スポンサードリンク

エアコン選びの前に知っておきたい近年のエアコンのトレンド

年々目覚ましい進化を遂げているエアコンですが、近年のトレンドのエアコンとはどのようなものなのでしょうか。ここでは近年のエアコンの傾向を解説していきたいと思います。

省エネ性能

エアコンの進化の大部分はこの省エネ性能と言っても過言ではありません。世間のニーズにあわせ、技術力がどんどん向上しています。おそらくこれからも省エネ性能は上がっていくことでしょう。

近年のモデルではセンサーや気流制御技術を搭載することで快適さの向上を図りながらも省エネ性能を上げている機種が見受けられます。これらの機種は省エネ性能が格段によく、経済的なモデルを選びたい人には見逃せない製品です。

ちなみに14畳向けの機種で考えた場合、10年前と比較してエアコンを使用する期間の電気代が40%も安くなる機種も存在します。省エネ性能はしっかりとチェックしておきたい項目ですね。

自動洗浄機能

省エネというコスト面をクリアすると次に欲しくなるのが「お手入れの楽さ」ではないでしょうか。ご安心ください。近年のエアコンは自動洗浄機能が非常に優秀なのです。昔のエアコンはフィルターを個人で掃除しなければエアコンの性能が鈍ってしまったり、電気代が余計にかかったり、アレルギー反応が出たり、と困ったことが多くありました。

近年のエアコンは元々のフィルターが汚れにくいものを使用していたり、フィルターの自動洗浄を行ってくれるモデルが多く存在します。これにより、面倒なお手入れが必要なくなり、手間なくエアコンの性能を維持することができます。

快適性向上

エアコンを使用する目的は涼をとるためですから快適さは譲れないポイントですよね。この点も近年のエアコンは様々な機能を搭載することでモデルごとに異なる快適さを作り上げています。

人気の機種で言うと人感センサー搭載のものが高評価を得ています。人感センサーは機種により性能差はありますが、例えば三菱電機のセンサーである「ムーブアイ」は1℃単位で体感温度を感知してくれる機能があり、暑がりな人と寒がりな人が同じ空間に居てもどちらも快適な温度になうように調節を行ってくれます。

また、日立のセンサーは人の顔まで識別できるセンサーを搭載しており、今まで部屋に居なかった人が部屋に入ってきた場合、外から帰ってきたと判断し、冷やそうとしてくれます。この機能により外から帰ってきたばかりで暑さを感じていてもすぐに快適に感じられるようになるので、働いている人にとって嬉しい機能と言えますね。

この他にもロング気流やサーキュレーション気流など、気流のコントロールを行うことで部屋全体を快適な空間にすることができる機能などもあり、エアコンが作り上げる空間の快適性が年々向上していることが分かります。

エアコンの選び方のポイント3点

さてエアコンを選ぶ際はどのような点に気を付ければ良いのでしょうか。以下にポイントをまとめました。

1.部屋の広さから選ぶ

エアコンを選ぶ際にまず目安となるのは各エアコンの適用場数です。この適用場数はカタログやスペックに必ず表記されているので確認しましょう。しかし注意して欲しいのですが密閉率が低い木造の住宅は効率が悪いため場数は小さくなり、密閉性の高い鉄筋の住宅は畳数が大きくなります。スペックに木造住宅○○畳、鉄筋住宅○○畳と書いてあればそれを参考に、書いてない場合は木造であればやや余裕を持たせた畳数を購入しましょう。

また部屋の向きも参考に入れて適用畳数を選ぶのも大切です。南向きの部屋に世知する場合は室温が上がりやすいので実際の部屋よりも広めをカバーできるエアコンを選ぶようにしましょう。

2.メーカーで選ぶ

エアコンはメーカーによって様々な特徴を持っています。これは上記でも解説した通りです。メーカーにより、機能の傾向や価格帯などが異なるので予算や欲しい機能を考えてメーカーから選ぶというのもおすすめの選び方です。

3.シリーズで選ぶ

どのメーカーでも言えることですが、エアコンにはシリーズがあります。段階はメーカーにより異なりますが大まかには最新の機能と技術を駆使した「ハイエンド」ハイエンドよりもいくつか機能を抜き価格とのバランスを重視した「ミドルレンジ」さらに機能を絞り購入しやすい価格に設定された「ベーシック」の3種類になります。

1番大切なのは予算ですが、予算に余裕がある場合リビングなどの広くて使用頻度が高い場所、なおかつ人が集まるところには快適度の高いハイエンドがおすすめです。使用頻度としては高くなく、狭い傾向にある子供部屋や寝室はミドルレンジを購入するのがおすすめです。

おすすめエアコンランキングTOP12~7

それでは最後におすすめのエアコンランキングを見てみましょう。お気に入りの1台を見つけて厳しい夏を乗り切りましょう。

12位:DAIKIN AN56VRP-W ホワイト うるさら7 [エアコン (主に18畳用・200V対応)]

313,100円

適用畳数:暖房:15~18畳 (24~30平方メートル)冷房:15~23畳 (25~39平方メートル)
発売日:2017年11月
機能:空気清浄、除湿、加湿、衣類乾燥、フィルター自動洗浄、自動熱交換器洗浄等

エアコンの基本性能を最大限に引き出す制御と独自の技術の組み合わせにより部屋の中の
温度を素早く確実に快適に変えてくれるのが「うるさら7」の特徴です。設定温度への到達時間が非常に早いのが特徴で、冷房時のクールブーストでは不快な湿気を素早く取り除き、快適な空間を素早く作り上げます。暖房時のヒートブーストでは接待温度への到達を20%も短縮し、素早く部屋の中を温めてくれます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

豆乳メーカーおすすめランキング10選と口コミ&選び方【2024最新版】

豆乳を自宅で簡単に作りたいのなら豆乳メーカーがおすすめです。今回は豆乳メーカーの人気おすすめランキングと口コ…

もどる / 826 view

小型洗濯機の人気おすすめランキングTOP18と口コミ&選び方【2024最新版】

小型洗濯機とは通常の洗濯機よりも小さな洗濯機で、通常の洗濯機よりも機能を絞った製品を指します。ここでは小型洗…

もどる / 281 view

ワッフルメーカーの人気おすすめランキングTOP20と口コミ【2024最新版】

ワッフルメーカーがあれば自宅でカンタンにフワフワのワッフルを作ることができ、プレートを交換できるものなら他の…

remochan8818 / 313 view

足温器のおすすめランキング人気18選と口コミ&選び方【2024最新版】

寒い季節に暖をとったり、冷え性対策として非常に重宝するのが足温器というアイテムです。今回はそんな足温器の人気…

もどる / 353 view

インクジェットプリンターのおすすめ人気15選と口コミ~選び方4つのポイントも解説【2…

家庭用のプリンターとして一般普及率が高く、文書から年賀状、写真印刷までこなしてくれるのがインクジェットプリン…

もどる / 252 view

ミキサーのおすすめ人気ランキング11選と口コミ~選び方6つのポイントも紹介【2024…

人気のスムージーや野菜ジュース、それから日々の料理と使用用途が広い家電、それがミキサーです。ここではミキサー…

もどる / 268 view

コストコ家電のおすすめ人気ランキング15選と口コミ&選び方【2024最新版】

ビッグサイズの食品が有名なコストコですが、実は家電も安く購入することができます。今回はコストコ家電のおすすめ…

もどる / 1924 view

スポンサードリンク

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

布団乾燥機おすすめ人気ランキング16と口コミ&選び方【2024最新版】

布団を外に干せない寒い時期や梅雨時期でも、布団をからっと気持ちよく乾燥させてくれるのが布団乾燥機です。今回は…

もどる / 301 view

石油ファンヒーターのおすすめ人気TOP30と口コミ&選び方【2024最新版】

寒い季節にお部屋を暖める暖房器具は色々ありますが、その中でも人気が高いのがファンヒーターです。今回は石油ファ…

もどる / 278 view

加湿空気清浄機のおすすめランキング20選と口コミ&選び方【2024最新版】

空気清浄機と加湿器の機能を備えた加湿空気清浄機はシーズン関係なく使用できる便利な家電です。今回は加湿空気清浄…

もどる / 253 view

扇風機おすすめ人気ランキング12選~選び方と口コミも紹介【2024最新版】

高音多湿の日本の夏に欠かせないアイテムと言えば扇風機です。近年は高級モデルも沢山販売されていますが、選び方と…

もどる / 256 view

石油ストーブのおしゃれ人気おすすめTOP18と口コミ&選び方【2024最新版】

冬場の暖房器具として古くから愛されており、近年その利便性が見直されて人気を高めつつあるのが石油ストーブです。…

もどる / 269 view

ブルーレイレコーダーおすすめ人気ランキング20選と口コミ&選び方【2024最新版】

テレビ番組を高画質で録画するのに欠かせないブルーレイレコーダー。今回はレコーダー選びで失敗しないための、ブル…

もどる / 226 view

IHクッキングヒーターのおすすめ人気ランキング20選と選び方【2024最新版】

火を使わず調理を行えるため、安全に使用できる調理器具として近年シェアを高めているのがIHクッキングヒーターで…

もどる / 239 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング