名作!小説のおすすめランキング100位~81位

100位:地下室の手記(1864年)

100位:地下室の手記(1864年)

ロシアが世界に誇る大文豪、フョードル・ドストエフスキーの名作小説。地下室に閉じこもった男の手記という体裁で、自意識と世間との溝について書かれています。

99位:憂国(1961年)

99位:憂国(1961年)

こちらは日本が世界に大文豪、三島由紀夫の短編小説。二・二六事件について書かれた作品で、三島由紀夫の価値観や思想が強く反映されています。

98位:ジャンキー(1953年)

98位:ジャンキー(1953年)

1950年代にアメリカ文学界を席巻したビート・ジェネレーションの代表的存在であるウィリアム・S・バロウズの処女作。麻薬に溺れる男の姿が、非常にリアルかつ鮮明に描かれています。その迫力は文章をとおして実際に自分が体験しているのではと錯覚しそうなほどです。

97位:狂人日記(1918年)

97位:狂人日記(1918年)

中国の文豪、魯迅の代表作にして処女作。人々が自分を喰おうとしているという妄想に駆られた男をとおして、儒教社会の歪みをえぐりだしています。

96位:河童(1927年)

96位:河童(1927年)

日本を代表する文豪のひとりであり、短編小説の名手である芥川龍之介の作品。作品発表当時の日本社会を風刺した小説で、芥川龍之介の晩年の代表作でもあります。

95位:獣の戯れ(1961年)

95位:獣の戯れ(1961年)

三人の男女の愛と共同生活、そしてその崩壊について書かれた三島由紀夫の小説。三島由紀夫の美しい日本語が織りなす背景描写が存分に堪能できる作品となっているのですが、他の三島作品のに比べるとやや影が薄いかもしれません。

94位:はつ恋(1860年)

94位:はつ恋(1860年)

ドストエフスキーと並び評されるロシアの文豪、イワン・ツルゲーネフの中編小説。主人公が十六歳のころに体験した初恋の回想が、手記という形をとって書かれています。

93位:二都物語(1859年)

93位:二都物語(1859年)

ヴィクトリア朝時代のイギリスの小説家、チャールズ・ディケンズの小説。全世界で二億部の発行部数を誇る著者の代表作で、ふたりの男とひとりの娘の悲恋が書かれています。

92位:雁(1911年)

92位:雁(1911年)

近代文学を代表する作家、森鴎外の小説。ひとりの男に恋い焦がれる女の揺れる心理を「僕」という第三者の目をとおして書かれています。

91位:痴人の愛(1925年)

91位:痴人の愛(1925年)

非常に美しく、芸術性の高い文章を書くことで知られる文豪、谷崎潤一郎の小説。ひとりの少女に取り憑かれた真面目な男が、破滅していく姿を克明に描いた作品となっています。

90位:禁色(1951年)

90位:禁色(1951年)

三島由紀夫が世に送りだしたセンセーショナルな異色の長編小説。本作は「男色」がテーマとなっている作品で、発表当時はたいへんな話題となりました。また三島由紀夫の小説においてよく取り扱われるテーマである「二元論」も組み込まれた作風となっています。

89位:グレート・ギャツビー(1925年)

89位:グレート・ギャツビー(1925年)

フランシス・スコット・フィッツジェラルドの代表作にして、二十世紀の世界文学の記念碑的作品。レオナルド・ディカプリオ主演で映画化されたことが記憶に新しいですね。また村上春樹がもっとも影響を受けた作品のひとつに、本作の名を挙げています。

88位:白痴(1868年)

88位:白痴(1868年)

ドストエフスキーの代表作のひとつ。知能に劣るが純粋無垢で誰にでも好かれる男性を主人公に、妙に濃いキャラクターたちが織りなす恋愛劇が描かれいています。

87位:アンナ・カレーニナ(1877年)

87位:アンナ・カレーニナ(1877年)

帝政ロシアを代表する大文豪、レフ・トルストイの代表作のひとつ。美しい人妻・アンナが若い貴族の将校と恋に落ち、破滅に至るまでが書かれています。

86位:裸のランチ(1959年)

86位:裸のランチ(1959年)

ウィリアム・S・バロウズの最高傑作と名高い小説。麻薬中毒者の錯綜とした世界を文章という形を用いて描写した超前衛的な作品となっています。ちなみに本作にはあらすじというものがなく、ただただ麻薬中毒者の世界を覗き見るという感じの作風となっています。

85位:李陵(1943年)

85位:李陵(1943年)

短編小説の名手である中島敦の作品。中国前漢代の軍人、李陵を主人公に、時代に翻弄される男たちの姿を描いています。

84位:ゴリオ爺さん(1835年)

84位:ゴリオ爺さん(1835年)

フランスを代表する文豪、オノレ・ド・バルザックの代表作のひとつ。愛するふたりの娘に全財産をつぎ込んでしまった男の破滅を描いた喜劇の傑作です。

83位:高野聖(1900年)

83位:高野聖(1900年)

日本の幻想小説の第一人者である泉鏡花の代表作のひとつ。旅の僧侶が自身の体験した怪気譚を道連れの若者に語っていくといった内容となっています。

82位:レ・ミゼラブル(1862年)

82位:レ・ミゼラブル(1862年)

ロマン主義の代表的な存在であるヴィクトル・ユーゴーの小説。一片のパンを盗んだせいで、十九年ものあいだ監獄に収監されることになった男の半生が書かれています。

81位:高瀬舟(1916年)

81位:高瀬舟(1916年)

安楽死をテーマに据えた森鴎外の短編小説。病気を苦に自殺を望んだ弟、その手助けをした兄。果たして兄の行ったことは正しかったのか? 深く考えさせられる作品です。

名作!小説のおすすめランキング80位~61位

80位:誰がために鐘は鳴る(1940年)

80位:誰がために鐘は鳴る(1940年)

スペイン内戦を舞台にした男女の恋愛劇を描いた小説。著者はアーネスト・ヘミングウェイで、ノーベル賞を受賞したことでも知られる世界的文豪です。

79位:ベニス死す(1912年)

79位:ベニス死す(1912年)

ドイツが誇る文豪、トーマス・マンの中編小説。ひとりの少年に魅せられてしまった著名な作家の転落、そしてコレラによる不幸な死を書いています。

78位:モルグ街の殺人(1841年)

78位:モルグ街の殺人(1841年)

彼ほど後世の人間に大きな影響を与えた小説家もそうはいないでしょう。エドガー・アラン・ポー。彼が世に送りだしたこの「モルグ街の殺人」は、史上初の推理小説と呼ばれています。

77位:ダロウェイ夫人(1925年)

77位:ダロウェイ夫人(1925年)

モダニズム文学の重要な作家であり、イギリスが世界に誇る女性小説家、ヴァージニア・ウルフ。この小説は「意識の流れ」を用いており、読んでいるとさまざまな登場人物の意識が文章から流れ込んでくるからのような錯覚に陥ります。

76位:檸檬(1925年)

76位:檸檬(1925年)

死後にその評価が文壇で高まった悲劇の作家、梶井基次郎の短編小説。鬱屈とした想いを抱えた男がひとつの檸檬を手にした途端、唐突に気分が晴れやかに。そして檸檬を爆弾に見立てた空想に浸る姿が書かれています。

75位:夢十夜(1908年)

75位:夢十夜(1908年)

日本でも五指に入るほど有名な近代文学の代表的作家、夏目漱石。「夢十夜」は「こんな夢を見た」という書きだしからはじまる、十の不思議な夢の内容が書かれた幻想文学のテイストの強い作品となっています。

海洋文学の第一人者であ

海洋文学の第一人者であ

海洋文学の第一人者であるイギリスの作家、ジョゼフ・コンラッドの小説。本作はフランシス・F・コッポラ監督の「地獄の黙示録」の原作としても知られています。

73位:日はまた昇る(1926年)

73位:日はまた昇る(1926年)

ノーベル賞作家であるアーネスト・ヘミングウェイの代表作のひとつ。本作はヘミングウェイの初の長編作品であり、その評価を不動のものとしたことでも知られています。

72位:沈める滝(1955年)

72位:沈める滝(1955年)

日本最強の文豪、三島由紀夫の小説。男女の人工的な恋愛とダム建設を掛け合わせた内容となっている本作。ほんの少しのなんでもない台詞が、場面とこれまでの背景を得ることで鮮烈な印象を残す台詞になる。そのことを強く感じさせられた作品です。

71位:存在の耐えられない軽さ(1984年)

71位:存在の耐えられない軽さ(1984年)

チェコからフランスに亡命した文豪、ミラン・クンデラの代表作。チェコの変革運動、プラハの春を背景にした恋愛もので、エンタメ性と芸術性を見事に兼ね備えた二十世紀文学の傑作のひとつに数えられています。

70位:月と六ペンス(1919年)

70位:月と六ペンス(1919年)

イギリスの小説家、サマセット・モームの代表作。安定した生活を捨ててまで絵に没頭しながらも、生前に評価を得ることができなかった画家についてが、友人の視点から語られるという形式をとっています。

69位:砂の女(1962年)

69位:砂の女(1962年)

近代随一の文豪、安倍公房の代表作。砂穴に住む女に囚われてしまった男の姿を描いている本作は、日本だけでなく海外でも高い評価を得ており、世界中で愛読されている傑作小説です。

68位:春琴抄(1933年)

68位:春琴抄(1933年)

谷崎潤一郎の代表作であり、耽美主義の代表的作品のひとつ。本作ではマゾヒズムについて取り扱われており、また句読点などを使わない独特の文体で書かれた実験的作品です。

67位:悪童日記(1986年)

67位:悪童日記(1986年)

ハンガリー出身の作家、アゴタ・クリストフの代表作。戦時下を盗みやゆすりに手を染めながらも懸命に生きる双子の兄弟の姿を書いた作品で、2013年には映画化も果たしています。

66位:若きウェルテルの悩み(1774年)

66位:若きウェルテルの悩み(1774年)

ドイツの大文豪、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの代表作のひとつ。本作は主人公たちの「手紙」を使って構成された物語であり、発行時にはヨーロッパ中で大ヒットを記録したそうです。

65位:黒い雨(1966年)

65位:黒い雨(1966年)

井伏鱒二が世に送りだした原爆の悲惨さを克明に描きだした作品。被爆という世界でも日本以外に体験していない出来事を綴った作品として、非常に評価の高い小説です。

64位:黒猫(1843年)

64位:黒猫(1843年)

エドガー・アラン・ポーの傑作短編小説。かわいがっていた黒猫を殺してしまった男が、その猫にそっくりな猫と遭遇、次第に追い詰められ破滅に向かっていく姿を描いた恐怖小説で、ポーの代表作のひとつに数えられています。

63位:蠅の王(1954年)

63位:蠅の王(1954年)

イギリスの作家、ウィリアム・ゴールディングの代表作。この作品は人間の本性を剥きだしにしたような作品で、無人島に漂着した子供たちが、サバイバル生活をとおして徐々に獣性に目覚めていく姿が書かれています。

関連するキーワード

関連するまとめ

文庫本おすすめランキングTOP50と口コミ~ベストセラーも多数【2020最新版】

今回は読書ライフを楽しむべく、おすすめの文庫本の人気ランキングを口コミを交えてご紹介していきたいと思います。…

もどる / 202 view

名付け本の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2020最新版】

名前は親から子どもへの最初のプレゼントで、その子にとっては一生付き合っていくものになります。人によっては名付…

もどる / 161 view

樋口一葉の作品おすすめランキング20選と口コミ!人気の小説まとめ【2020最新版】

樋口一葉はお札の肖像に採用されたことで、日本に知らない人はいないというほど、飛躍的に知名度を上げた小説家。今…

もどる / 92 view

夏目漱石の作品おすすめ20選!人気小説ランキングと口コミ【2020最新版】

お札の肖像として採用され、学校教科書にも登場する文豪・夏目漱石。多くの名作を残し、いまも尚多くの人たちに愛さ…

もどる / 236 view

平野啓一郎の作品おすすめ20選!人気の小説ランキングと口コミ&選び方【2020最新版…

23歳で芥川賞を受賞し、「マチネの終わりに」が映画化されることが話題になった作家の平野啓一郎さん。現在大注目…

もどる / 121 view

歴史小説のおすすめランキングBEST70【2020最新版】

おすすめの歴史小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する歴史小説はどれも名作・…

三島マコト / 1101 view

人気の作家・小説家ランキングおすすめ70選【日本限定・2020最新版】

おすすめの人気作家・小説家の方々をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する作家や小説家の方…

三島マコト / 5362 view

心屋仁之助の本おすすめランキング20選と口コミ【2020最新版】

テレビや雑誌などでもお馴染みの心理カウンセラーとして活躍する心屋仁之助。その心屋仁之助の言葉に救われたという…

maru.wanwan / 137 view

りぼん歴代連載漫画の人気おすすめランキング30選【2020最新版】

集英社が発行している「りぼん」は1955年に創刊された、人気の少女漫画雑誌です。今回はそんな歴史あるりぼんの…

もどる / 1085 view

テニス本のおすすめ人気ランキングTOP20と口コミ【2020最新版】

これからテニスを始めようと思っている方でルールや基本を学びたい方には本がおすすめです。そこで今回は初心者向け…

maru.wanwan / 361 view

男性向け雑誌の人気ランキング40選!年代別TOP10【2020最新版】

男性のファッションの参考や趣味の情報など、流行を抑えた情報をしっかりと得るのには定期的に発行される雑誌ほど適…

もどる / 221 view

哲学本の人気おすすめランキング15選と口コミ~初心者向け&入門書【2020最新版】

哲学は人生を豊かにするためにヒントが詰め込まれており、非常に役立つ知識、考え方を授けてくれます。今回は初心者…

もどる / 105 view

コミュニケーション本のおすすめランキング30選と口コミ&選び方【2020最新版】

仕事や恋愛、友人関係など人との付き合いを円滑にする上で欠かせないスキルがコミュニケーションスキルです。今回は…

もどる / 326 view

ホラー小説のおすすめランキングBEST70【2020最新版】

おすすめのホラー小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介するホラー小説はどれも名…

三島マコト / 977 view

ちゃお歴代連載漫画の人気おすすめランキングTOP20【2020最新版】

小学館が発行している、人気月間少女漫画雑誌「ちゃお。」現在大人の女性となった方の中にも、青春時代に愛読してい…

もどる / 958 view

三島マコト

映画と小説、それと漫画と格闘技を愛する男。WEB媒体で記事を書いたりもしてます。よろしくお願いします。

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ミステリー/推理小説おすすめランキングBEST70【2020最新版】

おすすめのミステリー/推理小説やサスペンス小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹…

三島マコト / 601 view

りぼん歴代連載漫画の人気おすすめランキング30選【2020最新版】

集英社が発行している「りぼん」は1955年に創刊された、人気の少女漫画雑誌です。今回はそんな歴史あるりぼんの…

もどる / 1085 view

女性アイドルの写真集人気ランキングTOP30【最新版】

女性アイドル・女優が発売した写真集の人気ランキングを紹介しています。AKB48グループ・乃木坂46・欅坂46…

kii428 / 835 view

男性アイドルの写真集人気ランキングTOP30【最新版】

世の女性たちを癒す男性アイドル・俳優の写真集はやはりとても人気があります。ここでは男性アイドルの写真集の人気…

kii428 / 407 view

小学生向け国語辞典のおすすめランキング18選と口コミ&選び方【2020最新版】

言葉を勉強するために役立つのが「国語辞典」です。今回は小学生向けの国語辞典のおすすめランキングを実際に使用し…

もどる / 108 view

TOEIC参考書/問題集のおすすめランキング35選【レベル別・2020最新版】

国際化が進み、英語が重要視されていくに伴って、企業などでもTOEICを受けさせるところが増えてきています。こ…

もどる / 174 view

初心者向けの小説おすすめランキング50選!ジャンル別で紹介【2020最新版】

通勤や通学、休憩時間や就寝前に読書を始めたい「読書初心者」におすすめのジャンル別小説ランキング。6つのジャン…

samax82 / 530 view

英和辞典おすすめランキング人気30選と口コミ&選び方【2020最新版】

英語に理解を深める上で欠かすことのできないアイテムが英和辞典です。今回は英和辞典のおすすめランキングと口コミ…

もどる / 115 view

男性向け雑誌の人気ランキング40選!年代別TOP10【2020最新版】

男性のファッションの参考や趣味の情報など、流行を抑えた情報をしっかりと得るのには定期的に発行される雑誌ほど適…

もどる / 221 view

経済小説の人気おすすめランキングTOP30と口コミ&選び方のポイント【2020最新版…

経済小説とは経済に関係するテーマを扱った小説のことを言います。基本的にはフィクションではありますが読者にとっ…

もどる / 976 view

筒井康隆の作品おすすめランキング20選と口コミ~人気の本を紹介【2020最新版】

日本三大SF作家と呼ばれ、様々なメディア展開もされている作家の筒井康隆さん。数多くの作品を世に出していますが…

もどる / 117 view

星新一の作品おすすめランキング20選と口コミ~人気の本を紹介【2020最新版】

ショートショートというジャンル世に広め、日本を代表するSF作家として高い人気を得ている星新一さん。今回は星新…

もどる / 134 view

歴史小説のおすすめランキングBEST70【2020最新版】

おすすめの歴史小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する歴史小説はどれも名作・…

三島マコト / 1101 view

少女漫画のイケメン人気ランキングTOP30【2020最新版】

女性なら誰だって憧れるストーリーそして、こんな人周りにいたらいいのになんて思うくらいのイケメン揃い…。少女漫…

risa / 5482 view

百田尚樹の作品おすすめランキング20選~人気の本や小説の口コミ&選び方【2020最新…

苦悩の中でも必死に生きる人間の姿を鮮やかに描く作家として人気の百田尚樹さんは現代の人気作家の一人です。今回は…

もどる / 112 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング