スポンサードリンク

生ゴミ処理機とは

生ゴミ処理機とは家庭で出る生ゴミの処理を行うための家電のことを言います。有機物を分解し、堆肥として乾燥させたりすることができます。このように堆肥として再利用できるタイプの生ゴミ処理機であれば家庭菜園やガーデンニングなどの肥料として生ゴミを再利用することができるので、ゴミを減らせるだけでなく、役立つものとして活用することができるようになります。

ちなみに生ゴミ処理機はゴミの量を減らすのに役立つ製品なので、自治体が導入を推奨している場合があり、このような場合は助成金がもらえるという事もあるので、生ゴミ処理機の導入を検討されている方は購入前に一度地元の自治体に確認してみるとお得に購入できるかもしれません。

生ゴミ処理機の選び方のポイント4点

生ゴミ処理機は下調べなく購入してしまって、思いの外ニオイが気になる、音が気になるといった失敗をしてしまいがちな製品です。そこで生ゴミ処理機のおすすめランキングをご紹介する前にまずは生ゴミ処理機を選ぶ際に抑えておきたいポイントを確認していきましょう。

ポイント1.処理方式をチェック

生ゴミ処理機と一口に言っても、その処理方式はいくつかあり、それぞれ異なる特徴を持っています。まずは購入前にそれぞれの特徴を知り、どのタイプを購入するか決めておきましょう。店頭で広く出回っている生ゴミ処理機の処理方式は主に「バイオ式」「乾燥式」「粉砕式」の3種類です。それぞれの特徴を以下にまとめました。

・バイオ式

・バイオ式

バイオ式とはバイオチップと混ぜ合わせることで、微生物の力を利用して生ゴミの分解を行う方式のことを言います。この微生物を利用して分解することで、生ゴミを水と炭酸ガスに分解し、ゴミを減らすことができます。分解物は堆肥として再利用ができ、ムダがありません。

バイオチップは乾燥した木製チップなどがベースになっており、食品発酵菌や酵母菌、酵素群などが混ぜられています。バイオ処理の過程で出るニオイの元であるガス成分を吸着する働きがあるので、比較的ニオイが気にならないというのもバイオ式の特徴です。

電気代があまりかからないので、低コストで利用できるというのもバイオ式のメリットの1つです。

しかし、バイオ式の生ゴミ処理機は本体サイズが大きく、屋外に設置するタイプが多くなります、また、処理には24時間程度の時間を要するため、短時間で処理したいという方にはあまり適していません。また、定期的にバイオチップを追加したり、入れ替えたりという工程が必要になるということも忘れてはいけません。

・乾燥式

・乾燥式

乾燥機は生ゴミに熱を加えて水分を飛ばし、乾燥させることで減量する処理方式です。家庭用生ゴミ処理機では多く採用されている方式になります。コンパクトなタイプが多く、キッチンにも置くことができる、というのも大きな特徴です。

価格が割合手頃なものが多いので家庭で導入しやすい点や本体サイズが小さめで設置しやすい点が乾燥式のメリットと言えます。

一方、乾燥式は密閉度をしっかりと確認して購入しないとニオイが漏れ出してしまうということもあり、口コミなどで下調べをした上で購入する必要があります。また、製品によっては生ゴミを処理後に容器を洗浄する必要があり、これが手間と感じることがあります。さらにバイオ式に比べると動作音が大きいのも注意しなければいけないポイントです。

・粉砕式

・粉砕式

粉砕式はディスポーザーと呼んだ方が馴染みのある方も多いかもしれません。高速回転刃で生ゴミを粉砕し、減量するタイプの処理方式になります。粉砕式の生ゴミ処理機はシンクに設置し、粉砕後の生ゴミは流しに流すといった使用の仕方をします。

日本では自治体によって単体ディスポーザーを禁止していることも多いのですが、排水処理装置と水分と固形物を分離、乾燥させる装置が付いていれば使用を許可していることがあります。この場合は下水道料金がかかってしまうこともあり、事前にある程度調べておくのがおすすめです。また、音が気になるという場合もあり、マンションなどでの使用であればこの点の確認も怠らないようにしましょう。

ポイント2.設置場所をチェック

生ゴミ処理機は製品によって推奨される設置場所がある程度決まっています。屋内に設置する場合と屋外に設置する場合で選び方が変わってくるので、購入前に設置場所を決めておくのがおすすめです。

・屋内設置の場合

・屋内設置の場合

小型の生ゴミ処理機であれば室内に設置することが可能です。キッチン下の収納スペースに置けるモデルもあるので目に付きにくく、すっきりと設置ができます。

屋内設置の場合は時間帯を気にすることなく出た生ゴミをすぐに処理することができます。しかし、屋内での使用の場合は脱臭力が高いものや密閉性があるタイプの生ゴミ処理機を選ばなければニオイが気になる、ということがあります。この点には十分注意しましょう。

・屋外設置の場合

・屋外設置の場合

キッチンに設置するスペースが取れない場合やニオイが気になるという場合は屋外設置の生ゴミ処理機がおすすめです。屋内に設置が推奨される生ゴミ処理機に比べて大型のタイプが多く、1回で処理する生ゴミの量が多いというのも屋外設置タイプの特徴になります。

しかし、屋外設置タイプは多少ニオイが漏れることを考慮し、近隣の迷惑にならない場所に設置する必要があります。加えて、屋外設置は思いもかけない要因で故障することも考えられるので最低限雨風が当たらない場所に設置するようにしましょう。

ポイント3.処理容量をチェック

生ゴミ処理機は1回で処理できる容量が決まっています。一般的に家庭で出る生ゴミの量は1日あたり約700gと言われています。各家庭によって変動はありますが、この数値を目安に、家族が多い場合は少し多めに見るなどして容量を決めると良いでしょう。

しかし、容量が大きくなるほど本体のサイズも大きくなります。設置スペースに余裕が無いという方は小型のタイプを選んで生ゴミが出るたびに処理を行い、1日数回使用するという方法を選ぶのもおすすめです。

ライフスタイルや家族の人数、処理を1回で済ませるか数回に分けるかを決めておくと生ゴミ処理機が選びやすいと言えます。

ポイント4.消費電力をチェック

生ゴミ処理機を導入すると1ヶ月あたり約1000円程度の電気代がかかります。ゴミの量を減らせるのであればある程度電気代がかかっても良いという方であれば問題はありませんが、基本的にはなるべく電気代は抑えたいものです。

生ゴミ処理機を選ぶ際は消費電力を確認し、どの程度電気代がかかるのかを算出しておくのがおすすめです。生ゴミの処理方式によっても消費電力は変わり、乾燥式などは他の処理方式よりも電気代がかかってしまう傾向にあります。

生ゴミ処理機を選ぶ際はいくつかのモデルを比較して消費電力が抑えられるものを選ぶと長期的なコストを抑えて使用できます。コストを抑えたい方は必ずチェックするようにしましょう。

おすすめ生ゴミ処理機ランキングTOP10~6

10位:島産業 家庭用屋内型生ごみ処理機(乾燥式) 【パリパリキューブ】 ブルー PPC-01-BL

16,994円

処理方式:乾燥式
設置場所:屋内用
最大処理量:1kg
消費電力:120W
電気代/回:-
騒音:36db
脱臭機能:○
サイズ:260×420×310mm

専用バスケットを三角コーナーの代わりにシンクに置き、そのまま処理機にセットすることで生ゴミを乾燥させ処理してくれる生ゴミ処理機です。シンクから処理機に移動する際は受け皿を取り付けて行うので手を汚さずに使用できます。

我が家は要介護者と私の2人暮らしで左程生ごみが出ません。ですから逆に、庭先で処理すると小動物や虫と言った生態系への逗留元になっていたりしてしまっていたわけですが、こちらの商品を導入して、庭先がクリーンに保たれる事が出来て、その意味でも助かっています

一日で出す量が少ないので、大体3~4日、内蔵のストックに生ごみを溜めて、バケットごと冷蔵庫の最下部に入れ「保冷消臭庫」として活用しながら、貯まったタイミングで処理しています

本当にタイトル通りパリパリの破片が出来上がりますが、物によっては弾性が強く、手で無造作に潰そうとすると刺さって怪我をする可能性もありますので、重ねた新聞紙やチラシでくるみ、我が家ではさらに段ボールでサンドイッチする形で上から足で踏んづけて圧縮しています

そこに生ゴミがある限り、使い続けます

9位:アイリスオーヤマ コンポスト エココンポスト IC-100 ブラック 幅約56×奥行約56×高さ約63

6,380円

処理方式:バイオ式
設置場所:屋外用
最大処理量:95L
消費電力:-
電気代/回:-
騒音:-
脱臭機能:-
サイズ:560×560×630 mm

20cmほど土を掘り、その上に被せるようにして設置するタイプの生ゴミ処理機です。発酵を土の中で行うので家庭菜園やガーデンニングを本格的に行っている方に適したタイプの生ゴミ処理機になります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

ワッフルメーカーの人気おすすめランキングTOP20と口コミ【2024最新版】

ワッフルメーカーがあれば自宅でカンタンにフワフワのワッフルを作ることができ、プレートを交換できるものなら他の…

remochan8818 / 20 view

低温調理器のおすすめランキングTOP15と口コミ【2024最新版】

家庭で簡単に美味しい料理が楽しめるとテレビや雑誌でも話題の低温調理器。今回は低温調理器の選び方と人気おすすめ…

maru.wanwan / 11 view

ラジカセの人気おすすめランキング20選と口コミ&選び方【2024最新版】

昨今はスマートフォンで音楽を聴くのが主流となっていますが、ラジカセは様々なメディアに対応し、音楽以外にも使い…

もどる / 11 view

扇風機おすすめ人気ランキング12選~選び方と口コミも紹介【2024最新版】

高音多湿の日本の夏に欠かせないアイテムと言えば扇風機です。近年は高級モデルも沢山販売されていますが、選び方と…

もどる / 61 view

コスパ最強!安いテレビおすすめランキング20選と口コミ&選び方【2024最新版】

各家庭に必ずあると言っても過言ではないテレビ。近年は海外メーカーの参入などの要因で薄型のテレビも随分と安くな…

もどる / 26 view

コードレス掃除機の人気おすすめランキング15選と口コミ【2024最新版】

最近の掃除機は進化し続けており、特にコンセントがないコードレスタイプは階段のある家ではとても便利です。そこで…

maru.wanwan / 47 view

脱臭機おすすめランキング18選と口コミ&選び方【2024最新版】

今回は脱臭機のおすすめ人気ランキングTOP18や口コミと選び方のポイントを見ていきましょう。ペットやタバコ、…

もどる / 34 view

スポンサードリンク

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

防災ラジオのおすすめランキングTOP20と選び方【2024最新版】

災害時は、停電になったり避難したりと情報源がなくなる可能性が高いですが、そんな時に防災ラジオがあると安心です…

remochan8818 / 50 view

家庭用小型冷凍庫のおすすめランキングTOP20と選び方【2024最新版】

食材を賢く保存したり買い置きに便利な冷凍庫ですが、活用方法によっては冷凍庫の容量が足りなくなってしまうことが…

もどる / 56 view

ヘアアイロンのメーカー人気ランキング10選&おすすめ商品【2024最新版】

現在、国内外問わず様々なメーカーがたくさんのへアイロンを開発、販売しています。今回はヘアアイロンのメーカーの…

もどる / 23 view

安い炊飯器15選~コスパ最強おすすめランキングと口コミ&選び方【2024最新版】

近年はお米の銘柄ごとに炊き方を変える炊飯器や圧力IH方式のハイエンド炊飯器が人気を集めています。今回は安くて…

もどる / 29 view

水素水生成器の人気おすすめランキング12選と口コミ&選び方【2024最新版】

水素水を毎回購入して飲むのはコストがかかってしまいますよね。そこでおすすめなのが水素水生成器です。今回は水素…

もどる / 17 view

一人暮らし小型炊飯器のおすすめランキング15選と口コミ&選び方【2024最新版】

今回は一人暮らしの見方になってくれる小型炊飯器の人気おすすめランキングを口コミと共にご紹介し、さらに小型炊飯…

もどる / 31 view

安いヘアアイロンおすすめ18選~コスパ最強ランキングと口コミ&選び方【ストレート・カ…

ヘアセットを思いのままに決めるのに欠かせないアイテムがヘアアイロンです。今回はそんなおしゃれに欠かせないヘア…

もどる / 29 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング