貴志祐介作品の選び方のポイント3点

貴志祐介さんの作品はホラー系や探偵などジャンルが幅広いので初めて読む方はどの作品から読むか悩んでしまいます。そこでここではそれぞれのジャンルの特徴を見ていきましょう。

・ホラー、SF系

・ホラー、SF系

ホラーやSF作品は貴志祐介さんらしい作品を読みたいという方にとてもおすすめです。特に貴志祐介さんのホラーは人間の狂気といったリアリティのある怖さが特徴なので、身に迫るような恐怖を体験することができます。リアリティのあるホラーが好みな方に適しているでしょう。

一方SF作品はSFといっても舞台が現代社会に近い作風なのでSFにありがちな世界観や舞台背景を掴むのに苦労することがなく、すんなりと受け入れられる作品になっています。ホラー系やSF系の作品は貴志祐介さんの初期作品に多いので古い順に読んでいきたいという方はぜひチェックしておきましょう。

・ミステリー

・ミステリー

探偵ものや推理小説が好みの方にはいわゆる「探偵シリーズ」がおすすめです。「防犯探偵・榎本シリーズ」と呼ばれファンから非常に高い人気を獲得しているシリーズとなっています。登場人物は同じではありますが異なる事件に取り組んでいく作風なのでシリーズのどの作品から読んでも楽しめるようになっているのも大きな魅力。気になる作品から手をつけてみるのも良いでしょう。

ポイント2.長さで選ぶ

普段あまり本を読まない方にとって1つの物語のページ数は重要なポイントです。貴志祐介さんの作品は大体400ページ程度の長さが標準で、普段小説をあまり読まないという方でも気負わず読める長さだと思われます。

長編にどっぷり浸りたいという方は上下巻や上中下巻に分かれている大作を読んでみるのもおすすめです。貴志祐介さんの世界感をしっかり感じたいという方もこの長さがあれば十分楽しめることでしょう。

ポイント3.映像化、漫画化作品から選ぶ

貴志祐介さんの作品は映像化や漫画化されている作品も多くあります。様々な媒体で異なる楽しみ方をしたいと考えている方は映像化や漫画化されている作品の中から選ぶのもおすすめです。あるいは最初に映画や漫画を見たあとに原作を読んでより理解を深めるというのも作品を楽しむという意味で非常に有効な手段と言えます。

また、映画やドラマの中には貴志祐介さんご本人が出演されている作品もあるので作者がどこで登場するのかを見つけてみるのも楽しいかもしれません。

貴志祐介作品人気おすすめランキングTOP20~16

20位:悪の教典(1) (アフタヌーンKC) コミックス – 2012/10/9 烏山 英司  (著), 貴志 祐介  (原著)

628円

こちらの「悪の教典」はサイコキラーという裏の顔を持つ教師が引き起こす事件を描いた作サイコホラーの名作を漫画化したものです。コミカライズ担当は「悪の教典」以外にも平山夢明さん原作の「東京伝説」のコミカライズを担当するなど、漫画化として活躍している烏山英司さん。映画化とも小説とも違う魅力を楽しめる作品となっています。
一巻のみというより、全巻通してのレビューです。

原作の小説版は読んでいないため、原作との違いについてはわかりませんが、この漫画単体でもなかなか面白かったです。

作画を担当している方がかなり画力の高い方で、主人公の狂気具合とか例のシーンとかの描写がかなり上手いです。

この漫画は全巻一気に読んでしまうと、展開が早すぎて面白みが減ってしまうので、コミックで読む場合は一巻一巻買い足すように読んでいった方が、「この後どうなるんだろう・・・」みたいなドキドキ感を味わえると思います。

19位:サイドストーリーズ (角川文庫) 文庫 – 2015/3/25 東 直己 (著), 冲方 丁  (著), 貴志 祐介 (著), 狗飼 恭子 (著), 宮木 あや子 (著), 貫井 徳郎 (著), 誉田 哲也 (著), 三浦 しをん (著), 笹本 稜平 (著), 垣根 涼介 (著), 中田 永一 (著), 中山 七里 (著), & 1 その他

660円

この「サイドストーリーズ」は著名な作家さんの短編を収録したアンソロジーで、貴志祐介さんの作品は人気シリーズ「鍵のかかった部屋」の番外編で防犯探偵の榎本が弁護士の純子と密室に挑む内容になっています。
一服広場という共通項でくくられた、様々な作家のショートストーリー。誰も読み応えがあって面白かったです。

18位:新世界より(1) (週刊少年マガジンコミックス) Kindle版 貴志祐介 (著), 及川徹  (著)

462円

18位にランクインしたのは貴志祐介さんの人気作品をコミカライズした「新世界より」です。舞台は1000年後の日本。神の力「呪力」の鍛錬に励む子どもたちとそれを見守る大人たちという理想郷を舞台に21世紀SF最高傑作を完璧に漫画化しています。コミカライズ担当はイラストの可愛さに定評のある及川徹さん。作品を鮮やかに彩る漫画になっています。
アニメをみていて面白かったので購入してみました。アニメとは少し違ったところもありました、楽しく読み進められるのでよかったです。

17位:クリムゾンの迷宮(1) (ビッグコミックス) Kindle版 貴志祐介  (著), 三上達矢 (著)

605円

地球のものとは思わない深紅色に染められた謎の大地で、所持品もない状態で目覚めた男が謎のゲームに参加させられるというSFホラー作品です。テレビドラマやアニメ映画と増殖していく貴志祐介さんの世界観を「極道一直線」や「鬼龍院冴子探偵事務所」などを描いてきた三上達矢さんが忠実にコミカライズしています。
小説を読了後、本漫画版(全3巻)を一気見してしまった。
意味不明な環境下に置かれた主人公の境遇から、徐々にテンポアップし、ラストスパートまで加速するストーリーは読み手を引き込む。どこか現実的なようで非現実な背景が更に面白さを加味している。
現実主義な主人公の行動は、自分ならこの時どんな行動をするか、とイメージを重ねてしまった。

16位:極悪鳥になる夢を見る (文春文庫) 文庫 – 2017/4/7

737円

「極悪鳥になる夢を見る」はあるときはスッポンに詫びつつ鍋を調理師、あるときはなぜ緑色の哺乳類がいないかを真剣に考察、さらにあるときは読むものを不安にする早口言葉をひねり出し、阪神タイガースに愛を注ぐ、そんな知性は作家の意外な素顔をつぶさに記したエッセイ集です。日常生活や野球愛を天才的な文章で綴っており、貴志祐介さんのファンにとってはたまらない1冊です。
私は貴志祐介さんのファンです。緊張感たっぷりの恐ろしくも素晴らしい文章を書かれる貴志さんが、どのようなエッセイを書かれるのか気になりましたので購入しました。
貴志さんの文章の特徴として”淡々と描かれた狂気”が1つ挙げられると思います。ありふれた描写の中に、さりげなく狂った一節が書き込まれています。それに触れたときの「ほぅほぅなるほどね。。。んん??」という感覚が私は大好きです。伝わりますかね。。。
このエッセイでも、その感覚は楽しめました。特に「全然気にしてないですよ。ただ、○○は地獄の業火に焼かれて滅べば良いと思います。」というような一節がツボにはまりました。かなり笑った。
貴志さんらしい文章で彼のことを知られるので、私はとても楽しめました。
個人的に嫌だったのは、野球関連の文章に熱が入りまくっていることですかね。申し訳ありませんが、野球好きでない私からすれば、そこの部分が面白くなかったです。

貴志祐介作品人気おすすめランキングTOP15~11

15位:エンタテインメントの作り方 売れる小説はこう書く (角川新書) 新書 – 2017/10/10

880円

小説家を目指す方にぜひ読んで欲しい作品がこの「エンタテインメントの作り方 売れる小説はこう書く」です。読むと読まないでは確実に差が出る、「売れる小説」の書き方講座として、アイデア、プロット、キャラクターなど必須のテクニックを惜しげもなく開示してくれるためになる作品です。
貴志さんの小説は好きで10数年前から読んでいました。

小説を書く上でのマインド的な所からプロットの書き方、
アイデアのストックと熟成の必要性、文章の客観的な向上…等々、リアルなヒントが書かれています。

ミステリーやファンタジーの小説を書いてみたいと思う人にとって読んで損はないと思います。

14位:SFマガジン700【国内篇】 (創刊700号記念アンソロジー) 文庫 – 2014/5/23

1,232円

「SFマガジン700【国内篇】 (創刊700号記念アンソロジー)」は日本SF界の礎にして最先端で有り続けた専門誌「SFマガジン」の創刊700号を記念したアンソロジーです。1959年の創刊から著名な作家の名作を掲載しています。貴志祐介さんの作品は1987年に発表された「夜の記憶」という作品で、大スケールで描かれたデビュー作となっています。
最近再評価されているらしい鈴木いずみ作品など、時代におもねるとこうなってしまう、という例で評者は、作中のヒッピー風のおしゃれ会話など読むに耐えなかった。桜坂洋の作品は、先のレビューア氏のいうほど悪いとは思わなかったが、好みの分かれる所だろう。

私 見ではあるが、この本を買う意味は、秋山瑞人作品”海原の用心棒”を読む所にある。”おれはミサイル”が空軍ものとすれば、これはそれと対をなす海軍もの と見ることができる。ミサイルのかわりにクジラが擬人化され、潜水艦どうしの戦闘に関わる。ディスコミュニーケーション、老兵は消え去るのみ、とでも言う かのような老クジラの語り、これは期待に違わぬ傑作である。約150ページで全体が500ページだから3割を占めるので、これを読めればペイすると評者は 思った。この作品に免じて、大アマで5点。他の作品も気に入る読者はいるはず。

13位:雀蜂 (角川ホラー文庫) 文庫 – 2013/10/25

572円

雪の山荘で目覚めた小説家の安斎は次々に襲いかかってくるスズメバチの大群を目にします。以前ハチに刺された経験のある安斎にとって次に刺されれば命の保証はありません。一緒にいたはずの妻の姿はなく、これが仕組まれた罠なのかを疑いながら安斎とハチの壮絶な闘いが始まります。予測できないラストに驚愕する一作となっています。
久々の貴志作品。相変わらず読み手をハメていく手法には脱帽。今回も見事にハマり、あっと言う間に読了。
主人公目線で展開しつつ、後半から見え隠れするダブルの存在。。。最後は見事な結末でした。

12位:鍵のかかった部屋 (角川文庫) 文庫 – 2012/4/25

748円

「鍵のかかった部屋」はテレビドラマ化もされた作品なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。榎本シリーズの第3弾となるこの作品は完全な密室でおこった練炭自殺を計画的な殺人と見抜き、謎を解いていく表題作のほか、欠陥住宅の密室や舞台本番中の密室など珠玉の密室がぎゅっと詰まった作品になっています。榎本シリーズが好きな方はもちろん、密室ものが好きな方にもおすすめです。
大野智のドラマを見てとても好きで本を買いました。本を読むとまた別の風味がありますね。でもドラマを見たから結果もわかるのでちょっと残念です(笑)

11位:狐火の家 (角川文庫) 文庫 – 2011/9/23

734円

「狐火の家」は、築数百年は経つ古い日本家屋で発生した完全なる密室を舞台に防犯コンサルタントの榎本、そして弁護士の純子のコンビが謎に挑んでいく表題作を含む計4編を収録した密室ミステリーの傑作作品です。大人気防犯探偵シリーズの第2弾でユーモアを交えながら進む物語にトリコになる人続出の名作となっています。
雀蜂に続き、貴志祐介先生のミステリー短編集を、オーディブルで楽しみました。
貴志祐介先生の信奉者からは、ホラーでもなく、オーディブルで聴くなどというのは、二重の意味で、掟破りなのでしょう。
しかし、シャーロック・ホームズシリーズをはじめ、推理小説は、オーディブルに適していると思います。
作家が文章に込めた思いを、ナレーションを担当される声優の方が、見事に演じて頂けるのですから、私ごときが下手な解釈をいれて読むよりも、楽しめることは間違いありません。
貴志祐介先生といえばホラーが有名なようですが、雀蜂、そしてこの短篇集などは、真逆に、軽い気持ちで、楽しめる、終わった後も、あまり人間の業のようなものを心のなかに留めない、極めて軽いサスペンスに仕上がっていると思います。
ナレーションを担当される丸山 雪野さんも、雀蜂と同様、あまり極端に解釈を入れず、作者の意志に忠実にお読み頂き、素直に作品を楽しむことができました。
素晴らしい作品、ありがとうございます。

貴志祐介作品人気おすすめランキングTOP10~6

10位:ミステリークロック 単行本 – 2017/10/20

1,870円

この作品は防犯探偵榎本シリーズ第4弾となる作品です。今回の事件はたくさんの種類の時計が置かれている晩餐会の会場で女流作家が事故死するというもの。もちろん榎本は事件を疑い推理を開始します。部屋中の時計の意味、今回のトリックなど先が気になる作品です。時計をヒントとしてどんどん展開していくストーリーが見所でミステリー好きな方にはたまらない名作となっています。
出版されたら待ち切れずに買ってしまいます。
一気に読んでしまいます。
短編集って感じですが、また映像化されたら良いなと思います。
楽しみに待ってます。

9位:ダークゾーン 単行本 – 2011/2/11

1,980円

「ダークゾーン」は軍艦島を舞台に描く悪夢の世界をテーマにした作品です。情報学部学資で日本将棋連盟奨励会に属するプロキシの卵である塚田は闇の中で17人の仲間とともに覚醒します。場所も状況も何も分からないまま突然始まる闘い。奇妙な戦術条件、昇格による強力化、将棋にも似たその闘いの意味は果たして―。貴志祐介さんの世界観が全開となった作品でファンの人気も高い物語です。
悪夢のバトルゲームと輻輳して語られるのは、勝負に取り付かれた男と、ひたむきな女の、哀切極まりないラブストーリーである。
久しぶりに、泣けた。
そして、いつか軍艦島に行ってみたくなった。

8位:硝子のハンマー (角川文庫) 文庫 – 2007/10/11

968円

防犯探偵榎本シリーズが好きな方にぜひ読んで欲しいのがこの「硝子のハンマー」です。シリーズ第1作となる記念すべき作品なので榎本や彼に関係する人物たち、そして背景を詳しく描かれているためシリーズに対する理解を深めることができます。もちろん密室でおこった事件をテーマにしているので防犯探偵榎本シリーズの密室がお好きな方にもおすすめです。
密室殺人は、推理小説界の大きなテーマだ。私がかつて読んだ事のあるものを思い返すと、ドライアイスまたは氷の凶器を使って、証拠を残さないものや、犬などの動物に学習させるというものなどがあった。本書の密室殺人では、ハイテク機器が多用される。防犯対策もそれを破る方法も、いかにも現代的だ。少々強引な方法だが、この方法に辿り着くまでの経過が面白い。また、大いに活躍する防犯コンサルタントは、実は曲者だというあたりも傑作だ。

著者のこれまでの作品は、すべて綿密な下準備の上で書かれるので、状況描写が妙に細かい。本書では、例えば、競馬のレース解説、ビリヤード、車などだ。少し描写が過剰かなと感じてしまう時もあるが、反面、リアルで、フィクションである事を忘れてしまう。

本書は余韻が爽やかだ。

著者のホラー性の無い推理も非常に秀逸だ。

関連するキーワード

関連するまとめ

英単語帳の人気おすすめランキング30選と口コミ&選び方【高校受験・大学受験・社会人別…

英単語を効率よく学習するために欠かすことのできないアイテムが英単語帳です。今回は高校受験、大学受験、社会人と…

もどる / 469 view

ビジネス本のおすすめランキング47選~読むべき名著を紹介【2019最新版】

今回はビジネス本のおすすめ人気ランキングと選び方のポイントをご紹介したいと思います。本は情報がまとまっている…

もどる / 1828 view

英和辞典おすすめランキング人気30選と口コミ&選び方【2019最新版】

英語に理解を深める上で欠かすことのできないアイテムが英和辞典です。今回は英和辞典のおすすめランキングと口コミ…

もどる / 498 view

初心者向けの小説おすすめランキング50選!ジャンル別で紹介【2019最新版】

通勤や通学、休憩時間や就寝前に読書を始めたい「読書初心者」におすすめのジャンル別小説ランキング。6つのジャン…

samax82 / 1571 view

直木賞の歴代作家一覧!おすすめランキングTOP50【2019最新版】

あまり本を読まない人でも、ドラマ化や映画化がアナウンスされると、原作の小説をチェックしたくなるものです。この…

kent.n / 8307 view

Excel学習本のおすすめ人気ランキング30選と口コミ&選び方【レベル別・2019最…

パソコンの基本スキルとして挙げられることの多いExcelですが、使いこなすのは中々難しいものです。今回はEx…

もどる / 429 view

筒井康隆の作品おすすめランキング20選と口コミ~人気の本を紹介【2019最新版】

日本三大SF作家と呼ばれ、様々なメディア展開もされている作家の筒井康隆さん。数多くの作品を世に出していますが…

もどる / 330 view

教養を身につける本おすすめ30選~読むべき人気書籍ランキングと口コミ【2019最新版…

教養を養うのに役立つのが書店に並んでいる多くの本です。今回は教養を身に付けるのに役立つ本のおすすめ人気ランキ…

もどる / 7882 view

女性アイドルの写真集人気ランキングTOP30【2019最新版】

女性アイドル・女優が発売した写真集の人気ランキングを紹介しています。AKB48グループ・乃木坂46・欅坂46…

kii428 / 9048 view

歴史小説のおすすめランキングBEST70【2019最新版】

おすすめの歴史小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する歴史小説はどれも名作・…

三島マコト / 8208 view

SF・ファンタジー小説のおすすめ人気ランキング50選【2019最新版】

おすすめのSF・ファンタジー小説50作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介するSF・フ…

三島マコト / 10824 view

ミステリー/推理小説おすすめランキングBEST70【2019最新版】

おすすめのミステリー/推理小説やサスペンス小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹…

三島マコト / 10790 view

経営本の人気おすすめランキング45選と口コミ~起業家・経営者必見【2019最新版】

現在200万人以上もいると言われている個人経営者。しかし、起業した人全てが成功するわけではありません。今回は…

もどる / 438 view

自己啓発本のおすすめランキングTOP50と選び方【2019最新版】

人生に対するアドバイスが欲しいとき、やる気の出し方を知りたい時に役立つのが自己啓発本です。書店に行くと数多く…

もどる / 4820 view

恋愛本のおすすめ人気ランキング32選と口コミ&選び方【2019最新版】

恋愛には悩みは尽きないものですが、中々人に相談できないという場合もありますよね。そんなときに頼りになるのが恋…

もどる / 601 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ジャンプ漫画家の画力ランキングTOP30【2019最新版】

老若男女に愛される名作を数多く輩出し、アニメ化や映画化も多くされている週刊少年ジャンプ系漫画そのストーリーを…

もどる / 422 view

泣ける!感動する小説おすすめランキングBEST70【2019最新版】

おすすめの泣ける&感動する小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する感動する小…

三島マコト / 47367 view

青春小説おすすめランキング35選!恋愛・友情・スポーツ・家族【2019最新版】

毎日が楽しく眩しかった、胸がざわざわする青春時代へタイムスリップできるおすすめ小説ランキング!ジャンル別(恋…

samax82 / 3980 view

ビジネス本のおすすめランキング47選~読むべき名著を紹介【2019最新版】

今回はビジネス本のおすすめ人気ランキングと選び方のポイントをご紹介したいと思います。本は情報がまとまっている…

もどる / 1828 view

エッセイの人気おすすめランキング30選と口コミ&選び方【最新版】

エッセイは書き手の生き方などを深く知ることができるもので、読者に新たな発見や生き方のヒントなどを与えてくれる…

もどる / 409 view

芥川賞の歴代作家一覧!人気ランキングTOP50【2019最新版】

特に読書が趣味というわけではなくとも、ふとした瞬間に小説を読みたくなるときもありますよね。そこで今回は、芥川…

kent.n / 8328 view

官能小説のおすすめ人気ランキングTOP40と口コミ&選び方【2019最新版】

映像で見るのとは違い、文字で細かに描写されることでより官能的な雰囲気を楽しむことができる官能小説は大人だけが…

もどる / 1303 view

歴史小説のおすすめランキングBEST70【2019最新版】

おすすめの歴史小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する歴史小説はどれも名作・…

三島マコト / 8208 view

読書感想文の本おすすめランキング40選&選び方【学年別・2019最新版】

今回は読書感想文の本の選び方、そしておすすめの本を学年別(小学校低学年と高学年・中学生・高校生)かつ人気ラン…

もどる / 1081 view

三島由紀夫の作品おすすめランキング30選と口コミ~人気の書籍・小説を紹介【最新版】

作家・三島由紀夫という名前を知っていて気にはなっていても、機会がなくて彼の書籍・小説を読んだことがない、とい…

もどる / 369 view

女性アイドルの写真集人気ランキングTOP30【2019最新版】

女性アイドル・女優が発売した写真集の人気ランキングを紹介しています。AKB48グループ・乃木坂46・欅坂46…

kii428 / 9048 view

名作!小説おすすめランキングBEST100【2019最新版】

世界には「名作」と呼ばれ、多くの人々に愛される小説が数多くあります。今回はおすすめの名作小説100作品をラン…

三島マコト / 7207 view

経済小説の人気おすすめランキングTOP30と口コミ&選び方のポイント【最新版】

経済小説とは経済に関係するテーマを扱った小説のことを言います。基本的にはフィクションではありますが読者にとっ…

もどる / 348 view

英和辞典おすすめランキング人気30選と口コミ&選び方【2019最新版】

英語に理解を深める上で欠かすことのできないアイテムが英和辞典です。今回は英和辞典のおすすめランキングと口コミ…

もどる / 498 view

ボカロ小説の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【最新版】

ボーカロイドが好きな方やボーカロイドの楽曲で好きなものがある、という方におすすめなのがボカロ小説です。今回は…

もどる / 209 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング