村上春樹のプロフィール

村上 春樹(むらかみ はるき)

村上 春樹(むらかみ はるき)

誕生 1949年1月12日 京都府京都市
職業 小説家・翻訳家
国籍 日本
教育 文学士
最終学歴 早稲田大学第一文学部映画演劇科
活動期間 1979年 -
ジャンル 小説・翻訳・随筆・紀行文・ノンフィクション

ノーベル文学賞の最有力候補

ノーベル文学賞の最有力候補

2006年、フランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞したことをきっかけに、日本国内におけるノーベル文学賞の最有力候補として毎年名前が挙がります。

村上春樹の作品おすすめランキングTOP50-31

第50位 村上ラヂオ 2001年

村上ラヂオ

村上ラヂオ

2001年6月8日に出版された、エッセイ集です。

【作品内容】

柿ピーの諸問題、楽しいレストランでの大惨事から、きんぴら作りに最適なBGM、そして理想的な体重計の考察まで小さなドラマが一杯詰まった50のエッセイ。

【レビュー】

村上春樹という天才文筆家を、庶民的で親しみがもてる作品に仕上げているエッセイ集となっています。
村上春樹の人柄に触れる内容に親近感を感じます。

第49位 中国行きのスロウ・ボート 1983年

中国行きのスロウ・ボート

中国行きのスロウ・ボート

1983年5月18日に出版された、処女短編小説集です。

【作品内容】

青春の追憶と内なる魂の旅を描く表題作ほか6篇が集約されている、村上春樹初の短篇集。

【レビュー】

今の村上春樹の基盤となるべくエッセンスがふんだんに含まれており、とてもスタイリッシュな作品となっています。

第48位 TVピープル 1990年

TVピープル

TVピープル

1990年1月25日に出版された、短編小説集です。

【作品内容】

作家の新しい到達点を示した魅惑にみちた六つの短篇集。
現実と非現実のあいだの壁が取り払われた時、一体何が起こるのでしょうか。

【レビュー】

フィクションと分かっていても、現実のように思えてしまう奇妙な作品にのめり込んでしまうこと間違いなし。
村上春樹独自のワールド全開な短編集となっています。

第47位 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 1985年

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

1985年6月15日に出版された、長編小説です。

【作品内容】

高い壁に囲まれ外界との接触がまるでない街で、そこに住む一角獣たちの頭骨から夢を読んで暮らす「僕」の物語。

【レビュー】

2つのストーリーが交互に語られる趣向のSFファンタジー。
しかし、ラストに向けて衝撃の真実が明かされるにつれて、混沌としたリアリティが襲ってきます。

第46位 1973年のピンボール 1980年

1973年のピンボール

1973年のピンボール

1980年6月17日に出版された、長編小説です。

【作品内容】

僕たちの終章はピンボールで始まった。
やがて来る1つの季節の終り、青春の彷徨は、いま、終わりの時を迎えます。

【レビュー】

表現や比喩が独特ではありますが、初期作品ならではの若々しさ溢れるスカッとした作品です。
読者の想像力に付随するような表現は、春樹ワールドの序章のような感じがします。

第45位 うずまき猫のみつけかた―村上朝日堂ジャーナル 1996年

うずまき猫のみつけかた―村上朝日堂ジャーナル

うずまき猫のみつけかた―村上朝日堂ジャーナル

1996年5月24日に出版された、短編小説集です。

【作品内容】

アメリカのケンブリッジに住んだ1993年から1995年にかけての滞在記となった絵日記風エッセイ集。

【レビュー】

村上春樹のゆったりとした日常生活を味わうことができる、ファンなら読んでおきたい1冊。
うずまき猫はどのようにして見つけたらいいのでしょうか、悩んでしまいますね。

第44位 意味がなければスイングはない 2005年

意味がなければスイングはない

意味がなければスイングはない

2005年11月25日に出版された、音楽評論集です。

【作品内容】

すべての音楽シーンから選りすぐった十一人の名曲を、あふれるばかりの愛情をもって語り尽くされた奥の深い10篇。

【レビュー】

音楽の楽しみ方のヒントとなるような教本的存在で、ジャンルを越え愛すべき音楽について綴っている事がよくわかります。

第43位 夢で会いましょう 1981年

夢で会いましょう

夢で会いましょう

1981年11月25日に出版された、ショートショート集です。

【作品内容】

村上春樹と糸井重里という同時代を代表する2人が、カタカナ文字の外来語をテーマにショートショートを競作したら、素敵な世界があらわれました。

【レビュー】

なんとも不思議で心地よい文章が、対談のような喧嘩のような、ときに和む素敵な世界観となって綴られています。

第42位 風の歌を聴け 1979年

風の歌を聴け

風の歌を聴け

1979年7月23日に出版された、村上春樹デビュー長編小説です。

【作品内容】

1970年夏、あの日の風は、ものうく、ほろ苦く通りすぎていった。僕たちの夢は、もう戻りはしない。

【レビュー】

群像新人賞を受賞したデビュー作となっています。
初めて書いた小説かと思うと驚きを隠せないほどのクオリティの高さに驚愕すること間違いなし。

第41位 国境の南、太陽の西 1992年

国境の南、太陽の西

国境の南、太陽の西

1992年10月5日に出版された、長編小説です。

【作品内容】

今の僕という存在に何らかの意味を見いだそうとするなら、僕は力の及ぶかぎりその作業を続けていかなくてはならないだろう。
日常に潜む不安をみずみずしく描いた話題作です。

【レビュー】

未熟すぎる主人公が、多くの人を傷つけては、そんなことをし得る自分へ幻滅していく様子は誰しも当てはまるところがあるのでは無いでしょうか。
普遍の恋愛ストーリーですが、真実を見失いそうになった時に読みたい作品です。

第40位 ランゲルハンス島の午後 1986年

ランゲルハンス島の午後

ランゲルハンス島の午後

1986年11月30日に出版された、エッセイ集です。

【作品内容】

まるで心がゆるんで溶けてしまいそうなくらい気持のよい夢あふれるカラフルなイラストに、心が寄りそうハートウォーミングなエッセイでつづる25編。

【レビュー】

大人のための本で、元気がない時に読みたいエッセイ集。
期待を裏切らない内容で、読み終わる頃には心がほんわかしますね。

第39位 やがて哀しき外国語 1994年

やがて哀しき外国語

やがて哀しき外国語

1994年2月25日に出版された、エッセイ集です。

【作品内容】

『国境の南、太陽の西』と『ねじまき鳥クロニクル』を執筆したあ、エリカでの二年あまり生活をつづった、十六通のプリンストン便り。

【レビュー】

アメリカという国とそこで生きる自分を冷静綴っており、村上春樹の人となりを感じられる作品となっています。
外国に住む楽しみや開放的な部分、そして孤独を感じられる作品です。

第38位 走ることについて語るときに僕の語ること 2007年

走ることについて語るときに僕の語ること

走ることについて語るときに僕の語ること

2007年10月15日に出版された、エッセイ集です。

【作品内容】

村上春樹が「走る小説家」として自分自身について真正面から綴っており、そして小説を書くランナーとしての、必読のメモワールを書き記しています。

【レビュー】

村上春樹が物書きとして生きるために、ストイックな生活を続けている様子が分かります。
人生の哲学書的存在にもなり得る1冊です。

第37位 村上朝日堂 1984年

村上朝日堂

村上朝日堂

1984年7月15日に出版された、エッセイ集です。

【作品内容】

ある時はムーミン・パパに、またある時はロンメル将軍に思いを馳せる、そんな「村上春樹ワールド」です。

【レビュー】

村上春樹作品の中で一番面白いという読者もいるほど。
深みのある面白さやこだわりの断片が、この本には散りばめられているような気がします。

第36位 象工場のハッピーエンド 1983年

象工場のハッピーエンド

象工場のハッピーエンド

1983年12月5日に出版された、ショートショートエッセイ集です。

【作品内容】

都会的なセンチメンタリズムに充ちた13の短編と、カラフルなイラストが奏でる素敵なハーモニーとなっています。

【レビュー】

村上春樹と安西水丸がコラボした、パラパラ楽しめる大人の為の絵本といえます。
語り下ろし対談も収録された新編は貴重です。

第35位 カンガルー日和 1983年

カンガルー日和

カンガルー日和

1983年9月9日に出版された、短編小説集です。

【作品内容】

都会の片隅のささやかなメルヘンを、知的センチメンタリズムと繊細なまなざしで拾い上げた18のショート・ストーリー。

【レビュー】

都会の片隅の人間模様をファンタジックに描いており、現代でも色あせない作品が多いですね。

第34位 レキシントンの幽霊 1996年

レキシントンの幽霊

レキシントンの幽霊

1996年11月30日に出版された、短編小説集です。

【作品内容】

次々に繰り広げられる不思議な世界を楽しく、そして底無しの怖さを秘めた七つの短編を収録しています。

【レビュー】

ファンタジー物が多く、情景描写が優れています。
特に「沈黙」の描写は若い人には面白いかもしれません。

第33位 ねじまき鳥クロニクル  1994年

ねじまき鳥クロニクル

ねじまき鳥クロニクル

1994年4月12日に第1部と第2部が、1995年8月25日に第3部が出版された、長編小説です。

【作品内容】

「人が死ぬのって、素敵よね」「どうして?」と僕は訊いた。「質問はしないで」と彼女は言った。

【レビュー】

物語の時間のスピードがゆったりと流れているのに気がつきます。
時間も空間も越えて、物語のなかに引き込まれていく不思議な作品です。

関連するキーワード

関連するまとめ

コロコロコミック歴代連載漫画の人気おすすめランキング20選【2020最新版】

「月刊コロコロコミック」は1977年に創刊された小学生向けの漫画雑誌です。今回はコロコロコミックの歴代連載作…

もどる / 1270 view

漢検問題集のおすすめ人気ランキング20選と口コミ&選び方【級別・2020最新版】

学生から社会人まで多くの方から人気を集めている資格試験に漢字能力検定があります。今回は漢検問題集の人気おすす…

もどる / 214 view

ミステリー/推理小説おすすめランキングBEST70【2020最新版】

おすすめのミステリー/推理小説やサスペンス小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹…

三島マコト / 656 view

ホラー小説のおすすめランキングBEST70【2020最新版】

おすすめのホラー小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介するホラー小説はどれも名…

三島マコト / 1107 view

女性向け雑誌の人気ランキング40選!年代別TOP10【2020最新版】

流行を取り入れたファッションを目指す方の教科書やライフスタイルのヒント、あるいは娯楽として幅広い年代の方が楽…

もどる / 236 view

官能小説のおすすめ人気ランキングTOP40と口コミ&選び方【2020最新版】

映像で見るのとは違い、文字で細かに描写されることでより官能的な雰囲気を楽しむことができる官能小説は大人だけが…

もどる / 2125 view

泣ける!感動する小説おすすめランキングBEST70【2020最新版】

おすすめの泣ける&感動する小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する感動する小…

三島マコト / 2900 view

男性向け雑誌の人気ランキング40選!年代別TOP10【2020最新版】

男性のファッションの参考や趣味の情報など、流行を抑えた情報をしっかりと得るのには定期的に発行される雑誌ほど適…

もどる / 258 view

司馬遼太郎の作品おすすめランキング30選と口コミ~人気の書籍・小説を紹介【2020最…

歴史小説を多く執筆し、歴史の読み解き方の提唱を同時に行ってくれる司馬遼太郎作品。ドラマ化も多くされているので…

もどる / 258 view

誉田哲也のおすすめ作品おすすめランキング20と口コミ&選び方【2020最新版】

「姫川玲子シリーズ」で有名な誉田哲也さん。多くの作品がメディア展開され、そのいずれもが高い人気を誇っています…

もどる / 139 view

文庫本おすすめランキングTOP50と口コミ~ベストセラーも多数【2020最新版】

今回は読書ライフを楽しむべく、おすすめの文庫本の人気ランキングを口コミを交えてご紹介していきたいと思います。…

もどる / 222 view

百田尚樹の作品おすすめランキング20選~人気の本や小説の口コミ&選び方【2020最新…

苦悩の中でも必死に生きる人間の姿を鮮やかに描く作家として人気の百田尚樹さんは現代の人気作家の一人です。今回は…

もどる / 131 view

りぼん歴代連載漫画の人気おすすめランキング30選【2020最新版】

集英社が発行している「りぼん」は1955年に創刊された、人気の少女漫画雑誌です。今回はそんな歴史あるりぼんの…

もどる / 1182 view

芥川賞の歴代作家一覧!人気ランキングTOP50【2020最新版】

特に読書が趣味というわけではなくとも、ふとした瞬間に小説を読みたくなるときもありますよね。そこで今回は、芥川…

kent.n / 603 view

芥川龍之介の作品おすすめランキング20選~人気の小説と口コミ【2020最新版】

「芥川賞」という文学賞に名前が残り、学校の教科書にも採用されていることから非常に認知度の高い文豪である芥川龍…

もどる / 137 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

江戸川乱歩の作品おすすめ30選!人気小説をランキングで紹介【2020最新版】

江戸川乱歩さんは日本の推理小説家で、多くの人たちに支持されている作家さんで、数々の名作を生みだしてきました。…

もどる / 325 view

太宰治の作品おすすめランキング20選!人気の小説と口コミ【2020最新版】

昭和初期の文豪の一人として高い人気と知名度を誇る太宰治。今回はそんな太宰治の作品の人気おすすめランキングと選…

もどる / 225 view

漫画雑誌の人気おすすめランキング30選!女性・男性別【2020最新版】

一定周期で発売されている漫画雑誌。週刊や月刊にかかわらず、誰しも一度は購入して読んだことがあるのではないでし…

もどる / 717 view

英単語帳の人気おすすめランキング30選と口コミ&選び方【高校受験・大学受験・社会人別…

英単語を効率よく学習するために欠かすことのできないアイテムが英単語帳です。今回は高校受験、大学受験、社会人と…

もどる / 183 view

読書感想文の本おすすめランキング40選&選び方【学年別・2020最新版】

今回は読書感想文の本の選び方、そしておすすめの本を学年別(小学校低学年と高学年・中学生・高校生)かつ人気ラン…

もどる / 786 view

男性向け雑誌の人気ランキング40選!年代別TOP10【2020最新版】

男性のファッションの参考や趣味の情報など、流行を抑えた情報をしっかりと得るのには定期的に発行される雑誌ほど適…

もどる / 258 view

名付け本の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2020最新版】

名前は親から子どもへの最初のプレゼントで、その子にとっては一生付き合っていくものになります。人によっては名付…

もどる / 181 view

芥川龍之介の作品おすすめランキング20選~人気の小説と口コミ【2020最新版】

「芥川賞」という文学賞に名前が残り、学校の教科書にも採用されていることから非常に認知度の高い文豪である芥川龍…

もどる / 137 view

自己啓発本のおすすめランキングTOP50と選び方【2020最新版】

人生に対するアドバイスが欲しいとき、やる気の出し方を知りたい時に役立つのが自己啓発本です。書店に行くと数多く…

もどる / 494 view

誉田哲也のおすすめ作品おすすめランキング20と口コミ&選び方【2020最新版】

「姫川玲子シリーズ」で有名な誉田哲也さん。多くの作品がメディア展開され、そのいずれもが高い人気を誇っています…

もどる / 139 view

恋愛本のおすすめ人気ランキング32選と口コミ&選び方【2020最新版】

恋愛には悩みは尽きないものですが、中々人に相談できないという場合もありますよね。そんなときに頼りになるのが恋…

もどる / 166 view

少女漫画のイケメン人気ランキングTOP30【2020最新版】

女性なら誰だって憧れるストーリーそして、こんな人周りにいたらいいのになんて思うくらいのイケメン揃い…。少女漫…

risa / 6092 view

樋口一葉の作品おすすめランキング20選と口コミ!人気の小説まとめ【2020最新版】

樋口一葉はお札の肖像に採用されたことで、日本に知らない人はいないというほど、飛躍的に知名度を上げた小説家。今…

もどる / 95 view

貴志祐介のおすすめ作品ランキング20選と口コミ&選び方【2020最新版】

貴志祐介さんはホラーやミステリーなどのジャンルを多く執筆している小説家です。今回は貴志祐介さんの作品の人気お…

もどる / 258 view

SF・ファンタジー小説のおすすめ人気ランキング50選【2020最新版】

おすすめのSF・ファンタジー小説50作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介するSF・フ…

三島マコト / 1444 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング