スポンサードリンク

タワーファンとは

タワーファンはその名の通り、タワー状、つまり縦に長い形状をしている扇風機です。しかし、扇風機と言っても通常の扇風機は大きな羽根を回転させることで風を生み出すのに対し、タワーファンは細長い羽根を円柱状に配置し、モーターで回転させて風を送る仕組みを採用しています。つまり、通常の扇風機とは構造が異なっているのです。

扇風機とタワーファンの大きな違いとして、風を出す面の広さという点が挙げられます。タワーファンはたての送風面積が広いものの、横の面積としては狭い形状なので、羽根の面で送風する扇風機に比べて範囲が狭くなります。

また、一般的な扇風機に比べてタワーファンは構造が複雑なので本体価格も伴って高くなります。しかし、デザインがおしゃれなので、お部屋のインテリアを損ないたくないという方や、設置スペースが限られている方から支持を得ています。

タワーファンの特徴

タワーファンは細長く縦に長い形状が特徴で、省スペースで設置ができるというのが最大のメリットになります。扇風機の場合は首振り分も考慮して設置する必要がありますが、タワーファンの場合はその点を気にする必要がありません。タワーファンのそこ面が設置できるスペースさえあれば、問題なく設置利用できます。

また、タワーファンは羽根が本体に内蔵されている構造上、安全性が高いため、ペットや小さなお子さんのいるご家庭でも安心して使用できるというのも大きなメリットです。送風口の縦幅が長いため、立って作業するようなキッチンなどの設置も適しています。

しかし、細い羽根を高速回転するという構造上、風切り音がやや大きいという点には考慮が必要です。特に強運転の場合は明確に扇風機よりも大きな音がします。静音性重視の方には使いにくく感じるかもしれません。加えて、シロッコファンは本体から取り外しができないため、通常の扇風機に比べて掃除がしにくいというのもタワーファンのデメリットと言えます。

タワーファンの選び方のポイント5点

タワーファンのおすすめランキングをご紹介する前にまずは選び方のポイントを確認し、自分に最適なタワーファンを見つけるヒントにしましょう。

ポイント1.静音性を重視するならモーターをチェックしよう

前述の通り、タワーファンは風切り音が通常の扇風機よりも大きいという特徴を持っています。そんなタワーファンでも静音性を少しでも高めたいのであれば使用しているモーターのチェックを行うようにしましょう。

タワーファンで用いられているモーターには交流で羽根を回転させるACモーター、そして直流で羽根を回転させるDCモーターがあります。静音性を重視して選びたい場合はDCモーターを採用しているモデルを選ぶようにしましょう。

DCモーターを搭載しているモデルは制御が簡単できめ細やかな風量調節画嚢になっているのも特徴で、モーター自身が静音設計なので、運転音が気になりません。

ポイント2.風向きの変更機能をチェック

タワーファンを便利に活用していくポイントとして風向きの切り替えができるかどうかという点は外すことができません。タワーファンは上下の風向きを切り替えることができるタイプのものとできないものがあります。上下のルーパーを動かすことができないモデルは必然的に広範囲への送風ができないため、便利に活用できません。この上下の風向きの変更を自動で調整できるかの確認をしておきましょう。

左右の風向きはどの程度の角度まで首振りが可能なのか確認するのがポイントです。タワー本体が左右に動くモデルであれば広範囲への送風が可能です。しかし、内部のファンが回転するタイプのモデルの場合は角度が狭い場合があるので、どの程度左右の送風が必要かあらかじめ考えて選ぶと良いでしょう。

ポイント3.ヒーター機能をチェック

タワーファンの中にはヒーター機能が搭載されているモデルがあり、このタイプの製品は1年を通して使用することができます。そのため、オフシーズンの収納場所を考える必要がないというのは大きなメリットです。

しかしヒーターとして使用する場合は安全面に配慮し、周囲に一定のスペースを必要とすることは覚えておきましょう。

また、タワーファンの中には水や保冷剤を入れ、冷風扇として使用できるモデルもあります。より冷却能力を求める方はこのタイプから選ぶのがおすすめです。

ポイント4.消費電力をチェック

一般的にタワーファンは強風時の消費電力が30~40W程度になっており、40Wで1日中使用した際の電気代は26円程度になっています。30Wの場合は1日あたり約19円と、差があります。この差は1日あたりで考えれば大したことがなくても毎日使用していれば大きな差になります。少しでもお得に使用したいという方は商品スペックを確認し、消費電力をチェックするようにしましょう。

ポイント5.安全面をチェック

高さがあり、細いタワーファンはぶつかったりすると倒れてしまう危険性があります。お子さんやペットの安全性を考えるのであれば底面などを確認し、倒れにくいタイプのモデルを選ぶようにしましょう。

また、タワーファンの中には転倒時に電源がオフになる機能を搭載しているモデルがあります。特にファンヒーターきのうを搭載しているモデルの場合はこの機能は必須と言えます。さらに温度が上昇しすぎた際に電源が自動で切れる機能もあるので、安全面に配慮するのであればこれらの機能は確認しておくようにしましょう。

おすすめタワーファンランキングTOP15~11

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

ヨーグルトメーカーおすすめ人気ランキング17選と口コミ【2024最新版】

市販のヨーグルトを毎回購入するのは意外とコストがかかります。そこでおすすめなのがヨーグルトメーカーです。ここ…

もどる / 159 view

防災ラジオのおすすめランキングTOP20と選び方【2024最新版】

災害時は、停電になったり避難したりと情報源がなくなる可能性が高いですが、そんな時に防災ラジオがあると安心です…

remochan8818 / 205 view

布団クリーナーおすすめランキング20選と口コミ&選び方【2024最新版】

細分化していく傾向にある掃除機というカテゴリの中でも注目株の存在と言えば布団クリーナーです。今回はそんな布団…

もどる / 254 view

パソコンメーカーの人気おすすめランキングTOP20【2024最新版】

パソコンを開発販売しているメーカーは国内外問わず多数あります。今回は、自分に合ったパソコンを選ぶヒントとして…

もどる / 311 view

除湿空気清浄機のおすすめ人気ランキング8選と口コミ【2024最新版】

除湿機能が搭載されている空気清浄機は加湿空気清浄機よりもモデル数は少なく認知度もやや低めです。今回は除湿空気…

もどる / 151 view

テレビメーカーの人気おすすめランキング6選と口コミ&選び方【2024最新版】

薄型化、大型画面化の進化が目覚しい液晶テレビですが、様々なメーカーから商品が発売されています。今回はそんなテ…

もどる / 121 view

真空管アンプのおすすめ人気ランキング20選と選び方【2024最新版】

真空管アンプは、かつての電気製品に広く使われていた真空管をオーディオに適用したアンプのことで、サウンドは柔ら…

maru.wanwan / 224 view

スポンサードリンク

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ホームベーカリーのおすすめ人気ランキング22選と口コミ&選び方【2024最新版】

家庭で焼きたてのパンが食べられるホームベーカリー。近年は多機能なモデルも増え、様々な料理に活用できる機種も展…

もどる / 171 view

布団クリーナーおすすめランキング20選と口コミ&選び方【2024最新版】

細分化していく傾向にある掃除機というカテゴリの中でも注目株の存在と言えば布団クリーナーです。今回はそんな布団…

もどる / 254 view

食器乾燥機おすすめ人気ランキング17選と口コミ~選び方5つのポイントも紹介【2024…

食器乾燥機とはヒーターで加熱し、ファンで温かな風を送ることで中に入れた食器を乾燥させる機械です。今回は、食器…

もどる / 136 view

ハンディクリーナーのおすすめランキング20選と口コミ&選び方【2024最新版】

ホコリが気になった時にさっと取り出して使用できるのが魅力のハンディクリーナー。近年は液体も吸えるモデルが登場…

もどる / 264 view

おしゃれ電源タップの人気おすすめTOP20と口コミ&選び方【2024最新版】

部屋のコンセントが足りないときなど活躍してくれるのが電源タップです。近年、利便性とデザイン性に磨きをかけてお…

もどる / 110 view

コスパ最強!安いテレビおすすめランキング20選と口コミ&選び方【2024最新版】

各家庭に必ずあると言っても過言ではないテレビ。近年は海外メーカーの参入などの要因で薄型のテレビも随分と安くな…

もどる / 163 view

一人暮らしの冷蔵庫おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2024最新版】

冷蔵庫は家電の中でも大きな買い物です。長く使用する前提で購入するものなのでどう選んだら良いのか分からず頭を悩…

もどる / 124 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング