スポンサードリンク

衣類スチーマーとは

衣類スチーマーとは小型の本体から高温のスチームを噴射し、衣類のシワと取ることができる家電です。シワを取る家電というとアイロンが思い浮かびますが、衣類スチーマーはアイロンのスチーム機能よりも大量にスチームが噴射できるため、手早くシワを伸ばすことができるようになっています。

アイロンとの違い

厳密に言うと衣類スチーマーはアイロンの種類の中の1つです。しかし熱でプレスするアイロンとは異なり、スチームでシワを伸ばすのでアイロンとはやや原理が異なっています。これにより、アイロン台を用意する必要がないので、少量の衣類や急いでいる時などに非常に重宝します。

衣類スチーマーの中にはアイロンと同じようにプレスするような使い方ができるものもあります。このタイプであれば用途に合わせて使い分けることができ、便利です。

衣類スチーマーの効果

衣類スチーマーにはシワを伸ばす以外にも嬉しい効果があります。衣類スチーマーから噴射される高温のスチームは除菌、消臭効果があります。また、モデルによっては花粉やホコリも除去することができるので、アレルギーを持つ人にとっては嬉しい機能になっています。特に自宅で洗濯ができないようなスーツやコートなどの衣類のケアに適していると言えます。

衣類スチーマーの選び方のポイント7点

手軽に使用できるのがメリットの衣類スチーマーは自分の欲しい機能などをしっかりと吟味して選ぶことで使い勝手が格段に良く感じます。ここでは自分にぴったりの衣類スチーマーを見つけるための選び方のポイントを確認していきましょう。

ポイント1.本体重量をチェック

通常のアイロンはアイロン台に押し付けるようにして使用するので多少重くても使用感を損ないませんが、片手で持ち上げて使用する衣類スチーマーの場合は重いものを選ぶと使いにくく感じてしまいます。片手で持って負担を感じない重さのものを選ぶようにしましょう。

しかし、本体の軽さだけを重視すると本体とタンクが小さくなってしまいます。タンクの小さなモデルは水がすぐになくなってしまうので頻繁な給水が必要になります。1回に使用時に長時間使用するという方はあまりタンクが小さいものを選ぶと不便に感じるかもしれません。

衣類スチーマーを選ぶ際は本体の大きさに加え、重量とタンク容量の兼ね合いが取れたものを選ぶようにしましょう。

ポイント2.スチーム噴射量をチェック

衣類スチーマーの要とも言えるスチームの噴射量はメーカーや製品によって異なっています。スチームの噴射量が多く、広範囲で噴射するようなタイプの衣類スチーマーは短時間でシワを伸ばすことができ、時間の節約になりますがその分本体の価格が高くなってしまいます。予算との都合を考えながらなるべく噴射量の高いものを選ぶようにしましょう。

また、衣類スチーマーの本体価格が安い製品はスチームの噴射量が少ないという傾向にあります。安く購入したい方は同じ価格でも噴射量がなるべく多いものを選びましょう。

ポイント3.プレス機能をチェック

衣類スチーマーの中にはしっかりと折り目を付けることができるプレス仕上げタイプやほとんどの衣類に使用することができるおしゃれ着仕上げタイプというものがあります。

これらは主に使用したい衣類に合わせて選ぶのがおすすめの選び方です。例えばスーツやワイシャツをメインに使用したいという方はプレスできるタイプの衣類スチーマーを選ぶのがおすすめです。プレスタイプの衣類スチーマーを選ぶことで、スチームでシワを伸ばすだけでなく、しっかりと折り目の付いたスーツに仕上げることができ、自宅でもクリーニング屋さんのような仕上がりにできます。

プレスして折り目を美しく付けるためにはある程度のスチーム量も必要になります。折り目をしっかりと付けたい方はこの点も確認しておきましょう。

また、ウールやアンゴラ、カシミヤのようなデリケートな衣類にはスチームだけでシワを伸ばすことができるおしゃれ着用の製品を選ぶのがおすすすめです。通常のアイロンや衣類スチーマーでは生地を傷めてしまうようなデリケートな衣類にも安心して使用することができ、綺麗にシワを伸ばすことができます。

ポイント4.立ち上がり時間をチェック

衣類スチーマーはその特徴からお出かけ前にさっと使用するという方も多い製品です。そういった使い方を考えている方に確認しておいて欲しいのが立ち上がりまでに要する時間です。電源を入れてから使用できるまでに要する時間はメーカーや機種によっても様々ですが、30秒程度で立ち上がってくれるタイプのものだと忙しい時もさっと使用することができ、非常に使い勝手が良くなります。逆に、そんなに時間に追われるような使い方をしないという方は立ち上がりの速さはあまりこだわる必要はありません。

ポイント5.コードの長さをチェック

衣類スチーマーは片手で持ち上げて使用するという形状から、ある程度ゆとりを持たせた方が使いやすいという特徴を持ちます。そこでチェックしておきたいのがコードの長さです。コンセントの距離に加えて上方向にある程度余裕を持たせてコードの長さを決めると使いやすく感じます。

衣類スチーマーの電源コードの長さは大体2m程度が一般的ですが実際に使用する位置とコンセントの位置を考え、余裕のある長さを選ぶようにしましょう。

また、使用したい場所とコンセントの位置が遠いという場合はコードレスタイプの衣類スチーマーを選ぶのもおすすめです。衣類スチーマーの多くはコード式でコードレスの製品は多くはなく、またコードレスの製品はコード式と比べて価格が高くなるのでその点には注意が必要です。

ポイント6.携帯性をチェック

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

ズボンプレッサーのおすすめ人気ランキング20選と口コミ&選び方【2024最新版】

スラックスの折り目を綺麗に付けるために便利なのがズボンプレッサーです。今回はズボンプレッサーのおすすめランキ…

もどる / 223 view

石油ストーブのおしゃれ人気おすすめTOP18と口コミ&選び方【2024最新版】

冬場の暖房器具として古くから愛されており、近年その利便性が見直されて人気を高めつつあるのが石油ストーブです。…

もどる / 212 view

洗濯乾燥機のおすすめ人気ランキングTOP12と口コミ&選び方【2024最新版】

洗濯から乾燥までを1台で済ませてくれる便利な家電と言えば洗濯乾燥機です。今回は洗濯乾燥機のおすすめランキング…

もどる / 248 view

フォトプリンターのおすすめ人気ランキング15選と口コミ【高画質】【2024最新版】

スマートフォンで撮った写真を印刷して残して置きたい時におすすめなのがフォトプリンターです。ここではフォトプリ…

もどる / 342 view

ミキサーのおすすめ人気ランキング11選と口コミ~選び方6つのポイントも紹介【2024…

人気のスムージーや野菜ジュース、それから日々の料理と使用用途が広い家電、それがミキサーです。ここではミキサー…

もどる / 274 view

ハンディクリーナーのおすすめランキング20選と口コミ&選び方【2024最新版】

ホコリが気になった時にさっと取り出して使用できるのが魅力のハンディクリーナー。近年は液体も吸えるモデルが登場…

もどる / 332 view

石油ファンヒーターのおすすめ人気TOP30と口コミ&選び方【2024最新版】

寒い季節にお部屋を暖める暖房器具は色々ありますが、その中でも人気が高いのがファンヒーターです。今回は石油ファ…

もどる / 308 view

スポンサードリンク

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

LED懐中電灯の最強ランキングおすすめ15選と口コミ【2024最新版】

アウトドアなどに重宝する懐中電灯は近年、従来の懐中電灯とは異なり電球の切れる心配がないLEDが人気になってい…

もどる / 550 view

デジタルフォトフレームの人気おすすめTOP30と選び方【2024最新版】

いつまでも美しいまま思い出を残せるデジタルフォトフレーム。スライドショー機能や音楽を聴いたりなど、その機能に…

remochan8818 / 217 view

ミキサーのおすすめ人気ランキング11選と口コミ~選び方6つのポイントも紹介【2024…

人気のスムージーや野菜ジュース、それから日々の料理と使用用途が広い家電、それがミキサーです。ここではミキサー…

もどる / 274 view

家庭用カラオケマイクのおすすめ人気ランキング20選と選び方&口コミ【2024最新版】

家庭用カラオケマイクがあれば、自宅でみんなでカラオケを楽しむことができ、一人でカラオケの練習もできますよ。今…

remochan8818 / 362 view

タワーファンのおすすめランキング人気15選と口コミ&選び方【2024最新版】

省スペースで設置ができ、スペースを有効に活用できることから、近年人気が高まっているのがタワーファンです。今回…

もどる / 237 view

洗濯機メーカーのおすすめ人気ランキングTOP7&選び方【2024最新版】

洗濯機は選び方が重要です。どんな洗濯機にもメーカーや機種で得意不得意が存在しています。今回は洗濯機を販売して…

もどる / 263 view

炊飯器メーカーの人気おすすめランキングTOP10と選び方【2024最新版】

炊飯器は毎日の食事に直接的に関係する家電ですが、様々なメーカーから発売されています。今回は炊飯器の選び方、そ…

もどる / 179 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング