村上龍作品の選び方のポイント3点

村上龍さんは革新的な表現手法をチャレンジする小説家で衝撃的な作品を世に送り出すことで知られています。また、物事の本質に迫るエッセイも執筆し、こちらも話題になっています。ここではそんな村上龍さんの作品の選び方について詳しく見ていきましょう。

ポイント1.ジャンルで選ぶ

村上龍さんが執筆されている作品は小説以外にも幅広く展開されています。始めて村上龍さんの作品を読む、という方はまずジャンルから選んでみましょう。

・小説

・小説

村上龍さんを語る上で長編小説は欠かすことができません。詩的で官能的な雰囲気を持つ村上龍さんの小説は独自の世界観が確立されており高い評価を得ています。圧倒的な文章力で綴られる小説はぐいぐいと読むことができるので普段小説を読まない方や読書の時間が取れない方にもおすすめです。

・エッセイ

・エッセイ

村上龍さんはエッセイストとしても不動の地位を確立されています。代表作である「全ての男は消耗品である。」という作品は1984年から34年間という長期間続き、2018年に最終巻が刊行されています。時代を鋭く見据えたエッセイで、現代に生きる人間にヒントを与えてくれる作品となっています。また、女性向けのエッセイも多く出版しており、自分が今直面している悩みに適した作品を選ぶことで生きていくヒントを得ることができるでしょう。

・対談

・対談

村上龍さんは各界の著名人との対談を記した書籍も多く展開しています。とくに有名な作品としては村上龍さんと同じく時代を代表する作家でダブル村上と呼ばれている村上春樹さんとの対談を記した「ウォーク・ドント・ラン」は一読の価値があります。そのほかにも様々な方と対談を行っているので興味を持つ相手がいたらぜひ手に取ってみましょう。

ポイント2.文学賞受賞作品を選ぶ

村上龍さんは多くの文学賞を受賞している作家です。これは一般読者だけではなく、文壇からの評価が高いということで多くの人たちの心を掴む作家ということになり、受賞している作品であれば間違いないと言えます。確実な作品を読みたいのであればぜひ受賞作から選んでみてください。

ポイント3.映像化された作品から選ぶ

村上龍さんの作品は映画やドラマなどで映像化されている作品が多くあります。そこで見たこのある映像作品の原作から読んでみるというのもおすすめの方法です。また、映像化されている作品の中には村上龍さん自身がメガホンをとっている作品もあるので、映像化されている作品をまず見てから、と考えている方はそれらの作品を選んでみてはいかがでしょうか。

村上龍作品の人気おすすめランキングTOP20~16

20位:タナトス (集英社文庫) 文庫 – 2004/3/19

503円

「タナトス」は「エクスタシー」「メランコリア」に続いた3部作の最終章となる物語です。舞台はキューバのリゾート地ヴァロデロ。性的な快楽やドラッグに溺れていく女性を描いた刺激的な作品です。女性の独白という体で語られる内容は生々しく、官能的。また、キューバの街の様子が繊細に描かれているのも特徴的です。刺激のある作品が読みたい方におすすめの1冊になっています。
『タナトス』というタイトルに惹かれて読んでみたわけですが、

それと関係しながらもところどころに人が存在するための鋭い忠告が埋め込まれている作品だと思います。

他人がトラウマにひきづられて生きていくことの不可解さというか、

他人である私では入り込めない限界のつらさと

心の中に浸透してくる共感を同時に感じたりしました。

村上龍氏の作品を読むのは、3作目ですがクドイくらい

鮮明な表現力に驚くばかりです。

19位:音楽の海岸 (講談社文庫) 文庫 – 1997/4/14

814円

情報も知識もコードもいらない、何かが体の中で開く、物質としての音楽。音楽を嫌いながらも言葉で女たちを癒して騙し、そして女たちを金持ちの男に提供することで日々を暮らしている男、ケンジ。この「音楽の海岸」はそんなケンジが客からのオプションを引き受けて成し遂げるストーリーです。比較的後味の悪い作品の多い村上龍さんの作品の中では美しいラストシーンを持つ作品となっています。
快楽ビジネスに生きる主人公ケンジ、一見冷徹で残忍な男にみえた
ケンジだが実は寂しい影といつもともに暮らしてる。
過去に残した深い闇と女性達、わかりにくいストーリーであるが、
不思議な読後感を覚える作品である。

18位:最後の家族 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2003/4/1

628円

「最後の家族」は引きこもり、援助交際、リストラといった現代社会の家庭、社会においての大きな問題となり得る過酷な要素を内包した内山家の人々を描いた作品です。家族について書かれた残酷で幸福な最後の物語で、テレビドラマ化もされているのでご存知の方も多いかもしれません。村上龍さんの作品の中では刺激的な描写の少ない物語なので読みやすい作品と言えるでしょう。
引きこもり、家庭内暴力、リストラ、自殺、離婚、自立などのいまや身近ともいえる題材を扱っている。精神科医療関係者や法曹関係者、専門技術者への取材がされた上で、小説家としての作者の卓越した能力が発揮されている。細かくリアルな描写が、問題の正確な把握や解決への道のりを示していると思う。ただ、すでに文庫版が出ているので、そちらを買ったほうがお得。

17位:共生虫 (講談社文庫) 文庫 – 2003/3/14

586円

「共生虫」は体内にこの「共生虫」を宿した人間が絶滅を司るものとなるという内容で、引きこもりの青年がこのきっかけで殺戮者へと変貌していきます。社会の闇と言える引きこもり、インターネットを巧妙に絡めた社会派の内容で社会への問題提起を投げかける村上龍さんの鋭さを堪能できる作品となっています。社会派の内容が好みの方におすすめです。
ウエハラ君の事件を通して、様々な着眼点と恐ろしいまでに緻密な心理描写を読者に提供してくれるという意味で、同時期に出版された「希望の国~」よりも私はこっちの方が好きです。
特に興味深かった点として、「女」が見せてくれる生々しい戦争の映像、防空壕関連の記述、分けのわからない最後の長い手紙、「光の帯」等です。
主人公の行動になぜか不思議な共感を覚えてしまう私も、実は潜在的な引きこもりなのかもしれません。

16位:イビサ (講談社文庫) 文庫 – 1995/4/6

545円

「イビサ」は村上龍さんの得意な性的な表現や暴力的表現を盛り込んだ刺激的な作品です。村上龍さん自身があとがきで「これは破滅的なストーリーである」と明言されており、この一言に尽きる物語となっています。主人公の女性が自分を探す旅に出て、旅の果てに何を求めるのか、という内容で急遽の破滅的なストーリーです。
村上思想の中でも核となる概念が語られる、非常に重要な一冊だ。

進化と、「階級」と、自由について、精神の限界に近いところまで踏み込んで、しかも極めて厳密に、そして妬けるくらい闊達に、書けている。ある人々にとっては、救いとなりうる本だろう。

バリアという概念。ガイドという概念。進化の促進因子としての『逃亡力』というコトバ。村上龍の小説の中でもあまり見慣れない言葉が、きらめきワードとして紙面から跳び出し、あなたのために嵐の舞いを舞う。

生きること、ただ生きること、それに飽きてきたなら、読むべし。

ワレワレは、いま、海に飽きた魚たちが陸地を探したように、新しい棲息地を探し始めた。私見ではそれは次元の彼方にある。想像力を駆使しなければたどり着けないような場所。

村上龍作品の人気おすすめランキングTOP15~11

15位:村上龍映画小説集 (講談社文庫) 文庫 – 1998/4/15

514円

「村上龍映画小説集」は高校卒業後、上京してからの人生を軸にした自伝的な小説です。70年代のほろ苦い青春を描いた内容で体験していないのにどこか懐かしさを感じさせる作品となっています。時間軸としては「69 sixty nine 」と「限りなく透明に近いブルー」の間となる作品なので両作品のファンであれば必読と言える作品で、セックスとドラッグの時代を表現するのが得意な村上龍さんらしい物語です。
小説家だけでなく絵本、映画監督等様々なジャンルに挑み続ける村上龍を作った映画の記憶。

モチロン短編集としてもかなり面白いのだが、各エピソードを象徴するように映画の題名がそのままタイトルになっている。

ロング・グッドバイ、甘い生活、大脱走、ワイルド・エンジェル、アラビアのロレンス、レイジング・ブル、地獄の黙示録、地獄に堕ちた勇者ども、スコピオ・ライジング、狼は天使の匂い、ブルー・ベルベット、ラスト・ショー...等々。

題名にはしなかったが「イージー・ライダー」の内容に触れたエピソードも興味深い。

あのゴダールに「ヌーヴェルヴァーグ」をめぐってインタビューも敢行した村上龍だ。彼の映画に対する愛情を知ることが出来る一冊となっている。

14位:愛と幻想のファシズム(上) (講談社文庫) 文庫 – 1990/8/3

902円

舞台は激動の1990年。世界経済は恐慌に突入し、それに伴って日本は未曾有の危機に直面します。そんな中、サバイバリスト鈴原冬二をカリスマとする政治結社には多くの人々が集結し、ファシストと呼ばれるようになります。政治経済的小説というにはスケールの大きな作品ですが、妙なリアル感があり恐怖さえ感じさせる作品です。
初めて読んだのは二十歳そこそこだった。すごい小説だと思うと同時に、長過ぎる/出てくるのは平気で人殺しする奴ばかり/難しい用語や概念が多すぎ、そんな感じでついていけなかったのが正直なところだった。『コインロッカー・ベイビーズ』の方が全然面白い、と。
 しかし四半世紀を経て、こちらも政治や経済を多少は理解できるようになった上で読み直してみたところ、あまりに面白すぎて寝る間も惜しんで一気に読んでしまった。もちろん、設定が古くなっている部分は多いが、二大強大国連携による経済支配(米ソを米中に置き換えれば、、)や格差社会の進行、弱肉強食も容認する自己責任論、一般人の感情的で偏った右(左)翼化などなど、、、あまりに多くで21世紀社会を予言していることに驚かされる(雑誌連載の準備期間を加味すれば構想は80年代初頭!)。また、狩猟社は残酷で傲慢な人間ばかりだが、人間が生き抜く上で必要な資質を強く備えていることも否定はできない。
 『コインロッカー・ベイビーズ』での男2人女1人の関係性は、本作でさらに象徴的なものになる。トウジとゼロの対称的補完性(+フルーツという触媒)は危ういバランスを保ちながら維持されていくのだが、そこには、おそらく絶対父性社会的なトウジが認めようとしない“強い”ということの別の側面—おそらく母性社会的な愛との距離感(*)を示唆しているようにも思える。下巻ではその結末も語られる。

*本書には女性の重要な登場人物が極めて少ないことと関係していると思う

13位:55歳からのハローライフ (幻冬舎文庫) 文庫 – 2014/4/10

660円

「55歳からのハローワーク」は村上龍さんらしくないテイストの作品です。晴れて夫と離婚したものの経済的困難から結婚相談所で男たちと出会っていく中米志津子、早期退職に応じてキャンピングカーで妻と旅する計画を立てるも拒絶される富裕太郎など、もう一度人生をやり直したいと思う人々の背中に寄り添う再出発の物語になっています。
20歳頃からの村上龍のファンです。50歳の時買って読んだこの本を、55歳になったときもう一度読んでみました。すっかり内容を忘れていた自分(の老化)に驚きましたが、前回は何とも思わなかった、「空を飛ぶ夢をもう一度」という話にやけに感動しました。この5年間に自分の中に何か別の感情がうまれていたのかも、と思うと、昔読んだ本をもう一度読むことも決して時間の無駄ではないと思いまいした。

12位:すべての男は消耗品である (集英社文庫) 文庫 – 1993/9/17

638円

村上龍さんといえば長編小説のイメージが強いですがエッセイも非常に人気があります。とくにこの「すべての男は消耗品である。」はファッション雑誌などで掲載されたころから話題になった作品です。恋愛だけではなく、男女のこと、ドラッグ、セックス、政治、経済といった内容を過激に語った内容で、メッセージ性の強いエッセイとなっています。
 村上さんを知ることになった一冊。そして好きになった一冊です。
 批判的に読むことも共感して読むことも可能でしょう、けど、これは村上さんの価値観であって読む人にそれを押し付けてるわけではありません。最初から終わりまで一気に読めました。それだけ、文章としては素晴らしいと思うし、主張もはっきり伝わってきます。
 女の人をけなしてるように感じるのは錯覚。男の悲しさがちらほら。でも不思議と癒されてしまう悲しい私というのが私の主観でした。男性にも女性にもそれぞれの読み方が出来る一冊ではないでしょうか。

11位:逃げる中高年、欲望のない若者たち 単行本 – 2010/11/20

1,430円

「逃げる中高年、欲望のない若者たち」というタイトルを見て、ドキッとした方は多いのではないでしょうか。なにもかもがない中、希望だけはしっかりとあった戦後の日本、そして現代のなんでもあるが希望だけがない日本。この作品はそんな現代の日本に対して疑問を投げかけるような痛烈な作品です。閉塞感の蔓延した現代だからこそ読んでおきたい1冊となっています。
肩肘張って読む人もいるようですが、この本はエッセイなので私は気楽に読みました。反発や共感を覚えた文章は、勉強や仕事でもう一踏ん張り必要になったときに思い出して、自分のエネルギーを高めるのが良いと思います。そして勉強や仕事を終えたあとは、村上龍を見習ってタップリ遊ぶ(村上龍より小規模になってしまうのがチョイと残念)。この本に限らず村上龍のエッセイはそんなふうに利用しています。共感したらそれはそれでいいし、反発を感じたときは、そのエネルギーを建設的な方向に向ければいいと思います。

村上龍の若い頃の才能のキラメキが感じられないのは残念ながら事実だと思いますが、それは当たり前じゃないでしょうか。誰だって年をとるのですから。そんなことより、この年になってなお、若い頃に及ばないにせよ切れやキラメキやエネルギーを感じさせることが素晴らしいと思います。

村上龍作品の人気おすすめランキングTOP10~6

10位:歌うクジラ(上) (講談社文庫) 文庫 – 2013/10/16

759円

「歌うクジラ」は2022年、ハワイの海底を泳ぐザトウクジラから不老不死の遺伝子の遺伝子が発見されたことから物語が始まります。不老不死というと人間の憧れではありますが、その実態は決して恵まれたものではありません。この遺伝子の使用用途、そして不老不死というものが世界をどのような方向に動かすのかを考えながら読んで欲しい作品になっています。
いやもうこれ村上龍の最高傑作じゃない?村上龍版ブレードランナー、村上龍版家畜人ヤプー、村上龍版日本沈没って感じ。村上龍版海辺のカフカ…かなぁと最初何となく思ったが、そんなもんじゃない、スケールが桁違い。村上春樹の全作品結集してもこれ一作に到底及ばない。今までいろんな村上龍の近未来もの読んできたけど、ここまで空前絶後なものはない。この通りの未来になるなんて全然思わんし、むしろ多分全然違う未来になると思うが、そういう未来の予測としてより、人生とは何ぞやという部分で、自分が思っていることと見事にシンクロした、やっぱりそうだよなと、自分以外にも同じことを考えてる人間がいたってことが確認できて嬉しかった。

9位:69 sixty nine (文春文庫) 文庫 – 2007/8/3

660円

「69 sixty nine」は2004年に宮藤官九郎さん脚本で映画化もされた作品なのでご存知の方も多いかもしれません。ちなみに69とは卑猥な意味合いではなく、1969年という意味でベトナム戦争や第2次安保闘争、学生運動、ビートルズといった激動の日本の中で村上龍さんの故郷長崎に住む高校生たちを主人公とした青春小説となっています。
年代によって理解できない部分があるとは思いますが、笑いや満ちてくるエネルギーは共通です。
熱くて淡くてやるせない青春の描写や文体がとにかく惹きつけてくれます。
それぞれのキャラクターが小説のなかでいきいきとしていました。

笑える小説というのは人によって違うし運命的なものでなかなか巡り合えるものではないですが、
その分凄く印象に残ります。おもしろかったです。

関連するキーワード

関連するまとめ

芥川賞の歴代作家一覧!人気ランキングTOP50【2019最新版】

特に読書が趣味というわけではなくとも、ふとした瞬間に小説を読みたくなるときもありますよね。そこで今回は、芥川…

kent.n / 8328 view

小学生向けの本のおすすめ人気ランキング36選と口コミ&選び方【2019最新版】

今回は小学生向けの本のおすすめランキングを口コミと共にご紹介し、小学生向けの本の選び方のポイントを解説してい…

もどる / 4765 view

恋愛本のおすすめ人気ランキング32選と口コミ&選び方【2019最新版】

恋愛には悩みは尽きないものですが、中々人に相談できないという場合もありますよね。そんなときに頼りになるのが恋…

もどる / 601 view

ペン字練習帳のおすすめ人気ランキング15選と口コミ&選び方【最新版】

ス冠婚葬祭など重要な場面では字を書く機会があります。そんな時もっと綺麗に書けたらと思うことってありますよね。…

もどる / 201 view

教養を身につける本おすすめ30選~読むべき人気書籍ランキングと口コミ【2019最新版…

教養を養うのに役立つのが書店に並んでいる多くの本です。今回は教養を身に付けるのに役立つ本のおすすめ人気ランキ…

もどる / 7882 view

女性向けの本おすすめランキング36選~20代・30代・40代以上の年代別【2019最…

本を読もうと思っても、どれを選んだら良いのか分からないということは意外に多いものです。今回は女性向けの本に絞…

もどる / 7670 view

英単語帳の人気おすすめランキング30選と口コミ&選び方【高校受験・大学受験・社会人別…

英単語を効率よく学習するために欠かすことのできないアイテムが英単語帳です。今回は高校受験、大学受験、社会人と…

もどる / 469 view

名付け本の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2019最新版】

名前は親から子どもへの最初のプレゼントで、その子にとっては一生付き合っていくものになります。人によっては名付…

もどる / 146 view

少女漫画ランキングおすすめTOP100!人気の名作を完全網羅【2019最新版】

この世界には数多くの少女漫画が存在しており、どれを読めばいいのか分からないこともありますよね。そこで今回は、…

risa / 5961 view

自己啓発本のおすすめランキングTOP50と選び方【2019最新版】

人生に対するアドバイスが欲しいとき、やる気の出し方を知りたい時に役立つのが自己啓発本です。書店に行くと数多く…

もどる / 4820 view

東野圭吾の小説おすすめランキング30選~短編・長編別【2019最新版】

ミステリー小説に興味のない人でもその名前を知っているほど代表作が多く、知名度の高い作家さんが東野圭吾さんです…

もどる / 1000 view

江戸川乱歩の作品おすすめ30選!人気小説をランキングで紹介【2019最新版】

江戸川乱歩さんは日本の推理小説家で、多くの人たちに支持されている作家さんで、数々の名作を生みだしてきました。…

もどる / 264 view

ミステリー/推理小説おすすめランキングBEST70【2019最新版】

おすすめのミステリー/推理小説やサスペンス小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹…

三島マコト / 10790 view

男性アイドルの写真集人気ランキングTOP30【2019最新版】

世の女性たちを癒す男性アイドル・俳優の写真集はやはりとても人気があります。ここでは男性アイドルの写真集の人気…

kii428 / 10980 view

筒井康隆の作品おすすめランキング20選と口コミ~人気の本を紹介【2019最新版】

日本三大SF作家と呼ばれ、様々なメディア展開もされている作家の筒井康隆さん。数多くの作品を世に出していますが…

もどる / 330 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

高校生向け本のおすすめランキング32選と口コミ&選び方【2019最新版】

大人への過渡期とも言うべき高校生にはその時に読むことで意味のある本もたくさんあります。今回は高校生向けのおす…

もどる / 3510 view

歴代ベストセラー本の人気ランキングおすすめ100選【2019最新版】

数多くの人に愛され、長く支持を得ている本、それがベストセラーです。今回は歴代のベストセラーの中から今読んで欲…

もどる / 1225 view

ミステリー/推理小説おすすめランキングBEST70【2019最新版】

おすすめのミステリー/推理小説やサスペンス小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹…

三島マコト / 10790 view

少女漫画のイケメン人気ランキングTOP30【2019最新版】

女性なら誰だって憧れるストーリーそして、こんな人周りにいたらいいのになんて思うくらいのイケメン揃い…。少女漫…

risa / 116659 view

漢検問題集のおすすめ人気ランキング20選と口コミ&選び方【級別・最新版】

学生から社会人まで多くの方から人気を集めている資格試験に漢字能力検定があります。今回は漢検問題集の人気おすす…

もどる / 338 view

直木賞の歴代作家一覧!おすすめランキングTOP50【2019最新版】

あまり本を読まない人でも、ドラマ化や映画化がアナウンスされると、原作の小説をチェックしたくなるものです。この…

kent.n / 8307 view

片付け本の人気おすすめランキング20選と口コミ&選び方【2019最新版】

片付けが苦手な方にとって、片付け本は自分では思いもしなかった片付け術を教えてくれる非常に頼もしい存在です。今…

もどる / 194 view

SF・ファンタジー小説のおすすめ人気ランキング50選【2019最新版】

おすすめのSF・ファンタジー小説50作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介するSF・フ…

三島マコト / 10824 view

男性アイドルの写真集人気ランキングTOP30【2019最新版】

世の女性たちを癒す男性アイドル・俳優の写真集はやはりとても人気があります。ここでは男性アイドルの写真集の人気…

kii428 / 10980 view

誉田哲也のおすすめ作品おすすめランキング20と口コミ&選び方【2019最新版】

「姫川玲子シリーズ」で有名な誉田哲也さん。多くの作品がメディア展開され、そのいずれもが高い人気を誇っています…

もどる / 148 view

女性アイドルの写真集人気ランキングTOP30【2019最新版】

女性アイドル・女優が発売した写真集の人気ランキングを紹介しています。AKB48グループ・乃木坂46・欅坂46…

kii428 / 9048 view

経済小説の人気おすすめランキングTOP30と口コミ&選び方のポイント【最新版】

経済小説とは経済に関係するテーマを扱った小説のことを言います。基本的にはフィクションではありますが読者にとっ…

もどる / 348 view

自己啓発本のおすすめランキングTOP50と選び方【2019最新版】

人生に対するアドバイスが欲しいとき、やる気の出し方を知りたい時に役立つのが自己啓発本です。書店に行くと数多く…

もどる / 4820 view

筒井康隆の作品おすすめランキング20選と口コミ~人気の本を紹介【2019最新版】

日本三大SF作家と呼ばれ、様々なメディア展開もされている作家の筒井康隆さん。数多くの作品を世に出していますが…

もどる / 330 view

官能小説のおすすめ人気ランキングTOP40と口コミ&選び方【2019最新版】

映像で見るのとは違い、文字で細かに描写されることでより官能的な雰囲気を楽しむことができる官能小説は大人だけが…

もどる / 1302 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング