スポンサードリンク

官能小説のトレンド

昭和の時代、官能小説は中年男性から高い支持を得ていたコンテンツでした。現代においての官能小説のメインターゲットも当然50~60代の男性ですが、近年は女性へのアプローチも顕在化してきています。

以前に比べ、女性が性に対して比較的オープンにアクセスするようになったことに合わせ、女流作家の新出と電子書籍の普及が女性に向けた官能小説を展開するようになった理由と考えられます。近年は女性に向けたアダルトビデオも展開されており、女性が性に対して興味を持ちやすくなっていると言えるでしょう。

女性から人気の官能小説はやはり電子書籍で手軽に読めるタイプのもの。ジャンルも幅広くボーイズラブやティーンズラブといった幅広い層から指示されるものが人気の傾向にあります。表紙にはポップなイラストを起用することでより心理的抵抗感を軽くしているのも大きな特徴ではないでしょうか。

近年の官能小説はターゲットからジャンルまで非常に多様化されており、男性の密やかな楽しみから男女問わず気軽に楽しめる娯楽コンテンツへと変貌を遂げているのです。

官能小説の選び方のポイント4点

初めて官能小説を読もうと思った方にとってはどんな小説を選べば良いのかは悩んでしまうポイントですよね。初めて手にとった官能小説が自分に合っていないと官能小説というジャンルが自分に合っていないと感じてしまうこともあります。そこでここでは自分が面白いと感じられる官能小説の選び方について確認していきましょう。

ポイント1.小説の長さをチェック

どんな小説であれ話の長さは選ぶ決め手になる重要なポイントです。普段どの程度本を読むのか、その本を読むのにどの程度の時間をかけることができるのか、という点でも選び方は変わってきます。普段あまり小説を読まないという方であればいきなり長編からスタートしてしまうと途中で断念してしまうかもしれません。自分でも読み切れるな、と思える長さの短編からスタートするのが良いでしょう。

一般的に短編は短い時間で読むことができるので、空いた時間で読み切れるものが良いという方は短編を読むのがおすすめです。長編の小説は読破に時間はかかりますが登場人物の心情などを詳しく描写しているので入り込みやすいという特徴を持っているので、物語性に浸りたいという方であれば長編小説を読むのがおすすめです。

ポイント2.内容をチェック

作品の長さは重要なポイントですが、それ以上に重要なのがどんな内容で、どのような登場人物が出てくるのか、という点です。この点が好みではない小説は読み進めるのが苦痛になり、途中でやめてしまうことが考えられます。自分がどのようなテーマ、ストーリーの作品が好みなのか、事前にある程度決めておくと作品選びがしやすくなります。

ポイント3.登場人物をチェック

官能小説の内容を左右する重要なポイントが登場人物です。この点も事前にチェックしておくと作品選びで失敗しにくくなります。たとえば大人の恋愛模様が読みたい、という方であれば少年少女が登場するような作品を避ければ好みの作品に出会える確率を上げることができます。

また、登場人物の職業などのプロフィールも作品の傾向を探る手がかりになります。あらすじや口コミを確認し、ある程度情報を確認しておくようにしましょう。

ポイント4.作品の雰囲気をチェック

作品の雰囲気も好みの分かれる大切なポイントです。一口に官能小説と言っても明るい恋愛模様を描いた官能小説もあれば、終始ダークな雰囲気を貫いている官能小説もあります。自分がどんな作品を読みたいか、今の気分に合うのはどんな作品なのかを考えながら選ぶとより自分に適した作品を選びやすくなります。

官能小説人気おすすめランキングTOP40~31

40位:女生徒たちと先生と (二見文庫) 文庫 – 2019/4/26 橘 真児 (著)

794円

女生徒と担任の先生の物語を描いた官能小説が「女生徒たちと先生と」です。女生徒たちが好奇心から互いの身体検査をしたり、絶頂を体験するうちに興味の対象が担任の男子教師へと向き、軽い罠を仕掛けていきます。先生へ積極的にイタズラを仕掛けて男性の肉体の研究に熱中するというストーリー展開で若い好奇心が上手く活かされた安定の官能小説になっています。
このところ人妻物ばかりを出して来ていたせいか、久久の学園物で新鮮だった。
エロと言うより陽気なエッチ感が満載で、気軽に楽しめた。笑も満載。官能小説はこうじゃなきゃ。

39位:淫情ホテル (二見文庫) 文庫 – 2017/2/27 桜井 真琴  (著)

794円

商社をリストラされた主人公の雄一が興味本位で受けたセミナーの成果でなぜか催眠術をかけられるようになる、という不可思議な展開から物語が始まります。そしてホテルの経営を立て直して欲しいと頼まれ、新支配人として働くことになるのですが、そのホテルはなぜかワケありの客が多く、雄一はつい催眠術を使いワケあり客を癒しているうちに一線を越えてしまう、というエンターテイメント性の高い作品です。
ホテルを舞台にした官能小説は多いが、本作は一級のエンターテーメン小説として読むことが出来る。
大作である。官能小説としてのエロい描写と、巧みなプロットを折り重ねれば、これぐらいのページ数になるのだろう。
官能小説ファンだが、濡れ場のオンパレードばかりには、飽きたという人にはお勧めだろう。
官能小説として読むと、やや物足りないが一般青春小説として読むとかなりエロい。
後半ななるほど、おもしろくなるのは、著者の筆力が本物だからだろう。

38位:蛇にピアス (集英社文庫) 文庫 – 2006/6/28 金原 ひとみ (著)

440円

映画化もされ非常に話題になった作品なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。「蛇にピアス」は蛇のような二股の舌であるスプリットタンに憧れ、自分の体を改造していく少女を主人公にした物語です。濃い性病者や暴力的な表現などが多く、非常に刺激的な作品になっています。少女時代だからこそ根底に抱きがちな性や痛みに惹かれていく、若く危うい感性を艶やかに描いた名作です。
日ごろから小説は推理小説ばかり読む私ですが、久し振りに話題作を購入、完読しました。
他レビューにもあるように独特の世界観です。
ちょっと路地裏の世界という感じでしょうか。
型にとらわれない斬新な作品だと思いました。
キライなヒトにはちょっとしんどいかもしれませんね;
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

恋愛小説おすすめランキングBEST80【2024最新版】

おすすめの恋愛小説80作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する恋愛小説はどれも名作・…

三島マコト / 241 view

名付け本の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2024最新版】

名前は親から子どもへの最初のプレゼントで、その子にとっては一生付き合っていくものになります。人によっては名付…

もどる / 104 view

江戸川乱歩の作品おすすめ30選!人気小説をランキングで紹介【2024最新版】

江戸川乱歩さんは日本の推理小説家で、多くの人たちに支持されている作家さんで、数々の名作を生みだしてきました。…

もどる / 148 view

経営本の人気おすすめランキング45選と口コミ~起業家・経営者必見【2024最新版】

現在200万人以上もいると言われている個人経営者。しかし、起業した人全てが成功するわけではありません。今回は…

もどる / 110 view

平野啓一郎の作品おすすめ20選!人気の小説ランキングと口コミ&選び方【2024最新版…

23歳で芥川賞を受賞し、「マチネの終わりに」が映画化されることが話題になった作家の平野啓一郎さん。現在大注目…

もどる / 91 view

片付け本の人気おすすめランキング20選と口コミ&選び方【2024最新版】

片付けが苦手な方にとって、片付け本は自分では思いもしなかった片付け術を教えてくれる非常に頼もしい存在です。今…

もどる / 88 view

読書感想文の本おすすめランキング40選&選び方【学年別・2024最新版】

今回は読書感想文の本の選び方、そしておすすめの本を学年別(小学校低学年と高学年・中学生・高校生)かつ人気ラン…

もどる / 313 view

スポンサードリンク

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

太宰治の作品おすすめランキング20選!人気の小説と口コミ【2024最新版】

昭和初期の文豪の一人として高い人気と知名度を誇る太宰治。今回はそんな太宰治の作品の人気おすすめランキングと選…

もどる / 129 view

ペン字練習帳のおすすめ人気ランキング15選と口コミ&選び方【2024最新版】

ス冠婚葬祭など重要な場面では字を書く機会があります。そんな時もっと綺麗に書けたらと思うことってありますよね。…

もどる / 86 view

大学生向けの本おすすめ人気ランキング32選と口コミ&選び方【2024最新版】

これからの人生を決定せざるを得ない大学生の時期の読書は非常に重要な意味を持ちます。今回は大学生のうちに読んで…

もどる / 98 view

小学生向け国語辞典のおすすめランキング18選と口コミ&選び方【2024最新版】

言葉を勉強するために役立つのが「国語辞典」です。今回は小学生向けの国語辞典のおすすめランキングを実際に使用し…

もどる / 140 view

なかよし歴代連載漫画の人気おすすめランキング20選【2024最新版】

三大小中学生向け少女漫画雑誌として60年以上も愛され続けているのが、講談社が発行している「なかよし」です。今…

もどる / 244 view

”中島らも”の本おすすめランキング20選と口コミ【2024最新版】

今回は中島らものおすすめ本ランキングTOP20を口コミと共に紹介します。中島らもは2004年に急逝した作家で…

maru.wanwan / 121 view

夏目漱石の作品おすすめ20選!人気小説ランキングと口コミ【2024最新版】

お札の肖像として採用され、学校教科書にも登場する文豪・夏目漱石。多くの名作を残し、いまも尚多くの人たちに愛さ…

もどる / 117 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング