スポンサードリンク

LED懐中電灯の明るさ基準

懐中電灯は周囲を照らすために必要なアイテムなので当然明るいものが好まれます。懐中電灯のスペックを確認すると明るさの単位が書いてある場合が多いと思います。これを参考に選ぶのが間違いのない選び方です。しかし人によっては明るさの単位に聞き覚えがなく、その単位がどの程度の明るさなのか分かりにくい場合もあるでしょう。

まず、明るさを測る基準として、カンデラ、ルーメン、ルクスという単位が用いられます。ここではそれぞれの単位の意味を解説していきたいと思います。

1カンデラ(cd)とは

カンデラは光の強さを表す単位です。1カンデラはろうそく1本の光の強さになります。

ちなみにカンデラというのはラテン語でろうそくのことを指す言葉なのでそれを覚えておけばカンデラの光の強さが分かりやすいのではないでしょうか。

1ルーメン(lm)とは

ルーメンは光の量を指します。そして1ルーメンとは1カンデラ、つまり1本のろうそくを点光源とし、単位一体角に照射する光束のこと言います。つまり全ての方向に対して1カンデラの光の強さを持つ光源が1方向を通過する面の明るさの物理量ということですね。

光の総量は以前ワット(W)が用いられていました。電球を購入する際にワット数を参考に選んだ経験がある人も多いでしょう。しかしLEDは電球や蛍光灯に比べ消費電力が抑えられるため、ワット数で表記をしてしまうと電球や蛍光灯と同じ光量であってもワット数の表記としては数字が小さくなってしまいます。この混乱を避けるために用いられるようになったのがルーメンなのです。

従来の電球をワット数で選んでいたように、LED照明などではこのルーメンを参考にして選びます。

1ルクスとは(lx)

ルクスは照度を示します。物体の表面を照らす明るさの物理量、これを表すのがルクスという単位です。

1ルクスの定義は1平方メートルの面が1ルーメンの光束で照らされている時の照度とされています。分かりやすく説明すると、ルーメンは物体そのものの明かり、ルクスはその物体が照らす面の明るさを示します。

LED照明やLED懐中電灯の明るさはルーメンで表されることが多いですが商品によってはルクスで表しているものもあります。これらの違いをしっかりと知っておくことでLEDを使用した製品を選ぶ基準になるでしょう。

懐中電灯選びのポイント3点

懐中電灯を選ぶにあたって、事前に確認しておくべき3つの項目を見ていきましょう。

チェックポイント1.電源方式

以前懐中電灯の電源方式は乾電池が主流でしたが現在の懐中電灯は充電して使用するタイプのものも増えています。また、充電方式もアダプタやUSBなど製品によって異なるのでしっかりと確認しておきましょう。

充電式の懐中電灯はアウトドアなど日常的な使用方法には適しています。充電式のモデルは軽量化されているモデルが多いというのも大きなメリットです。充電するという些細な手間はかかりますが利便性を追求するのなら充電式が適しているかもしれません。

電池式は電池分重く、やや大きめのモデルが多くなります。しかし充電式は充電が切れてしまったらもう1度充電しなければ使用できないというダウンタイムが発生しますが電池式は電池のストックさえあればすぐに回復できるという強みがあります。電池式の懐中電灯は災害時の備えとして購入するのに適しているでしょう。

チェクポイント2.形状をチェック

懐中電灯の形には様々あり、この形は照らし方に直結します。局所を照らす懐中電灯は一般的な製品となり、これは暗い足元を照らすという目的で使用するのに適しています。

周辺の明るさの確保、災害時の照明という目的にはランタン型がおすすめです。周囲を照らすことができる点や置いて使用できるというのもランタン型の強みでしょう。

暗い場所での作業で手元に明かりが欲しいという場合はペンライトが適しています。必要十分な明かりを確保することができ、本体がスリムで小型のためポケットに入れて持ち運べるというメリットがあります。

チェックポイント3.価格をチェック

懐中電灯は用途に合わせた形状で価格が変わります。鍵穴を照らす程度のものであれば小型のペンライト、キーホルダー式の懐中電灯となり、これらは数百円程度で購入することができます。この位の価格であれば1つ購入して持ち歩いておくと便利かもしれませんね。

一方懐中電灯の主力、売れ筋の価格帯は大体700~2000円程度になっており。この価格帯の製品はごく一般的なものが多くなります。ある程度照らしてくれるのなら特に機能性は求めない、という人はこの価格帯から選ぶと良いでしょう。3000円以上の製品になるとデザインや機能性が充実してきます。明かりが最強の製品や、防水仕様などの機能性が欲しい人は3000円以上の価格帯から選ぶのがおすすめです。

人気懐中電灯ランキングTOP15~11

それでは人気の懐中電灯ランキングを見てみましょう。自分の用途に合った1台を見つける参考にしてくださいね。

15位:ヤザワ 防滴ラバーコーティングLEDライト6灯 LL81BK

1,398円

明るさ:70ルーメン
サイズ:35mm×95mm
重量:35g
電源:単4形乾電池×3本

軽量型、防滴仕様と有事の際に重宝すること間違いなしの懐中電灯ですラバーコーティングした本体は持ちやすい点も高い評価を得ています。ストラップが付いているので携帯用としても便利。価格から見てもコストパフォーマンスが高めの製品であると言えます。

驚くような価格で購入です。愛用してます。明るいですし軽いです。

14位:ウィキャン 充電式ハンディLEDライト WJ-278

1,550円

明るさ:6.15~16ルーメン
サイズ:8cm×8.5cm×17cm
重量:222g
電源:AC100V

ウィキャンの「WJ-278」は通常の懐中電灯と同じく持って使用できる他、ハンドルにもライトがついているのでランタンのように置いて使用もできる非常に頼もしい懐中電灯です。高輝度白色LEDを21個搭載なので明るさも抜群。コンセントからそのまま充電できるのも充電がしやすくおすすめです。

この値段でビックリ!とても軽いので心配しましたがスイッチ入れると!明るさGOOD! 6畳部屋で試したら何か良い明るさ(^^)LEDだから長持するし良かったです!充電も10時間限定はプログラムタイマー持ってますので安心でした!昼間に充電でOKですもね!あとは何年使えるのかな(^^)

13位:パナソニック LEDネックライト ターコイズブルー BF-AF10P-G

804円

明るさ:φ7.5mmスタンダードLED 1個
サイズ:30mm×26mm×50mm(本体)215mm(ネックホルダー)
重量:40g
電源:パナソニックコイン形リチウム電池 2個 付属

夜のジョギングや犬の散歩などに便利なのがパナソニックの「BF-AF10P-G」です。ネックストラップなので首にかけて使用し、両手が自由に使えるのが嬉しいポイント小型ながらもワイド照射で足元を明るく照らしてくれます。小雨程度なら問題なく使用できる防滴仕様なのも嬉しいですね。

12位:Br’Light 米CREE社製超高輝度LED使用 CREE-L2搭載

1,190円

明るさ:1200ルーメン
サイズ:35mm(ヘッド)、28mm (ボディー)、135mm(長さ)
重量:257g
電源:1x 18650 3.7v 電池又は3個単4電池

コストを抑えつつ明るい懐中電灯を探している人におすすめのモデル。1200ルーメンという高光度を持つハイスペック懐中電灯なので、様々な場面での活躍が期待できます。また、SOS信号パターン点灯機能がついているので万が一の時も安心。登山や夜道の一人歩きに重宝する製品と言えるでしょう。

手に持ちやすいサイズ感がいい。
電球が白色なので照らした場所が見やすい。
ライトの範囲を片手でも扱いやすい。
大きさの割に重量感があるので壊れにくい。
ON/OFFのボタンがオレンジなのでわかりやすい。
カバンに入れてもかさばらない。

上記の点からも持ち運びに便利ないい商品だと思います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

コードレス掃除機の人気おすすめランキング15選と口コミ【2022最新版】

最近の掃除機は進化し続けており、特にコンセントがないコードレスタイプは階段のある家ではとても便利です。そこで…

maru.wanwan / 203 view

掃除機おすすめ人気ランキングTOP15と口コミ&選び方【2022最新版】

コードレスやサイクロン、ハンディ型など、たくさんの種類が販売されている掃除機。ここでは掃除機の種類ごとの特徴…

もどる / 54 view

一人暮らし家電のおすすめランキング30選と選び方【種類別・2022最新版】

初めて一人暮らしを始めるにあたってまず乗り越えなければならない難関が家電選びです。今回は一人暮らし向け家電の…

もどる / 104 view

タワーファンのおすすめランキング人気15選と口コミ&選び方【2022最新版】

省スペースで設置ができ、スペースを有効に活用できることから、近年人気が高まっているのがタワーファンです。今回…

もどる / 123 view

サーキュレーターおすすめランキング22選と口コミ~選び方6つのポイントも紹介【202…

室内の空気を循環させるのに使用するのがサーキュレーターです。ここではサーキュレーターを選ぶ際に抑えておきたい…

もどる / 77 view

家電量販店の人気おすすめランキングTOP12【2022最新版】

家電を購入する際、どのようにしてお店選びをしていますか?今回は大手家電量販店にインターネットショッピングサイ…

もどる / 2251 view

4人家族の冷蔵庫おすすめランキング20選と口コミ&選び方【2022最新版】

家族の人数が増えると当然その分冷蔵庫に保存しておく食品は増えていき、家族用の冷蔵庫はある程度の大きさが必要に…

もどる / 331 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

スープメーカーのおすすめ人気ランキング20選と口コミ&選び方【2022最新版】

具材を入れてスイッチを押すだけで放置している間にスープを作ってくれる便利な製品がスープメーカーです。今回はス…

もどる / 139 view

一人暮らし小型炊飯器のおすすめランキング15選と口コミ&選び方【2022最新版】

今回は一人暮らしの見方になってくれる小型炊飯器の人気おすすめランキングを口コミと共にご紹介し、さらに小型炊飯…

もどる / 159 view

スマートロックのおすすめ人気ランキング20選と口コミ【2022最新版】

スマートロックがあれば、両手が荷物でふさがっている時でも鍵を解錠することができたり指紋で解錠できたりと、スマ…

remochan8818 / 132 view

ブルーレイレコーダーおすすめ人気ランキング20選と口コミ&選び方【2022最新版】

テレビ番組を高画質で録画するのに欠かせないブルーレイレコーダー。今回はレコーダー選びで失敗しないための、ブル…

もどる / 123 view

セルフカット用バリカンの人気おすすめ15選と口コミ&選び方【2022最新版】

自分で坊主やツーブロックなどの髪型にする際に欠かせないアイテムがバリカンです。そこで今回はセルフカットを行う…

もどる / 137 view

ホットプレート人気おすすめランキング15と口コミ&選び方【2022最新版】

自宅で焼肉などを楽しみたい時に便利な調理器具がホットプレートです。ホットプレートを囲む食卓は特別感があってワ…

もどる / 114 view

食器乾燥機おすすめ人気ランキング17選と口コミ~選び方5つのポイントも紹介【2022…

食器乾燥機とはヒーターで加熱し、ファンで温かな風を送ることで中に入れた食器を乾燥させる機械です。今回は、食器…

もどる / 134 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング