スポンサードリンク

VRヘッドマウントディスプレイの選び方のポイント3点

VRヘッドマウントディスプレイのおすすめランキングをご紹介する前にまずは選び方のポイントを確認し、どのようなモデルが欲しいのかを決めておきましょう。

ポイント1.タイプをチェック

VRヘッドマウントディスプレイを選ぶ際はまず、利用したい機器に合わせて対応したモデルを購入する必要があります。この観点からVRヘッドマウントディスプレイを大まかに分類すると3種類に分けることができます。まずはそれぞれの特徴を知り、最適なものを選びましょう。

・スマートフォン

・スマートフォン

VRを手軽に体験してみたい、という方におすすめなのがスマートフォン対応のVRヘッドマウントディスプレイです。安い機種であれば数千円程度から展開されており、比較的お手頃な価格で購入できるので、VR入門機としても非常におすすめです。

VRを実際にプレイするためには別途対応のアプリをインストールする必要がありますが、近年はアプリの数も多く、様々なジャンルのアプリが配信されているので手軽に色々な世界に没入することができます。しかし、後述の2種類に比べると基本的には解像度が低いので、没入感を目的に購入するのであれば不向きかもしれません。なお、スマートフォン用VRヘッドマウントディスプレイの中にも解像度にこだわった高価な機種もあるので、スマートフォンでも迫力あるVRを楽しみたい方はチェックしてみると良いかもしれません。

・パソコン

・パソコン

高画質、高解像度のVR映像を楽しみたいのであればパソコン用VRヘッドマウントディスプレイを購入するのがおすすめです。パソコン用のVRで注目したいのがルームスケール機能です。一部機種では位置検出ユニットを2箇所に設置することで部屋全体を移動可能範囲としてVR体験をすることができます。このような高性能タイプのVRヘッドマウントディスプレイはそれ自体が高価な点、また、要求されるパソコンスペックも伴って高くなるという点には注意が必要です。

・PlayStation4

・PlayStation4

VRゲームというとまずPS4を思い浮かべる方も多いかもしれません。このタイプはPlayStation4本体と使用することで対応ゲームや動画をVRで楽しむことができます。パソコンのVRが相応のスペックを求めるのに対し、PS4のVRはPS4本体があればVRゲームを楽しめるのが特徴です。PS4本体から購入しても10万円以下で本格的なVR環境を整えることが可能です。

ポイント2.コンテンツをチェック

せっかくVRヘッドマウントディスプレイを購入するのであればよりたくさん活用したいものですが、実は選ぶヘッドマウントディスプレイによって体験できるコンテンツの数には違いがあります。例えば全世界で2億人以上の人が愛用していると言われるプラットフォームである「Stream」のモデルを購入すれば1200本以上ものコンテンツから好みのものを選んで楽しむことが可能です。しかし、Viveなどのようにコンテンツが充実していても日本語非対応にコンテンツも多いというのが難点です。

PS4のVRであれば国内メーカーなので日本語でプレイすることができ、英語があまり分からない方でも安定して楽しめますが、コンテンツの数で言うと少なくなってしまいます。求めるコンテンツ数や言語などを比較し、選ぶようにしましょう。

ポイント3.解像度とリフレッシュレートをチェック

VRヘッドマウントディスプレイは当然解像度が高いほど繊細な画像を楽しむことができ、没入感が増します。解像度は目安として片目辺り1080×1200程度を参考に選びましょう。

また、リフレッシュレートの確認も必ず行いましょう。リフレッシュレートはHzで表記され、この数字が高いほど滑らかな映像を楽しめます。特に酔いやすい方はなるべくリフレッシュレートが高いものを選ぶことで現実と仮想現実のギャップを低減させ、酔い防止をすることができます。リフレッシュレートは最低60~70Hz以上を目安に選ぶと良いでしょう。

スマートフォン用VRヘッドマウントディスプレイおすすめランキングTOP7~4

7位:Lenovo Star Wars™/ジェダイ・チャレンジ ARヘッドセット ZA390004JP / ライトセーバー・コントローラー付属

10,030円

対応機器:互換性のあるAndroid端末およびiOS端末
ディスプレイタイプ;-
ディスプレイ解像度:-
リフレッシュレート:-
搭載センサー:モーション、トラッキング、カメラ、ジャイロセンサー、加速度センサー、電子コンパス
接続端子:microUSB
サイズ:209.2×83.4×154.8mm
重量:470g

互換性のある端末にアプリをインストールすることでスター・ウォーズの世界に入り込んでゲームを行うことができるモデルです。ライトセーバーバトルやホロチェス、戦略バトルなど、スター・ウォーズ好きにはたまらないコンテンツを堪能できます。VRではなくAR(Augmented Reality)ですが、スター・ウォーズ好きな方におすすめの製品です。

ちょっと値段が高くて二の足を踏んでいたところ、年末に酔った勢いであっさり購入。
やってみると想像以上の面白さで、買ってよかったと大満足です。

スマホは対応?には入ってないXperia(SOV35)で使用してますが今のところ問題なく使えてます。
本当は昔使用していたXperia(SOL26)を使う予定でしたが、microUSB端子が本体(縦に見て)の横側に付いているため、ケーブルを繋ぐとマウントに嵌らず断念。端子が本体の下底についてないと形状的に使用出来なさそうです…

実際のプレー感については、特に反応ラグ等も感じられず動きもスムーズなので、自分がAR初体験ということもあるかもですが、結構リアルな体感があり正直驚きました(まさにジェダイになった感じ?!)。ライトセーバーが伸びる瞬間はちょっと感動。そして意外に動きが激しい(汗)

他にホロチェスなんかも有りバトル以外でも結構楽しめます(昔を知る世代なのでホロチェスはシュールで好きです)

今後のアップデートの内容に期待しつつこれからも楽しめそうです。

単なるおもちゃとしてでも面白いですが、スターウォーズ好きな人であれば特に満足度が高いんじゃないかと思います。

6位:サンワダイレクト 3D VRゴーグル iPhone/Androidスマホ対応 動画視聴 ヘッドマウント レンズ位置調整 400-MEDIVR2

2,280円

対応機器:4~6インチ(最大対応サイズ78×10×160mm)
ディスプレイタイプ;-
ディスプレイ解像度:-
リフレッシュレート:-
搭載センサー:-
接続端子:-
サイズ:190×10×90mm
重量:327g

スマートフォン用のVRヘッドマウントディスプレイとして標準的な機能を備えた、コストパフォーマンスが高い製品です。対応youtube動画でアプリを手軽にVR体験ができます。装着感に優れ、光が入り込まない仕様なので没入感が比較的高いのも嬉しいポイントです。

この手のゴーグルにしては少々お高い印象を受けますが、日本の会社ということで安心して購入できました(笑)
他のゴーグルを持ってないので比べる事はできませんが、とても満足してます。

5位:Linkcool Google Cardboard(グーグル・カードボード)3Dメガネ 3d Vrメガネ 組み立て式 NFCタグとベルト付き

999円

対応機器:3.5~5インチ
ディスプレイタイプ;-
ディスプレイ解像度:-
リフレッシュレート:-
搭載センサー:-
接続端子:-
サイズ:-
重量:200g

手軽にVR体験ができるだけではなく、作る工程から楽しむことができるモデルです。一般的なダンボールよりも厚めなので耐久性も高く、簡単に組立が可能なので不器用な方でも安心です。ヘッドバンドもきちんと付属しているので、フリーハンドでコンテンツを楽しめます。

持っているスマートフォン(Xperia Z5)がVR対応だと知ったので、体験してみようと購入。
あくまで、体験とおもっていたので、段ボールのこの商品を購入したのですが、
組み立てて、映像を見てみるとびっくり!普通にVRがこのお値段で体験できました。

4位:【正規輸入品】Oculus Go (オキュラスゴー) - 32 GB

24,624円

ディスプレイタイプ;-
ディスプレイ解像度:-
リフレッシュレート:-
搭載センサー:-
接続端子:3.5mmオーディオジャック
サイズ:-
重量:-

こちらはスマートフォンを装着する必要なく遊べるタイプのモデルです。スマートフォンに専用のアプリをインストールするだけで没入感の高いコンテンツを楽しめます。オーディオドライバーがヘッドセットに組み込まれているので、サウンドにも臨場感があり、ドラマティックな体験を可能にしているのもおすすめのポイントです。

パソコンに保存してある動画はDLNAサーバーServiio(パソコンにインストール)を起動すれば、ギャラリーから視聴できます。2Dなら大画面で観られるし、VR動画も設定を変えればみられます。動画再生にはSKYBOX VR Video Player(Oculus Go アプリ)をお勧めします、VR動画は傾斜や高さなど細かい設定が可能、2Dは画面を正面に固定可能なので、仰向けで寝た状態でも視聴できます。ゲームをやらないなら32Gで問題ないと思います。

スマートフォン用VRヘッドマウントディスプレイおすすめランキングTOP3~1

3位:SAMONIC 3D VRゴーグル 「イヤホン、Bluetoothコントローラ、日本語説明書付属」 (ブラック)

2,580円

対応機器:4.0~6.0インチ
ディスプレイタイプ;-
ディスプレイ解像度:-
リフレッシュレート:-
搭載センサー:-
接続端子:-
サイズ:-
重量:-

非球面光学レンズを採用し、ブルーライトをカットする機能や電磁放射線防護機能が搭載されているので、VRにありがちな目の痛みや眼精疲労を軽減してくれるモデルです。ゴーグルにピント調整ダイヤルが付属しているので見やすい状態にセットすることにより近眼の方でも裸眼でVR体験が行えます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

電気ポットの人気おすすめランキング20選と口コミ&選び方【2022最新版】

一度お湯を沸かしてしまえば必要な時に熱いお湯をいつでも使用できる電気ポット。今回はそんな電気ポットの人気おす…

もどる / 96 view

足温器のおすすめランキング人気18選と口コミ&選び方【2022最新版】

寒い季節に暖をとったり、冷え性対策として非常に重宝するのが足温器というアイテムです。今回はそんな足温器の人気…

もどる / 95 view

スマートスピーカーおすすめランキング15選と口コミ~選び方のポイントも解説【2022…

近年話題になっている人工知能を搭載したスマートスピーカー。ここではスマートスピーカーのおすすめ人気ランキング…

もどる / 55 view

生ゴミ処理機のおすすめランキング10選と口コミ&選び方【2022最新版】

毎回生ゴミをゴミとして捨てていると毎日のゴミの量が多くなってしまいます。そこでおすすめなのが生ゴミ処理機です…

もどる / 63 view

アイロンのおすすめ人気商品12選と口コミ~選び方5つのポイント【2022最新版】

アイロンは洋服のシワを取り、綺麗な状態に手入れするのに欠かせない家電ですが、様々な種類がありどれを選んで良い…

もどる / 64 view

ポータブルテレビおすすめランキング20選と口コミ&と選び方【2022最新版】

場所を選ばずどこでもテレビを視聴したいという時に使用するアイテムがポータブルテレビです。今回はポータブルテレ…

もどる / 102 view

羽なし扇風機の人気おすすめランキング20選と口コミ&選び方【2022最新版】

従来の扇風機のイメージを一新し、多くの人達に衝撃を与えたのが「羽なし扇風機(羽なしサーキュレーター)」です。…

もどる / 90 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ポータブルDVDプレーヤーのおすすめ人気20選と口コミ&選び方【2022最新版】

手軽に持ち運び、どこでもお気に入りのDVDを鑑賞することができる便利なアイテムがポータブルDVDプレーヤーで…

もどる / 91 view

ペットボトル加湿器の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2022最新版】

ペットボトル加湿器は一般的な加湿器よりも手軽に導入でき、おしゃれなデザインのモデルも多いため年々人気を高めて…

もどる / 63 view

炊飯器おすすめ人気ランキング15選と口コミ~選び方3つのポイント【超高級からコスパ重…

炊飯器は毎年新しい機能を搭載したものが多く販売されている、家電好きの人たちが注目するジャンルです。ここでは炊…

もどる / 73 view

フードプロセッサーのおすすめ人気ランキング21選と口コミ【2022最新版】

面倒なみじん切りやハンバーグの捏ね作業など、料理の下ごしらえを簡単に行ってくれるアイテムとして人気なのがフー…

もどる / 45 view

テレビメーカーの人気おすすめランキング6選と口コミ&選び方【2022最新版】

薄型化、大型画面化の進化が目覚しい液晶テレビですが、様々なメーカーから商品が発売されています。今回はそんなテ…

もどる / 185 view

小型洗濯機の人気おすすめランキングTOP18と口コミ&選び方【2022最新版】

小型洗濯機とは通常の洗濯機よりも小さな洗濯機で、通常の洗濯機よりも機能を絞った製品を指します。ここでは小型洗…

もどる / 139 view

高圧洗浄機のおすすめランキング22選&選び方【2022最新版】

洗車やお家の外壁、ベランダなどの掃除に便利なのが高圧洗浄機です。現在は使い勝手に優れたタイプが多く販売されて…

もどる / 120 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング