スポンサードリンク

タオルウォーマーとは

今回ご紹介するタオルウォーマーには2種類あります。1つは扉がついた小型の冷蔵庫や金庫のような形状をした箱型のものです。これはタオルを温めたり冷やしたりするのに用いるもので、冷たいおしぼりや温かいおしぼりを作ることができます。

もう1つはタオルを乾燥させるために使用するもので、寒い季節にタオルを乾燥させてくれるほか、洗面所全体を暖めてくれる効果もあります。洗面所だけでなく、キッチンや玄関などに使用することもでき、タオルを速く乾燥させるので雑菌の繁殖を防ぎ、衛生的に保ってくれる効果があります。

タオルウォーマーの選び方のポイント4点

タオルウォーマーの種類を知ったところでタオルウォーマーを選ぶ際に抑えておきたいポイントについて見ていきましょう。

ポイント1.ボックスタイプは種類をチェック

箱型のタオルウォーマーには3つの種類があり、それぞれ異なる特徴を持っています。箱型のタオルウォーマーを購入する際はまずはこの種類を確認しましょう。それぞれの特徴は以下の通りです。

・加湿タイプ

・加湿タイプ

加湿タイプは濡らしたタオルを蒸しタオルにするために使用します。このタイプは蒸しタオルを作成する目的で使用するものなので、タオルを冷やしたり消毒することはできません。用途が限られる分他のタイプと比べると本体価格が抑え目というのがメリットです。

・加湿・冷却タイプ

・加湿・冷却タイプ

このタイプは加湿タイプと同様に蒸しタオルが作成できることに加え、冷却機能が搭載されているので冷やしタオルの作成もできます。1年通して使用できるというのが最大の特徴と言えます。ちなみに消毒機能は搭載されていません。

・加温・紫外線消毒タイプ

・加温・紫外線消毒タイプ

蒸しタオルの作成のほか、紫外線でタオルの雑菌を消毒してくれるのがこの加温・紫外線消毒タイプです。雑菌の繁殖によるタオルのイヤなニオイの防止にも役立ちます。

ポイント2.タオルの使用枚数をチェック

ボックスタイプのタオルウォーマーも、乾燥タイプのタオルウォーマーも使用できるタオルの枚数を確認しておきましょう。

ボックスタイプであれば1度に箱の中に入れることができる枚数、乾燥タイプであれば1度にかけることができる枚数のことで、タオルウォーマーを使用する用途によって必要枚数は異なるのでしっかりと確認しておく必要があります。

ちなみにボックスタイプはあまり沢山のタオルを入れると温度が下がってしまうので注意が必要です。

ポイント3.乾燥タイプの種類をチェック

乾燥タイプのタオルウォーマーには自立タイプと壁掛けタイプがあります。この2種類は使用するタオルの種類や設置する場所に合わせて使い分けるのがおすすめです。

洗面所やキッチンのタオルを乾燥させたい、温めたい場合は壁掛けタイプを使用するのが適しています。使用後のタオルをタオルウォーマーにかけておくとイヤなニオイの発生を抑えることができるので、1度使用しただけで交換するわけではない、キッチンや洗面所のタオルには壁掛けがおすすめです。

一方、自立タイプは大判のバスタオルやバスマットを掛けるのに適しており、脱衣所を温める効果も期待できます。洗濯したタオルを乾燥させたい、フカフカにしたいという目的の場合も自立タイプが使い勝手が良いでしょう。

ポイント4.お手入れ方法をチェック

いずれのタイプのタオルウォーマーにしても、顔や体に使用するタオルを乾燥させたり蒸しタオルにしたりするので衛生面は非常に気になるところです。もちろん、こまめなお手入れも必要になります。

しかし、お手入れ方法が面倒だとついサボってしまって雑菌が繁殖、ということにもなりかねません。特にボックスタイプのタオルウォーマーは蒸しタオルを作るために温める構造上中に湿気がたまり、雑菌が繁殖しやすくなるので、ラックの取り外しができるか、などの細かな点も確認しておきましょう。

おすすめタオルウォーマーランキングTOP20~16

20位:タオルウォーマーSサイズ(前開き)ライトブラウン

13,800円

タイプ:ボックスタイプ
サイズ:350×285×250mm
重量:4kg
消費電力:130W
庫内容量:7.5L

木目調でおしゃれなタオルウォーマーです。癒し系サロンなどで使用するのに適しています。デザイン性が高いので目に付く場所に置いても違和感がありません。庫内容量は7.5Lと大きめでおしぼりなら30~40本程度、ハンドタオルで10~12本程度入れることができます。温度は65~75℃程度で冷やすことはできません。

19位:huhushop Yosoo タオルウォーマー タオル消毒キャビネット おしぼり蒸し器 8L 加熱温度60℃±10℃

8,699円

タイプ:ボックスタイプ
サイズ:350×225×255mm
重量:約4kg
消費電力:130W
庫内容量:8L

UV滅菌機能の搭載されたボックスタイプのタオルウォーマーです。一般家庭での使用であればタオルだけではなく、下着や靴下、さらにはオモチャや歯ブラシの消毒など、幅広い用途で使用できます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

洗濯乾燥機のおすすめ人気ランキングTOP12と口コミ&選び方【2024最新版】

洗濯から乾燥までを1台で済ませてくれる便利な家電と言えば洗濯乾燥機です。今回は洗濯乾燥機のおすすめランキング…

もどる / 221 view

小型洗濯機の人気おすすめランキングTOP18と口コミ&選び方【2024最新版】

小型洗濯機とは通常の洗濯機よりも小さな洗濯機で、通常の洗濯機よりも機能を絞った製品を指します。ここでは小型洗…

もどる / 279 view

ワインセラーのおすすめ人気TOP18と口コミ&選び方【家庭用・2024最新版】

近年、家庭でワインを楽しむ方が増えてきています。それに伴って現在家庭に普及しつつあるのが家庭用のワインセラー…

もどる / 247 view

キッチン家電の人気おすすめランキングTOP20&選び方【2024最新版】

今回はキッチン家電のおすすめランキングを実際に使用している方の口コミと共にご紹介し、さらに選び方のポイントを…

もどる / 324 view

電気フライヤーおすすめ人気20選と口コミ&選び方【家庭用・2024最新版】

手軽に揚げ物を作るための機械として人気を高めているのが電気フライヤーです。近年は非常に沢山の種類の電気フライ…

もどる / 275 view

4Kテレビの人気おすすめランキング30選と口コミ&選び方【2024最新版】

十分綺麗な映像が楽しめるフルハイビジョンのさらに4倍もの画素数を有し、鮮明で没入感の高い映像を楽しむことがで…

もどる / 345 view

冷温庫のおすすめランキングTOP20と選び方【2024最新版】

夏は保冷するためのアイテムとして、冬は保温するためのアイテムとして年間を通して活躍してくれるのが冷温庫です。…

もどる / 693 view

スポンサードリンク

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ダイソン掃除機の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2024最新版】

吸引力が高く、スタイリッシュなデザインが特徴のダイソンの掃除機。今回はダイソンの掃除機の人気おすすめランキン…

もどる / 245 view

3人家族用の冷蔵庫おすすめランキングTOP20と選び方【2024最新版】

小さすぎる冷蔵庫では足りないけれど大容量冷蔵庫では大きすぎる、そんな微妙なラインが3人家族です。今回はそんな…

もどる / 732 view

ヨーグルトメーカーおすすめ人気ランキング17選と口コミ【2024最新版】

市販のヨーグルトを毎回購入するのは意外とコストがかかります。そこでおすすめなのがヨーグルトメーカーです。ここ…

もどる / 282 view

掃除機おすすめ人気ランキングTOP15と口コミ&選び方【2024最新版】

コードレスやサイクロン、ハンディ型など、たくさんの種類が販売されている掃除機。ここでは掃除機の種類ごとの特徴…

もどる / 240 view

ハンドミキサーおすすめ人気ランキングTOP20と選び方【2024最新版】

ハンドミキサーがあると調理の時短になることはもちろんですが、料理の幅もグンと広がります。今回は、そんなハンド…

remochan8818 / 380 view

安いヘアアイロンおすすめ18選~コスパ最強ランキングと口コミ&選び方【ストレート・カ…

ヘアセットを思いのままに決めるのに欠かせないアイテムがヘアアイロンです。今回はそんなおしゃれに欠かせないヘア…

もどる / 258 view

餅つき機のおすすめ人気ランキング20選と口コミ&選び方【2024最新版】

市販されている切り餅は手軽に食べられますが、やはりつきたてのお餅の美味しさには叶いません。そんな時に使用した…

もどる / 275 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング