百田尚樹とは

百田尚樹さんはテレビ番組の放送作家としてキャリアを積み、2006年に50歳で小説家デビューを果たした方で、2019年に63歳で小説家引退を表明されています。作品も話題になることの多いのですが、その発言も話題になることが多く、様々な意味で注目を集めている作家になります。

百田尚樹作品の選び方のポイント2点

数多くの作品を世に出している百田尚樹さんですが、そんな百田尚樹さんの作品を初めて読む場合、ども作品を選べば良いのでしょうか。ここでは選び方のポイントについて確認していきましょう。

ポイント1.ジャンルで選ぶ

政治的な話題で有名になりがちな百田尚樹さんですが、作品におけるジャンルは非常に幅広く展開されています。その中でも特に人気なのが歴史を題材とした小説で、歴史の中でも近代を描いたものは特に高い人気を得ています。

また、一釜変わったものとしては動物や虫を主人公にした作品も人気で、社会との関わり方を通し、日本や人の問題提起をテーマとして織り込んでいるため非常に学ぶところの多い作品となっています。

人間性を深く探るような作品も人気で、人間性の描写が素晴らしいと言われています。淡々とした描写から感情的な描写までしっかりと書き分ける百田尚樹さんの筆力をしっかりと感じ取ることができます。

エンターテイメント性の高い小説も人気です。映画化されている作品もあるので、まず映画を先に観てから読んでみるのも良いでしょう。

ポイント2.作品の長さで選ぶ

百田尚樹さんの作品は長編小説が人気ですが短編小説もあるので、百田尚樹さんの作品をとりあえず読んでみたいという方はまず短編小説から手を出してみるのも良いかもしれません。

しかし、百田尚樹さんの真髄はやはり長編で、「海賊と呼ばれた男」などは上下編の長編大作となっています。上下編となると尻込みをしてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、文章の上手さ、引き込まれるストーリーも相まって長さを気にせずグイグイ読むことができるようになっています。気になっている方は長編から読んでみるのがおすすめですよ。

百田尚樹作品人気おすすめランキングTOP20~16

20位:百田百言 百田尚樹の「人生に効く」100の言葉 単行本 – 2017/3/9

1,186円

「百田百言 百田尚樹の「人生に効く」100の言葉」は、百田尚樹作品は名言の宝庫ということを作者自らが証明してくれるという新しいタイプの名言集です。「永遠の0」や「海賊と呼ばれた男」など、多くのベストセラーを生み出してきた百田尚樹さんがみずから厳選した「人生の糧になる言葉」をピックアップし、解説を施す、新しくてためになる1冊です。
著者がこれまで書いてきた小説作品の中から名言、至言をピックアップし、著者の解説がなされている。
特に興味深いのは「錨を揚げよ」という作品の中で綴られた「人間・心」に関する言葉である。
物語の主人公はおそらく著者自身ではないかと思うのだが、人生にとって大切な普遍的な価値や考えを教えてくれる、
突き刺さる言葉が随所で見られる。著者はこの小説を二十代後半で書いたというから驚きだ。
本書は小説とは違った味わいができる。

19位:今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 【文庫版】 文庫 – 2019/3/1

750円

日韓の雲行きの怪しい今だからこそ一度目を通して欲しいのがこの「今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~」です。この書籍は百田尚樹さんのベストセラーに大幅な加筆を行って文庫化したものになっており、論調の是非はともかく、日韓の一部分を知る上で大変参考になる1冊となっています。鵜呑みにするのではなく、フラットな視点で読んで欲しい書籍です。
 私は韓国・北朝鮮の我が国に対する不条理な対応に怒り心頭していましたが、本書により我が国の朝鮮統治にも色々な問題があることを認識しました。
 原始的な生活を送っていた朝鮮人に日本国の一方的な考えで、幾ら学校を作り朝鮮人の識字率を上げようと、インフラを整備して農業・工業の生産性を飛躍的に向上させようと、禿げ山を緑地化しようと、人口を倍にしようと感謝される訳がありません。
 清やロシアに浸食される状況下でも国内がまとまらず、同胞の3割を奴隷としている階級社会の朝鮮に対して、日本人の独断で階級社会を止めれば、既得権を失った特権階級からは徹底的に恨まれ、被特権階層からも逆恨みされるのが関の山。
 日本人は善良過ぎました、朝鮮の各階層をいがみ合うように統治してれば上手くいったのでしょう。
歴史を戻すことは出来ませんが、いまからでも出来ることはあります。
 経済的なメリットがあるビジネスは継続するものの、基本的には完全無視。訳の分からない要求をした際は徹底的に制裁を実施する。
要は日本人と同じ文明人と思わず、言うことを聞かない飼い犬を躾けるように対応すべきでしょう。(この点は中国のやり方を見習うべき)
我が国の対朝鮮外交を見直す為にも、本書を一人でも多くの日本人に読んで欲しいと思います。

18位:逃げる力 (PHP新書) 新書 – 2018/3/17

929円

「逃げる力」はつまらないストレスを安心して捨て去るための1冊で人生についての根本的な考え方を百田尚樹さんが語ってくれる1冊です。会社から逃げる、人間関係から逃げる、目の前のピンチから逃げる、逃げることは決して後ろ向きなのではなく、戦うことと同じくらいに積極的な行動であるというスタイルで、ストレス社会に生きる現代人を鼓舞してくれます。
逃げなくてはいけない場面があり、購入しました。著者の言う「戦略的な撤退」を実践しました。が、人間関係のしがらみから抜け出せず結局逃げ切ることはできませんでした。しかし「逃げる」をアクションとして周囲に知らしめたことで今の状況は自分で切り開いたもの、勝ち取った結果だと感じています。「逃げる体力、知力のあるうちに決めたら徹底的に逃げる」は胸に刺さる言葉でした。購入して大変良かったと思います。

17位:戦争と平和 (新潮新書) 新書 – 2017/8/9

821円

「永遠の0」のように戦争が深く関わる作品を執筆した百田尚樹さんだからこそ言える戦争に関する圧倒的な知識の上で語られる反戦論を記したのが「戦争と平和」です。日本人の国民性を挙げ、日本人ほど戦争に向かない民族はいないのだから、日本は絶対に戦争をしてはいけないと百田尚樹さんは言います。「ゼロ戦」と「グラマン」を比較して見える、私たちの致命的な欠点と何か、日本を守る手段とは何かを独自の切り口で説得力を持って説いた1冊です。
約1年前この本を購入しました
決して戦争を美化などしていませんし、日本のだめだったところ、軍のお偉いさんの無能ぶり、戦時なのに平時の対応をする警察などをしっかり指摘しています。
誰も戦争など望んではいません。
ですが攻められても何もしないのが、本当の平和なのでしょうか?
憲法9条があろうが攻めようと思っている国にとっては関係ないのです。
僕は改憲派の人間です、ですがこの本は護憲派、リベラルの人にこそ読んでいただきたい一冊です。
読書感想文が苦手なので分かりづらいレビューになってしまい申し訳ありません。

16位:輝く夜 (講談社文庫) 文庫 – 2010/11/12

540円

「輝く夜」は幸せな空気溢れるクリスマスイブに会社からリストラされてしまった挙句、倒産の危機に瀕した弟になけなしの貯金まで渡してしまうほど、困った人を放っておけない主人公の女性に訪れる奇跡など、聖なる夜に訪れた5編の奇跡を記した小説です。全ての話の組み立てが非常に素晴らしく、百田尚樹さんの凄さを知る上で十分に効果的な1冊になっています。
傷ついた心に優しく染み入ってくる話の連続です。何回も読み、持ち歩いてボロボロになってしまったので、新しく買い直しました。でも、古いほうは捨てません。なぜなら、「貴女に幸せになってほしいから、ぜひ読んで」と、この短編集をくれた人との思い出が詰まっているから。この本そのものが、奇蹟を起こしてくれたからです。

百田尚樹作品人気おすすめランキングTOP15~11

15位:殉愛 単行本 – 2014/11/7

1,728円

2014年1月3日、「関西の視聴率王」として親しまれてきたやしきたかじんさんが亡くなりました。この「殉愛」は故やしきたかじんさんの遺志を継いで記した純愛ノンフィクション作品、と言われています。ベールに包まれた2年間の闘病生活、その看病に人生を捧げた女性、病の苦しみ、絶望、愛情を記した内容となっており、この作品に関しての事情を別と考えれば内容としては名作と言えるでしょう。ちなみにこの作品に関しては裁判沙汰にもなっており、百田尚樹さん側は敗訴しています。
たかじんが好きな自分としては猛烈に腹が立った。
しかし落ち着いてくると
売れっ子作家にしてはあまりに不自然だ。

S氏がここまで語らなければ何も見えてこなかった。
不審な点はこんなに発見されなかった。
注目されなければ誰も追及できなかった。

自分の名前で本を出せば多くの人が手にする。
そして不信感が生まれる。
出版停止命令で公的な捜査が動き出す。
作家生命までもをかけてここまでしたのなら。
先を見通しての出版とすれば★5を付ける。

14位:フォルトゥナの瞳 (新潮文庫) 文庫 – 2015/11/28

767円

「フォルトゥナの瞳」は他人の死の運命が見える能力を手に入れた男が愛する女性を守ることができるのか、という内容の本で、生死を賭けた衝撃のラストが感動すると話題の小説です。美しく儚く悲しい物語として高い評価を受けており、人間的な美学について考えさせられる内容になっています。映画も制作されているので併せてチェックするとより深く理解できるかもしれません。
映画も評判良かったと思いますが、原作も良かったです。映画の俳優さんの顔や演技をいろいろ想像して読むことができました。

13位:錨を上げよ(上) (100周年書き下ろし) 単行本 – 2010/11/30

2,052円

「錨を上げよ」は作田又三という破天荒な男を主人公にした物語で、戦争が終わってちょうど10年目、空襲の跡も未だ残る下町で生まれ海図なく嵐の海に挑む姿を描いた感動超大作となっています。主人公の共感しにくい破天荒な振る舞いに違和感を覚えながらも読み進めた読者は下巻でのストーリーの回収方法にきっと驚くことでしょう。誰がなんと言おうと名作としての風格漂う作品です。
昭和三十年代の大阪が生き生きと描かれており、主人公である「作田又三」が著者の百田尚樹氏とダブルと思われる箇所も随所に鏤められている気がする。 社会背景など読者の実体験と重ね合わせて読み進むうちに、まるで本と”会話”をしているような感覚にさえなる。
主人公の「又三」が破天荒な振る舞いと、一人称で「ぼく」として描かれているのも興味がふかい。
多くの男性読者が大なり小なり「又三」と重なり合う経験は、まさに百田ワールドの面目躍如と感じました。
再読(読み返し)も楽しみな一編です。

12位:夏の騎士 単行本 – 2019/7/18

1,512円

「夏の騎士」は少年時代をテーマに記した長編小説で、百田尚樹さん版「スタンド・バイ・ミー」と名高い名作です。仲の良い友人2人と騎士団を結成し、謎をめぐる冒険、友情、小さな恋を稀代のストーリーテラーが美しく、力強く描いています。「少年時代」と聞いて思い浮かべる予想を裏切る展開は必見です。勇気について考えさせられる内容になっているのも、この作品の大きな特徴になっています。
これは、誰にとってもかけがえのない少年時代をテーマとした作品である。
さて、少年時代をテーマとしたものなら、例えば歌なら陽水だろうが拓郎だろうが「帰り来ぬ夏の日々」を歌いあげて切ないに決まっている。しかし、百田さんの描く少年時代の日々、そしてその後は、私の予想とは一味違った!

帰国子女の美少女への憧れ、秘密基地、未だ犯人が分からない殺人事件、一人のレディに愛と忠誠を誓う「騎士団」の結成、と始まれば「過ぎゆく夏の日々への郷愁満載」とその気に浸りつつ読み進んだ私。
これは「スタンドバイミー」を思わせるストーリーと思いきや、百田さんは人を驚かせる事が楽しいという作者なのだろう・・・。勿論、本書は友情物語には違いないのだが、その予定調和をラストでまんまと覆し、読者を一級のエンターテインメントの百田ワールドへと導くのであった!
そして、読者に「勇気」について考えさせる作品だと思う。

余談・本書にも初恋が描かれているのだが、それはそれ、少年の日の初恋の美しさ、崇拝者に囲まれた女性の実態を知った少年の悲しみ、そのような文学に接したい方々は、ツルゲーネフの「初恋」でもお読みください。

11位:幻庵 上 単行本 – 2016/12/31

1,728円

「幻庵」は幕末前夜、破天荒な夢をもった風雲児が、囲碁界最高家に「名人碁所」をめぐり、盤上で時には盤外で命懸けの激しい勝負を繰り広げる本格歴史小説です。「古今無双の最強の名人になる」と努力を積みあげていく主人公の姿に感銘を受ける作品となっており、囲碁を嗜む方であればより一層楽しめる小説になっています。もちろん囲碁を知らない方でも十分楽しめるのは言わずもがなです。
囲碁好きなら絶対楽しめると思います。
読んでいると碁に命を懸ける人たちの思いが伝わってくるような、とてもいい物語です。
私はこの本をきっかけに古碁の棋譜並べをするようになり、今ではAIに碁まで並べて勉強するようになりました。

百田尚樹作品人気おすすめランキングTOP10~6

10位:カエルの楽園 単行本 – 2016/2/26

1,880円

百田尚樹さん曰く「私の最高傑作」と断言する作品が「カエルの楽園」です。安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトが、豊かな国「ナパージュ」にたどり着くも、平和を揺るがすような事件に出くわして―、という内容で、概要だけ聞くと童話のような印象を受けるかもしれません。しかし、この作品は非常に深い。平和とは、大衆社会とは、今の政治とは。分かりやすく噛み砕いて問題を提起しており、日本の抱えている問題を指摘する作品となっています。
世の中には情報が溢れ過ぎているし、
政治家は分かりにくい単語で喋るので何が言いたいのかさっぱり分からない事もあり、
政治に関心があっても理解出来ない部分が多くありました。
この本では、今の政治を物語りとして噛み砕いて、
再編集してあるので、良く理解出来ました。
色々な人に手に取ってもらい、
改めて今の政治の在り方を考えてみてほしいです。

9位:風の中のマリア (講談社文庫) 文庫 – 2011/7/15

605円

「風の中のマリア」は昆虫の世界を舞台に描かれた作品です。オススズメバチの生態学的要素を踏まえ、生態における本能を主人公のマリアの感情として表現することで分かりやすく生態をとらえることができます。ストーリーは敢えて淡々を進ませることで多くの意味を含ませており、非常に面白く読める反面、内包する意味について考えさせられる作品となっています。
スズメバチの生態を詳細に叙述的に記載した内容だと思います。先に家内が読みましたが、昆虫には興味がないのかつまらないと言っていました。私は先入観なしに読んだつもりでしたが、太平洋戦争時の我が国の状況をスズメバチを通して小説にしている感じがしました。優秀なマリア=優秀な兵士とゼロ戦、女王バチ=天皇陛下 という感じで受け止めてしまいました。我が国と子孫を守るために、いつも死ぬ覚悟で全力を尽くしていた兵士。そのような気持ちで、我々の先祖は亡くなっていったのかなあと感じながら読み終えました。「永遠のゼロ」の印象がだぶってしまいました。私は戦争礼賛者ではありません。戦争は絶対避けるように国と国民を守る指導者が必要と思っています。この小説を読んで、太平洋戦争を感じたのは私だけなのでしょうか?

8位:ボックス!(上) (講談社文庫) 文庫 – 2013/4/12

799円

「ボックス!」は高校のボクシング部を舞台とした青春小説です。天才と努力家の2人がボクシングを通し、得がたい青春の日々と周囲の人間関係を描いています。ドラマを観ているような感覚で読み進めることのできる作品で、程よいスパイスの効いた熱血青春物語になっています。エンターテイメント性の高い作品を好まれる方におすすめです。

関連するまとめ

樋口一葉の作品おすすめランキング20選と口コミ!人気の小説まとめ【2020最新版】

樋口一葉はお札の肖像に採用されたことで、日本に知らない人はいないというほど、飛躍的に知名度を上げた小説家。今…

もどる / 2 view

人気の作家・小説家ランキングおすすめ70選【日本限定・2020最新版】

おすすめの人気作家・小説家の方々をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する作家や小説家の方…

三島マコト / 215 view

りぼん歴代連載漫画の人気おすすめランキング30選【2020最新版】

集英社が発行している「りぼん」は1955年に創刊された、人気の少女漫画雑誌です。今回はそんな歴史あるりぼんの…

もどる / 24 view

歴史小説のおすすめランキングBEST70【2020最新版】

おすすめの歴史小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する歴史小説はどれも名作・…

三島マコト / 30 view

誉田哲也のおすすめ作品おすすめランキング20と口コミ&選び方【2020最新版】

「姫川玲子シリーズ」で有名な誉田哲也さん。多くの作品がメディア展開され、そのいずれもが高い人気を誇っています…

もどる / 5 view

ちゃお歴代連載漫画の人気おすすめランキングTOP20【2020最新版】

小学館が発行している、人気月間少女漫画雑誌「ちゃお。」現在大人の女性となった方の中にも、青春時代に愛読してい…

もどる / 20 view

司馬遼太郎の作品おすすめランキング30選と口コミ~人気の書籍・小説を紹介【2020最…

歴史小説を多く執筆し、歴史の読み解き方の提唱を同時に行ってくれる司馬遼太郎作品。ドラマ化も多くされているので…

もどる / 6 view

貴志祐介のおすすめ作品ランキング20選と口コミ&選び方【2020最新版】

貴志祐介さんはホラーやミステリーなどのジャンルを多く執筆している小説家です。今回は貴志祐介さんの作品の人気お…

もどる / 4 view

大学生向けの本おすすめ人気ランキング32選と口コミ&選び方【2020最新版】

これからの人生を決定せざるを得ない大学生の時期の読書は非常に重要な意味を持ちます。今回は大学生のうちに読んで…

もどる / 4 view

文庫本おすすめランキングTOP50と口コミ~ベストセラーも多数【2020最新版】

今回は読書ライフを楽しむべく、おすすめの文庫本の人気ランキングを口コミを交えてご紹介していきたいと思います。…

もどる / 1 view

英和辞典おすすめランキング人気30選と口コミ&選び方【2020最新版】

英語に理解を深める上で欠かすことのできないアイテムが英和辞典です。今回は英和辞典のおすすめランキングと口コミ…

もどる / 9 view

芥川賞の歴代作家一覧!人気ランキングTOP50【2020最新版】

特に読書が趣味というわけではなくとも、ふとした瞬間に小説を読みたくなるときもありますよね。そこで今回は、芥川…

kent.n / 14 view

男性向け雑誌の人気ランキング40選!年代別TOP10【2020最新版】

男性のファッションの参考や趣味の情報など、流行を抑えた情報をしっかりと得るのには定期的に発行される雑誌ほど適…

もどる / 6 view

芥川龍之介の作品おすすめランキング20選~人気の小説と口コミ【2020最新版】

「芥川賞」という文学賞に名前が残り、学校の教科書にも採用されていることから非常に認知度の高い文豪である芥川龍…

もどる / 1 view

太宰治の作品おすすめランキング20選!人気の小説と口コミ【2020最新版】

昭和初期の文豪の一人として高い人気と知名度を誇る太宰治。今回はそんな太宰治の作品の人気おすすめランキングと選…

もどる / 16 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

少女漫画ランキングおすすめTOP100!人気の名作を完全網羅【2020最新版】

この世界には数多くの少女漫画が存在しており、どれを読めばいいのか分からないこともありますよね。そこで今回は、…

risa / 22 view

漫画雑誌の人気おすすめランキング30選!女性・男性別【2020最新版】

一定周期で発売されている漫画雑誌。週刊や月刊にかかわらず、誰しも一度は購入して読んだことがあるのではないでし…

もどる / 22 view

女性アイドルの写真集人気ランキングTOP30【最新版】

女性アイドル・女優が発売した写真集の人気ランキングを紹介しています。AKB48グループ・乃木坂46・欅坂46…

kii428 / 35 view

英和辞典おすすめランキング人気30選と口コミ&選び方【2020最新版】

英語に理解を深める上で欠かすことのできないアイテムが英和辞典です。今回は英和辞典のおすすめランキングと口コミ…

もどる / 9 view

英単語帳の人気おすすめランキング30選と口コミ&選び方【高校受験・大学受験・社会人別…

英単語を効率よく学習するために欠かすことのできないアイテムが英単語帳です。今回は高校受験、大学受験、社会人と…

もどる / 5 view

歴史小説のおすすめランキングBEST70【2020最新版】

おすすめの歴史小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する歴史小説はどれも名作・…

三島マコト / 30 view

コミュニケーション本のおすすめランキング30選と口コミ&選び方【2020最新版】

仕事や恋愛、友人関係など人との付き合いを円滑にする上で欠かせないスキルがコミュニケーションスキルです。今回は…

もどる / 4 view

樋口一葉の作品おすすめランキング20選と口コミ!人気の小説まとめ【2020最新版】

樋口一葉はお札の肖像に採用されたことで、日本に知らない人はいないというほど、飛躍的に知名度を上げた小説家。今…

もどる / 2 view

名付け本の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2020最新版】

名前は親から子どもへの最初のプレゼントで、その子にとっては一生付き合っていくものになります。人によっては名付…

もどる / 6 view

自己啓発本のおすすめランキングTOP50と選び方【2020最新版】

人生に対するアドバイスが欲しいとき、やる気の出し方を知りたい時に役立つのが自己啓発本です。書店に行くと数多く…

もどる / 7 view

ミステリー/推理小説おすすめランキングBEST70【2020最新版】

おすすめのミステリー/推理小説やサスペンス小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹…

三島マコト / 28 view

片付け本の人気おすすめランキング20選と口コミ&選び方【2020最新版】

片付けが苦手な方にとって、片付け本は自分では思いもしなかった片付け術を教えてくれる非常に頼もしい存在です。今…

もどる / 4 view

ホラー小説のおすすめランキングBEST70【2020最新版】

おすすめのホラー小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介するホラー小説はどれも名…

三島マコト / 8 view

星新一の作品おすすめランキング20選と口コミ~人気の本を紹介【2020最新版】

ショートショートというジャンル世に広め、日本を代表するSF作家として高い人気を得ている星新一さん。今回は星新…

もどる / 12 view

少女漫画のイケメン人気ランキングTOP30【2020最新版】

女性なら誰だって憧れるストーリーそして、こんな人周りにいたらいいのになんて思うくらいのイケメン揃い…。少女漫…

risa / 218 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング