スポンサードリンク

経営本を選ぶポイント4点

経営本と大まかにくくってもその中で様々なジャンルに細分化することができ、どのような目的で読むのか、どのようなことを学びたいのかで選ぶ本は異なってきます。ここでは経営本を選ぶ際のポイントについて見ていきましょう。

ポイント1.経営の基礎を学ぶ際の選び方

起業を考えている方や経営者になりたいと考えている方は、まず経営の基本や基礎を知っておかなければなりません。失敗を回避したいのであれば尚更基礎はしっかりとしたものでなくてはなりません。まず起業を考えている方におすすめなのが、実際に成功した起業家の本を読むことです。経営していく上で出てくる問題をどのように乗り越えたのかという経験をまとめた本はきっと学ぶところが多いでしょう。

また、企業を成功に導いた経営者の本もおすすめです。成功の要因を分析しまとめた本を多く読み、その共通点を学ぶことで実際に経営する際の重要な指針になってくれることでしょう。これらの知識を豊富に持っていることは実際に経営を行っていく中で十分強みになります。読みながら自分のビジョンと照らし合わせればより知識として得やすいかもしれませんね。

ポイント2.実践のヒントを学ぶ際の選び方

事業の立ち上げや業務の拡大という局面には、綿密な戦略やプランニングが必要になります。世に出ている経営本の中にはもちろんそうしたことに役立つヒントを与えてくれる本も多く存在しています。

新規事業を立ち上げる際は「どう展開していくのか」「誰が行うのか」という点も非常に重要な項目になります。この軸をしっかりとさせるために役立つのがビジネスプランニングを学ぶことのできる本です。これを学んでおくことで、実際に起業した際にぶつかる問題にも対処することができる力をつけることができます。

また、起業後自身の会社の強みを活かしてより高みを目指す際に役立つのが経営戦略を学ぶことのできる本です。市場における相対的な優位性を把握しておくことで、強みを活かした展開を行うことができ、しっかりとしたビジネス思考を得ることができます。事業を展開していくことを現実的に考えるようになったらぜひ読んでおきたいですね。

ポイント3.分析力を養うための選び方

刻々と変化する市場のニーズを把握することは経営者として成功するために絶対的に必要な能力になります。これを養い、情報の感度を高めることも本を読むことで可能になります。

市場の流れを把握する方法を記した本や、世の中の流れの傾向と対策が書かれた本など、視野を広げるための本を読みましょう。市場のニーズを把握する方法を学ぶことでより強みの活きた経営を行うことができ、成功する確率を高めることができます。

世の中のニーズを把握するためにアンテナを張り、様々な情報を得ることは非常に重要ですが、闇雲にアンテナを張っていても役立つ情報よりもその他の情報の方が多く入り、結果として雑多なものに必要な情報が埋もれてしまう場合もあります。正しい情報の得方や、アンテナの張り方を知っておくことで、役立つ情報や自分の必要なニーズの流れをより把握しやすくなります。実際に自分が必要なジャンル、自分の経営の方向に近いジャンルの本を選んで読むことも大切なポイントです。

ポイント4.事例から学ぶ際の選び方

起業し経営を行うことは憧れですが、当然のことながら起業した全ての経営者が成功するとは限りません。起業する際は失敗の可能性、失敗する原因などを念頭に置いておく必要があります。そんな縁起でもないことは考えない方が良い、プラス思考でいるのが何より、という考え方もあるかもしれませんが、ある程度失敗のことを学んでおき、自身がその局面に立ちかけた時にどのように立ち回るのか、という心構えができているのとできていないのとでは大きな差が生まれます。経営における失敗の要因、その対策法を記した本は起業する前であっても、起業後であっても一度は手に取り、読んでおくようにしましょう。経営者としての力量を底上げしてくれるはずです。

また、新しい分野を開拓した事例を記した本を読むのもおすすめです。新しい分野を開拓することは、失敗する可能性も高いですが、成功すれば大きな利益を得ることができます。実際に新規分野を開拓した実例を書いた本を読むことで、どのようにニーズを把握したのか、どのように開拓を試みたのかを知ることで、未開拓の分野を思いつくこともあるかもしれません。

さらに失敗だけで終わった実例ではなく、失敗から立て直し見事に成功した事例からはより多くのことを学ぶことができます。復活と再生の物語を克明に記した経営本は多くあります。優れた経営者はどのようにピンチに立ち向かうのか、どのような行動を起こすことでピンチを乗り越えることができたのかを知識として仕入れておくことで、実際に自分がその局面に立ってしまった場合の動き方が変わってきます。なるべく多くの実例を学んでおくようにしましょう。

経営本のおすすめランキングTOP45~31

45位:ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学 単行本 – 2015/11/20 入山 章栄  (著)

1,944円

いわゆる王道の経営学しか学んでいない方に贈る、最先端の経営学を詰め込んだ1冊です。日本企業の事例をたくさん交えながら非常にわかりやすくビジネスの見方を教えてくれます。世界基準の最先端の「知」を得ることで現代ビジネスにありがちな課題を解き明かしてくれます。
私の通う国内ビジネススクールでは、本書で紹介されるような「経営学」の研究成果をもりもり読ませてもらえます。
当然ほとんど外国語論文なので多少の苦労はありますが、何となく「経営のhowto」らしきものを学ぶよりよっぽど得るものが大きいと思いました。実務上の計画や振り返りにも。
そういうわけで、日本語でこのような「経営学」をレビューしてもらうのはとっても有難く貴重なものだと思います。

44位:IPランドスケープ経営戦略 単行本(ソフトカバー) – 2019/3/26 渋谷 高弘 (編集), IPL経営戦略研究会 (編集)

2,484円

日本の競争力を高めていくために知財の活用が重要になります。この本は知財を活用する際に、知財を駆使したビジネス的な分析「IPランドスケープ」を体得することができる書籍になっており、経営者が次元の異なる新しい一歩を踏み出すヒントになってくれます。
著者はLED発明者中村氏のノーベル賞受賞以前から「特許は会社のものか」で企業戦略立案に際してのIPの位置づけに疑問を呈していた。20年近くにわたって追求し続けてきた疑問に対して、たどり着いた答えが「IPランドスケープ経営戦略」の欠如にあったと思われる。技術立国を標榜してきた我が国の企業経営が、多数の企業においてIPランドスケープさえ怠り、経営陣は法務部門や技術部門の参加は型通りに止め、当事者である法務部門や技術部門は消極的な参加にとどまっている。今、IPランドスケープが経営戦略立案に欠如していることに気づき、大きく警鐘を鳴らした書として大変重要な書である。 加速をつけたグローバルな科学進歩の中にあって、企業の存亡にかかわる、無視できない提言だ。

43位:企業の成長戦略が10時間でわかる本 単行本(ソフトカバー) – 2017/1/27 木嶋豊 (著)

1,728円

ベンチャー企業への投資家、支援家として様々な成功をしている著者による、失敗から学んだ成長の成功法則を記した1冊です。失敗して挫折するのではなく、効果的な成長戦略をしっかりと学んでおくことで、次のステップに進む糧にしていくことを教えてくれる1冊です。
是非買うべき本です。 筆者がベンチャービジネスに関わりながら大きな成功を成し遂げたノウハウを学ぶことができます。
わかりやすい書き方なのですっと読めるのに、内容はとても濃いとも思います。 
大事なことが頭のなかで良く整理されているからこそ、一冊にエッセンスがまとめられる。
まず、筆者の経歴に着目して、そのあとその成功ノウハウを学ぶという意識で読めば良いと思います。

42位:図解ポケット ドラッカー経営がよくわかる本 単行本 – 2018/8/10 藤屋伸二 (著)

1,026円

経営の神様と崇められているドラッガーの経営学を、分かりやすい説明とイラストで解説してくれる経営本の入門としておすすめの本です。今まで経営学を学んでいない人にも分かるように専門用語や英語表現を避けているので取っ付きやすい1冊になっています。
ドラッカー経営の基本が理解したくて購入しましたが、とても読みやすく基本的な理解が深りました。ドラッカーを学んで事業に活かしたい経営者だけでなく、企業に勤める管理職の人などにもお薦めの本だと思いました。

41位:[最新版]図解 決算書を読みこなして経営分析ができる本 単行本(ソフトカバー) – 2007/1/27 高下 淳子  (著)

1,512円

会社法の施行により貸借対照表や損益計算書の中の表記変更や利益処分案の廃止、株主資本等変動計算書の新設などの様式変更に対応した経営分析本の決定版とも言える1冊です。企業の実力を見抜く力を身に付けることができ、良い経営を行うための実践的な知識を学ぶことができます。
決算書の本はたくさん読んできましたが、最もわかりやすい本でした。
特に「決算書の要素を5つに分ける」という切り口が斬新で、
頭の中にスッと入ってきました。

40位:ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 起業と会社経営の実務がよくわかる本 単行本 – 2015/5/22 古田 真由美 (著), 平 真理 (著)

1,490円

企業を考えている方におすすめの1冊です。企業を考えたときに直面する会社設立と経営の疑問にしっかりと答えを示している書籍になっています。疑問が浮かんだ際にパッと答えを得ることができるように、用語から引くことができ、使い勝手の良い本になっています。
起業してからわかることも多数ありますが、起業前にどんなことが必要かなどはわかっておいた方が良いと思います。
とりあえずの一冊として良いと思います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

りぼん歴代連載漫画の人気おすすめランキング30選【2024最新版】

集英社が発行している「りぼん」は1955年に創刊された、人気の少女漫画雑誌です。今回はそんな歴史あるりぼんの…

もどる / 484 view

エッセイの人気おすすめランキング30選と口コミ&選び方【2024最新版】

エッセイは書き手の生き方などを深く知ることができるもので、読者に新たな発見や生き方のヒントなどを与えてくれる…

もどる / 149 view

文庫本おすすめランキングTOP50と口コミ~ベストセラーも多数【2024最新版】

今回は読書ライフを楽しむべく、おすすめの文庫本の人気ランキングを口コミを交えてご紹介していきたいと思います。…

もどる / 199 view

ボカロ小説の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2024最新版】

ボーカロイドが好きな方やボーカロイドの楽曲で好きなものがある、という方におすすめなのがボカロ小説です。今回は…

もどる / 301 view

有名な出版社ランキングTOP100【2024最新版】

本にはビジネス書や小説、漫画、辞典、雑誌など様々なジャンルがありますが、それらを刊行する出版社で最も有名な出…

maru.wanwan / 2487 view

ミステリー/推理小説おすすめランキングBEST70【2024最新版】

おすすめのミステリー/推理小説やサスペンス小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹…

三島マコト / 165 view

歴史小説のおすすめランキングBEST70【2024最新版】

おすすめの歴史小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する歴史小説はどれも名作・…

三島マコト / 231 view

スポンサードリンク

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

百田尚樹の作品おすすめランキング20選~人気の本や小説の口コミ&選び方【2024最新…

苦悩の中でも必死に生きる人間の姿を鮮やかに描く作家として人気の百田尚樹さんは現代の人気作家の一人です。今回は…

もどる / 95 view

心屋仁之助の本おすすめランキング20選と口コミ【2024最新版】

テレビや雑誌などでもお馴染みの心理カウンセラーとして活躍する心屋仁之助。その心屋仁之助の言葉に救われたという…

maru.wanwan / 174 view

小学生向け国語辞典のおすすめランキング18選と口コミ&選び方【2024最新版】

言葉を勉強するために役立つのが「国語辞典」です。今回は小学生向けの国語辞典のおすすめランキングを実際に使用し…

もどる / 161 view

男性アイドルの写真集人気ランキングTOP43【2024最新版】

世の女性たちを癒す男性アイドル・俳優の写真集はやはりとても人気があります。ここでは男性アイドルの写真集の人気…

kii428 / 1350 view

ミステリー/推理小説おすすめランキングBEST70【2024最新版】

おすすめのミステリー/推理小説やサスペンス小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹…

三島マコト / 165 view

星新一の作品おすすめランキング20選と口コミ~人気の本を紹介【2024最新版】

ショートショートというジャンル世に広め、日本を代表するSF作家として高い人気を得ている星新一さん。今回は星新…

もどる / 171 view

”中島らも”の本おすすめランキング20選と口コミ【2024最新版】

今回は中島らものおすすめ本ランキングTOP20を口コミと共に紹介します。中島らもは2004年に急逝した作家で…

maru.wanwan / 130 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング