スポンサードリンク

人気の作家・小説家ランキング70位‐51位

70位:山田詠美(代表作「A2Z」)
69位:和田竜(代表作「のぼうの城」)
68位:吉田修一(代表作「怒り」)
67位:よしもとばなな(代表作「キッチン」)
66位:唯川恵(代表作「肩ごしの恋人」)
65位:宮本輝(代表作「泥の河」)
64位:乾くるみ(代表作「イニシエーション・ラブ」)
63位:中村文則(代表作「去年の冬、きみと別れ」)
62位:村山由佳(代表作 おいしいコーヒーのいれ方シリーズ)
61位:島田荘司(代表作「占星術殺人事件」)
60位:知念実希人(代表作 天久鷹央の推理カルテシリーズ)
59位:江國香織(代表作「きらきらひかる」)
58位:雫井脩介(代表作「検察側の罪人」)
57位:朝井リョウ(代表作「桐島、部活やめるってよ」)
56位:西村京太郎(代表作 十津川警部シリーズ)
55位:内田康夫(代表作 浅見光彦シリーズ)
54位:万城目学(代表作「鴨川ホルモー」)
53位:西加奈子(代表作「サラバ!」)
52位:三浦しをん(代表作「舟を編む」)
51位:住野よる(代表作「君の膵臓をたべたい」)

人気の作家・小説家ランキング50位:乙一

推理小説家、ライトノベル作家として知られる乙一はここにランクイン! 代表作は「ZOO(2003年)」など。2003年には本格推理大賞を受賞するなど、特に推理小説の方面では評価の高い乙一。またライトノベル「スレイヤーズ!」のファンでもあるそうです。

奇抜なアイディアやトリックで多くの読者を唸らせてきた乙一は、今後の活躍がもっとも期待される小説家のひとり。ちなみに乙一は映画監督・押井守の娘と結婚しており、子供もひとりいるそうです。

人気の作家・小説家ランキング49位:吉村昭

非常に優れたノンフィクション作家として知られる吉村昭。代表作は実在した脱獄囚をモデルにした「破獄(1983年)」など。詳細な下調べをしてから書かれる小説は、非常に重厚で読み応え抜群です。

「史実」にとことんまで拘り、まるでそこにいたかのように読者に錯覚させるほどの筆致をみせた吉村昭。その作品群は没後も多くの人々から愛され、繰り返し読み返されています。

人気の作家・小説家ランキング48位:綾辻行人

新本格ミステリー作家の旗手・綾辻行人。代表作は「十角館の殺人(1987年)」、「Another(2009)」など。推理小説の分野では特に人気のある作家のひとりであり、驚天動地のトリックで常に読者を楽しませてくれる小説家でもあります。

ちなみに妻は同じく小説家の小野不由美。夫婦どちらもベストセラーを連発している作家っていうところもすごい! あと麻雀がかなり好きでも有名です。プロも混じった大会で優勝したりしているので、かなりの腕前であることがわかります。

人気の作家・小説家ランキング47位:薬丸岳

推理小説家として知られる薬丸岳。代表作は「天使のナイフ(2005年)」など。もともとは映画俳優を志していたという薬丸岳ですが、高野和明の「13階段」を読んだことをきっかけに小説家を志すようになったとのこと。

薬丸岳はの心理を非常に繊細に描くことに長けた作家です。重厚なテーマから心に潜む闇を炙りだし、とことん「人間」という動物についてを追求させたら超一級。今後も優れたミステリーを発表して、読者を魅了し続けてほしいです。

人気の作家・小説家ランキング46位:今野敏

代表作は警察庁のキャリアを描いた「隠密捜査(2005年)」シリーズなど。もともとは格闘小説を多く執筆していた今野敏ですが、長らく芽がでず、「知る人ぞ知る作家」の地位から抜けだせずにいました。

しかし警察小説を書きはじめてから、その状況が一変。現在では優れた警察小説の書き手として、その地位を確固たるものとしています。特に自身の格闘技経験を生かしたアクション描写は超一級品。ハラハラドキドキさせてくれる物語を提供してくれる作家です。

人気の作家・小説家ランキング45位:海堂尊

代表作は「チーム・バチスタの栄光(2006年)」など。なんと海堂尊は現役の医師という異色の経歴の持ち主! そしてその経歴と専門知識を活かした医療問題を中心としたエンターテイメント小説の秀作を多く世に送りだしていることで知られています。

代表作の「チーム・バチスタの栄光」は「このミステリーがすごい!」の大賞に輝き、さらには映画化、テレビドラマ化を果たすなど大ヒットを記録。著者を一躍、スターダムへと押しあげました。

人気の作家・小説家ランキング44位:夢枕獏

伝奇、格闘、SF、山岳、歴史と非常に幅広い分野の小説を手がけている夢枕獏。代表作は「餓狼伝(1985年)」「陰陽師(1988年)」など。特に格闘小説では夢枕獏の右にでる者はいないのではないでしょうか? それほど独創的でおもしろい格闘小説を数多く執筆しています!

また安倍晴明の活躍を描く「陰陽師」シリーズは映画化、漫画化、テレビドラマ化されるなどね強い人気を誇り、「キマイラ・吼」シリーズではジュブナイルという分野を根づかせることに貢献しました。

人気の作家・小説家ランキング43位:あさのあつこ(1996年)

代表作は「バッテリー」など。児童小説の名手として知られるあさのあつこですが、その小説は大人が読んでもとんでもなくおもしろい! 特に「バッテリー」は累計発行部数1000万部を超える大ヒット作となり、子供から大人まで多くの人々にしたしまれています。

「本当にこれ、児童文学か?」と疑いたくなるような濃密で濃厚な人間関係の描写はまさしくあさのあつこ独特のもの。だからこそ大人も楽しく読める小説となっているのかもしれませんが。

人気の作家・小説家ランキング42位:垣根涼介

ハードボイルド調のミステリーからサラリーマン小説まで、幅広いジャンルを手がける垣根涼介。代表作の「ワイルド・ソウル(2004年)」などに見られるブラジル移民に対する問題を盛り込んだ小説が多いのも特徴のひとつです。

非常に読みやすく、かつ格好いい文体で、ハイテンポで進められていく物語は、読み手をまったく飽きさせることがありません。またシリアスな展開の中にもユーモアも散りばめられており、重くなりすぎないところもポイントが高いのではないでしょうか。

人気の作家・小説家ランキング41位:角田光代

「八日目の蝉(2007年)」や「紙の月(2012年)」で知られる作家・角田光代。直木賞の受賞者ですが、芥川賞の候補にあがった作品もあり、さらにはデビュー当時はジュニア小説を書いていたなど、非常に幅広いジャンルを書くことでも知られています。

映画化された話題作なども多く執筆してきた角田光代。また直木賞をはじめ、川端康成文学賞、泉鏡花文学賞など数多くの受賞歴があり、現在の日本を代表する作家のひとりといっても過言ではないでしょう。

人気の作家・小説家ランキング40位:有栖川有栖

「双頭の悪魔(1992年)」や「スイス時計の謎(2003年)」など、数々の傑作推理小説を世に送りだしてきた有栖川有栖。本格ミステリーの代表的作家であり、ミステリーファンから根強い人気を誇っています。

読者に対してフェアであることを重視する有栖川有栖。読者への挑戦を作中に添えることでも有名で、ミステリーの「王道」をひた走る作家であるともいえます。

人気の作家・小説家ランキング39位:綿矢りさ

19歳という驚異的な若さで芥川賞を受賞した綿谷しさ。代表作は「蹴りたい背中(2003年)」で、同作で芥川賞を受賞。ちなみに19歳での受賞は、同賞最年少記録とのこと。いわゆる早熟の天才に分類される作家です。

「蹴りたい背中」の冒頭の一文「寂しさはなる」は、この小説を読んだことがない人でも聞いたことがあるのではないでしょうか。それほどに有名で優れた冒頭であり、綿谷りさの才能が感じられる一文です。

人気の作家・小説家ランキング38位:山崎豊子

超重厚な社会派小説の書き手として知られる山崎豊子。代表作は「白い巨塔(1965年)」や「華麗なる一族(1973年)」など。その作品の大半がドラマ化、または映画化されており、社会的にも大きな影響を及ぼした作家です。

すでに故人となっている山崎豊子。しかし彼女が日本の文芸界に残した功績の大きさ、影響の大きさはすさまじいものがあり、今後もその作品は時代を超えて読み継がれていくことは間違いないでしょう。

人気の作家・小説家ランキング37位:辻村深月

代表作は「ツナグ(2010年)」「かがみの孤城(2017年)」など。若者の繊細な心理描写を透明感のある文章で丁寧に描く作風は、多くの読者から共感と反響を呼び、2017年には「かがみの孤城」で本屋大賞を受賞するという快挙を成し遂げました。

また辻村深月は新本格派ミステリーの小説家・綾辻行人の大ファンとしても知られており、昔から文通やメールでやりとりをしていたとのこと。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

経済小説の人気おすすめランキングTOP30と口コミ&選び方のポイント【2022最新版…

経済小説とは経済に関係するテーマを扱った小説のことを言います。基本的にはフィクションではありますが読者にとっ…

もどる / 293 view

男性向け雑誌の人気ランキング40選!年代別TOP10【2022最新版】

男性のファッションの参考や趣味の情報など、流行を抑えた情報をしっかりと得るのには定期的に発行される雑誌ほど適…

もどる / 231 view

恋愛本のおすすめ人気ランキング32選と口コミ&選び方【2022最新版】

恋愛には悩みは尽きないものですが、中々人に相談できないという場合もありますよね。そんなときに頼りになるのが恋…

もどる / 87 view

三島由紀夫の作品おすすめランキング30選と口コミ~人気の書籍・小説を紹介【2022最…

作家・三島由紀夫という名前を知っていて気にはなっていても、機会がなくて彼の書籍・小説を読んだことがない、とい…

もどる / 184 view

経営本の人気おすすめランキング45選と口コミ~起業家・経営者必見【2022最新版】

現在200万人以上もいると言われている個人経営者。しかし、起業した人全てが成功するわけではありません。今回は…

もどる / 86 view

東野圭吾の小説おすすめランキング30選~短編・長編別【2022最新版】

ミステリー小説に興味のない人でもその名前を知っているほど代表作が多く、知名度の高い作家さんが東野圭吾さんです…

もどる / 326 view

星新一の作品おすすめランキング20選と口コミ~人気の本を紹介【2022最新版】

ショートショートというジャンル世に広め、日本を代表するSF作家として高い人気を得ている星新一さん。今回は星新…

もどる / 203 view

三島マコト

映画と小説、それと漫画と格闘技を愛する男。WEB媒体で記事を書いたりもしてます。よろしくお願いします。

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

太宰治の作品おすすめランキング20選!人気の小説と口コミ【2022最新版】

昭和初期の文豪の一人として高い人気と知名度を誇る太宰治。今回はそんな太宰治の作品の人気おすすめランキングと選…

もどる / 167 view

夏目漱石の作品おすすめ20選!人気小説ランキングと口コミ【2022最新版】

お札の肖像として採用され、学校教科書にも登場する文豪・夏目漱石。多くの名作を残し、いまも尚多くの人たちに愛さ…

もどる / 238 view

貴志祐介のおすすめ作品ランキング20選と口コミ&選び方【2022最新版】

貴志祐介さんはホラーやミステリーなどのジャンルを多く執筆している小説家です。今回は貴志祐介さんの作品の人気お…

もどる / 130 view

江國香織の作品おすすめランキング60選<小説TOP40・エッセイTOP10・絵本TO…

『きらきらひかる』『落下する夕方』『神様のボート』などの小説作品で人気を博した江國香織は、詩作のほか、海外の…

maru.wanwan / 161 view

TOEIC参考書/問題集のおすすめランキング35選【レベル別・2022最新版】

国際化が進み、英語が重要視されていくに伴って、企業などでもTOEICを受けさせるところが増えてきています。こ…

もどる / 153 view

歴代ベストセラー本の人気ランキングおすすめ100選【2022最新版】

数多くの人に愛され、長く支持を得ている本、それがベストセラーです。今回は歴代のベストセラーの中から今読んで欲…

もどる / 751 view

直木賞の歴代作家一覧!おすすめランキングTOP50【最新版】

あまり本を読まない人でも、ドラマ化や映画化がアナウンスされると、原作の小説をチェックしたくなるものです。この…

kent.n / 583 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング