名付け本の選び方のポイント6点

名付け本のメリットを知ったところで早速名付け本を選ぶ際のポイントを確認していきましょう。名付けはとても大切なことなので名付け本の選び方からしっかりとこだわって選びましょう。

ポイント1.漢字こだわり派は漢字に強い本を選ぶ

名前に使用する漢字は願いを込めるものなので非常に重要です。そんな漢字重要視の方は漢字の成り立ちや意味を詳しく解説してくれている名付け本を選ぶようにしましょう。漢字に強い名付け本は画数なども解説していることが多いので、画数の善し悪しも考慮して名前を付けたい方にもおすすめです。

ポイント2.響き重視派は読み方から探せるタイプを選ぶ

漢字の意味や画数よりも名前そのものの響きを重視したい方は読み方から漢字を逆引きできる本を選びましょう。漢字は同音異義が多いので同じ響きでも漢字一つでイメージは大きく変わります。

名前読みという特殊な読み方をする漢字の検索もしやすいという特徴もあるのが逆引きタイプですが、あまりに読みにくい漢字を使用するとお子さんが一生苦労することになる可能性もあるので、その点は注意しましょう。

ポイント3.イメージ重視派は季節などから参照できるものを選ぶ

名付け本の中には誕生月や季節などから名前を探すことができるものがあります。このタイプは名前に対して「こういうイメージの名前を付けたい」と考えている方はぜひこのタイプの名付け本を選びましょう。

季節や誕生月だけでなく、音楽やスポーツをイメージした名前を探すこともでき、どんな名前を付けたら良いか悩んでいるという方はこのタイプの本を選ぶことで視野を広げて探すことができるので、参考として1冊購入してみるのも良いでしょう。

ポイント4.グローバル性重視なら英語読みに強い本を選ぶ

近年の名付けで人気なのが海外でも親しまれるような名前の付け方です。これは外国人風の名前を付けるということではなく、海外の方でも発音しやすい名前を付ける、通じにくい名前を避ける、ということです。

たとえば日本語の母音が続く名前は英語圏の方が発音しにくい名前としてよく挙げられます。男女ともに人気の名前「あおい」などは海外の方は発音しにくいようです。また、ローマ字表記にすると変わる名前も海外では通じにくいと言われています。日本人の名前をローマ字表記する際はヘボン式で表記しますが、ヘボン式には長音記号がなく、さらに母音を連続してしようしてはいけない決まりがあるので「ゆうま(yuma)」「いちろう(ichiro)」のように表記の違いによって名前の読み方が変わってしまうのです。

このように英語圏の方にも通じる名前と考えると通常の名付けとは異なる注意点が出てきます。グローバル性を意識して名前を付けたいという方は英語読みに強い名前を掲載している名付け本を選ぶようにしましょう。

ポイント5.性別が判明している場合は性別に合う本を選ぶ

すでにお子さんの性別が判明している場合はお子さんの性別に応じた名付け本を選ぶのもおすすめです。どちらの性別にも対応している本は、性別が判明している場合はおよそ半分程度しか参考にすることができませんが、性別に応じた本であれば1冊まるまる参考にすることができます。

また、性別問わずどちらにも対応できる名前は男の子用でも女の子用でも掲載されているので中性的な名前を付けたい方でも参考にすることができますよ。

ポイント6.流行を重視する方は最新の名付け本を選ぶ

毎年名付けランキングとして発表されているのでご存知の方も多いと思いますが、名前には流行がありその時代の流れが反映されるものです。たとえば2019年であれば新元号の「令和」に合わせて「令」や「和」を入れた名前が人気になりました。このようにその時代ごとの人気の名前を抑えたい、という方はなるべくその時の新しい名付け本を選ぶのがおすすめです。

また、人気名前ランキングを掲載している本も参考になります。これらのランキングは、なるべく同学年で同じ名前と被りたくない、という用途でも参考にすることができます。

名付け本人気おすすめランキングTOP15~11

15位:安斎流 赤ちゃんの名づけ (開運ブックス) 単行本 – 2005/1/1 安斎 勝洋  (著)

516円

姓名学、風水、四柱推命、九星占術などを専門に開運アドバイザーとして活躍されている安斎勝洋さんによる名付け本です。名付けの鉄則や名付けに関する実践マニュアル、画数、読みから引ける姓名漢字画数表など、あらゆる観点から名前の考え方を教えてくれる良書です。せっかく名前を付けるならなるべく運の良いものを、と考える方におすすめです。
子供の名前を付けるのにとても参考になりました。昔の漢字を使ったり、陰陽配合などのことも書いてあり、当初考えていた漢字よりいい名前になり満足しました。みんなにオススメしたいです。

14位:赤ちゃんに最高の名前を贈る本―幸せをつかむ15,000ネーム収録 単行本 – 2005/1 名前プロジェクトN・E 高島 照永

2,103円

どんな名前を付けたら良いか分からない、という方におすすめなのが「赤ちゃんに最高の名前を贈る本―幸せをつかむ15,000ネーム収録」です。名付けにおける基礎知識を網羅し、姓名判断の考え方、漢字の意味合いなど、名前を考える際に役立つ多彩な切り口や視点を詳しく解説しています。また、1万5千もの名前の例を掲載しているのも特徴。非常に参考になる1冊です。
ジャンルごとに名前の候補が豊富にあり、読み応えが十分にあります。『それは無理だろう!』と思わず叫んでしまう名前もあり、別の楽しみ方もできそうな名づけ本でした。

13位:幸せがずっと続く 女の子の名前事典 単行本(ソフトカバー) – 2015/7/4 田口二州  (著)

1,620円

娘さんにできる限りの最高の名前を贈りたいと考えている方におすすめの1冊です。「お取」「イメージ」「願い」「漢字」「姓名判断」などあらゆるアプローチで赤ちゃんの名付けを広くサポートしてくれます。名前の例として挙げられているのは運勢の良い吉名となっており、さらにすべての名前例には画数表記をしているので非常に参考になります。さらに吉凶を判断できるチェックシート付きで、最高の名前付けをサポートします。
前にこ田口先生の本を買って名付けしましたが、同じシリーズのが廃盤らしく、新しいこちらを購入。前回あまり詳しく書かれていなかった三才についての一覧があって良かったです。欲を言えば女の子の名付けには寡婦運も考えたほうがよいと思うので、その辺りも詳しくあるともっと良いのかな、と。

12位:世界にはばたく男の子の名前 単行本 – 2005/12/15 田宮 規雄  (著)

1,620円

海外を視野に入れた名付けを行いたい方におすすめの1冊が「世界にはばたく男の子の名前」です。英語圏をはじめ、フランスやドイツ、イタリア、スペイン、中国、韓国などあらゆる国の名付け事情やその名前が海外でどのような意味を持つのかを調べることができ、世界的な視野で名付けをすることができます。また、名前ごとに英語圏の人にとって発音しやすいかというのをランクで表記しているので、音感もしっかり考えられます。
イメージで名付けや、世界で通じる各国の名前、画数や音など
色々なアプローチがある一冊で大変参考になりました。
分厚いぶん、情報量も多いです。
この本に載っている名前は付けなくとも、漢字ごとの読み方や
一文字単体で、参考にしました。
(人を、“と”と、読むなど)
苗字と合わせた画数の紹介も、良かったです。

11位:コピーライターが教える 子どもを幸せにする名づけのコツ 単行本 – 2016/4/20 清水 章充 (著)

1,296円

コピーライター137人へアンケートを行い「言葉を生業にしているコピーライターたち、子どもの名付けも得意らしい」という結果に基づき。コピーライターたちが実践した名付けの手順を学ぶことが出来るのがこの本の特徴です。広告制作を通じ、人の心に届く言葉を考えるコピーライターの想像力による名付けの実体験を知ることで自分のお子さんへの名付けもより広く考えることができます。
男の子の名前を考えているときに購入。
内容は、コピーライターの方々がどのように名前を考えたかが載っている事例集。
この本だけで決めるのは難しいと思うが、参考になる響きや漢字が見つかるかもしれない。
名付けの参考までに、読むのはグッド。

名付け本人気おすすめランキングTOP10~6

10位:最新版 赤ちゃんの幸せ名づけ事典 単行本(ソフトカバー) – 2011/1/17 阿辻(二点しんにょう) 哲次 (監修), 黒川伊保子 (監修)

1,728円

新常用漢字に基づいた「赤ちゃんの幸せ名付け辞典」の漢字データの刷新を行った改訂新板です。巻頭の48ページをカラーでビジュアル的に見やすさを向上させ、ベストな名前を選ぶための手順を分かりやすく解説しています。4つの手がかりから名付け方を考える方法を紹介しており、あなたに合った名付け方を考えることができます。
今は、ネットでも画数で名前の運勢を検索出来る世の中ですが、
いろんな見方で、名前を調べる事ができ、大変役に立ちました。
自分の名前も、確認して見ましたが、かなり当たっていました。
この本、1冊で名前を考えてもいいと思うくらい、情報量としては、
満足でした。
偏りを気になる方は、複数の本の購入もありだと思いますが、
個人的には、選ぶ悩みが余計に増えるだけだと思います。

9位:女の子の名前事典―書き込める字画チェックシートつき 単行本(ソフトカバー) – 2014/8/2 牧野 恭仁雄 (監修)

1,620円

名付けに関してのあらゆるアプローチを完全網羅した「女の子名前辞典のマスター版」がこの「女の子の名前事典―書き込める字画チェックシートつき」です。タイトル通り女の子の名前に特化した内容になっており「音」「漢字」「画数」「海外での通用性」などの観点から最良の名前を考えられる内容になっています。
キラキラネームが少なく、参考になる名前が多かった。この一冊で決められそうです。

8位:はじめての贈りもの 男の子の幸せ名前事典 単行本(ソフトカバー) – 2017/9/14 阿辻哲次 (監修), 黒川伊保子 (監修)

1,620円

響きから、イメージから、運勢からなど名付けに関するヒントをたくさん詰め込み、多様な観点から最高の名前を決定する後押しをしてくれるのが「はじめての贈りもの 男の子の幸せ名前事典」です。掲載している名前例の数がダントツで多く、その数なんと3万以上。古風なものから新しい響きの名前まで網羅しており、現段階でイメージが浮かんでいないという方でもヒントを得ることができます。
産まれてくる男の子の名前を考える時とても参考になりました。とても沢山の名前が載っており、名付けの基礎知識から、音から探す・イメージから探す・漢字から探す・姓に合う名前から探す・等のさまざまな角度から探せる一冊です。名付けはこの本一冊で充分でした。

7位:名前10万よみかた辞典 単行本 – 2002/12/1 日外アソシエーツ (著)

8,424円

「名前10万よみかた辞典」は古代から現代までの日本人の名前10万6千種類以上、読み方13万7千種類以上を収録した、まさに名前の辞典です。実名以外にも筆名や芸名など幅広く収録しているので広い観点から名前のヒントを得ることができます。古代からの名前が掲載されているので、今風のキラキラした名前とは異なる、日本独自の響きを大切にした名前を考えることができますよ。

関連するまとめ

芥川賞の歴代作家一覧!人気ランキングTOP50【2020最新版】

特に読書が趣味というわけではなくとも、ふとした瞬間に小説を読みたくなるときもありますよね。そこで今回は、芥川…

kent.n / 381 view

片付け本の人気おすすめランキング20選と口コミ&選び方【2020最新版】

片付けが苦手な方にとって、片付け本は自分では思いもしなかった片付け術を教えてくれる非常に頼もしい存在です。今…

もどる / 59 view

読書感想文の本おすすめランキング40選&選び方【学年別・2020最新版】

今回は読書感想文の本の選び方、そしておすすめの本を学年別(小学校低学年と高学年・中学生・高校生)かつ人気ラン…

もどる / 536 view

女性向け雑誌の人気ランキング40選!年代別TOP10【2020最新版】

流行を取り入れたファッションを目指す方の教科書やライフスタイルのヒント、あるいは娯楽として幅広い年代の方が楽…

もどる / 164 view

”中島らも”の本おすすめランキング20選と口コミ【2020最新版】

今回は中島らものおすすめ本ランキングTOP20を口コミと共に紹介します。中島らもは2004年に急逝した作家で…

maru.wanwan / 112 view

太宰治の作品おすすめランキング20選!人気の小説と口コミ【2020最新版】

昭和初期の文豪の一人として高い人気と知名度を誇る太宰治。今回はそんな太宰治の作品の人気おすすめランキングと選…

もどる / 185 view

歴史小説のおすすめランキングBEST70【2020最新版】

おすすめの歴史小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する歴史小説はどれも名作・…

三島マコト / 829 view

樋口一葉の作品おすすめランキング20選と口コミ!人気の小説まとめ【2020最新版】

樋口一葉はお札の肖像に採用されたことで、日本に知らない人はいないというほど、飛躍的に知名度を上げた小説家。今…

もどる / 73 view

百田尚樹の作品おすすめランキング20選~人気の本や小説の口コミ&選び方【2020最新…

苦悩の中でも必死に生きる人間の姿を鮮やかに描く作家として人気の百田尚樹さんは現代の人気作家の一人です。今回は…

もどる / 78 view

少女漫画ランキングおすすめTOP100!人気の名作を完全網羅【2020最新版】

この世界には数多くの少女漫画が存在しており、どれを読めばいいのか分からないこともありますよね。そこで今回は、…

risa / 593 view

村上春樹の作品おすすめランキング50選【2020最新版】

世界中に翻訳をされている小説家の村上春樹さん。小説以外にも、エッセイや紀行文・ノンフィクションについても数多…

マギー / 62 view

ペン字練習帳のおすすめ人気ランキング15選と口コミ&選び方【2020最新版】

ス冠婚葬祭など重要な場面では字を書く機会があります。そんな時もっと綺麗に書けたらと思うことってありますよね。…

もどる / 341 view

貴志祐介のおすすめ作品ランキング20選と口コミ&選び方【2020最新版】

貴志祐介さんはホラーやミステリーなどのジャンルを多く執筆している小説家です。今回は貴志祐介さんの作品の人気お…

もどる / 170 view

東野圭吾の小説おすすめランキング30選~短編・長編別【2020最新版】

ミステリー小説に興味のない人でもその名前を知っているほど代表作が多く、知名度の高い作家さんが東野圭吾さんです…

もどる / 172 view

夏目漱石の作品おすすめ20選!人気小説ランキングと口コミ【2020最新版】

お札の肖像として採用され、学校教科書にも登場する文豪・夏目漱石。多くの名作を残し、いまも尚多くの人たちに愛さ…

もどる / 204 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

なかよし歴代連載漫画の人気おすすめランキング20選【2020最新版】

三大小中学生向け少女漫画雑誌として60年以上も愛され続けているのが、講談社が発行している「なかよし」です。今…

もどる / 379 view

村上龍の作品おすすめランキング20選と口コミ&選び方【2020最新版】

村上龍さんは麻薬とセックスに溺れる若者を描いた作品「限りなく透明に近いブルー」で群像新人文学賞、及び芥川龍之…

もどる / 71 view

ホラー小説のおすすめランキングBEST70【2020最新版】

おすすめのホラー小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介するホラー小説はどれも名…

三島マコト / 691 view

哲学本の人気おすすめランキング15選と口コミ~初心者向け&入門書【2020最新版】

哲学は人生を豊かにするためにヒントが詰め込まれており、非常に役立つ知識、考え方を授けてくれます。今回は初心者…

もどる / 85 view

男性向け雑誌の人気ランキング40選!年代別TOP10【2020最新版】

男性のファッションの参考や趣味の情報など、流行を抑えた情報をしっかりと得るのには定期的に発行される雑誌ほど適…

もどる / 177 view

女性アイドルの写真集人気ランキングTOP30【最新版】

女性アイドル・女優が発売した写真集の人気ランキングを紹介しています。AKB48グループ・乃木坂46・欅坂46…

kii428 / 660 view

高校生向け本のおすすめランキング32選と口コミ&選び方【2020最新版】

大人への過渡期とも言うべき高校生にはその時に読むことで意味のある本もたくさんあります。今回は高校生向けのおす…

もどる / 742 view

”中島らも”の本おすすめランキング20選と口コミ【2020最新版】

今回は中島らものおすすめ本ランキングTOP20を口コミと共に紹介します。中島らもは2004年に急逝した作家で…

maru.wanwan / 112 view

SF・ファンタジー小説のおすすめ人気ランキング50選【2020最新版】

おすすめのSF・ファンタジー小説50作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介するSF・フ…

三島マコト / 1003 view

片付け本の人気おすすめランキング20選と口コミ&選び方【2020最新版】

片付けが苦手な方にとって、片付け本は自分では思いもしなかった片付け術を教えてくれる非常に頼もしい存在です。今…

もどる / 59 view

コロコロコミック歴代連載漫画の人気おすすめランキング20選【2020最新版】

「月刊コロコロコミック」は1977年に創刊された小学生向けの漫画雑誌です。今回はコロコロコミックの歴代連載作…

もどる / 873 view

泣ける!感動する小説おすすめランキングBEST70【2020最新版】

おすすめの泣ける&感動する小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する感動する小…

三島マコト / 2002 view

百田尚樹の作品おすすめランキング20選~人気の本や小説の口コミ&選び方【2020最新…

苦悩の中でも必死に生きる人間の姿を鮮やかに描く作家として人気の百田尚樹さんは現代の人気作家の一人です。今回は…

もどる / 78 view

ボカロ小説の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2020最新版】

ボーカロイドが好きな方やボーカロイドの楽曲で好きなものがある、という方におすすめなのがボカロ小説です。今回は…

もどる / 316 view

エッセイの人気おすすめランキング30選と口コミ&選び方【2020最新版】

エッセイは書き手の生き方などを深く知ることができるもので、読者に新たな発見や生き方のヒントなどを与えてくれる…

もどる / 106 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング