スポンサードリンク

外付けHDDの選び方のポイント3点

ポイント1.用途に合わせて最適なものを選ぼう

外付けHDDを選ぶ際に一番大切なことはその外付けHDDをどんな用途で使用するかという点です。ここでは用途別に最適な外付けHDDのタイプをチェックしましょう。

・テレビ録画用

・テレビ録画用

テレビの録画用に外付けHDDを購入することは案外多いものです。そんな時に必ずチェックして欲しいのが、現在使用しているテレビに対応しているかどうかという点です。テレビ録画用の外付けHDDは3TBなど容量の大きなものが多く、これらは型番が合っていなければ使用することができません。

また、24時間耐久仕様かどうかも重要なチェックポイントです。24時間耐久仕様でなければ録画中に止まってしまってきちんと録画がされていないということも考えられます。予約録画を多用する場合はテレビの電源が点いていなくても外付けHDDは稼働していなければ録画することができません。最良の録画環境を整えるために必ず確認しておきましょう。

・バックアップ用

・バックアップ用

パソコンやスマートフォン、タブレットなどのデータをバックアップする目的で外付けHDDを購入する場合はミラーリング対応のモデルを選びましょう。ミラーリングとは容量1TB×2というように記憶する媒体を2基に分けることで自動的に双方へデータの保存が行えるようになっている機能です。これを活用すればデータ保存の確実性が増し、復旧も簡単に行えるようになります。

また、ネットワーク共有機能(NAS)もチェックしましょう。これに対応していれば外出先からアクセスすることが可能で、パソコンの動画をスマートフォンで見たり、というようにデータをデバイス間で閲覧や視聴することが可能になります。クラウドサービスのように月額でお金を払うこともないので、便利かつお得な機能性です。

・PS4用

・PS4用

近年のゲームデータは容量が大きく、内蔵の容量では足りないことがあり、外付けHDDを活用する機会が増えています。そんなときはメーカー動作確認済み製品から選ぶようにしましょう。安価な商品の中には動作確認ができていないこともあるので、結局損をしてしまう場合があります。あらかじめ動作確認済みかどうか、保存するゲームの本数やどんな機能が必要かを確認しておくことで最適な商品を選ぶのに役立ちます。

・携帯用

・携帯用

外付けHDDを携帯したい場合はポータブルタイプを選ぶのが最適です。近年のポータブルタイプはパソコンとUSBケーブルで動作するタイプが主流になっており、コンパクトに活用することができます。

また、ポータブルタイプでも据え置きに匹敵するような容量を持つ製品も増えています。ポータブルタイプと言っても持ち運びに限定せず、パソコンの周辺をすっきりさせる目的でも十分活用できます。

ポイント2.容量をチェック

外付けHDDを選ぶ際に非常に重要なポイントがドライブ容量です。容量が大きくなるほど価格も高くなるので闇雲に大容量を購入して活用できなければもったいないですよね。

目安としてパソコンのデータ保存を行う際は普段使用している容量の3倍程度のものを購入しましょう。といってもデータの容量がどれほどなのか、今ひとつピンとこない方も少なくないでしょう。例えば1TBであれば音楽データなら15~20万曲程度、動画で120時間程度が保存できます。この数値を目安にすると分かりやすいかもしれません。

テレビ番組の録画で言うと1TBの容量でフルハイビジョン画質であれば100時間程度、4Kで約15時間程度になります。録画した番組を視聴してすぐに消去するのであれば容量はさほど必要ありませんが、残しておきたい場合はある程度の容量が欲しくなりますね。

ゲームで考えると1本分のデータで20GB程度の容量になります。非常に容量が多い上にシェア機能などの機能の活用にも容量が必要になります。PS4用の外付けHDDを購入するのであればなるべく容量が大きめの製品を購入しましょう。

ポイント3.インターフェイスをチェック

外付けHDDを接続するための端子は複数の規格が存在しています。これらは接続する機器に合わせ、対応しているインターフェイスを選択しましょう。

USB2.0またはUSB3.0は広く普及している規格でパソコンからHDDに供給するバスパワーに対応しています。最大転送速度はUSB2.0で480Mbps、USB3.0で5Gbpsになっています。このインターフェイスがもっとも頻度の高いものになるでしょう。

その他のインターフェイスとしてはMac製品に採用されているThunderboltや一部の外付けHDDに採用されているIEEE1394a / b、最大3Gbpsのデータ転送速度を持つeSATAなどがあります。外付けHDDによっては複数のインターフェイスを搭載した製品もあります。使用する用途や機器に応じて選びましょう。

外付けHDDおすすめランキング(据え置き用)TOP13~7

13位:BUFFALO 24時間連続録画対応 使用量メーター付き 3.5インチ 外付けHDD 4TB HDV-SAM4.0U3-BKA

18,944円

容量:4TB
接続規格:USB3.1(Gen1)/USB3.0/2.0
ファンレス
対応機種:USB3.1(Gen1)/USB3.0/2.0 Type-A端子を搭載するWindowsパソコンおよびMac、対応OS:Windows 10(64/32)/8.1(64/32)/7(64/32)、Mac 10.11以降
サイズ(幅×高さ×奥行):171×33×114mm

容量4TBでたっぷり使用できる外付けHDDです。使用量メーターという機能が搭載されており、録画可能時間の目安がひと目で把握できるため、容量不足による失敗を回避することができます。

届いて早速4K Smart TV (PIX-43VP100)に接続、本体はテレビ画面と脚の間のスペースに余裕で収まるたったの33mmで色味もデザインも目立たずいいです、PIX-43VP100に録画用として登録しました。即刻試しに地上波、BS、BS4Kを録画してみました。予約録画動作中の音…全くと言っていいほど感じません、はじめホントに録画されているのか心配しました。録画番組をチェックしてみましたがどの番組も問題なく撮れてました、再生等操作は接続機器に依存するので操作性、それに耐久性についてはまだレビュー出来ませんがとても静かで安定していると思います。
※今回メーカーの動作確認済みHDD機種リストの最新型をチョイスしました、安全性を考えてこれがベストの判断だと思います。

12位:BUFFALO USB3.1(Gen.1)対応 みまもり合図 for AV対応 外付けHDD 2TB ブラック HD-LDS2.0U3-BA

8,999円

容量:2TB
接続規格:USB3.1(Gen1)/USB3.0/2.0
ファンレス
対応機種:USB3.1(Gen1)/USB3.0/2.0 Type-A端子を搭載するWindowsパソコンおよびMac、対応OS:Windows 10(64ビット/32ビット)/8.1(64ビット/32ビット)/7(64ビット/32ビット)、Mac 10.12以降
サイズ(幅×高さ×奥行):114×33×171mm

従来モデルから約26%小型化し、ファンレスに加えて通気孔をふさぐ設計を採用することで静音性を高めた製品です。テレビやパソコン以外にレコーダー、ビデオカメラ、ゲーム機、AV機器など様々なデジタル家電で使用できます。

プレイステーション4に使いました。
何も問題なく動いています。

11位:I-O DATA 外付けHDD ハードディスク 4TB テレビ録画 ディーガ&ビエラ推奨 日本製 土日サポート AVHD-AUTB4

18,784円

容量4TB
接続規格:USB3.1 Gen1(USB3.0)
ファンレス
対応機種:-
サイズ(幅×高さ×奥行):196×43×124mm

各社レコーダーやテレビに対応し、録画に最適な外付けHDDです。24時間連続録画もできる、長時間の録画に使用したい方におすすめです。パナソニック「ディーガ」に搭載されている同等のHDDを採用し、高品質が特徴の製品になっています。

レグザZ810用のタイムシフトHDDに使うため購入。
問題なく全録してくれてます。
静音性も高く、全く動作音気になりません。
読み込み速度も良く、再生でカクカクすることも皆無。
純正買わなくても大丈夫ですよ!
大満足です。

10位:I-O DATA 外付けHDD ハードディスク 4TB テレビ録画 TV接続ガイド付 PS4 Mac 故障予測 日本製 土日サポート EX-HD4CZ

9,879円

容量:4TB
接続規格:USB 3.0/USB 2.0
ファンレス
対応機種:Windows 10/Windows 8.1/Windows 8/Windows 7、 macOS 10.12/Mac OS X 10.9~10.11
サイズ(幅×高さ×奥行):35×116×172mm

非常にコンパクトなサイズ感で据え置きながらもすっきりと設置ができる外付けHDDです。テレビ録画にも、パソコンのデータ保存にも使用できます。放熱、ファンレス設計で振動を抑え、作動音が気になりません。

ブルーレイDIGA容量の増設に購入しました。
最初に3TB購入したのですが私のDIGAは、2TBしか対応していなくて再購入しました。
購入の時には、自分のDIGAが何TBまで対応か確認しないといけません。容量に気をつけて下さい。

9位:バッファロー パソコン&テレビ録画用外付けハードディスク 4.0TBUSB3.1(Gen1)/USB3.0用 外付けHDD(ファンレス・防振・音漏れ低減)BUFFALO HD-EDS-Aシリーズ HD-EDS4.0U3-BA

10,370円

容量:4TB
接続規格:USB3.1(Gen1)/USB3.0/2.0
ファンレス
対応機種: Windows 10/ 8.1/ 7、OS X 10.12以降
サイズ(幅×高さ×奥行):114×33×171mm

テレビやレコーダーなど幅広い機種で使用することができる外付けHDDです。防振シリコンゴムと音漏れ低減のファンレス仕様により、静かで快適に使用できるようになっています。

Amazonでは売れていない商品のようですが家電屋で購入してPanasonicビエラに接続できました。音も静かですし良いと思います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

高圧洗浄機のおすすめランキング22選&選び方【2022最新版】

洗車やお家の外壁、ベランダなどの掃除に便利なのが高圧洗浄機です。現在は使い勝手に優れたタイプが多く販売されて…

もどる / 93 view

ラジカセの人気おすすめランキング20選と口コミ&選び方【2022最新版】

昨今はスマートフォンで音楽を聴くのが主流となっていますが、ラジカセは様々なメディアに対応し、音楽以外にも使い…

もどる / 202 view

超音波洗浄機おすすめランキング17選と口コミ&選び方【2022最新版】

超音波洗浄機は扱いがデリケートで洗浄しにくいデリケートなアイテムの洗浄を行ってくれる非常に便利な機械です。こ…

もどる / 198 view

LED懐中電灯の最強ランキングおすすめ15選と口コミ【2022最新版】

アウトドアなどに重宝する懐中電灯は近年、従来の懐中電灯とは異なり電球の切れる心配がないLEDが人気になってい…

もどる / 587 view

スチームクッカーのおすすめランキング20選と選び方【2022最新版】

面倒な蒸し料理を家庭で手軽に作ることができる調理家電がスチームクッカーです。今回はスチームクッカーの人気おす…

もどる / 204 view

ホットプレート人気おすすめランキング15と口コミ&選び方【2022最新版】

自宅で焼肉などを楽しみたい時に便利な調理器具がホットプレートです。ホットプレートを囲む食卓は特別感があってワ…

もどる / 114 view

低温調理器のおすすめランキングTOP15と口コミ【2022最新版】

家庭で簡単に美味しい料理が楽しめるとテレビや雑誌でも話題の低温調理器。今回は低温調理器の選び方と人気おすすめ…

maru.wanwan / 120 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

スティッククリーナーのおすすめ人気ランキング25選と選び方【2022最新版】

手軽に取り出してさっと掃除機をかけることができるスティッククリーナーは忙しい現代のニーズに合致した優れもので…

もどる / 74 view

液晶モニターのおすすめランキング22選と口コミ&選び方【2022最新版】

パソコンからの情報を映し出すために必要なのが液晶モニターです。今回はそんなパソコンなどに使用する液晶モニター…

もどる / 78 view

二人暮らしの電子レンジ・人気おすすめランキング15選と選び方【2022最新版】

新しく二人暮らしを始めるとなるとそれに伴って家電や家具を揃えていく必要があります。今回は二人暮らしを始める方…

もどる / 864 view

人気の電気ケトルおすすめランキング22選と口コミ~選び方4つのポイントも紹介【202…

お湯をさっと沸かすことができる電気ケトル。ここでは購入時に迷わないための電気ケトルの選び方4つのポイント、そ…

もどる / 114 view

二人暮らし洗濯機の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2022最新版】

同棲や結婚、お子さんが巣立って夫婦2人暮らしなど、2人暮らしになる環境は意外に多いものです。今回は2人暮らし…

もどる / 190 view

一人暮らしの冷蔵庫おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2022最新版】

冷蔵庫は家電の中でも大きな買い物です。長く使用する前提で購入するものなのでどう選んだら良いのか分からず頭を悩…

もどる / 75 view

加湿器おすすめ人気ランキング21選と口コミ~選び方4つのポイントも総まとめ【2022…

近年の加湿器は部屋の湿度を一定に保つ機能が付いていたりする便利なものがトレンド。ここでは加湿器の4つの効果と…

もどる / 147 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング