと80ワットならば消費電力が大きい分80ワットの方が明るいという意味合いで使用されていたのです。

しかしLEDは消費電力が非常に少ないという特性を持っているため、従来のワット数で明るさを示すということができなくなりました。そこで明るさそのものを表す単位であるルーメンが用いられるようになったのです。

ちなみに一般的な電球の60ワット形は810ルーメンに相当します。覚えておいて損はない知識です。

lxとは?

照明を点灯した際に照らされる部屋などの空間の明るさを照度といい、これを表す単位が「lx(ルクス)」になります。ルーメンが光の量に対し、ルクスは空間の明るさを示すということになります。ちなみにルーメン毎平方メートルという単位で表現されることもあります。

明るくしたい場所が広いほどルーメンの値が大きいものを選ぶか複数の光源を使用する必要があります。

Kとは?

電球や蛍光灯には色味というものがあります。白熱灯や電球色と呼ばれるのがその色味にあたります。「K(ケルビン)」はこの色温度を示す値になります。

太陽光のケルビンは5500~7500ケルビン、ここから赤味が増えていくと数字が低くなり、ろうそくの明かりで2000ケルビン、青味が増すごとに数字が大きくなり、晴天の青空であれば8000ケルビン程度になります。

卓上スタンドの選び方のポイント4点

それでは卓上スタンドを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。上記の基礎知識に加え、このポイントを確認することで自分の好みに合った卓上スタンドが見つけやすくなります。

ポイント1.設置タイプをチェック

一口に卓上スタンドと言っても実は設置方法には違いがあります。スペースや使い勝手を加味し、適したものを選びましょう。以下に設置タイプの違いをまとめました。

スタンド式

スタンド式

いわゆるスタンダードな卓上スタンドです。自立してくれるので移動や設置が簡単で使い勝手が良いタイプになります。安定性が高く設置場所もある程度自由がきくという点もメリットになるでしょう。

しかし安定性を持たせるために土台面積が広くなるため、設置にスペースが必要な点がデメリットになっています。

クランプ式

クランプ式

クランプ式とは机の縁に挟むようにしてボルトで固定するタイプのことを言います。スタンド式とは異なり土台が必要ないため、机上を有効に活用できるという点がメリットです。机を広く使用したい人や机が狭い人にはこのタイプがおすすめです。

しかし、ボルトで固定するという構造上、1度設置してしまうと移動するのが面倒という点がデメリットになります。

クリップ式

クリップ式

机の天板をクリップで挟んで固定するタイプです。クランプ式と似ていますがボルトで固定するクランプ式に比べて安定性が低く、状況によっては簡単に外れてしまう場合もあります。

ライト自体は小型のタイプが多く。省スペースかつ設置も簡単なので設置場所の自由度は非常に高いタイプになります。移動させる用途があるのならクリップ式が適しているかもしれません。

スタンド+クランプ式

スタンド+クランプ式

スタンド式とクランプ式の特徴を併せ持つタイプの卓上スタンドです。このタイプのメリットは状況に応じて設置方法を変えることができる点で、頻繁に使用場所を変える場合はスタンド、設置スペースが狭い場合はクランプという風に使い分けできるようになります。

ポイント2.調光調色機能をチェック

卓上スタンドの中には自分の明るさの調整や色味の調整ができる製品があります。強い光の中長い時間居るのは疲労に繋がるため、長時間デスクに座っている人は調光、調色機能を持つモデルから選ぶのがおすすめです。

調光機能は段階的に変更ができるものと無段階で調整できるタイプがあります。さほどこだわりがなければ段階式のもの、ある程度こだわりたい場合は無段階のものを選ぶのがおすすめです。

また、調色機能は明かりの色味を変更できる機能のことで、勉強に適した白い明かりやリラックスする時には黄色っぽい光、というように状況に応じた色味の変化で心身に適した効果を与えることができます。デスクを様々な用途で使用する場合にはあると便利な機能と言えるでしょう。

ポイント3.電源方式をチェック

卓上スタンドには主に2種類の電源方式があります。1つ目は家庭用の電源を使用するACタイプです。これはコンセントからコードが届く範囲での使用になるため、設置場所や使用場所に限りが出てしまいます。しかし安定した使用をすることが可能なので、近くから電源を確保でき、なおかつ移動することがなければこのタイプが良いでしょう。

2つ目は充電式です。充電池を内蔵しておりコンセントの場所を問わず使用できるのが大きなメリットになります。また、USB給電できるタイプの製品は比較的コンパクトなものが多いので場所を問わず使用できます。しかし、このタイプはACタイプのものに比べ明るさや照射範囲は劣るので、明るさを求める人にはやや不向きかもしれません。

ポイント4.便利機能をチェック

卓上スタンドにはついていると便利な機能がいくつかあります。代表的なもので言うとタッチセンサーなどがそれにあたります。タッチセンサーはスイッチではなく、本体に触れることでセンサーが反応し、消点灯が行える機能です。比較的楽に消点灯ができるため付いていると便利ですね。

また、手間をかけずに節電したいという人は人感センサーが搭載されているモデルがおすすめです。人が近付くと自動で点灯、離れれば自動で消灯してくれる機能なので搭載されていると嬉しい機能と言えるでしょう。

おすすめ人気卓上スタンドランキングTOP12~7

それでは最後に人気卓上スタンドのランキングを見てみましょう。設置場所や用途などを考えながら最高の1台を見つけてくださいね。

12位:GENTOS LEDデスクライト ルミリオン S56 【明るさ 160ルーメン】 白 DK-S56CWH

1,240円

明るさ:160ルーメン
サイズ:W100×D225×H280mm
重量:500g
タイプ:スタンド型

照射範囲は狭いながら、携帯性に優れた小型の本体で設置場所もとらないタイプの卓上スタンドです。価格も抑え目なので広い範囲を照らす必要がない人におすすめの製品と言えるでしょう。

アームの可動性が高く、可動させたアームの保持力も高いので明かりの加減がある程度行えるという点もおすすめのポイントです。

LEDライトで評判の高い、ジェントスのLEDデスクライトです。
夜、お休み前の読書灯として使っています。

眩しすぎることもなく、丁度良い明るさで手元を照らすライトとして文句ありません。
ヘッドの調整もやりやすく融通が利きますので、狙ったところを確実に照らせます。ヘッドが重くて倒れるたこともありません。
この値段なら壊れたらまた買ってもいいかなって思えますので、迷ったら一度使ってみてはいかがでしょう。

11位:OCOOPA アルミ合金 電気スタンド 卓上スタンド テーブルランプ

2,999円

明るさ:1000ルーメン
サイズ:36cm×13cm×3cm
重量:420g
タイプ:スタンド型

ブラシ入りアルミニウム仕上げのスタイリッシュなデザイン性が特徴。平面発光設計のため、光の広がり方が美しくムラなく机上を照らしてくれます。7段階の調光ができ、リラックスモードや読書モードなど用途に応じたアイコンが本体に記してあるので操作が分かりやすくなっています。

畳める設計になっており、きちんと畳むと2~3cm程度の厚さにすることができるので使用しない時はすっきりとまとめておけるのも嬉しいですね。

とてもシンプルでスマートなデザインですね。
それでいて、LEDで最大1000ルメールの明るさを搭載しており、通常は1段階レベルを下げて使用しています。
デザインが良く、明るさと低価格を望むなら、これかなと思い買いました。
製作れた方へは、Good job.といいたいです。

10位:Wsky LEDデスクスタンド クリップライト

1,399円

明るさ:300LUX 450LUX 600LUX
サイズ:420mm
重量:200g
タイプ:クリップ・スタンド型

Amazonベストセラー1位の実績を持つ、人気の高いモデルです。自然光に近いナチュラルな光は目に優しく、長時間作業をしていても疲れにくい仕様になっています。クリップには滑り止めが付いているのでデスクにしっかりと固定することができ、安定性の高いクリップなのでクリップ部分を土台にして自立式のスタンドとしても使用できます。

タッチ操作で3段階の調光ができ、様々な面で使い勝手に優れたモデルになっています。

寝る前の読書用の購入しました。
コンセントが煩わしいので充電式を選択しましたが、これがとても便利です。
私の使い方では、寝る前のせいぜい30分ほどなので十分です。
さらに思ったよりも軽くて、明るさ充分です。
アームがあらゆる角度に調整でき、3段階の明るさ調整可能です。
何よりも安いです。
買ってよかったです。

9位:ツインバード デスクライト アーム型タッチインバータ蛍光灯 ブラック LK-H766B

5,196円

明るさ:500lux~
サイズ:本体/約 セード370×上アーム300×下アーム400mm
重量:1.7kg
タイプ:クランプ式

ツインバードの「LK-H766B」は堅牢な作りが特徴のクランプ式卓上スタンドです。光を前方照射しつつもルーパーが付いているので光が直接目に入らず、眩しさを感じさせません。ダブル反射板の働きにより照射範囲は広く、作業面を均一に照らしてくれるので広く場所を使用する作業にも向いています。

停電時には自動感知してサーチライトが点灯する仕様もおすすめです。

明るいので、本を読むときなど文字をしっかり読める。
LED電気スタンドを以前使っていたが、暗いのでこの商品を買ったが、蛍光灯はさすがに明るい。
使わないときは机の隅にアームで移動できるので、便利。

8位:パナソニック照明器具(Panasonic) LED デスクスタンド

12,884円

明るさ:昼白色の場合/50.0 lm、電球色の場合/21.4 lm
サイズ:314mm
重量:1000g
タイプ:スタンド式

美しくモダンなデザインが目を惹くこの卓上スタンドは電球色と昼白色の色合いを出せる優れた製品です。色味の切り替え方が非常に珍しく、ヘッド部分をOの字型にすると電球色に、開いて通常のスタンドライト型にすることで昼白色の明かりに切り替わります。デザイン性と機能性を兼ね備えた美しい卓上スタンドとしてお部屋を彩ってくれるモデルになっています。

関連するまとめ

ミシンのおすすめ人気ランキングTOP22&選び方【最新版】

裾上げや幼稚園の入園グッズ作りなどの際にあると便利なのがミシンです。今回はミシンのおすすめ人気ランキングTO…

もどる / 202 view

LED懐中電灯の最強ランキングおすすめ15選と口コミ【最新版】

アウトドアなどに重宝する懐中電灯は近年、従来の懐中電灯とは異なり電球の切れる心配がないLEDが人気になってい…

もどる / 3118 view

ズボンプレッサーのおすすめ人気ランキング20選と口コミ&選び方【最新版】

スラックスの折り目を綺麗に付けるために便利なのがズボンプレッサーです。今回はズボンプレッサーのおすすめランキ…

もどる / 174 view

石油ストーブのおしゃれ人気おすすめTOP18と口コミ&選び方【最新版】

冬場の暖房器具として古くから愛されており、近年その利便性が見直されて人気を高めつつあるのが石油ストーブです。…

もどる / 1189 view

水素水生成器の人気おすすめランキング12選と口コミ&選び方【最新版】

水素水を毎回購入して飲むのはコストがかかってしまいますよね。そこでおすすめなのが水素水生成器です。今回は水素…

もどる / 280 view

冷蔵庫メーカーおすすめ人気ランキングTOP7&選び方【最新版】

冷蔵庫は生活に欠かせない大切な家電で、その分選ぶ際には非常に慎重になる家電です。今回は冷蔵庫の主要メーカーの…

もどる / 162 view

スチームアイロンのおすすめ人気ランキングTOP20と口コミ【最新版】

ハンガーにかけたまま手軽にアイロンがけができるスチームアイロンは、シワを伸ばすだけでなく消臭機能もついていた…

remochan8818 / 883 view

乾燥機付き洗濯機の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【最新版】

衣類を綺麗に洗濯するだけでなく、乾燥まで行ってくれる便利な機械として忙しい方達から人気を集めているのが乾燥機…

もどる / 70 view

ブルーレイディスクのおすすめ人気ランキング20選と口コミ&選び方【最新版】

ブルーレイレコーダーもすっかり浸透した近年。そんなブルーレイレコーダーに欠かせない存在がブルーレイディスクで…

もどる / 736 view

ホームベーカリーのおすすめ人気ランキング22選と口コミ&選び方【最新版】

家庭で焼きたてのパンが食べられるホームベーカリー。近年は多機能なモデルも増え、様々な料理に活用できる機種も展…

もどる / 433 view

アロマ加湿器のおすすめ人気ランキング20選と選び方【最新版】

アロマオイル対応の加湿器を使用したことがありますか?素早くアロマの香りを漂わせてくれる加湿器により、リラック…

yoshitani / 437 view

ホットサンドメーカー人気おすすめ20選と口コミ!電気・直火タイプ別で紹介【最新版】

朝食やおやつなどにホットさアンドを自宅で気軽に楽しむことができるホットサンドメーカー今回は、ホットサンドメー…

maru.wanwan / 268 view

除湿空気清浄機のおすすめ人気ランキング8選と口コミ【最新版】

除湿機能が搭載されている空気清浄機は加湿空気清浄機よりもモデル数は少なく認知度もやや低めです。今回は除湿空気…

もどる / 229 view

サーキュレーターおすすめランキング22選と口コミ~選び方6つのポイントも紹介【最新版…

室内の空気を循環させるのに使用するのがサーキュレーターです。ここではサーキュレーターを選ぶ際に抑えておきたい…

もどる / 800 view

流しそうめん機のおすすめ人気ランキング15選と口コミ&選び方【最新版】

暑い季節になると食卓に登場することが多くなる日本の風物詩と言えばやはりそうめんです。今回は流しそうめん機の人…

もどる / 133 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

3人家族用の冷蔵庫おすすめランキングTOP20と選び方【最新版】

小さすぎる冷蔵庫では足りないけれど大容量冷蔵庫では大きすぎる、そんな微妙なラインが3人家族です。今回はそんな…

もどる / 9741 view

早く乾くドライヤーおすすめランキング15選と選び方&口コミ【最新版】

忙しい朝や疲れた夜は、髪をできるだけ早く乾かしてくれるドライヤーがあったら便利ですよね。そこで今回は、早く乾…

remochan8818 / 149 view

空気清浄機おすすめ人気ランキング21選と口コミ~選び方5つのポイントも紹介【最新版】

空気清浄機は花粉やホコリ・PM2.5などの目に見えにくい空気中の気になる物質やのニオイを除去する効果がありま…

もどる / 1224 view

ホットプレート人気おすすめランキング15と口コミ&選び方【最新版】

自宅で焼肉などを楽しみたい時に便利な調理器具がホットプレートです。ホットプレートを囲む食卓は特別感があってワ…

もどる / 923 view

ホームベーカリーのおすすめ人気ランキング22選と口コミ&選び方【最新版】

家庭で焼きたてのパンが食べられるホームベーカリー。近年は多機能なモデルも増え、様々な料理に活用できる機種も展…

もどる / 433 view

ポータブルテレビおすすめランキング20選と口コミ&と選び方【最新版】

場所を選ばずどこでもテレビを視聴したいという時に使用するアイテムがポータブルテレビです。今回はポータブルテレ…

もどる / 525 view

電気圧力鍋の人気おすすめランキングTOP20と選び方【最新版】

火を使用せずに時間や手間のかかる煮込み料理などを作ることのできる電気圧力鍋は忙しい方の強い味方です。今回は電…

もどる / 875 view

ホットサンドメーカー人気おすすめ20選と口コミ!電気・直火タイプ別で紹介【最新版】

朝食やおやつなどにホットさアンドを自宅で気軽に楽しむことができるホットサンドメーカー今回は、ホットサンドメー…

maru.wanwan / 268 view

加湿器おすすめ人気ランキング21選と口コミ~選び方4つのポイントも総まとめ【最新版】

近年の加湿器は部屋の湿度を一定に保つ機能が付いていたりする便利なものがトレンド。ここでは加湿器の4つの効果と…

もどる / 3778 view

真空管アンプのおすすめ人気ランキング20選と選び方【最新版】

真空管アンプは、かつての電気製品に広く使われていた真空管をオーディオに適用したアンプのことで、サウンドは柔ら…

maru.wanwan / 603 view

スポットエアコンおすすめ20選!家庭用・業務用別の人気ランキング【最新版】

必須の家電といえばエアコンですが、便利なのが。特定の部分だけを集中して冷やしてくれるスポットエアコンです。今…

もどる / 342 view

スチーム式加湿器のおすすめランキング20選と口コミ&選び方【最新版】

現在の加湿器は非常に豊富な種類が展開され、加湿方法も様々です。そんな種類の多い加湿方法の中でも最も加湿効果が…

もどる / 682 view

スマートスピーカーおすすめランキング15選と口コミ~選び方のポイントも解説【最新版】

近年話題になっている人工知能を搭載したスマートスピーカー。ここではスマートスピーカーのおすすめ人気ランキング…

もどる / 1107 view

ハンディクリーナーのおすすめランキング20選と口コミ&選び方【最新版】

ホコリが気になった時にさっと取り出して使用できるのが魅力のハンディクリーナー。近年は液体も吸えるモデルが登場…

もどる / 231 view

ヨーグルトメーカーおすすめ人気ランキング17選と口コミ【最新版】

市販のヨーグルトを毎回購入するのは意外とコストがかかります。そこでおすすめなのがヨーグルトメーカーです。ここ…

もどる / 448 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング