スポンサードリンク

名作!小説のおすすめランキング100位~81位

100位:地下室の手記(1864年)

100位:地下室の手記(1864年)

ロシアが世界に誇る大文豪、フョードル・ドストエフスキーの名作小説。地下室に閉じこもった男の手記という体裁で、自意識と世間との溝について書かれています。

99位:憂国(1961年)

99位:憂国(1961年)

こちらは日本が世界に大文豪、三島由紀夫の短編小説。二・二六事件について書かれた作品で、三島由紀夫の価値観や思想が強く反映されています。

98位:ジャンキー(1953年)

98位:ジャンキー(1953年)

1950年代にアメリカ文学界を席巻したビート・ジェネレーションの代表的存在であるウィリアム・S・バロウズの処女作。麻薬に溺れる男の姿が、非常にリアルかつ鮮明に描かれています。その迫力は文章をとおして実際に自分が体験しているのではと錯覚しそうなほどです。

97位:狂人日記(1918年)

97位:狂人日記(1918年)

中国の文豪、魯迅の代表作にして処女作。人々が自分を喰おうとしているという妄想に駆られた男をとおして、儒教社会の歪みをえぐりだしています。

96位:河童(1927年)

96位:河童(1927年)

日本を代表する文豪のひとりであり、短編小説の名手である芥川龍之介の作品。作品発表当時の日本社会を風刺した小説で、芥川龍之介の晩年の代表作でもあります。

95位:獣の戯れ(1961年)

95位:獣の戯れ(1961年)

三人の男女の愛と共同生活、そしてその崩壊について書かれた三島由紀夫の小説。三島由紀夫の美しい日本語が織りなす背景描写が存分に堪能できる作品となっているのですが、他の三島作品のに比べるとやや影が薄いかもしれません。

94位:はつ恋(1860年)

94位:はつ恋(1860年)

ドストエフスキーと並び評されるロシアの文豪、イワン・ツルゲーネフの中編小説。主人公が十六歳のころに体験した初恋の回想が、手記という形をとって書かれています。

93位:二都物語(1859年)

93位:二都物語(1859年)

ヴィクトリア朝時代のイギリスの小説家、チャールズ・ディケンズの小説。全世界で二億部の発行部数を誇る著者の代表作で、ふたりの男とひとりの娘の悲恋が書かれています。

92位:雁(1911年)

92位:雁(1911年)

近代文学を代表する作家、森鴎外の小説。ひとりの男に恋い焦がれる女の揺れる心理を「僕」という第三者の目をとおして書かれています。

91位:痴人の愛(1925年)

91位:痴人の愛(1925年)

非常に美しく、芸術性の高い文章を書くことで知られる文豪、谷崎潤一郎の小説。ひとりの少女に取り憑かれた真面目な男が、破滅していく姿を克明に描いた作品となっています。

90位:禁色(1951年)

90位:禁色(1951年)

三島由紀夫が世に送りだしたセンセーショナルな異色の長編小説。本作は「男色」がテーマとなっている作品で、発表当時はたいへんな話題となりました。また三島由紀夫の小説においてよく取り扱われるテーマである「二元論」も組み込まれた作風となっています。

89位:グレート・ギャツビー(1925年)

89位:グレート・ギャツビー(1925年)

フランシス・スコット・フィッツジェラルドの代表作にして、二十世紀の世界文学の記念碑的作品。レオナルド・ディカプリオ主演で映画化されたことが記憶に新しいですね。また村上春樹がもっとも影響を受けた作品のひとつに、本作の名を挙げています。

88位:白痴(1868年)

88位:白痴(1868年)

ドストエフスキーの代表作のひとつ。知能に劣るが純粋無垢で誰にでも好かれる男性を主人公に、妙に濃いキャラクターたちが織りなす恋愛劇が描かれいています。

87位:アンナ・カレーニナ(1877年)

87位:アンナ・カレーニナ(1877年)

帝政ロシアを代表する大文豪、レフ・トルストイの代表作のひとつ。美しい人妻・アンナが若い貴族の将校と恋に落ち、破滅に至るまでが書かれています。

86位:裸のランチ(1959年)

86位:裸のランチ(1959年)

ウィリアム・S・バロウズの最高傑作と名高い小説。麻薬中毒者の錯綜とした世界を文章という形を用いて描写した超前衛的な作品となっています。ちなみに本作にはあらすじというものがなく、ただただ麻薬中毒者の世界を覗き見るという感じの作風となっています。

85位:李陵(1943年)

85位:李陵(1943年)

短編小説の名手である中島敦の作品。中国前漢代の軍人、李陵を主人公に、時代に翻弄される男たちの姿を描いています。

84位:ゴリオ爺さん(1835年)

84位:ゴリオ爺さん(1835年)

フランスを代表する文豪、オノレ・ド・バルザックの代表作のひとつ。愛するふたりの娘に全財産をつぎ込んでしまった男の破滅を描いた喜劇の傑作です。

83位:高野聖(1900年)

83位:高野聖(1900年)

日本の幻想小説の第一人者である泉鏡花の代表作のひとつ。旅の僧侶が自身の体験した怪気譚を道連れの若者に語っていくといった内容となっています。

82位:レ・ミゼラブル(1862年)

82位:レ・ミゼラブル(1862年)

ロマン主義の代表的な存在であるヴィクトル・ユーゴーの小説。一片のパンを盗んだせいで、十九年ものあいだ監獄に収監されることになった男の半生が書かれています。

81位:高瀬舟(1916年)

81位:高瀬舟(1916年)

安楽死をテーマに据えた森鴎外の短編小説。病気を苦に自殺を望んだ弟、その手助けをした兄。果たして兄の行ったことは正しかったのか? 深く考えさせられる作品です。

名作!小説のおすすめランキング80位~61位

80位:誰がために鐘は鳴る(1940年)

80位:誰がために鐘は鳴る(1940年)

スペイン内戦を舞台にした男女の恋愛劇を描いた小説。著者はアーネスト・ヘミングウェイで、ノーベル賞を受賞したことでも知られる世界的文豪です。

79位:ベニス死す(1912年)

79位:ベニス死す(1912年)

ドイツが誇る文豪、トーマス・マンの中編小説。ひとりの少年に魅せられてしまった著名な作家の転落、そしてコレラによる不幸な死を書いています。

78位:モルグ街の殺人(1841年)

78位:モルグ街の殺人(1841年)

彼ほど後世の人間に大きな影響を与えた小説家もそうはいないでしょう。エドガー・アラン・ポー。彼が世に送りだしたこの「モルグ街の殺人」は、史上初の推理小説と呼ばれています。

77位:ダロウェイ夫人(1925年)

77位:ダロウェイ夫人(1925年)

モダニズム文学の重要な作家であり、イギリスが世界に誇る女性小説家、ヴァージニア・ウルフ。この小説は「意識の流れ」を用いており、読んでいるとさまざまな登場人物の意識が文章から流れ込んでくるからのような錯覚に陥ります。

76位:檸檬(1925年)

76位:檸檬(1925年)

死後にその評価が文壇で高まった悲劇の作家、梶井基次郎の短編小説。鬱屈とした想いを抱えた男がひとつの檸檬を手にした途端、唐突に気分が晴れやかに。そして檸檬を爆弾に見立てた空想に浸る姿が書かれています。

75位:夢十夜(1908年)

75位:夢十夜(1908年)

日本でも五指に入るほど有名な近代文学の代表的作家、夏目漱石。「夢十夜」は「こんな夢を見た」という書きだしからはじまる、十の不思議な夢の内容が書かれた幻想文学のテイストの強い作品となっています。

海洋文学の第一人者であ

海洋文学の第一人者であ

海洋文学の第一人者であるイギリスの作家、ジョゼフ・コンラッドの小説。本作はフランシス・F・コッポラ監督の「地獄の黙示録」の原作としても知られています。

73位:日はまた昇る(1926年)

73位:日はまた昇る(1926年)

ノーベル賞作家であるアーネスト・ヘミングウェイの代表作のひとつ。本作はヘミングウェイの初の長編作品であり、その評価を不動のものとしたことでも知られています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

漢検問題集のおすすめ人気ランキング20選と口コミ&選び方【級別・2022最新版】

学生から社会人まで多くの方から人気を集めている資格試験に漢字能力検定があります。今回は漢検問題集の人気おすす…

もどる / 159 view

女性アイドルの写真集人気ランキングTOP44【2022最新版】

女性アイドル・女優が発売した写真集の人気ランキングを紹介しています。AKB48グループ・乃木坂46・欅坂46…

kii428 / 1217 view

SF・ファンタジー小説のおすすめ人気ランキング50選【2022最新版】

おすすめのSF・ファンタジー小説50作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介するSF・フ…

三島マコト / 470 view

歴史小説のおすすめランキングBEST70【2022最新版】

おすすめの歴史小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する歴史小説はどれも名作・…

三島マコト / 428 view

経営本の人気おすすめランキング45選と口コミ~起業家・経営者必見【2022最新版】

現在200万人以上もいると言われている個人経営者。しかし、起業した人全てが成功するわけではありません。今回は…

もどる / 77 view

ペン字練習帳のおすすめ人気ランキング15選と口コミ&選び方【2022最新版】

ス冠婚葬祭など重要な場面では字を書く機会があります。そんな時もっと綺麗に書けたらと思うことってありますよね。…

もどる / 152 view

三島由紀夫の作品おすすめランキング30選と口コミ~人気の書籍・小説を紹介【2022最…

作家・三島由紀夫という名前を知っていて気にはなっていても、機会がなくて彼の書籍・小説を読んだことがない、とい…

もどる / 158 view

三島マコト

映画と小説、それと漫画と格闘技を愛する男。WEB媒体で記事を書いたりもしてます。よろしくお願いします。

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

高校生向け本のおすすめランキング32選と口コミ&選び方【2022最新版】

大人への過渡期とも言うべき高校生にはその時に読むことで意味のある本もたくさんあります。今回は高校生向けのおす…

もどる / 588 view

エッセイの人気おすすめランキング30選と口コミ&選び方【2022最新版】

エッセイは書き手の生き方などを深く知ることができるもので、読者に新たな発見や生き方のヒントなどを与えてくれる…

もどる / 139 view

英単語帳の人気おすすめランキング30選と口コミ&選び方【高校受験・大学受験・社会人別…

英単語を効率よく学習するために欠かすことのできないアイテムが英単語帳です。今回は高校受験、大学受験、社会人と…

もどる / 417 view

ミステリー/推理小説おすすめランキングBEST70【2022最新版】

おすすめのミステリー/推理小説やサスペンス小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹…

三島マコト / 345 view

太宰治の作品おすすめランキング20選!人気の小説と口コミ【2022最新版】

昭和初期の文豪の一人として高い人気と知名度を誇る太宰治。今回はそんな太宰治の作品の人気おすすめランキングと選…

もどる / 139 view

大学生向けの本おすすめ人気ランキング32選と口コミ&選び方【2022最新版】

これからの人生を決定せざるを得ない大学生の時期の読書は非常に重要な意味を持ちます。今回は大学生のうちに読んで…

もどる / 136 view

漢検問題集のおすすめ人気ランキング20選と口コミ&選び方【級別・2022最新版】

学生から社会人まで多くの方から人気を集めている資格試験に漢字能力検定があります。今回は漢検問題集の人気おすす…

もどる / 159 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング