スポンサードリンク

夏目漱石作品の選び方のポイント4点

夏目漱石作品の人気おすすめランキングをご紹介する前にまずは選び方のポイントを確認していきましょう。

ポイント1.作品の長さで選ぶ

普段あまり読書の時間がとれない方やあまり小説を読み慣れていない方は作品の長さをチェックしてみましょう。文章量の少ない小説であれば、時間のない方も普段小説を読まないという方でも読みやすく、移動時間や空き時間でもさらっと読むことができます。また、長編にチャレンジしてみたいという方は章ごとでしっかりと区切っているような作品を選ぶと良いでしょう。

ポイント2.文章の平易さで選ぶ

小説が苦手という方の中には難解な文章に対して苦手意識を持っているという理由の方は多いのではないでしょうか。そこでおすすめの選び方が文章の平易さで選ぶという選び方です。平易とはやさしいということで、平易な文章で書かれた作品は読みやすい作品ということになります。文章の意味を頭で考える必要がなく、すいすい読み進めることができるでしょう。

夏目漱石の作品は教科書に採用されているものが多くあります。これらの作品は学生でも意味を読み解きやすいということなので小説を読むのが苦手という方にもおすすめです。

ポイント3.認知度で選ぶ

初めて夏目漱石の作品を読むという方は認知度が高い作品から選ぶのもおすすめです。夏目漱石の代名詞とも言える「こころ」「坊っちゃん」「吾輩は猫である」などの作品は教科書にも掲載され、非常に高い知名度と人気を誇る作品です。読書感想文の課題図書として読んだ方も多いかもしれません。これらの作品が未読の方はまずここから読み始めてみると、夏目漱石の作品の面白さを体感しやすいのではないでしょうか。

ポイント4.電子書籍化されている作品を選ぶ

電子書籍が人気を高めている近年において、読書は電子書籍で楽しむという方も少なくないのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが電子書籍化されている作品から選ぶという方法です。電子書籍であればタブレットやスマートフォン、電子書籍リーターを携帯さえしていれば、どこででも手軽に読書ができます。本を持ち歩きたくないという方や本を置くスペースがないという方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。


ちなみに夏目漱石は死後50年以上経過しているため、彼の作品の著作権はすでに切れています。そのため、Amazonが展開している電子書籍Kindleなどで無料で読むことができる作品も多々あります。試しに読んでみたいと考えている方はぜひ活用してみてください。

夏目漱石作品人気おすすめランキングTOP20~16

20位:幻影の盾(ゴマブックス大活字シリーズ) (日本語) オンデマンド (ペーパーバック) – 2017/1/13

1,100円

「幻影の盾」は夏目漱石の初期作品のひとつです。ヨーロッパの中世の騎士物語で、白城の騎士ウィリアムと夜鴉城の姫クララとの遠き世の悲恋を描いています。二つの城が戦闘状態になり、追い詰められたウィリアムが呪力を持つ幻影の盾を一心不乱に見るうち、南国の海辺でクララとの再会を果たすという内容。夏目漱石の初期作品はやや読みにくさを感じるかもしれませんが、恋愛を描いた作品が好みの方におすすめです。
幻影の盾は、漱石にしては珍しい作品だと思います。
騎士ウィリアムとクララ王女の騎士道と悲恋の物語です。

19位:人生 Kindle版

0円

「人生」は夏目漱石初期の小論です。初出は明治29年の「龍南会雑誌」で、夏目漱石が30歳のころの文章ということになります。夏目漱石という名前を使用する前なので署名が「教授夏目金之助」というのも歴史を感じさせるポイント。人生について深く語った内容で、「真相は半ばこの夢中にあって隠約たるものなり」「不足の変外界に起り、思ひがけぬ心は心の底より出で来る、容赦なくかつ乱暴に出で来る」この人生観は後の夏目漱石の小説に繋がるテーマとなっています。
半分くらいわかったけど文語体はやっぱり難しいです。人生とはなにか、は永遠のテーマですね。

18位:自転車日記 Kindle版

0円

「自転車日記」も夏目漱石初期作品のひとつです。初出は明治36年の「ホトトギス」。明治33年からのイギリス留学で神経を衰弱させてしまった夏目漱石が、下宿のおばあさんに勧められ、気分転換を兼ねて自転車の稽古をする、という内容です。背景には当時のイギリスで流行していたサイクリングがあり、その体験を活かした作品になっています。この、人生をユーモアにするという発想は後の「吾輩は猫である」に繋がるものがあり、夏目漱石を深く知りたい方にぜひ読んで欲しい物語です。
明治時代特有の格調の高い文語体で、滑稽な内容を面白おかしく書いている必読書です。

17位:行人 Kindle版

0円

「行人」は初出1912年から1913年、「東京朝日新聞」「大阪朝日新聞」に掲載された長編小説です。章「友達」「兄」「帰ってから」の後に胃潰瘍で中断されたものの、1913年中には再開され、167回の連載となりました。タイトル通り旅人を描いた内容で、一郎とお直の夫婦間関係の苦悩から、弟の次郎が関わり、人間の存在の苦悩という永遠のテーマを深く掘り下げた内容になっています。
主人公と嫂との淡い恋愛小説、神経衰弱に陥った兄の病的心理を描写するサイコ小説、明治の急速な西欧化を批判する文明批評、いくつもの視点から描かれた重層的な構成の作品。私はこの小説が漱石の小説の一番傑作かと思います。

16位:正岡子規 Kindle版

0円

「正岡子規」は夏目漱石が親友かつ俳句の師でもあった正岡子規に対して綴った人物論です。夏目漱石がロンドン滞在中に35歳で亡くなった正岡子規の死を悼んだ夏目漱石が、生前の正岡子規の旺盛な食欲や突飛な行動をユーモアと敬愛、情愛をもって綴った内容になっています。短いエッセイのような内容ですが、夏目漱石が正岡子規に対して深く抱いた愛情を垣間見ることができ、夏目漱石ファンだけではなく、正岡子規のファンの方にも読んで欲しい作品となっています。
まるで、今でもよく会っている、悪友のことを語っているかのようだ。

しかし、よくよく読んでみると、漱石にしか見せない子規のことが、行間から読み取れ、
漱石の、子規への思いの深さが、強く感じられる。
若くして亡くなった友を、敢えて感傷的に語らないのが、明治人の心意気なのかもしれない。

夏目漱石作品人気おすすめランキングTOP15~11

15位:私の個人主義 (講談社学術文庫) (日本語) 文庫 – 1978/8/8

726円

夏目漱石は文豪というイメージが定着し、それは決して間違いではありませんが、実は座談や公演の名手としても定評があった人物です。「私の個人主義」はそれらで活かされる深い識見や主張を盛り込んだ、夏目漱石の独創的な思想を紐解くことができる1冊です。根本思想である近代個人主義の考え方を論じた「私の個人主義」ほか、「近代日本の開化」など5編を収録しています。
講演会の口調をそのまま文字に起こした内容になっているので、夏目漱石のお茶目でユーモラスな空気感がよく伝わってきます。
社会全体の価値観が大きく変わる中で、やはりバランスのとれた見方をしていたんだなぁと、論旨にはまだまだ現代の社会に対しても通ずるところがあり、今日日の日本社会や人々の考え方を俯瞰する視点を整理するのにも役立ちました。

14位:二百十日 (青空文庫POD(ポケット版)) (日本語) オンデマンド (ペーパーバック) – 2015/12/31

605円

「二百十日」は明治39年「中央公論」にて掲載された小説です。二人の青年、圭さんと碌さんが二百十日に阿蘇山の噴火口を目指すという内容の物語。物語はほぼ圭さんと碌さんの会話によって成り立っており、彼らの軽妙な会話と風景描写が大きな特色となっています。夏目漱石作品の中ではそこまで知名度の高い作品ではないものの、情景が浮かぶ名作となっています。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

芥川龍之介の作品おすすめランキング20選~人気の小説と口コミ【2022最新版】

「芥川賞」という文学賞に名前が残り、学校の教科書にも採用されていることから非常に認知度の高い文豪である芥川龍…

もどる / 343 view

英単語帳の人気おすすめランキング30選と口コミ&選び方【高校受験・大学受験・社会人別…

英単語を効率よく学習するために欠かすことのできないアイテムが英単語帳です。今回は高校受験、大学受験、社会人と…

もどる / 646 view

文庫本おすすめランキングTOP50と口コミ~ベストセラーも多数【2022最新版】

今回は読書ライフを楽しむべく、おすすめの文庫本の人気ランキングを口コミを交えてご紹介していきたいと思います。…

もどる / 265 view

筒井康隆の作品おすすめランキング20選と口コミ~人気の本を紹介【2022最新版】

日本三大SF作家と呼ばれ、様々なメディア展開もされている作家の筒井康隆さん。数多くの作品を世に出していますが…

もどる / 201 view

芥川賞の歴代作家一覧!人気ランキングTOP50【2022最新版】

特に読書が趣味というわけではなくとも、ふとした瞬間に小説を読みたくなるときもありますよね。そこで今回は、芥川…

kent.n / 866 view

有名な出版社ランキングTOP100【2022最新版】

本にはビジネス書や小説、漫画、辞典、雑誌など様々なジャンルがありますが、それらを刊行する出版社で最も有名な出…

maru.wanwan / 1298 view

エッセイの人気おすすめランキング30選と口コミ&選び方【2022最新版】

エッセイは書き手の生き方などを深く知ることができるもので、読者に新たな発見や生き方のヒントなどを与えてくれる…

もどる / 174 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ホラー小説のおすすめランキングBEST70【2022最新版】

おすすめのホラー小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介するホラー小説はどれも名…

三島マコト / 611 view

読書感想文の本おすすめランキング40選&選び方【学年別・2022最新版】

今回は読書感想文の本の選び方、そしておすすめの本を学年別(小学校低学年と高学年・中学生・高校生)かつ人気ラン…

もどる / 581 view

誉田哲也のおすすめ作品おすすめランキング20と口コミ&選び方【2022最新版】

「姫川玲子シリーズ」で有名な誉田哲也さん。多くの作品がメディア展開され、そのいずれもが高い人気を誇っています…

もどる / 127 view

直木賞の歴代作家一覧!おすすめランキングTOP50【最新版】

あまり本を読まない人でも、ドラマ化や映画化がアナウンスされると、原作の小説をチェックしたくなるものです。この…

kent.n / 549 view

中学生向け本のおすすめ人気ランキング32選と口コミ&選び方【2022最新版】

語彙も増え、理解の幅が広がっている中学生時代は、小学生のころよりもぐっと読める本の範囲が広がります。今回は中…

もどる / 1055 view

村上龍の作品おすすめランキング20選と口コミ&選び方【2022最新版】

村上龍さんは麻薬とセックスに溺れる若者を描いた作品「限りなく透明に近いブルー」で群像新人文学賞、及び芥川龍之…

もどる / 186 view

ボカロ小説の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2022最新版】

ボーカロイドが好きな方やボーカロイドの楽曲で好きなものがある、という方におすすめなのがボカロ小説です。今回は…

もどる / 812 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング