除湿機とは

除湿機は室内の減湿のために使用する空気調和設備です。

湿気が増した空間を人は不快に感じ、不快指数が上昇します。除湿機で湿度を下げることで、不快指数が減り、体感の温度を下げる働きがあります。

また、衣類の乾燥や冬場の結露対策としても使用され、1年通して役立つ家電として近年は導入する家庭が増えてきています。

除湿機の種類3つ

除湿機を購入する前にまず知っておきたいのが除湿機の種類です。
除湿機には種類があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。除湿機選びで失敗しないためにもまずは除湿機の種類を知っておきましょう。

コンプレッサー式

コンプレッサー式は熱交換器で空気を集め、その空気を冷却器で冷やして結露させることで空気中の湿気が水滴に変わるので除去できる仕組みになっています。
エアコンの除湿運転もこの仕組みを採用しています。コンプレッサー式は気温の高い時期ほど除湿力が高くなりますが、気温が低くなると除湿能力が下がってしまいます。
また、除湿中に室温があまり上がらないという特性があるので、夏場をメインに使用するのならコンプレッサー式が適していると言えます。
消費電力は後述のデシカント方式よりも半分程度で済むので、エコな除湿機でもあります。
しかし、コンプレッサーを内蔵しているために本体はどうしても大きくなり、除湿運転中の動作音も大きくなってしまうのがデメリットです。

デシカント式

デシカント方式はまず内蔵している乾燥剤に空気中の水分を吸着させます。次にこの吸着した水分を内蔵ヒーターで温めて気化させ、これを熱交換器で冷やして水滴に変えることで空気中の湿気を除去する方式です。
吸着した水分を内蔵ヒーターで温めるという方式なので外気温に左右されず、安定した除湿が行えます。コンプレッサー式では除湿力が下がってしまう冬場でもデシカント式ならば問題なく除湿できる点は大きなメリットと言えるでしょう。
また、コンプレッサーを内蔵する必要がないので本体も動作音も小さく済むのもデシカント式のメリットになっています。
しかし、ヒーターを使用するという方式上、消費電力が高く、除湿中に室温を上昇させてしまうというデメリットがあります。

ハイブリット式

コンプレッサー式とデシカント式の優れた点を1台にしたのがハイブリット式です。夏場はコンプレッサー式で室温を上げずに湿気を除去、冬場はデシカント式でヒーターを用いた除湿を行うので1年通して安定した除湿が行えます。
ランニングコストは比較的抑え目ですが、コンプレッサーを搭載するため本体は大きく、製造コスト上仕方がないことですが、本体価格も高くなってしまうのがデメリットになっています。

除湿機を購入する前に知っておきたい選び方4つのポイント

除湿機はそれぞれ方式が異なることは上記で解説しました。では、実際に除湿機を選ぶ際は何を基準に選ぶべきでしょうか。ここでは除湿機の選び方を詳しく見てみましょう。

除湿能力で選ぶ

とにかく除湿力が大切という人は除湿能力をしっかりチェックして購入するようにしましょう。
カタログなどでスペックを確認すればそのモデルの除湿力を知ることができます。リットル(L)が大きいほど除湿力が高いということになります。
一般的に家庭用の除湿機は6Lから18L程度までで、6Lで木造なら6畳、鉄筋なら14畳程度の広さをカバーすることができます。
18Lでは木造なら20畳、鉄筋なら40畳程度のカバー力を持っています。使用する部屋の広さなどを考えて購入すると良いでしょう。

使用する季節で選ぶ

除湿機を選ぶ際は使用する季節から考えて選ぶのも手段の1つです。その理由は除湿機には季節ごとに適した方式があるためです。
梅雨から夏時期に使用するのなら室温が上がりにくいコンプレッサー式がおすすめです。冬場の使用がメインなら冬場でも安定して除湿が行え、なおかつ室温が上がるデシカント式が良いでしょう。
1年通して使用したい場合はハイブリット式を購入すれば通年安定した除湿ができます。

使用する目的で選ぶ

除湿機を使用する目的で選ぶのも失敗の少ない選び方の1つです。
例えば押し入れの除湿を目的に除湿機を購入するのならそんなに除湿力は必要ではなく、収納しやすいスリムなモデルが適しています。
部屋干しの洗濯物を乾かす目的で除湿機の購入を検討しているのなら、濡れた衣類を感知するセンサーを搭載しているモデルが適していますが、衣類の乾燥のみに使用したいのであれば衣類乾燥除湿機という名称のものを購入するのが良いかもしれません。
また、留守中も除湿がしたという人はタンク容量の大きなものを選ぶようにしましょう。除湿機は満水になると自動的に運転が停止してしまうので注意が必要です。
側面の穴にホースを取り付けることで排水を自動的に行い、連続運転ができる除湿機もありますが、近年は販売数が減っているのでこのタイプが欲しい人は店頭で取り扱っているのか確認しておく必要があります。
また、簡易冷房機能を求める人はスポット的に冷風が出るモデルもあるのでチェックしてみると良いでしょう。しかし、除湿機はあくまで除湿機であり、部屋全体を冷やすほどのパワーはないことを留意しておきましょう。

使用する場所で選ぶ

除湿したい場所の特徴で選ぶのもおすすめの方法です。
例えば寝室で使用するのなら、就寝中も運転できることを考え、睡眠を妨害しない静音のモデルを選ぶと良いでしょう。
さらに、家中のあらゆる場所の除湿を考えているのであれば持ち運ぶことを想定してキャスターやハンドル付きの移動しやすいモデルを選ぶのがおすすめです。

おすすめの除湿機ランキングTOP15~11

ここまで除湿機の特性や選び方を詳しく見てきました。最後にそれらを踏まえて選定するおすすめの除湿機ランキングを紹介したいと思います。

15位:象印 オートスイングルーバーRJ-XA70-WL

15位:象印 オートスイングルーバーRJ-XA70-WL

スリムな本体に使える機能がぎっしり詰まった象印の「オートスイングルーバーRJ-XA70-WL」は風で空気をかき混ぜて除湿する除湿機です。
360℃送風なので、効率よくお部屋の湿気を取り除きます。部屋干しの洗濯物を乾燥させるのにも特化しており、2kgの洗濯物なら約50分で乾燥させることができるハイパワーさも魅力的です。

除湿力半端ないです。
洗濯物干しにも使える。パワフルな感じが象印らしい。
14位:MUYI DC/AC共有コンパクト除湿器

14位:MUYI DC/AC共有コンパクト除湿器

「DC/AC共有コンパクト除湿器」はその名の通りUSB電源コードでもACアダプタでも電源の確保ができるコンパクトタイプの除湿機です。
非常に小さい本体なのでトイレなどの狭い空間、クローゼットなどの密閉される空間にぴったり。
コンパクトで価格も安価ながら除湿に加え、消臭効果もあるので使用用途が広いモデルになっています。

夏場の部屋干し用に購入しました。
シンプルなデザインとサイズ感が気に入り試しに購入してみました!
1kの部屋なのであまり大きなものは置きたくなかったので机の脇に置ける手頃なサイズはちょうど良いです○
白を基調としたシンプルなデザインも部屋に遜色なくマッチしていてあり過ぎない存在感がベリーグット!
後ろのタンク?は青いワンポイントデザインはオシャレですね!
機能的にも何も問題なくしっかりと効果を発揮してくれています
給電はUSBでアダプタがあればACからもとれますし、サイズもサイズなので持ち運びできますので便利です。
何がともあれ良い買い物でした◉
13位:パナソニック F-YZM60-W

13位:パナソニック F-YZM60-W

パナソニックの「F-YZM60-W」はデシカント式を採用した除湿機です。除湿力が高く、広いリビングもお風呂場もしっかりと除湿してくます。
また、衣類乾燥に便利なカラッとセンサーが搭載されています。これは洗濯物の乾燥をセンサーで読み取り、乾燥終了後に自動的に運転を停止する機能なので、無駄な電気代を抑える効果があります。

玄関の結露対策で購入。最高です。恐ろしいスピードでタンクに水が貯まります。結露も解消し、言うこと無し。
12位:HANSHUMY カートゥーン除湿機

12位:HANSHUMY カートゥーン除湿機

デザイン性の高い除湿機が欲しい人におすすめなのがHANSHUMYの「カートゥーン除湿機」です。
スタイリッシュなデザインはお部屋のどこに置いてもインテリアを損ないません。カラーもホワイト、ブルー、レッドと3色展開されているのも嬉しいポイント。
タッチ式の簡単操作や静音運転など、除湿機としての性能も優れているのでデザインも性能も妥協したくない人に適した除湿機と言えるでしょう。

11位:コロナ CD-P6317

11位:コロナ CD-P6317

コロナの「CD-P6317」はコンプレッサー式のハイパワー除湿機です。1日に1Lのペットボトル約6本分もの除湿力を持ち、梅雨時期でも家の中をからりとした空気に保ちます。
10年間交換不要のフィルターを搭載で、経済的にも優れたモデルです。
コンパクトで除湿力が高く、コストパフォーマンスに優れた除湿機を探しているのなら購入して損はないモデルと言えます。

この値段でこの高性能、流石庶民派企業の『コロナ』が制作した商品です。
しかも、他の家電メーカーと違い、『簡単な操作』『定期的な点検が、全く必要でない。』等々、現場をよく知っている人間が、作っている事が、よくわかる商品です。
一流家電メーカーが、自社の技術力を誇示するために、『複雑な操作方法が必要である。』『付属パーツを売る為に、コマメな点検整備が必要である。』等々、今の御爺さん・御婆さんには、絶対に使いこなせない商品を、多く見られる中で、ベストな商品と言えます。

おすすめの除湿機ランキングTOP10~6

関連するキーワード

関連するまとめ

コードレス掃除機の人気おすすめランキング15選と口コミ【最新版】

最近の掃除機は進化し続けており、特にコンセントがないコードレスタイプは階段のある家ではとても便利です。そこで…

maru.wanwan / 190 view

二人暮らしの冷蔵庫おすすめ人気ランキングTOP20と選び方【最新版】

同棲や結婚などで二人での暮らしが始まる際、新しく二人向けの大きさの冷蔵庫が欲しくなります。そこで今回は二人暮…

もどる / 983 view

ブルーレイディスクのおすすめ人気ランキングTOP20と選び方【最新版】

ブルーレイレコーダーもすっかり浸透した近年。そんなブルーレイレコーダーに欠かせない存在がブルーレイディスクで…

もどる / 375 view

衣類乾燥機のおすすめランキングTOP22と選び方【最新版】

悪天候や寒さなどで外に洗濯物を干すことができない日が続くと困りますよね。そんな時におすすめなのが衣類乾燥機で…

もどる / 168 view

おしゃれ!こたつのおすすめランキングTOP30と選び方【最新版】

寒い季節に恋しくなる暖房器具と言えばやはりこたつ。リラックスしたり、家族のだんらんを誘ってくれたりと非常に役…

もどる / 603 view

ホットプレート人気おすすめランキング15と選び方【最新版】

自宅で焼肉などを楽しみたい時に便利な調理器具がホットプレートです。ホットプレートを囲む食卓は特別感があってワ…

もどる / 655 view

アイロンのおすすめ人気商品12選と口コミ~選び方5つのポイント【最新版】

アイロンは洋服のシワを取り、綺麗な状態に手入れするのに欠かせない家電ですが、様々な種類がありどれを選んで良い…

もどる / 502 view

スマートスピーカーおすすめランキングTOP15【最新版】選び方のポイントも解説

近年話題になっている人工知能を搭載したスマートスピーカー。ここではスマートスピーカーのおすすめ人気ランキング…

もどる / 836 view

扇風機おすすめ人気ランキング12選~選び方と口コミも紹介【最新版】

高音多湿の日本の夏に欠かせないアイテムと言えば扇風機です。近年は高級モデルも沢山販売されていますが、選び方と…

もどる / 647 view

ハンドブレンダーのおすすめ人気ランキング20選と口コミ【最新版】

様々な食材を潰したり混ぜたりする際に役立つ便利なハンドブレンダー。離乳食や料理の下ごしらえから仕上げまで使い…

maru.wanwan / 95 view

4人家族の冷蔵庫おすすめランキングTOP20と選び方【最新版】

家族の人数が増えると当然その分冷蔵庫に保存しておく食品は増えていきます。食品を保存しておくのに欠かせないのが…

もどる / 4582 view

ラジカセの人気おすすめランキングTOP20&選び方【最新版】

昨今はスマートフォンで音楽を聴くのが主流となっていますが、ラジカセは様々なメディアに対応し、音楽以外にも使い…

もどる / 260 view

ポータブルDVDプレーヤーのおすすめ人気TOP20と選び方【最新版】

手軽に持ち運び、どこでもお気に入りのDVDを鑑賞することができる便利なアイテムがポータブルDVDプレーヤーで…

もどる / 874 view

エアコン人気おすすめランキング12選と口コミ~選び方も解説【最新版】

エアコンは数年で格段に性能が変化する家電のため、買い替えを考えていてもどれが良いのか悩んでしまいますよね。こ…

もどる / 651 view

掃除機おすすめ人気ランキングTOP15と口コミ&選び方【最新版】

コードレスやサイクロン、ハンディ型など、たくさんの種類が販売されている掃除機。ここでは掃除機の種類ごとの特徴…

もどる / 569 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

低温調理器のおすすめランキングTOP15と口コミ【最新版】

家庭で簡単に美味しい料理が楽しめるとテレビや雑誌でも話題の低温調理器。今回は低温調理器の選び方と人気おすすめ…

maru.wanwan / 141 view

インクジェットプリンターのおすすめ人気TOP15!選び方4つのポイントも解説【最新版…

家庭用のプリンターとして一般普及率が高く、文書から年賀状、写真印刷までこなしてくれるのがインクジェットプリン…

もどる / 696 view

家庭用精米機のおすすめ人気TOP20と選び方【最新版】

ご飯は毎日食べるものなのでできれば美味しいものを食べたいですよね。そこでおすすめなのが家庭用の精米機です。今…

もどる / 220 view

冷温庫のおすすめランキングTOP20と選び方【最新版】

夏は保冷するためのアイテムとして、冬は保温するためのアイテムとして年間を通して活躍してくれるのが冷温庫です。…

もどる / 403 view

生ゴミ処理機のおすすめランキングTOP10と選び方【最新版】

毎回生ゴミをゴミとして捨てていると毎日のゴミの量が多くなってしまいます。そこでおすすめなのが生ゴミ処理機です…

もどる / 124 view

脱臭機ランキングおすすめTOP18と選び方【最新版】

ペットやタバコ、ゴミ、トイレなど家の中にはニオイが存在しています。そこでおすすめなのが脱臭機です。脱臭機はニ…

もどる / 1357 view

コードレス掃除機の人気おすすめランキング15選と口コミ【最新版】

最近の掃除機は進化し続けており、特にコンセントがないコードレスタイプは階段のある家ではとても便利です。そこで…

maru.wanwan / 190 view

布団乾燥機おすすめ人気ランキング16と選び方【最新版】

布団を外に干せない寒い時期や梅雨時期でも、布団をからっと気持ちよく乾燥させてくれるのが布団乾燥機です。今回は…

もどる / 625 view

電気フライヤーのおすすめ人気TOP20と選び方【家庭用・最新版】

手軽に揚げ物を作るための機械として人気を高めているのが電気フライヤーです。近年は非常に沢山の種類の電気フライ…

もどる / 475 view

スチーム式加湿器のおすすめランキング20選と選び方【最新版】

現在の加湿器は非常に豊富な種類が展開され、加湿方法も様々です。そんな種類の多い加湿方法の中でも最も加湿効果が…

もどる / 549 view

電気ポットの人気おすすめランキングTOP20と選び方【最新版】

一度お湯を沸かしてしまえば必要な時に熱いお湯をいつでも使用できる電気ポット。今回はそんな電気ポットの人気おす…

もどる / 202 view

靴乾燥機のおすすめ人気ランキングTOP15と選び方【最新版】

濡れた靴を乾かすと時におすすめなのが靴乾燥機です。靴の中に温風を当てて乾燥させてくれるので素早くしっかりと乾…

もどる / 110 view

サーキュレーターおすすめランキング22選と口コミ~選び方6つのポイントも紹介【最新版…

室内の空気を循環させるのに使用するのがサーキュレーターです。ここではサーキュレーターを選ぶ際に抑えておきたい…

もどる / 628 view

かき氷機のおすすめ人気ランキング11選と口コミ~選び方6つのポイントも紹介【最新版】

近年ふわふわのかき氷機が人気を集めるのと同時に家庭での需要が高まったかき氷機。ここではかき氷機を購入する際に…

もどる / 764 view

ホームプロジェクターのおすすめ人気TOP20と選び方【最新版】

映画館のように大きなスクリーンで映画などを自宅で楽しみたい、という願いを叶えてくれるのがホームプロジェクター…

もどる / 544 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング