スポンサードリンク

加湿器とは

加湿器は部屋の湿度を調節するための空気調和設備です。機械内部に入れた水を空気中に放出することで加湿する仕組みです。

近年では見かけることも少なくなりましたが石油ストーブにやかんをかけるのも加湿の役割を果たしていました。

空気中の湿度が上がるとウィルスの活動を抑えられる他、体感温度が高くなり、温かく感じるという効果もあります。

ちなみに加湿効果に加えて除湿効果を持ったものは湿度調和機、さらにさらに冷暖房機能を持ったものはエアコンに分類されます。

もっと知りたい!加湿器の4つの効果

風邪対策や乾燥対策に用いられている加湿器ですがその効果はそれらだけにとどまりません。
ここでは加湿器がもたらす4つの嬉しい効果をまとめてみました。

1.鼻やのどの乾燥予防

空気が乾燥すると鼻やのども乾燥してしまいます。のどが乾燥すれば痛くなったりするので、加湿器はそれを予防する効果があります。
加えて鼻やのどを乾燥から守ると、鼻やのどの粘膜が潤った状態になり、様々な病原体を撃退する力を持ちます。
粘膜が乾燥した状態だと本来粘膜に保護されている細胞がむき出しの状態になり、ウィルスが侵入しやすくなってしまうのです。これを加湿によって粘膜が保護し、結果として風邪やインフルエンザの予防対策になります。

2.ウィルスの活動の抑制効果

風邪をひく原因で大きいものは風邪をひいている人の咳やくしゃみで大気中にウィルスを含んだ飛沫が飛び、それを吸ってしまうということです。
実際「ゴホン10万、ハクション100万」という言葉があります。これは1度の咳で10万個、1度のクシャミで100万個ものウィルスが空気中に撒き散らされてしまうということです。
感染者の咳やくしゃみにより、空気中に飛散したウィルスを呼吸で直接的に吸ってしまうのは感染者から1~1.5m以内にいる場合だと言われています。
しかし、感染者の咳やクシャミで飛んだ唾などはすぐに地面に落下しますがウィルスのような細かい粒子のものは乾燥した空気の中であればいつまでも飛散してしまいます。
具体的には部屋の湿度が35%以下だとしばらくウィルスは空気中に残存し、湿度が50%を超えるとウィルスの活動が抑制されるという実験の結果が出ています。
加湿器で部屋の湿度を上げることはウィルスを死滅させる効果こそないものの、浮遊できなくする効果は絶大であり、浮遊することができなければ感染する確率もぐっと下がるということが分かります。

3.ハウスダストなどの飛散防止

加湿には細かい粒子が巻き上がるのを抑制する効果があります。これはハウスダストやアレルゲン、もちろん花粉症にも効果があります。
粒子の細かいものはその軽さから空気中を浮遊し、漂っている粒子を吸い込むことでアレルギー症状が出ます。加湿器はその細かい粒子に水分を付着させることで粒子自体を重くし、浮遊しにくくする効果を持っているのです。
また、加湿により鼻やのどの粘膜が潤えば少々の粒子は侵入を阻害されるので2重に対策ができるということになります。

4.静電気対策

冬場、不意にバチッとくるイヤな静電気。実はこれも乾燥が原因で発生します。
空気が湿っていると電気は空気中に逃げることができますが、乾燥した空気の中では逃げ場がなく、体にとどまってしまいます。逃げ場のない電気が体内にたまりつづけると、電気を通しやすい金属に指先が触れた瞬間に電気が発生して静電気が起きるのです。
空気を湿らせておけば電気が逃げるので静電気の対策になると言えます。

間違って使用すると逆効果?加湿器について知っておくべきこと2つ

加湿器がもたらす効果については上記で説明しました。しかし、加湿器は間違った使用方法では逆効果になってしまう場合もあります。
ここでは加湿器を使用する前に知っていて欲しい知識と加湿器の間違った認識について説明していきたいと思います。

「肌が潤う」は間違い?

加湿器の効果や特徴で「美肌になる」「肌が潤う」という謳い文句を見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。実はこれ、注意が必要なのです。
加湿器によって肌が潤うと言われているのは、加湿器によって湿度が上がると体感温度が上がるので代謝が活発になります。代謝が活発になれば肌の潤いを保つ効果は確かにあります。
しかし、だからと言って加湿器の吹出し口から出てくる蒸気に顔を近付けるのは間違いです。確かにスチームのように肌が潤うように感じるかもしれませんがこれはあくまで肌の表面が濡れていることから起こる錯覚です。
肌の表面が濡れた状態だと、それを乾かすために肌の水分をより奪ってしまうので結果として乾燥肌を悪化させてしまいます。
加湿器=肌に良いではなく、部屋の湿度が上がると結果として乾燥肌にも効果がある程度に考えておくと良いでしょう。

加湿器病とは?

風邪やインフルエンザ対策で知られるようになってから利用者が増えた加湿器ですが、近年は加湿器病という病気が急増しています。
正式な名称は過敏性肺臓炎といい、加湿器を不衛生な状態で使用することにより発症します。
症状は風邪に似ており、1週間以上症状が続く、家から出ると楽になるなどに当てはまると加湿器病の可能性があります。
予防方法としては、加湿器の水を毎日取り替えること、結露やカビの原因になってしまうので加湿器を部屋の隅に置かないこと、などが挙げられます。
こまめに加湿器の掃除を行うのも予防として大切なことです。

失敗したくない!加湿器の選び方4つのポイント

そんなに効果があるのなら、と加湿器を導入することを考えても、その種類の多さに尻込みしてしまう、という人もいるかもしれません。
ここでは加湿器の選び方を見ていきましょう。

1.方式で選ぶ

加湿器には4つの方式があります。それぞれ特徴が異なっているのでその方式で選ぶというのも失敗の少ない選び方です。

スチーム式

スチーム式

やかんのお湯で加湿を行うのと原理は一緒で、ヒーターで水を温めて蒸気を放出することで加湿を行う方式です。
水を沸騰させるので、カビの繁殖を抑えられ、衛生的に使用できるという特徴があります。構造がシンプルなため本体価格が比較的安価である点、加湿が速いという点がメリットになっています。

気化式

気化式

水を含ませたフィルターに風をあて、湿った空気を空気中に放出する方式です。洗濯物を部屋干しして部屋の湿度が上昇するのと原理は一緒です。
スチーム式と違い熱を使用しないので安全に使用することができ、比較的電気代も安く済むのがメリットです。また、加湿しすぎることがないので湿度を保つのには適していると言えます。
しかし、熱を使用しない分マメなお手入れを行わなければカビが発生してしまい、部屋の中にカビを撒き散らすことになりかねません・また、スチーム式よりも加湿のスピードが遅く、風を送る仕組み上動作音も大きくなりがちな点がデメリットです。

ハイブリッド式

ハイブリッド式

気化式の利点をいかしながら熱を加えることで加湿のスピードを上げている良いとこ取りの方式です。
湿度が十分になると自動的にヒーターが止まり、電力の消費を抑えながら湿度を維持してくれます。消費電力と加湿スピードのバランスの良さでは非常に秀でており、使い勝手の良い方式です。
デメリットは2つの方式を組み込んでいる関係上、本体の大きさがどうしても大きくなってしまう点、伴って価格も高めになってしまう点です。また、お手入れの手間に関しては気化式と同じなのでお手入れが面倒に感じる人にはこの点もデメリットになるかもしれません。

超音波式

超音波式

超音波振動によって水の粒子を空気中に放出し、加湿を行います。
振動を送るだけなので消費電力が抑えられ、加湿スピードも速いという特徴を持っています。価格も安めのものが多く、デザイン性に優れたモデルが多いのもメリットです。スチーム式のように熱を使用することはないので安全であるのもメリットかもしれません。
しかし、空気中に放出される水の粒子は大きめなり、加湿効果をもたらす前に落下してしまったり、結露の原因になりやすい点、そしてお手入れをしっかりしなければカビを撒き散らす可能性がある点などはデメリットと言えるでしょう。

2.部屋の広さで選ぶ

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

炊飯器メーカーの人気おすすめランキングTOP10と選び方【2022最新版】

炊飯器は毎日の食事に直接的に関係する家電ですが、様々なメーカーから発売されています。今回は炊飯器の選び方、そ…

もどる / 63 view

インクジェットプリンターのおすすめ人気15選と口コミ~選び方4つのポイントも解説【2…

家庭用のプリンターとして一般普及率が高く、文書から年賀状、写真印刷までこなしてくれるのがインクジェットプリン…

もどる / 88 view

安いヘアアイロンおすすめ18選~コスパ最強ランキングと口コミ&選び方【ストレート・カ…

ヘアセットを思いのままに決めるのに欠かせないアイテムがヘアアイロンです。今回はそんなおしゃれに欠かせないヘア…

もどる / 206 view

3人家族用の冷蔵庫おすすめランキングTOP20と選び方【2022最新版】

小さすぎる冷蔵庫では足りないけれど大容量冷蔵庫では大きすぎる、そんな微妙なラインが3人家族です。今回はそんな…

もどる / 652 view

卓上スタンドおすすめランキング12選と口コミ~選び方4つのポイントも解説【2022最…

仕事や勉強の際にデスクを優しく明るく照らしてくれるアイテムと言えば卓上スタンド(デスクスタンド)です。ここで…

もどる / 506 view

サーキュレーターおすすめランキング22選と口コミ~選び方6つのポイントも紹介【202…

室内の空気を循環させるのに使用するのがサーキュレーターです。ここではサーキュレーターを選ぶ際に抑えておきたい…

もどる / 66 view

安い炊飯器15選~コスパ最強おすすめランキングと口コミ&選び方【2022最新版】

近年はお米の銘柄ごとに炊き方を変える炊飯器や圧力IH方式のハイエンド炊飯器が人気を集めています。今回は安くて…

もどる / 95 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

エスプレッソマシンのおすすめ人気ランキング23選と口コミ&選び方【2022最新版】

近年コーヒーにこだわる方が増えていますが、そんな方におすすめなのがエスプレッソマシンです。今回はエスプレッソ…

もどる / 53 view

スチームアイロンのおすすめ人気ランキングTOP20と口コミ【2022最新版】

ハンガーにかけたまま手軽にアイロンがけができるスチームアイロンは、シワを伸ばすだけでなく消臭機能もついていた…

remochan8818 / 118 view

ブルーレイディスクのおすすめ人気ランキング20選と口コミ&選び方【2022最新版】

ブルーレイレコーダーもすっかり浸透した近年。そんなブルーレイレコーダーに欠かせない存在がブルーレイディスクで…

もどる / 137 view

安い&高コスパ冷蔵庫のおすすめ人気ランキング20選【2022最新版】

本体価格が高い冷蔵庫。できるだけ安い冷蔵庫を購入したい、できるだけコスパが高いモデルが欲しいという方は少なく…

もどる / 271 view

水素水生成器の人気おすすめランキング12選と口コミ&選び方【2022最新版】

水素水を毎回購入して飲むのはコストがかかってしまいますよね。そこでおすすめなのが水素水生成器です。今回は水素…

もどる / 129 view

布団クリーナーおすすめランキング20選と口コミ&選び方【2022最新版】

細分化していく傾向にある掃除機というカテゴリの中でも注目株の存在と言えば布団クリーナーです。今回はそんな布団…

もどる / 143 view

卓上扇風機の人気おすすめランキング20選と口コミ&選び方【2022最新版】

自宅でもオフィスでも活躍してくれる卓上扇風機は暑い時期の強い味方です今回は卓上扇風機のおすすめ人気ランキング…

もどる / 107 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング