スポンサードリンク

江國香織とは

プロフィール

プロフィール

誕生:1964年3月21日
出身地:東京都新宿区
職業:小説家、翻訳家、詩人
活動期間:1985年 -

主な受賞歴
産経児童出版文化賞(1991年)
坪田譲治文学賞(1991年)
紫式部文学賞(1992年)
路傍の石文学賞(1999年)
山本周五郎賞(2002年)
直木三十五賞(2004年)
島清恋愛文学賞(2007年)
中央公論文芸賞(2010年)
川端康成文学賞(2012年)
谷崎潤一郎賞(2015年)

概要

概要

『こうばしい日々』(あかね書房)で産経児童出版文化賞、坪田譲治文学賞、『きらきらひかる』(新潮社)で紫式部文学賞、『ぼくの小鳥ちゃん』(あかね書房)で路傍の石文学賞、『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』(ホーム社/集英社)で山本周五郎賞、『号泣する準備はできていた』(新潮社)で直木賞など受賞作多数。小説・エッセイ・童話など多方面で執筆活動をしている。また絵本や児童文学の翻訳も手がけており、マドレーヌシリーズのほか『オズの魔法使い』『バティストさんとハンガーブルグ=ハンガーブルグ伯爵のおはなし』(BL出版)などがある。

江國香織の小説おすすめランキングTOP40-36

40位:Invitation

40位:Invitation

出版社 : 文藝春秋
発売日 : 2010/1/12

当代最高の女性作家8人が腕によりをかけた絶品短篇小説集で、恋愛模様はもちろん、時代物からミステリー仕立てまで超逸品ぞろいのお得な一冊です。

39位:ほんものの白い鳩/LOVERS

39位:ほんものの白い鳩/LOVERS

出版社 : 祥伝社
発売日 : 2013/3/22

恋は白い鳩のようなもの。小さくて可憐で賢くて、そして潔癖。ほんものの鳩がほんものの恋を運んでくる…。あたしと新太郎は出会い、たちまち恋に落ちた。幸福で満ち足りた時間。でも、失うことを懼れる気持ちが、二人の間に少しずつ影を落として…。ベストセラーの恋愛アンソロジー『LOVERS』収録の珠玉短編、江國香織が紡ぐせつなく儚い恋物語です。

38位:がらくた

38位:がらくた

出版社 : 新潮社
発売日 : 2010/2/26

45歳の翻訳家・柊子と15歳の美しい少女・美海。そして、大胆で不穏な夫。彼は天性の魅力で女性を誘惑する。妻以外のガールフレンドたちや、無防備で大人びた美海の心を。柊子はそのすべてを受け容れる、彼を所有するために。知性と官能が絡み合い、恋愛の隙間からこぼれ出す愉悦ともどかしさを描く傑作長編小説です。

37位:ヤモリ、カエル、シジミチョウ

37位:ヤモリ、カエル、シジミチョウ

出版社 : 朝日新聞出版
発売日 : 2017/11/7

小さな動物や虫と話ができる幼稚園児の拓人の目に映る、カラフルでみずみずしい世界。ためらいなく恋人との時間を優先させる父と、思い煩いながら待ちつづける母のもと、しっかり者の姉に守られながら、拓人は大人たちの穏やかでない日常を冒険するという物語です。

36位:ホリー・ガーデン

36位:ホリー・ガーデン

出版社 : 新潮社
発売日 : 1998/3/2

果歩と静枝は高校までずっと同じ女子校だった。ふと気づくといつも一緒だった。お互いを知りすぎてもいた。30歳目前のいまでも、二人の友情に変わりはない。傷が癒えない果歩の失恋に静枝は心を痛め、静枝の不倫に果歩はどこか釈然としない。まるで自分のことのように。果歩を無邪気に慕う中野くんも輪に加わり、二人の関係にも緩やかな変化が兆しはじめる。心洗われる長編小説です。

江國香織の小説おすすめランキングTOP35-31

35位:ロンドンのマドレーヌ

35位:ロンドンのマドレーヌ

出版社 : BL出版
発売日 : 2001/11/1

パリの古いお屋敷に住む、マドレーヌたち12人の女の子。仲良しのペピートに会うためにロンドンへやって来ましたが…。美しい街並を背景に、楽しいハプニングを描いた作品です。

34位:去年の雪

34位:去年の雪

出版社 : KADOKAWA
発売日 : 2020/2/28

自由自在に時空をまたいで進む物語は、100人以上の登場人物の日常が織り込まれたタペストリーのようです。覗いているうちに、読者もまた、著者の作り出す世界の住人になってしまいます。そして、思いもよらぬ地平へと連れてゆかれます。江國香織小説のエッセンスが最大限に味わえるファン待望の一冊です。

33位:100万分の1回のねこ

33位:100万分の1回のねこ

出版社 : 講談社
発売日 : 2018/12/14

佐野洋子の絵本『100万回生きたねこ』は、一九七七年に発売されて以来、今なお多くの人に読まれ続けている大ロングセラー作品です。本書は、江國香織、谷川俊太郎をはじめとする十三人の作家や挿絵画家が、佐野洋子とこの絵本に敬意を込めて書き上げた短篇集で、愛と死、生きることについて深く考えさせられる名作です。

32位:あたしの一生: 猫のダルシーの物語

32位:あたしの一生: 猫のダルシーの物語

出版社 : 小学館
発売日 : 2016/3/8

「あたし」と「あたしの人間」の、出会いから「あたし」の死までの17年にわたる濃密な時間を、あくまで猫の視点で、けっして擬人化することなく描いた稀有な物語です。原著の素晴らしいイラストレーションも完全収録、江國香織のしなやかな日本語で読みやすい猫本の傑作です。

31位:物語のなかとそと

31位:物語のなかとそと

出版社 : 朝日新聞出版
発売日 : 2021/3/5

読むことと、書くことにあけくれて暮らす著者の日常は、現実を生きている時間より、物語のなかにいつ時間のほうがはるかにながい。散歩も、旅も、お風呂も、その延長のなかにある。掌編小説と 全身で拾い集めた世界じゅうの瑣末なものものについて書かれた文章たち。著者の創作と生活の「秘密」がひもとかれるスリリングな散文集

江國香織の小説おすすめランキングTOP30-26

30位:はだかんぼうたち

30位:はだかんぼうたち

出版社 : 角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日 : 2013/3/27

9歳年下の鯖崎と付き合う桃。母の和枝を急に亡くした桃の親友の響子。桃がいながらも響子に接近していく鯖崎……。"誰かを求める"思いに、あまりに素直な男女たち="はだかんぼうたち"のたどり着く地とは。心に何もまわない男女たちを描く長編恋愛小説です。

29位:真昼なのに昏い部屋

29位:真昼なのに昏い部屋

出版社 : 講談社
発売日 : 2013/2/15

軍艦のような広い家に夫・浩さんと暮らす美弥子さんは、「きちんとしていると思えることが好き」な主婦。アメリカ人のジョーンズさんは、純粋な彼女に惹かれ、近所の散歩に誘う。気づくと美弥子さんはジョーンズさんのことばかり考えていた。恋愛のあらゆる局面を描いた中央公論文芸賞受賞作です。

28位:抱擁、あるいはライスには塩を

28位:抱擁、あるいはライスには塩を

出版社 : 集英社
発売日 : 2010/11/5

『SPUR』の大人気連載だった本作は、柳島家三世代にわたる「風変りな家族」の歴史を、時代、場所、語り手を変えて重層的に描いた物語です。一見、完璧に幸福にも見える家族がそれぞれに抱える秘密の想いが明らかになる過程は、ミステリを読むようにスリリングです。柳島一族の、憧れを喚起する優雅な生活様式、高潔な価値観、複雑な愛情関係に、心わしづかみにされます。

27位:金米糖の降るところ

27位:金米糖の降るところ

出版社 : 小学館
発売日 : 2011/9/28

ブエノスアイレス近郊の日系人の町で育った佐和子とミカエラの姉妹は、少女の頃からボーイフレンドを“共有すること”をルールにしていた。留学のため来日したふたりだったが、誰からも好かれる笑顔の男・達哉に好意を抱く。しかし達哉は佐和子との交際を望み、彼女は初めて姉妹のルールを破り、日本で達哉と結婚。ミカエラは新しい命を宿してアルゼンチンに帰国する。20年後、佐和子は突然、達哉に離婚届を残して、不倫の恋人とともにブエノスアイレスに戻る。一方、妹のミカエラは多感な娘に成長したアジェレンと暮らしていたが、達哉が佐和子を追いかけ、アルゼンチンにやってくる。ブエノスアイレスと東京、華麗なるスケールで「愛」を描いた長編小説。

26位:なつのひかり

26位:なつのひかり

出版社 : 集英社
発売日 : 1999/5/20

全編にみなぎる眩くけだるい夏の光…。現実感と幻想、ノスタルジーが交錯する、「私」と兄をめぐる奇妙で「不思議な真実の物語」。シュールな切なさと失われた幸福感に満ちたリアリティとファンタジーが交差する物語です。

江國香織の小説おすすめランキングTOP25-21

25位:ウエハースの椅子

25位:ウエハースの椅子

出版社 : 角川春樹事務所
発売日 : 2004/5/1

あなたに出会ったとき、私はもう恋をしていた。出会ったとき、あなたはすでに幸福な家庭を持っていた。私は38歳の画家、中庭のある古いマンションに一人で住んでいる。絶望と記憶に親しみながら。恋人といるとき、私はみちたりていた。二人でいるときの私がすべてだと感じるほどに。やがて私は世界からはぐれる。彼の心の中に閉じ込められてしまう。恋することの孤独と絶望を描く傑作です。

24位:すきまのおともだちたち

24位:すきまのおともだちたち

出版社 : 集英社
発売日 : 2008/5/20

庭で育てたレモンの木からレモネードを作り、針仕事で暮らしている「おんなのこ」。両親は最初からなく、車も運転できる古びた「お皿」と住んでいる―。仕事で訪れた街で道に迷い、帰れなくなった新聞記者の「私」は、客として彼女たちにもてなされることになるのだが…。けっして変わらないものが存在し続ける、そんな場所で出会った、小説と絵が織りなすファンタジックストーリーです。

23位:なかなか暮れない夏の夕暮れ

23位:なかなか暮れない夏の夕暮れ

出版社 : 角川春樹事務所
発売日 : 2017/2/10

資産家で、気ままな一人暮らしの稔は50歳。たいていは、家で本ばかり読んでいる。読書に夢中になって、友人で顧問税理士の大竹が訪ねてきても気づかないぐらい。姉の雀も自由人。カメラマンでドイツに暮らしている。稔に似て本好きの娘の波十は、元恋人の渚と暮らしていて、ときどき会いにやってくるが……。なかなか暮れない、孤独で切実で愛すべき男と女たちと、頁をめくる官能と幸福を描く長編小説です。

22位:彼女たちの場合は

22位:彼女たちの場合は

出版社 : 集英社
発売日 : 2019/5/2

日本人の少女二人がアメリカを旅する物語。目的はなく、行先は決めず、しかも親の承諾も得ず。彼女たちの場合、そして何が起こったか。美しい風景と愛すべき人々、そして「あの日の自分」に出逢える、長編作です。

21位:犬とハモニカ

21位:犬とハモニカ

出版社 : 新潮社
発売日 : 2014/12/22

外国人青年、少女、老婦人、大家族……。空港の到着ロビーで行き交う人々の、人生の一瞬の重なりを鮮やかに掬い取った川端賞受賞の表題作。恋人に別れを告げられ、妻が眠る家に帰った男性の心の変化をこぼさず描く「寝室」。“僕らは幸福だ”“いいわ”夫婦間の小さなささくれをそっと見つめた「ピクニック」。わたしたちが生きる上で抱え続ける、あたたかい孤独に満ちた、六つの旅路の川端康成文学賞受賞作です。

江國香織の小説おすすめランキングTOP20-16

20位:間宮兄弟

20位:間宮兄弟

出版社 : 小学館
発売日 : 2007/11/6

女性にふられると兄はビールを飲み、弟は新幹線を見に行く。そんな間宮兄弟は人生を楽しむ術を知っている。江國香織がもてない男性の日常を描いて話題になり、森田芳光監督の映画化も大ヒットした、もてなくとも幸福に生きる兄弟の日常の物語です。

19位:スイートリトルライズ

19位:スイートリトルライズ

この日常に不満はない、と瑠璃子は思う。淋しさは人間の抱える根元的なもので、自分一人で対処するべきで、誰かに―たとえ夫でも、救ってもらえる類のものではない。瑠璃子と二歳下の夫、総。一緒に眠って、一緒に起きる。どこかにでかけてもまた一緒に帰る家。そこには、甘く小さな嘘がある。夫(妻)だけを愛せたらいいのに。読み終わると瑠璃子と聡のその後が気になって仕方なく思わず自分なりに熱く想像してしまう人気作です。

18位:ホリー・ガーデン

18位:ホリー・ガーデン

出版社 : 新潮社
発売日 : 1998/3/2

果歩と静枝は高校までずっと同じ女子校だった。ふと気づくといつも一緒だった。お互いを知りすぎてもいた。30歳目前のいまでも、二人の友情に変わりはない。傷が癒えない果歩の失恋に静枝は心を痛め、静枝の不倫に果歩はどこか釈然としない。まるで自分のことのように。果歩を無邪気に慕う中野くんも輪に加わり、二人の関係にも緩やかな変化が兆しはじめる。忙しい毎日に埋もれがちな、素の自分を思い出させてくれ、そんな素の自分を愛おしむことを思い出させてくれる一冊です。

17位:ぼくの小鳥ちゃん

17位:ぼくの小鳥ちゃん

出版社 : 新潮社
発売日 : 2001/11/28

主人公「僕」とそのガールフレンドと、僕のところに居ついてしまった小鳥ちゃんのラブストーリーです。小さなお話なのに、いろんな物が詰まっていて、ファンタジーなのに、大人向けという少し切なくて幸福な、冬の日々の物語です。

16位:泳ぐのに、安全でも適切でもありません

16位:泳ぐのに、安全でも適切でもありません

出版社 : 集英社
発売日 : 2005/2/18

こちらは、愛を通して人生を切りとる傑作短篇集です。安全でも適切でもない人生の中で、愛にだけは躊躇わない、あるいは躊躇わなかった10人の女たち。愛することの喜び、苦悩、不毛。第15回山本周五郎賞受賞の人気傑作短篇集です。

江國香織の小説おすすめランキングTOP15-11

15位:薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木

15位:薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木

出版社 : 集英社
発売日 : 2003/6/20

日常というフィールドを舞台に、かろやかに、大胆に、きょうも恋をする女たち。主婦。フラワーショップのオーナー、モデル、OL、編集者など、9人の女性たちの恋と、愛と、情事とを、ソフィスティケイトされたタッチで描く「恋愛運動小説」です。

14位:ぬるい眠り

14位:ぬるい眠り

出版社 : 新潮社
発売日 : 2007/2/28

新聞の死亡欄を見て、見知らぬ人の葬式に参列する風変わりな夫妻を描く佳編、『きらきらひかる』の十年後を綴る好編など全九編を収録した、著者の魅力を凝縮した贅沢なオリジナル短編集です。思わず笑っちゃうようなおかしさと、ふいに心臓に氷をあてがわれるような切なさが入り混じっています。

13位:いつか記憶からこぼれおちるとしても

13位:いつか記憶からこぼれおちるとしても

出版社 : 朝日新聞社
発売日 : 2005/11/1

吉田くんとのデートで買ったチョコレートバーの味、熱帯雨林にすむ緑の猫への憧れ、年上の女の細くて冷たい指の感触など、10人の女子高校生がおりなす、残酷でせつない、とても可憐な6つの物語です。少女と大人の間で揺れる17歳の孤独と幸福を鮮やかに描き出した短篇小説集で、江國香織の物語の持つ雰囲気と魅力を一層際立たせています。

12位:つめたいよるに

12位:つめたいよるに

出版社 : 新潮社; 改版
発売日 : 1996/5/29

出会いと別れの不思議な一日を綴った『デューク』。コンビニでバイトする大学生のクリスマスイブを描いた『とくべつな早朝』。デビュー作『桃子』を含む21編を収録した初々しい短編集です。

11位:流しのしたの骨

11位:流しのしたの骨

出版社 : 新潮社
発売日 : 1999/9/29

いまはなにもしていず、夜の散歩が習慣の19歳の私こと子、おっとりとして頑固な長姉そよちゃん、妙ちきりんで優しい次姉しま子ちゃん、笑顔が健やかで一番平らかな‘小さな弟’律の四人姉弟と、詩人で生活に様々なこだわりを持つ母、規律を重んじる家族想いの父、の六人家族。ちょっと変だけれど幸福な宮坂家の、晩秋から春までの出来事を静かに描いた、不思議で心地よくいとおしい物語です。

江國香織の小説おすすめランキングTOP10-6

スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

太宰治の作品おすすめランキング20選!人気の小説と口コミ【2021最新版】

昭和初期の文豪の一人として高い人気と知名度を誇る太宰治。今回はそんな太宰治の作品の人気おすすめランキングと選…

もどる / 53 view

ホラー小説のおすすめランキングBEST70【2021最新版】

おすすめのホラー小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介するホラー小説はどれも名…

三島マコト / 187 view

官能小説のおすすめ人気ランキングTOP40と口コミ&選び方【2021最新版】

映像で見るのとは違い、文字で細かに描写されることでより官能的な雰囲気を楽しむことができる官能小説は大人だけが…

もどる / 358 view

女性向けの本おすすめランキング36選~20代・30代・40代以上の年代別【2021最…

本を読もうと思っても、どれを選んだら良いのか分からないということは意外に多いものです。今回は女性向けの本に絞…

もどる / 439 view

恋愛本のおすすめ人気ランキング32選と口コミ&選び方【2021最新版】

恋愛には悩みは尽きないものですが、中々人に相談できないという場合もありますよね。そんなときに頼りになるのが恋…

もどる / 30 view

百田尚樹の作品おすすめランキング20選~人気の本や小説の口コミ&選び方【2021最新…

苦悩の中でも必死に生きる人間の姿を鮮やかに描く作家として人気の百田尚樹さんは現代の人気作家の一人です。今回は…

もどる / 23 view

名付け本の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2021最新版】

名前は親から子どもへの最初のプレゼントで、その子にとっては一生付き合っていくものになります。人によっては名付…

もどる / 109 view

人気の作家・小説家ランキングおすすめ70選【日本限定・2021最新版】

おすすめの人気作家・小説家の方々をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する作家や小説家の方…

三島マコト / 757 view

恋愛小説おすすめランキングBEST80【2021最新版】

おすすめの恋愛小説80作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する恋愛小説はどれも名作・…

三島マコト / 174 view

漢検問題集のおすすめ人気ランキング20選と口コミ&選び方【級別・2021最新版】

学生から社会人まで多くの方から人気を集めている資格試験に漢字能力検定があります。今回は漢検問題集の人気おすす…

もどる / 81 view

なかよし歴代連載漫画の人気おすすめランキング20選【2021最新版】

三大小中学生向け少女漫画雑誌として60年以上も愛され続けているのが、講談社が発行している「なかよし」です。今…

もどる / 148 view

教養を身につける本おすすめ30選~読むべき人気書籍ランキングと口コミ【2021最新版…

教養を養うのに役立つのが書店に並んでいる多くの本です。今回は教養を身に付けるのに役立つ本のおすすめ人気ランキ…

もどる / 174 view

青春小説おすすめランキング35選!恋愛・友情・スポーツ・家族【2021最新版】

毎日が楽しく眩しかった、胸がざわざわする青春時代へタイムスリップできるおすすめ小説ランキング!ジャンル別(恋…

samax82 / 101 view

コミュニケーション本のおすすめランキング30選と口コミ&選び方【2021最新版】

仕事や恋愛、友人関係など人との付き合いを円滑にする上で欠かせないスキルがコミュニケーションスキルです。今回は…

もどる / 58 view

経営本の人気おすすめランキング45選と口コミ~起業家・経営者必見【2021最新版】

現在200万人以上もいると言われている個人経営者。しかし、起業した人全てが成功するわけではありません。今回は…

もどる / 30 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

恋愛本のおすすめ人気ランキング32選と口コミ&選び方【2021最新版】

恋愛には悩みは尽きないものですが、中々人に相談できないという場合もありますよね。そんなときに頼りになるのが恋…

もどる / 30 view

樋口一葉の作品おすすめランキング20選と口コミ!人気の小説まとめ【2021最新版】

樋口一葉はお札の肖像に採用されたことで、日本に知らない人はいないというほど、飛躍的に知名度を上げた小説家。今…

もどる / 33 view

平野啓一郎の作品おすすめ20選!人気の小説ランキングと口コミ&選び方【2021最新版…

23歳で芥川賞を受賞し、「マチネの終わりに」が映画化されることが話題になった作家の平野啓一郎さん。現在大注目…

もどる / 31 view

片付け本の人気おすすめランキング20選と口コミ&選び方【2021最新版】

片付けが苦手な方にとって、片付け本は自分では思いもしなかった片付け術を教えてくれる非常に頼もしい存在です。今…

もどる / 32 view

自己啓発本のおすすめランキングTOP50と選び方【2021最新版】

人生に対するアドバイスが欲しいとき、やる気の出し方を知りたい時に役立つのが自己啓発本です。書店に行くと数多く…

もどる / 116 view

エッセイの人気おすすめランキング30選と口コミ&選び方【2021最新版】

エッセイは書き手の生き方などを深く知ることができるもので、読者に新たな発見や生き方のヒントなどを与えてくれる…

もどる / 58 view

読書感想文の本おすすめランキング40選&選び方【学年別・2021最新版】

今回は読書感想文の本の選び方、そしておすすめの本を学年別(小学校低学年と高学年・中学生・高校生)かつ人気ラン…

もどる / 49 view

ちゃお歴代連載漫画の人気おすすめランキングTOP20【2021最新版】

小学館が発行している、人気月間少女漫画雑誌「ちゃお。」現在大人の女性となった方の中にも、青春時代に愛読してい…

もどる / 300 view

高校生向け本のおすすめランキング32選と口コミ&選び方【2021最新版】

大人への過渡期とも言うべき高校生にはその時に読むことで意味のある本もたくさんあります。今回は高校生向けのおす…

もどる / 157 view

中学生向け本のおすすめ人気ランキング32選と口コミ&選び方【2021最新版】

語彙も増え、理解の幅が広がっている中学生時代は、小学生のころよりもぐっと読める本の範囲が広がります。今回は中…

もどる / 214 view

筒井康隆の作品おすすめランキング20選と口コミ~人気の本を紹介【2021最新版】

日本三大SF作家と呼ばれ、様々なメディア展開もされている作家の筒井康隆さん。数多くの作品を世に出していますが…

もどる / 30 view

少女漫画のイケメン人気ランキングTOP35【2021最新版】

女性なら誰だって憧れるストーリーそして、こんな人周りにいたらいいのになんて思うくらいのイケメン揃い…。少女漫…

risa / 868 view

東野圭吾の小説おすすめランキング30選~短編・長編別【2021最新版】

ミステリー小説に興味のない人でもその名前を知っているほど代表作が多く、知名度の高い作家さんが東野圭吾さんです…

もどる / 40 view

太宰治の作品おすすめランキング20選!人気の小説と口コミ【2021最新版】

昭和初期の文豪の一人として高い人気と知名度を誇る太宰治。今回はそんな太宰治の作品の人気おすすめランキングと選…

もどる / 53 view

百田尚樹の作品おすすめランキング20選~人気の本や小説の口コミ&選び方【2021最新…

苦悩の中でも必死に生きる人間の姿を鮮やかに描く作家として人気の百田尚樹さんは現代の人気作家の一人です。今回は…

もどる / 23 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング