文庫本の選び方のポイント3点

ポイント1.役立つ本を選ぶ

ポイント1.役立つ本を選ぶ

読書を始めようと考えている方にとってまず一番手に取りやすいのは役に立つ本ではないでしょうか。自己啓発本や仕事に役立つ本などから読書を初めて見るのは非常に有効な手段です。

流行の本や話題の本など、自分の力になるような本を選んでみましょう。特に自己啓発系であれば効果が実感しやすく、読書を習慣づけるのに適しています。自己啓発系やビジネス書を読む際は斜に構えて読むのではなく、吸収しようという意識を持って読むことでより自分の力になりやすくなります。意識して読んでみましょう。

ポイント2.著者で選ぶ

ポイント2.著者で選ぶ

読書初心者でどれを選んだら良いか分からないという場合は著者で選んでみるのもおすすめの方法です。有名な著者や人気の著者はそれだけ多くの人に受け入れられているので好みに合致する確率もぐんと上がります。

近年は映画やドラマの原作が小説ということも多く、原作になっている本は文庫本としても販売されていることが多いのでこういった作品から読んでみるのも良いかもしれません。ドラマや映画で見たことがあっても、小説であれば心理描写なども細かく書かれているので新たな発見があるかもしれません。

ポイント3.ベストセラーから選ぶ

ポイント3.ベストセラーから選ぶ

どれを選んだら良いのか悩んでいる読書初心者の方にとって一番手に取りやすいのがベストセラーから選ぶという方法です。売れている本はそれだけ沢山の人から支持を得ているということなのでやはり好みに合う確率が高く、何かを得ることが出来る確率も高くなっています。

書店の人気ランキングやネットのおすすめなどを参考にして少しでも面白そうと感じた本はぜひ読んでみましょう。

おすすめ文庫ランキングTOP50~31

50位:仕事は楽しいかね? 単行本 – 2001/12/1 デイル ドーテン (著), 野津 智子 (翻訳)

1,404円

ビジネス啓発書としても物語としても非常に人気の高い、学ぶところの多いのがこの本の特徴です。主張の帰りに大雪のため空港のロビーに足止めされた「私」とそこで出会う老人のやり取りの中から自然と学び、仕事への向き合い方を考えさせられます。シンプルな構成ながらも味わいのある1冊になっています。
自分は、本当にこのまま、この仕事を、この会社で、この状況で、続けていって、大丈夫なのか?将来は明るいのか?ということを考えていたときに、偶然この本に出会いました。この本は、そんな自分に希望の光を灯してくれた一冊です。この本は物語風に話が展開していきますが、読んでいくことで様々な悩みを解決してくれたり、新たなビジネスを生み出すためのヒントをくれたりしました。また、現況を打破するための具体的な方法も教えてくれます。仕事について何か悩んでいる方にはきっと役に立つ一冊になると思います。

49位:そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 文庫 – 2010/11/10 アガサ・クリスティー  (著), 青木久惠 (翻訳)

821円

時代を超え、言語を超え、世界的に今尚愛されているミステリー界の巨匠アガサ・クリスティー。孤島に招き寄せられた面識もなく、年齢や職業といった共通点もない10人の男女。夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声、そして不気味な童謡の歌詞に合わせて殺されていく―。目が離せない展開は数多のミステリファンを魅了します。
文字をたどっていくと同時に頭の中に情景が浮かぶ読感。
ストーリーによるものが大きい。訳も上手だと思うが
圧倒的な緊張感が読み手を引き込むのでしょう。
名作だけど初めて読みましたが、すぐに読み終えてしまいました。先が知りたい一心で

48位:ツァラトゥストラかく語りき (河出文庫) 文庫 – 2015/8/5 フリードリヒ・W. ニーチェ (著), Friedrich Wilhelm Nietzsche (原著), 佐々木 中 (翻訳)

1,296円

19世紀に生き、不朽の思想を遺したことで知られるニーチェの有名な1冊です。主人公のツァラトゥストラが「超人」、「永劫回帰」という思想を語るという体裁で、内容は哲学思考ながらもその影響力は文学や芸術など多方面に渡ります。決して読みやすい本ではありませんがだからこそ重要な読書体験を与えてくれ、人生に影響を与える書になっています。
もちろん、内容は何度も読み込まなければ理解できないとは思いますが、文章自体は読みやすい言葉で訳されていますのでチャレンジのしがいがあります。

47位:罪と罰〈上〉 (新潮文庫) 文庫 – 1987/6/9 ドストエフスキー (著), 工藤 精一郎 (翻訳)

853円

人を殺したいと思ったことのある人や、なぜ人を殺してはいけないのかと考えたことがある人はきっと少なくないでしょう。この本はそんな思いを抱いたことのある人に読んで欲しい不朽の名作です。緻密なストーリー展開の中にサスペンス、ミステリー、恋愛、哲学というあらゆる要素を詰めてあり、何度読んでも新しい発見に出会える本になっています。
僕は昔、ある罪を犯した。まだ少年だったので施設に入った。そこは毎日退屈だったが、週に1度か2度かもう古い記憶なのではっきりしないが図書の時間があった。そこでその時間にこの本に出合った。夢中になって読んだ。〈上〉を読み終わり〈下〉の後半の中頃くらいでそこを出ることになった。最後まで読めなかった。ラスコーリニコフ、ドゥーニャ、ラズミーヒンの3人はどうなったのだろう?久しぶりに読みたくなった。この年になり、また違う角度で読むことができた。ラスコーリニコフの心情を読むとあの頃を思い出す。名作だと思う。次は〈下〉を買わなきゃ。死ぬまでには最後まで読みたいと思う。

46位:老人と海 (新潮文庫) 文庫 – 2003/5 ヘミングウェイ  (著), 福田 恆存 (翻訳)

464円

老人と海は1952年に出版されたヘミングウェイによる短編小説です。読書感想文の課題になることも多い名作なので子供の頃に読んだ記憶のある人もいるかもしれません。自然と戦う人間というストーリーの中で、様々な読み方のできる1冊です。迫力のある文章に引き込まれるストーリーが魅力の本です。
作品名はもちろん知っていましたが、ヘミングウェイゆかりの地「キーウエスト」を旅行する際、ガイド本とともに手にしました。
紀行物やエッセイを読んでから旅行したことはありますが、文学物は初めてでした。

・・・こうして出会った本がこの作品でよかった、と思いました。

奥深かったです。おかげで旅行も非常に印象深いものとなりました。
ストーリーは至ってシンプルですし分厚い本ではありませんが、名作と言われる作品には人として考えさせられることがたくさん詰まっているのだな、と感じま

45位:仮面の告白 (新潮文庫) 文庫 – 2003/6 三島 由紀夫  (著)

562円

三島由紀夫氏の仮面の告白は同性愛をテーマにした小説です。非常に耽美的な内容なので読む人を選ぶ部分はありますがリアリティーのあるストーリーに三島由紀夫氏の美しい文章はこの作品を名作たらしめています。自伝的小説ではありますが自己陶酔がないので意外と読みやすい作品になっています。
日本文学研究者のドナルド・キーンはノーベル文学賞の候補に川端康成ではなく三島由紀夫を推していたそうだ。歴史に「もし」はないというが、もし三島が自決せずに、もしノーベル文学賞を受賞していたら、日本文学界の景色はかなり変わっていただろう。この作品は三島の最初の長編書き下ろし作品だという。

 先日平野啓一郎の『日蝕』を読んで、彼が「三島由紀夫の再来」と言われているのを見て、しばらく三島を読んでいないと思いこれを引っ張り出した。

 三島はこの小説でフィクションを書くと言っていたそうだが、この「仮面」の裏側にあるのは三島自身であり、それは自画像ではないかと言われる。『仮面の告白』というタイトルが言うとおり、三島自身の自伝であるという論に賛成したい。

 全体を通して一貫していることは、異性に対してではなく同性に心を動かされていたということだ。終いには自分でも恋していると思っていた園子さえ避けてしまった。女性に対して興味を持てなかったことを告白している。今でこそ芸能人などがカミング・アウトする姿が報道されるなどしてあまり違和感がなくなってきたが、当時は恐らくかなりセンセーショナルな話題であったのだろう。『仮面の告白』というタイトルがあまりに相応しく思えてくる。

44位:春琴抄 (新潮文庫) 文庫 – 1951/2/2 谷崎 潤一郎  (著)

400円

盲目の三味線師匠春琴と春琴に使える丁稚の佐助との愛と献身、マゾヒズムなどの耽美な世界観が魅力の名作です。この作品は改行、句読点、かぎかっこを極力使用しないという体裁を採用しており、文章の独特のリズムが一種独特の雰囲気を感じさせるようになっています。
初めて谷崎を読みました。
とてつもない、「風景の鮮明さ」ということに尽きます。

文体は独特の読点「、」で刻んでいくモノになっていますが、流れるような美麗体でうっとりします。
春琴の佐助に対する”仕打ち”は、まるで読んでいるこちらのほうに、三味線のバチが飛んでくるよう・・・。

晴れて”同族”となった佐助と春琴のランデブーは、なんとも言えない「人間の極限の愛の姿」を感じます。

43位:こころ (新潮文庫) 文庫 – 2004/3 夏目 漱石  (著)

400円

親友を裏切って恋人を得るもその親友は自殺してしまう―。罪悪感と焦燥といった、知識人の孤独な内面をえぐる有名な名作です。鎌倉の海岸で出会った先生という主人公の魅力に引き込まれる学生の目から間接的に主人公が語られる前半と、後半の主人公の告白という対照が非常に印象的な体裁になっています。
学生だった頃より、名作だし読まなきゃな...とは考えていましたが、暗い結末を知ってしまっていたので中々手を出せずにいました。私はハッピーエンド以外読みたくない性分でしたので...。精神的に幼かったんだと思います。

25歳になってやっと決断し、5時間かけてじっくり読んだのですが、ひたすら夏目漱石氏の文章力に打ちのめされました。
読んでいる間、物語に合う映像がずっと頭の中にありました。登場人物の感情も、手に取るようにわかりました。普段はそんな事ないのに。

18歳ぐらいの時にちゃんと読んでいたら、違う風に精神的な成長を遂げていたかなと思います。
この一冊で、人に与える影響は大きいですね。

いい勉強になりました。

42位:兎の眼 (角川文庫) 文庫 – 1998/3/20 灰谷 健次郎  (著)

648円

灰谷健次郎氏により1974年に刊行された長編小説です。新卒の若い小学校女性教師が初めて受け持った、学校では一言も口をきこうとしない鉄三。最初は打ちのめされるものの、周囲との触れ合いの中で彼の豊かな才能に気が付いていくというストーリーになっています。読んだすべての人の中に感動を植え付ける作品です。
昭和初期にはまだまだ戦争を引きずった方が多く色々な階層の人々がいて今より色々な事件がおおかった頃の話し。
様々な事件をとおし先生も生徒も両親も成長していく様にどんどん引き込まれていき自分もクラスの一員のような気分になった。読み終わると別れが寂しい気持ちになった。
登場人物がみな生き生きしていてまた会いたい。

41位:ツナグ (新潮文庫) 文庫 – 2012/8/27 辻村 深月  (著)

724円

亡くなってしまった人に一度だけ会えるとしたら、そんなことを考えたことがある人は少なくないかもしれません。この本はそんな思いを作品にした1冊です。一生に一度だけ死者との再会を叶えてくれる使者ツナグのもと一夜だけ再開する生者と死者。それぞれの思いが圧倒的な感動をもたらす連作長編小説です。
作者の温かい表現に癒されながら
人の生死と、死から目を背けないことで自分の生を考える
その大切さに改めて感じました。

死を身近に感じない世の中になってきていると言われますが、そのことで自分の生も見えなくなっているのが今の世の中なのかもしれないですね。

40位:蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫) 文庫 – 1968/11/19 芥川 龍之介  (著)

346円

読書の入門としても非常におすすめなのが芥川龍之介氏のこの1冊です。少年少女のために書かれた健康で明るく人間性豊かに記された作品集になっています。表題作の蜘蛛の糸は非常に有名な作品なのでご存知の人も多いかもしれません。エゴイズムを分かりやすく表した名作です。大人はもちろん小学生、中学生でも楽しんで読めますよ。
面白かったです
一個一個の物語がながくなく
非常に読みやすかったです
さすが芥川龍之介さん!
と言った感じです

39位:夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) 文庫 – 2008/12/25 森見 登美彦  (著)

605円

クラブの後輩の黒髪の乙女に想いを寄せる先輩はその想いゆえに彼女の姿を追い求めます。その中で二人を待ち受ける珍事件、運命の大回転といった本屋大賞2位を受賞した近代の名作です。よくある恋愛小説のようでいて独特の世界観を持ち、古風で純日本的なレトロな雰囲気を漂わせているのが魅力になっています。
少し読書をしたいなと思い友達に勧められたこの本を購入。
面白くて買って二日で読み終わってしまいました。
独特な書き方で二人の登場人物の先輩と彼女の視点が交互に書かれてテンポよく読むことができました。
独特な世界観で先輩が彼女に思いを伝えようとするお話です。

38位:雪国 (新潮文庫) 文庫 – 2006/5 川端 康成  (著)

389円

雪国を読んだことがなくても冒頭の一文を知っている人は多いかもしれません。雪に埋もれた温泉宿で芸者の駒子と出会った一人の男の意識に映し出される女の美しさが非常に美しい文章で書かれた名作です。冷たいほどに澄んだ島村の心の鏡に映し出される駒子の烈しい情熱を美しいからこそ哀しい文章で描き、読む人を惹きつけます。
読むべきである。
生きてる間に読みべき小説をいくつか挙げなさいと言われれば、これである。
文章ひとつひとつに俳句のような拡がりがあり、
たんたんと描いているにも関わらず人間の心の奥底まで入り込んで掻き乱す。
著者の知性によって文字列が芸術に昇華させられた瞬間を目撃することができる。
読んだ後、人生観が変わるかもしれない文学の最高傑作。

37位:にごりえ・たけくらべ (新潮文庫) 文庫 – 2003/1 樋口 一葉  (著)

400円

お札に起用されているので樋口一葉の名前は知っていてもその作品を読んだことがある人は少ないかもしれません。そんな人に読んで欲しいのがこの作品です。社会の底辺で悶える女性を書いた「にごりえ」今をさかりの遊女を姉に持つ14歳の少女と、いずれは僧侶になる定めの信如との密かな恋模様を書いた「たけくらべ」など美しい夢と人生における哀歌を混ぜ込んだ短編を収録した1冊になっています。
「にごりえ」「十三夜」「たけくらべ」「大つごもり」「ゆく雲」「うつせみ」「われから」「わかれ道」 八篇の小説。
 
 読者諸賢にあらせられては、何をいまさらの感が強い、書評豊かな作品群。学校の教材で嫌々接し、生欠伸
を禁じ得なかった白面以前の就学時代。文語体如何を問わず、学窓の真っ只中にどっぷり浸かっていた日常の
渦中にあっては、明治中期の物語は圏外だった。
 いま、一連の物語群に込められた近代間近な女性たちを眺めてみると、その雌伏した躍動感は全く強かである。

 解説の三好行雄氏は「一葉文学のリアリティの根拠は悲劇の解決を放棄したところに成立する」と言っている。
 
 封建の世のなごりを留める社会事情のなかで、己を全うしようとする女性たちは、撫子風な健気さなどという
月並みな言葉では言い尽くせない矜持を内に秘め、ひた隠した女の侠気が迸しっている。
 無理心中を強いられた「にごりえ」のお力や、大路の柳月のかげに佇む「十三夜」の阿関にしてからが、悲劇
の奈落に飲み込まれながら感傷に淫することなく、あっぱれ潔く映るのは一葉の腕であろう。

36位:現代語訳 舞姫 (ちくま文庫) 文庫 – 2006/3/1 森 鴎外  (著), 山崎 一穎 (監修), 井上 靖 (翻訳)

626円

今や古典と言われつつある森鴎外氏の名作舞姫を井上靖氏の名訳でより深く味わうことのできる1冊です。若い人でも違和感なく読めるような工夫が凝らされており比較的すんなり読めるようになっています。作品の背景を探る文献も紹介されており、名作をじっくり堪能できるようになっています。
森鴎外と聞けば『舞姫』と誰でも思いつくだろうが、読んだことのある人は少ないだろう。
同時代の双璧と讃えられる夏目漱石と比べても、鴎外の作品は文語調が多く、現代人にはとっつきづらい。舞姫もそうである。
だが、これが井上靖の手で見事に現代語訳されている。
もし鴎外が現代語調で書いてもこうなるのではと思うほどの名訳であろう。
これでムズカシイという人がいたら、また国語を勉強し直さなければならない。

「現代語訳」のほかに「解説」「原文」「関連資料」で構成されている。
丸ごと一冊、舞姫づくしである。

「解説」にあるように、近代と自我云々と難しく読んでもいいし、女を捨て地歩をえらんだ薄情な男の話と読んでもいい。
とにかく文豪の名作をわかりやすく読めるのは嬉しい。
また現代語訳を読んだあとで原文を読むと、鴎外の文章の孤峰絶岸たるさまがより際立ち、眼をみはる思いがする。

これから森鴎外を読んでみようという人の、最初の一冊としても最適であろう。

35位:キッチン (角川文庫) 文庫 – 1998/6/23 吉本 ばなな (著)

432円

1989年、1997年にそれぞれ映画化もされている非常に有名な作品です。祖母の死、奇妙な同居などどこか不自然なに異常を、それでもまっすぐな感覚で受け入れ、人の死や生きるということ、世界の不可思議な調和などを優しい文章で語りかけるロングベストセラーです。様々な国でも刊行され、国を超えて愛されている作品です。
最初ローマにいる時に、「ばばな吉本を知らない?日本人なのに…。彼女の作品は最高よ!」と言われたイタリア語で読んだのが初めです。
表現やストーリー展開が面白く一気に読みました。
最近になって、日本語ではどんな表現だろうと購入しました。
独特の表現と世界感、繊細な表現とストーリー展開はやはり本場の日本語ならでは…。
薄い本ですが、表現と世界感に浸りなが丁重に文章を読んでます。
個人的には、ノーヘル文学賞かと言われる某作家さんより好きな作家さんの吉本はななさんでした。

34位:螢川・泥の河 (新潮文庫) 文庫 – 1994/11/30 宮本 輝  (著)

432円

幼年期と思春期というふたつの視線でもって、人の世の哀歓を大阪と富山の川面に映し出し、生死の向こうにある生命の輝きを鮮やかに刻む、初期の代用作2編を収録した1冊です。太宰治賞受賞の「泥の河」芥川賞受賞の「蛍川」の2作はどちらも珠玉の名作と謳われる作品になっており、感情に訴えかけてくる文章が光ります。
宮本 輝氏の若き頃の珠玉の名作です。
まだ少年の頃読んで大変感銘を受けましたが
年を取ってから読み返すとまたとらえ方も
違ってきたことを感じます。
人生の様々な場面で心に残る作品です。

33位:落日燃ゆ (新潮文庫) 文庫 – 1986/11/27 城山 三郎  (著)

767円

第9回吉川英治文学賞を受賞した作品です。A級戦犯に指定され東京裁判で有罪か無罪かで賛否両論を巻き起こし、絞首刑となった元首相・広田弘毅氏の生涯を激動の昭和史と重ねながら抑制した筆致で克明に辿った内容となっています。気軽に読める内容ではないものの、日本人として読んでおきたい名作です。

関連するまとめ

自己啓発本のおすすめランキングTOP50と選び方【2019最新版】

人生に対するアドバイスが欲しいとき、やる気の出し方を知りたい時に役立つのが自己啓発本です。書店に行くと数多く…

もどる / 4051 view

人気の作家・小説家ランキングおすすめ70選【日本限定・2019最新版】

おすすめの人気作家・小説家の方々をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する作家や小説家の方…

三島マコト / 74771 view

歴史小説のおすすめランキングBEST70【2019最新版】

おすすめの歴史小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する歴史小説はどれも名作・…

三島マコト / 6106 view

ビジネス本のおすすめランキング47選~読むべき名著を紹介【2019最新版】

今回はビジネス本のおすすめ人気ランキングと選び方のポイントをご紹介したいと思います。本は情報がまとまっている…

もどる / 1109 view

名付け本の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2019最新版】

名前は親から子どもへの最初のプレゼントで、その子にとっては一生付き合っていくものになります。人によっては名付…

もどる / 54 view

恋愛小説おすすめランキングBEST80【2019最新版】

おすすめの恋愛小説80作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する恋愛小説はどれも名作・…

三島マコト / 6105 view

名作!小説おすすめランキングBEST100【2019最新版】

世界には「名作」と呼ばれ、多くの人々に愛される小説が数多くあります。今回はおすすめの名作小説100作品をラン…

三島マコト / 5540 view

青春小説おすすめランキング35選!恋愛・友情・スポーツ・家族【2019最新版】

毎日が楽しく眩しかった、胸がざわざわする青春時代へタイムスリップできるおすすめ小説ランキング!ジャンル別(恋…

samax82 / 3012 view

経済小説の人気おすすめランキングTOP30と口コミ&選び方のポイント【最新版】

経済小説とは経済に関係するテーマを扱った小説のことを言います。基本的にはフィクションではありますが読者にとっ…

もどる / 97 view

ホラー小説のおすすめランキングBEST70【2019最新版】

おすすめのホラー小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介するホラー小説はどれも名…

三島マコト / 5170 view

少女漫画のイケメン人気ランキングTOP30【2019最新版】

女性なら誰だって憧れるストーリーそして、こんな人周りにいたらいいのになんて思うくらいのイケメン揃い…。少女漫…

risa / 105416 view

直木賞の歴代作家一覧!おすすめランキングTOP50【2019最新版】

あまり本を読まない人でも、ドラマ化や映画化がアナウンスされると、原作の小説をチェックしたくなるものです。この…

kent.n / 7260 view

小学生向け国語辞典のおすすめランキング18選と口コミ&選び方【2019最新版】

言葉を勉強するために役立つのが「国語辞典」です。今回は小学生向けの国語辞典のおすすめランキングを実際に使用し…

もどる / 144 view

英単語帳の人気おすすめランキング30選と口コミ&選び方【高校受験・大学受験・社会人別…

英単語を効率よく学習するために欠かすことのできないアイテムが英単語帳です。今回は高校受験、大学受験、社会人と…

もどる / 100 view

歴代ベストセラー本の人気ランキングおすすめ100選【2019最新版】

数多くの人に愛され、長く支持を得ている本、それがベストセラーです。今回は歴代のベストセラーの中から今読んで欲…

もどる / 878 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

司馬遼太郎の作品おすすめランキング30選と口コミ~人気の書籍・小説を紹介【最新版】

歴史小説を多く執筆し、歴史の読み解き方の提唱を同時に行ってくれる司馬遼太郎作品。ドラマ化も多くされているので…

もどる / 219 view

直木賞の歴代作家一覧!おすすめランキングTOP50【2019最新版】

あまり本を読まない人でも、ドラマ化や映画化がアナウンスされると、原作の小説をチェックしたくなるものです。この…

kent.n / 7260 view

名作!小説おすすめランキングBEST100【2019最新版】

世界には「名作」と呼ばれ、多くの人々に愛される小説が数多くあります。今回はおすすめの名作小説100作品をラン…

三島マコト / 5540 view

芥川賞の歴代作家一覧!人気ランキングTOP50【2019最新版】

特に読書が趣味というわけではなくとも、ふとした瞬間に小説を読みたくなるときもありますよね。そこで今回は、芥川…

kent.n / 7134 view

TOEIC参考書/問題集のおすすめランキング35選【レベル別・2019最新版】

国際化が進み、英語が重要視されていくに伴って、企業などでもTOEICを受けさせるところが増えてきています。こ…

もどる / 2840 view

自己啓発本のおすすめランキングTOP50と選び方【2019最新版】

人生に対するアドバイスが欲しいとき、やる気の出し方を知りたい時に役立つのが自己啓発本です。書店に行くと数多く…

もどる / 4051 view

英単語帳の人気おすすめランキング30選と口コミ&選び方【高校受験・大学受験・社会人別…

英単語を効率よく学習するために欠かすことのできないアイテムが英単語帳です。今回は高校受験、大学受験、社会人と…

もどる / 100 view

泣ける!感動する小説おすすめランキングBEST70【2019最新版】

おすすめの泣ける&感動する小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する感動する小…

三島マコト / 36114 view

ホラー小説のおすすめランキングBEST70【2019最新版】

おすすめのホラー小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介するホラー小説はどれも名…

三島マコト / 5170 view

筒井康隆の作品おすすめランキング20選と口コミ~人気の本を紹介【2019最新版】

日本三大SF作家と呼ばれ、様々なメディア展開もされている作家の筒井康隆さん。数多くの作品を世に出していますが…

もどる / 38 view

男性アイドルの写真集人気ランキングTOP30【2019最新版】

世の女性たちを癒す男性アイドル・俳優の写真集はやはりとても人気があります。ここでは男性アイドルの写真集の人気…

kii428 / 9277 view

中学生向け本のおすすめ人気ランキング32選と口コミ&選び方【2019最新版】

語彙も増え、理解の幅が広がっている中学生時代は、小学生のころよりもぐっと読める本の範囲が広がります。今回は中…

もどる / 1131 view

東野圭吾の小説おすすめランキング30選~短編・長編別【2019最新版】

ミステリー小説に興味のない人でもその名前を知っているほど代表作が多く、知名度の高い作家さんが東野圭吾さんです…

もどる / 524 view

ミステリー/推理小説おすすめランキングBEST70【2019最新版】

おすすめのミステリー/推理小説やサスペンス小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹…

三島マコト / 9474 view

哲学本の人気おすすめランキング15選と口コミ~初心者向け&入門書【最新版】

哲学は人生を豊かにするためにヒントが詰め込まれており、非常に役立つ知識、考え方を授けてくれます。今回は初心者…

もどる / 32 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング