スポンサードリンク

おすすめベストセラーランキングTOP100~81

100位:ピーターラビットのおはなし (ピーターラビットの絵本 1) 単行本 – 2002/10/1

756円

100年以上前から世界中の子供たちに愛されているロングセラーの絵本です。見ているだけで癒されるような可愛いタッチの小動物たちがイギリスののどかな田園を舞台に繰り広げるユーモラスな事件を描いています。

99位:かもめのジョナサン 完成版 (新潮文庫) 文庫 – 2015/6/26

637円

飛ぶ歓び、生きる歓びを追求するあまり自身の限界と突破しようとしてついには群れから追放されてしまったかもめのジョナサンが、精神世界の重要さと真実を説きます。やがて弟子の中で教えが形骸していく様を通して、あなたの人生観を揺さぶります。

98位:百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´arquez) 単行本 – 2006/12/1

3,024円

20世紀が生んだ物語の豊潤な奇蹟と言われる1冊です。蜃気楼の村マコンドが隆盛し、やがて衰退、ついには廃墟と化すまでの100年を通して受け継がれる運命にあった底なしの孤独をテンポよく記しています。

97位:人生を導く5つの目的―自分らしく生きるための42章 単行本 – 2015/12

2,484円

1200以上に及ぶ聖書からの引用を用いて、礼拝、交わり、弟子訓練、奉仕、伝導というクリスチャンの生活を成す要素に鋭く切り込んだ作品です。知恵に満ちた言葉には説得力があり、クリスチャンならずとも学ぶところの多い書になっています。

96位:新装版 新訳 アンクル・トムの小屋 単行本(ソフトカバー) – 2017/4/30

5,184円

1852年にアメリカで出版された1冊です。シェルビー家で働く強くて優しいトムの人生を通して学ぶ、純粋な物語です。お子さんが読むのもおすすめの1冊になっています。

95位:風と共に去りぬ 第1巻 (新潮文庫) 文庫 – 2015/3/28

767円

映画などで見た人も多いのではないでしょうか。若く美しいスカーレットの怒涛の人生を描いた永遠の名作です。この翻訳はやや癖があるので気になる方は原作を読んでみるのをおすすめします。

94位:高慢と偏見 (中公文庫) 文庫 – 2017/12/22

1,188円

経済的なことを理由に好きでもない人と結婚して果たして幸せになれるのだろうか―。そんな女性の悩みを軸にした誤解から始まるラブロマンスを綴った名作です。心理描写が素晴らしく、読後に幸せな気分に浸ることができます。

93位:グリーン・マイル (上) (小学館文庫) 文庫 – 2014/7/8

875円

アメリカ南部、コールドマウンテン刑務所では電気椅子に続く通路を、床に緑のリノリウムが張られていることから通称グリーンマイルと呼ばれています。そのコールドマウンテン刑務所の看守と死刑囚のコーフィが起こす奇蹟の物語です。

92位:はらぺこあおむし (ミニエディション) ハードカバー – 1988/11/10

734円

幼いころに読んだことのある記憶を持つ方は非常に多いのではないでしょうか。現在も非常に人気の高い絵本で、グッズなども高い人気を誇る、絵本界の名作です。大人になって改めて読むと懐かしい思い出に浸れるかもしれませんね。

91位:世界がもし100人の村だったら 単行本 – 2001/12/1

905円

Eメールから話題になり、ベストセラーにまでなったインターネット希望のメルヘンです。世界の富や食糧問題、戦争の影響や人種のことを深く知るきっかけになる1冊なのでお子さんと一緒に読むのもおすすめです。

90位:預言者 単行本 – 1988/12/1

918円

1923年に英語で出版され30数カ国語に翻訳され、世界中の人たちに愛されている詩集です。人間の普遍的なテーマである愛や労働、喜び、悲しみ、友情などをテーマに心に深く語りかける1冊になっています。

89位:フィット・フォー・ライフ ——健康長寿には「不滅の原則」があった! 単行本 – 2006/4/8

1,950円

ダイエットを取り扱った本として非常に売れたのがこの1冊です。食事制限を健康維持のための特効薬と信じ、無条件で受け入れがちな近代日本の健康ブームのあり方に一石を投じるような書になっています。

88位:わが闘争(上)―民族主義的世界観(角川文庫) 文庫 – 1973/10/1

864円

独裁者が語る政治哲学には学ぶところなどないと考える方も少なくないかもしれません。しかし、現代政治の虚構を見抜くのに非常に有効な手がかりを示唆してくれるのです。狂気の天才と名高いアドルフ・ヒトラーの政治的遺書が本書です。

87位:新版 古事記 現代語訳付き (角川ソフィア文庫) 文庫 – 2009/9/25

1,253円

2019年、元号が平成から令和へと変わり、天皇家に対する関心も高まっています。そんな世情だからこそ今こそ読んで欲しいのが古事記です。日本の成り立ち、神々につながる天皇家の系譜、王権の由来などを色濃く読み解くことができる古事記は日本に暮らす人であれば一度は触れて欲しい本です。

86位:銀の匙 (岩波文庫) 文庫 – 1999/5/17

648円

なかなか開かなかった茶箪笥の抽斗から見つけた銀の匙、伯母さんの愛情に包まれて過ごした日々や少年時代の思い出を自伝風に綴った作品です。子どもの感情世界や子どもの体験をそのまま素直に記した名作です。

85位:論語 (岩波文庫 青202-1) 文庫 – 1999/11/16

1,091円

古代中国の大古典「四書」の一つで日本でも高い知名度を誇っているのがこの「論語」です。孔子と弟子たちの言行を収録したもので、現代の日常にも通じるところが多く、こころの置き場所になり得る書になっています。

84位:エミール〈上〉 (岩波文庫) 文庫 – 1962/5/16

1,188円

ある教師がエミールという平凡な人間を誕生から結婚まで自然という偉大な教師の指示に従い、どのようにして導いていくのかを小説の形式をとって記した書です。ただの教育書を超えた、社会哲学の名作です。

83位:ソクラテスの弁明・クリトン (岩波文庫) 文庫 – 1964

562円

己の信じるところを力強く表明する法廷におけるソクラテスを描いたのがこの「ソクラテスの弁明」です。不正な死刑宣告を受けても国法を遵守し、死を迎えようとするソクラテスと脱獄を進めるクリトンの対話などを通し思想の真髄に触れる作品です。

82位:人を動かす 文庫版 単行本 – 2016/1/26

702円

あらゆる自己啓発書の原典となった不朽の名作がこの「人を動かす」です。人が生きていく上で身につけるべき人間関係の原則を、実例を交えながら豊かに説き起こした作品になっています。

81位:星の王子さま (新潮文庫) 文庫 – 2006/3/28

518円

世界中で訳され、たくさんの人に愛されたもっとも愛らしい王子さまの、宝石のような物語です。一度読めばこころの中の宝物になるような優しくて愛おしく、そして可愛いお話になっています。

おすすめベストセラーランキングTOP80~61

80位:嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 単行本(ソフトカバー) – 2013/12/13

1,620円

人生できっと一度は悩む、対人関係の悩みを消し去るための勇気との対話を書いた啓発書です。だれかの期待を満たすために生きる必要がないことをこの本を通して心に根付かせることができます。

79位:空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫) 文庫 – 2009/9/15

745円

走行中のトレーラーのタイヤが外れ、歩行者の母子に直撃するという事故を軸に、運送会社の整備不良として片付けられかけたその事故が実は事件だったという衝撃の展開を臨場時間豊かに紡いたお話です。

78位:聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書)) 新書 – 2012/1/20

864円

累計170万部と突破した聞き上手になるための手法が詰め込まれた実用書です。週刊文春の対談で様々な人たちの本音を引き出した阿川佐和子さんの手法を肌で感じることができます。

77位:漫画 君たちはどう生きるか 単行本(ソフトカバー) – 2017/8/24

1,404円

知的好奇心旺盛な少年コペル君と彼を父親のように見守るおじさんのやり取りから、生きる意味を平易に説いた自動向けの教養小説の漫画化です。今尚部数を伸ばす、人気の高い1冊です。

76位:君の膵臓をたべたい (双葉文庫) 文庫 – 2017/4/27

720円

名前のない僕と日常のない彼女が織り成す、感動のベストセラー青春小説です。映画化もされ、2016年の本屋大賞も第2位を受賞した話題作になっています。

75位:火花 単行本 – 2015/3/11

1,296円

お笑い芸人が書いた小説、という概念を打ち壊すほど真摯な筆致で文学界の話題をさらった、又吉直樹さんの「火花」です。笑いとは何か、人間とは何か、と芸人哲学から見ることができる純文学とエンタメ小説の良いところを味わうことができる作品です。

74位:告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1) 文庫 – 2010/4/8

669円

デビュー作でありながら週刊文春ミステリーベスト10の1位を、本屋大賞1位を獲得した衝撃の話題作です。映画化もされたのでそちらで知った方も多いかもしれません。すべての人がこのストーリーに、文章の緻密さに嘆息する、完成度の高い作品です。

73位:塩狩峠 (新潮文庫) 文庫 – 1973/5/29

767円

大勢の乗客の命を救うため、雪の塩狩峠で命を落とす決断をした若き鉄道員が貫き通した愛と信仰を通し、人間の存在という根本的な問題を問う、考えさせられる作品になっています。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

”中島らも”の本おすすめランキング20選と口コミ【2022最新版】

今回は中島らものおすすめ本ランキングTOP20を口コミと共に紹介します。中島らもは2004年に急逝した作家で…

maru.wanwan / 232 view

ちゃお歴代連載漫画の人気おすすめランキングTOP20【2022最新版】

小学館が発行している、人気月間少女漫画雑誌「ちゃお。」現在大人の女性となった方の中にも、青春時代に愛読してい…

もどる / 1106 view

男性アイドルの写真集人気ランキングTOP43【2022最新版】

世の女性たちを癒す男性アイドル・俳優の写真集はやはりとても人気があります。ここでは男性アイドルの写真集の人気…

kii428 / 2319 view

東野圭吾の小説おすすめランキング30選~短編・長編別【2022最新版】

ミステリー小説に興味のない人でもその名前を知っているほど代表作が多く、知名度の高い作家さんが東野圭吾さんです…

もどる / 326 view

人気の作家・小説家ランキングおすすめ70選【日本限定・2022最新版】

おすすめの人気作家・小説家の方々をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する作家や小説家の方…

三島マコト / 1562 view

少女漫画ランキングおすすめTOP220!人気の名作を完全網羅【2022最新版】

この世界には数多くの少女漫画が存在しており、どれを読めばいいのか分からないこともありますよね。そこで今回は、…

risa / 406 view

星新一の作品おすすめランキング20選と口コミ~人気の本を紹介【2022最新版】

ショートショートというジャンル世に広め、日本を代表するSF作家として高い人気を得ている星新一さん。今回は星新…

もどる / 201 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

太宰治の作品おすすめランキング20選!人気の小説と口コミ【2022最新版】

昭和初期の文豪の一人として高い人気と知名度を誇る太宰治。今回はそんな太宰治の作品の人気おすすめランキングと選…

もどる / 167 view

樋口一葉の作品おすすめランキング20選と口コミ!人気の小説まとめ【2022最新版】

樋口一葉はお札の肖像に採用されたことで、日本に知らない人はいないというほど、飛躍的に知名度を上げた小説家。今…

もどる / 181 view

恋愛小説おすすめランキングBEST80【2022最新版】

おすすめの恋愛小説80作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する恋愛小説はどれも名作・…

三島マコト / 292 view

ビジネス本のおすすめランキング47選~読むべき名著を紹介【2022最新版】

今回はビジネス本のおすすめ人気ランキングと選び方のポイントをご紹介したいと思います。本は情報がまとまっている…

もどる / 507 view

青春小説おすすめランキング35選!恋愛・友情・スポーツ・家族【2022最新版】

毎日が楽しく眩しかった、胸がざわざわする青春時代へタイムスリップできるおすすめ小説ランキング!ジャンル別(恋…

samax82 / 613 view

なかよし歴代連載漫画の人気おすすめランキング20選【2022最新版】

三大小中学生向け少女漫画雑誌として60年以上も愛され続けているのが、講談社が発行している「なかよし」です。今…

もどる / 560 view

コロコロコミック歴代連載漫画の人気おすすめランキング20選【2022最新版】

「月刊コロコロコミック」は1977年に創刊された小学生向けの漫画雑誌です。今回はコロコロコミックの歴代連載作…

もどる / 1863 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング