スポンサードリンク

靴乾燥機とは

靴乾燥機とは温風を出すノズルを2つ備え、それぞれを靴の中に入れることで左右同時に乾かすことができる製品です。靴の奥までしっかりと温風が届くのでムラなく乾かすことができるので雑菌が繁殖するのを抑え、ニオイが発生するのを防いでくれます。

すぐに乾かしたい靴やお子さんの上履きなどを乾かす用途として家庭に導入する方が増えています。

靴乾燥機の選び方のポイント7点

靴乾燥機を購入する際はどのようなポイントに気を付けて選べば良いのでしょうか。ここでは靴乾燥機の選び方を見ていきましょう。

ポイント1.乾燥機能をチェック

乾燥機能はハイパワーに越したことはありません。ハイパワーで乾燥してくれる機種なら乾燥時間も短くて済みます。しかし雨の日に少し濡れた程度の靴の乾燥であればそこまでのパワーは必要ありません。

乾燥機能の目安はスペックに乾燥時間が記載しているので、その時間を参考に選ぶのがおすすめです。パワーが上がればその分本体価格も高くなるので予算と相談しながらパワーを選ぶようにしましょう。

ポイント2.対応の靴をチェック

靴乾燥機の中にはブーツや長靴などにも対応しているモデルもあります。蒸れやすいブーツを衛生的に保つための用途やお子さんが水たまりで遊んだ長靴の乾燥に靴乾燥機を使用したい場合は、靴乾燥機がこれらの靴に対応していることを確認する必要があります。

また、靴乾燥機の中にはお子さん用の小さな靴に対応していない場合もあるので、お子さんの靴を乾かす目的で靴乾燥機を購入したい方は何cmから対応しているかの確認も怠らないようにしましょう。

ポイント3.脱臭効果・除菌効果をチェック

靴乾燥機の中には脱臭、除菌の効果を付与してくれるタイプの機種も存在します。オゾン消臭機能などがそれに該当します。

オゾン消臭機能とはオゾンが含まれた温風で、靴の中に発生しやすいイヤなニオイやニオイの元になる雑菌を除去してくれます。靴は比較的ニオイが発生しやすいものなので靴乾燥機を選ぶ際は除菌・消臭機能が搭載されているものを選ぶのがおすすめです。

ポイント4.消費電力をチェック

梅雨時期のような雨が続く時期はどうしても靴乾燥機を頻繁に使用することになります。そうなると気になるのが電気代です。

靴乾燥機のスペックを確認すると消費電力の項目があるので電気代をなるべく節約したいという方はこの項目の確認を忘れずに行いましょう。また、消費電力から電気代を計算してくれるツールがあるのでインターネットで検索し、上手く活用することでどの程度の電気代がかかるのが具体的に確認することができます。

機種によっては1回使用したときの電気代の目安が記載されているものもあります。こういった情報をしっかり確認し、お得に使用できるモデルを選ぶようにしましょう。

ポイント5.静音性をチェック

靴乾燥機は温風を出して靴の内部を乾燥させるという構造上、運転音が発生します。濡れてしまった靴を次の日の朝までには乾かしたいという用途になると夜間の使用という場面も想定されます。

そこで確認しておきたのが運転音です。製品のスペックに運転音の記載がされているものはその項目を確認しておきましょう。また、運転音の記載がない場合は口コミなどを参考にしてどの程度の音で乾燥するのかチェックしておきましょう。

モデルによっては低騒音モードといった、運転音を極力抑えたモードが選択できる場合もあります。使用する環境や使用する時間帯など、なるべく静かに使用したい方は運転音が抑えられる機種を購入するのがおすすめです。

ポイント6.タイマー機能をチェック

大体の靴乾燥機にはタイマー機能が搭載されていますが、このタイマーも機種によって異なっています。5段階など細かく設定できる機種もあれば2段階しか切り替えができないという機種もあります。使用する靴がいつも同じ素材やサイズであればタイマーは細かく設定できなくても比較的問題はありません。

しかし革靴もスニーカーも乾かしたいという用途であれば、靴の素材ごとにタイマーを設定できる機種を選ぶ方が靴乾燥機を便利に活用できます。

寝ている間に靴を乾燥させたいという方も細かくタイマーが設定できるタイプの機種を選ぶようにしましょう。靴乾燥機を使用するシチュエーションを想定し、使い方に応じたタイマー設定ができるタイプを選ぶようにしましょう。

ポイント7.本体サイズをチェック

靴乾燥機は玄関で使用することが多いと思われます。そのため、使い勝手を考えると玄関に収納できた方が良いということになりますよね。そこで靴乾燥機を購入する前に収納場所をしっかりと決めておくことも大切です。

靴箱に収納する場合は扉の開閉を邪魔しないかどうか、どの程度のサイズであれば余裕を持って収納できるかをしっかりと確認しておきましょう。また、使用時に安定して設置できるスペースが玄関にあるかの確認も忘れずにしましょう。玄関のコンセントまでの距離を考え、コードの長さがどの程度必要なのかの確認も重要なポイントです。

おすすめ靴乾燥機ランキングTOP15~11

15位:Smart-Style ロングシューズドライヤー

2,999円

商品サイズ:約W22×D18×H31cm
定格消費電力:250W
タイマー機能:最大120分
電源コード長さ:約1.5m
本体重量:約1kg
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

エスプレッソマシンのおすすめ人気ランキング23選と口コミ&選び方【2024最新版】

近年コーヒーにこだわる方が増えていますが、そんな方におすすめなのがエスプレッソマシンです。今回はエスプレッソ…

もどる / 133 view

お風呂の防水テレビおすすめ人気ランキング20選と口コミ&選び方【2024最新版】

いつものお風呂タイムを楽しくしてくれるのに役立つのがお風呂用の防水テレビです。今回はそんな贅沢を叶えてくれる…

もどる / 455 view

脱臭機おすすめランキング18選と口コミ&選び方【2024最新版】

今回は脱臭機のおすすめ人気ランキングTOP18や口コミと選び方のポイントを見ていきましょう。ペットやタバコ、…

もどる / 157 view

コードレス掃除機の人気おすすめランキング15選と口コミ【2024最新版】

最近の掃除機は進化し続けており、特にコンセントがないコードレスタイプは階段のある家ではとても便利です。そこで…

maru.wanwan / 230 view

4Kテレビの人気おすすめランキング30選と口コミ&選び方【2024最新版】

十分綺麗な映像が楽しめるフルハイビジョンのさらに4倍もの画素数を有し、鮮明で没入感の高い映像を楽しむことがで…

もどる / 162 view

餅つき機のおすすめ人気ランキング20選と口コミ&選び方【2024最新版】

市販されている切り餅は手軽に食べられますが、やはりつきたてのお餅の美味しさには叶いません。そんな時に使用した…

もどる / 164 view

高圧洗浄機のおすすめランキング22選&選び方【2024最新版】

洗車やお家の外壁、ベランダなどの掃除に便利なのが高圧洗浄機です。現在は使い勝手に優れたタイプが多く販売されて…

もどる / 125 view

スポンサードリンク

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

人気の電気ケトルおすすめランキング22選と口コミ~選び方4つのポイントも紹介【202…

お湯をさっと沸かすことができる電気ケトル。ここでは購入時に迷わないための電気ケトルの選び方4つのポイント、そ…

もどる / 207 view

衣類乾燥機のおすすめランキングTOP22と選び方【2024最新版】

悪天候や寒さなどで外に洗濯物を干すことができない日が続くと困りますよね。そんな時におすすめなのが衣類乾燥機で…

もどる / 160 view

ブルーレイレコーダーおすすめ人気ランキング20選と口コミ&選び方【2024最新版】

テレビ番組を高画質で録画するのに欠かせないブルーレイレコーダー。今回はレコーダー選びで失敗しないための、ブル…

もどる / 132 view

真空管アンプのおすすめ人気ランキング20選と選び方【2024最新版】

真空管アンプは、かつての電気製品に広く使われていた真空管をオーディオに適用したアンプのことで、サウンドは柔ら…

maru.wanwan / 208 view

パソコンメーカーの人気おすすめランキングTOP20【2024最新版】

パソコンを開発販売しているメーカーは国内外問わず多数あります。今回は、自分に合ったパソコンを選ぶヒントとして…

もどる / 289 view

ポータブルテレビおすすめランキング20選と口コミ&と選び方【2024最新版】

場所を選ばずどこでもテレビを視聴したいという時に使用するアイテムがポータブルテレビです。今回はポータブルテレ…

もどる / 136 view

ハンドブレンダーのおすすめ人気ランキング20選と口コミ【2024最新版】

様々な食材を潰したり混ぜたりする際に役立つ便利なハンドブレンダー。離乳食や料理の下ごしらえから仕上げまで使い…

maru.wanwan / 210 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング