スポンサードリンク

日本の歴代群集事故の衝撃ランキングTOP10-1

10位:横浜歌謡ショー将棋倒し事故

概要

概要

1960年3月2日、神奈川県横浜市中区の横浜公園にあった横浜市立体育館で、ラジオ関東(現:ラジオ日本)主催の『歌謡曲ゴールデン・ヒット・ショー』公開録音の観覧に大多数の聴衆が訪れました。収容人員を大幅に超過し、入れなくなった聴衆が猛抗議した上に、開門と同時に一部が列に割り込まれたことで混乱し、将棋倒しとなり、死者12名、負傷者14名を出す惨事になりました。なお、イベントは開催中止となり、ラジオ関東も当日夜に放送する予定だった全番組を休止する措置がとられました。

ドアの下の縁石に足を取られて転んだことが原因

ドアの下の縁石に足を取られて転んだことが原因

神奈川県警察本部は、事故後の19時頃より、現場検証と共に関係者の事情聴取を開始した。それによると、北側入口は観音開きのドアが付いた横幅3mの狭い入口であり、しかも事故発生当時は、入場者を制限するため、2枚のドアのうち1枚を閉鎖していたことが判明した。ドアの下には縁石が段差になっており、ここに足を取られて転んだことが、将棋倒しの原因になったと推定された

9位:万代橋事件

概要

概要

1948年(昭和23年)8月23日、新潟県新潟市中央区の萬代橋で、新潟まつりの前身にあたる「川開き」の花火見物に集まった群衆が殺到したため、欄干が崩壊落下。大勢が信濃川に転落し、死者11名、重軽傷者29名を出した。同橋は本来は鉄製の欄干であったが、戦争中の金属供出により欄干が撤去され、木製の欄干が設置されていました。

止まっての見物は禁止に

止まっての見物は禁止に

この事故以降、新潟まつりでの花火大会の際には、萬代橋など信濃川の橋梁上で立ち止まっての見物は禁止されている。この花火大会における橋梁歩道部の通行規制措置は新潟市全域で取られており、中には阿賀野川に架かるござれや阿賀橋と阿賀野川大橋のように、花火大会の開催中に歩道部を全面通行止とする例もあります。

8位:二重橋事件

概要

概要

二重橋事件は、1954年(昭和29年)1月2日の皇居一般参賀において、二重橋で参賀者の将棋倒しが発生した事故で、17名(NHKでは16人)が死亡しました。この日は朝から天気も快晴で、皇居には午前9時から午後3時までの一般参賀に38万を超える人々が訪れることになりました。

皇宮警察及び警視庁は警備上の欠陥を認める

皇宮警察及び警視庁は警備上の欠陥を認める

皇宮警察及び警視庁は警備上の欠陥を認めて、事件の翌日である3日に、犬養健法務大臣、斎藤昇国家地方警察本部(国警)長官(現在の警察庁長官)、武末辰雄皇宮警察本部長、山口喜雄国警警備部長らが被害者を慰問した。ただし皇宮警察と警視庁では事件の説明に食い違いがみられ、責任をなすりつけ合うような格好になりました。

7位:中島スポーツセンターでの将棋倒し事故

概要

概要

1978年(昭和53年)1月27日、札幌市の中島スポーツセンターで行われたイギリスのバンドレインボーのコンサートで、開演と同時に興奮した約500人の観客がステージに殺到し、詰めかけた観客が将棋倒しとなり、女子大学生1人が死亡し、負傷者は7人にのぼりました。

警備体制の見直しの契機となった群集事故

警備体制の見直しの契機となった群集事故

当時のロックコンサートでは客席んい関係なく、観衆がステージ前まで無差別に近づいたり、イスの上に立って声援をおくるなどやりたい放題だったようですが、この群集事故がきっかけで警備体制を大きく変更し、安全最優先になり現在に至っています。

6位:第51回選抜高等学校野球大会開催中の事故

概要

概要

1979年(昭和54年)、兵庫県西宮市の第51回選抜高等学校野球大会開催中の阪神甲子園球場で、入場券売り場前にいた群衆が販売が開始されたと思いこんで殺到、倒れた小学生2名が死亡するという痛ましい事故が発生しました。

我先にと窓口に殺到

我先にと窓口に殺到

甲子園球場正面内野席入場券売場前に多数の観客が整列、後列の客が入場券の発売を開始したものと勘違いし、我先にと窓口に殺到したため、前列の20人が転倒したものです。

5位:COMIN’KOBE17における群衆事故

概要

概要

2017年5月7日に兵庫県神戸市のワールド記念ホールで開催されたチャリティーフェス「COMIN’KOBE17(カミングコウベ)」において、多数の観客が将棋倒しとなり、21歳の女性が脊髄損傷の重症、他2名が軽症を負いました。前のバンドが終わり退出する客と、次のバンドが観たくて入場したい客が出入口付近に殺到したのが原因のようです。

イベント会社の警備責任者を業務上過失傷害容疑で書類送検

イベント会社の警備責任者を業務上過失傷害容疑で書類送検

事故発生から1年8ヵ月後の2019年1月16日、適切な整備を怠ったとして大阪市のイベント会社の警備責任者が業務上過失傷害容疑で書類送検されました。一歩間違えれば大惨事にもなりかねない衝撃的な群集事故でした。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

日本の放火事件30選と犯人!凶悪ランキング【2023最新版】

最近、電車内の放火事件やビルの放火事件など、凶悪犯人による危険な犯罪が横行しています。そこで今回は、日本の放…

maru.wanwan / 1270 view

日本で実際にあった怖い事件ランキング45選【2023最新版】

連続殺人事件や、バラバラ殺人事件など、まるでドラマや映画のストーリーのような怖い事件は実際に日本でも発生して…

maru.wanwan / 3604 view

日本のバス事故一覧&衝撃ランキング19選【2023最新版】

飛行機や鉄道よりも安く、近年では乗り心地も進化してコスパが良いと言われているバスですが、過去には重大事故も起…

maru.wanwan / 1444 view

凶悪犯人によるサイコパス事件ランキング40選【2023最新版】

ニュースでは日々目を覆いたくなるような凶悪犯人によるサイコパス事件が報道されています。そこで今回は、凶悪犯人…

maru.wanwan / 5182 view

平成の有名な事件ランキングTOP20【2023最新版】

およそ60年という長い昭和の時代に比べて、平成はその半分の30年と短い時代でしたが、振り返るとそこには様々な…

maru.wanwan / 4520 view

ドラゴン(怒羅権)のメンバー&事件の衝撃度ランキング16選【2023最新版】

中国の残留孤児2世・3世が中心になって作られたチャイニーズドラゴン(怒羅権)。今回はドラゴンの主要メンバー4…

maru.wanwan / 5200 view

日本のストーカー殺人事件・凶悪犯人ランキング11選【2023最新版】

近年、ストーカー相談件数は毎年2万件を超え、大きな社会問題になっています。そこで小名木は、日本で起きたストー…

maru.wanwan / 2804 view

スポンサードリンク

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

平成の出来事50選~事件・事故・地震など衝撃順にランキング【2023最新版】

地震や豪雨といった自然災害、死者が多数出た事件など、激動の平成も終わりをつげ、新たに令和の時代がスタートしま…

maru.wanwan / 502 view

歴代最悪な人体実験ランキング20選!世界と日本別【2023最新版】

マウスやモルモットではなく、生身の人間を実験材料とした人体実験が頻繁に行われていたことをご存知でしょうか。今…

maru.wanwan / 3447 view

アシッドアタック(硫酸など)の事件と事例22選・日本と海外別!ランキングで紹介【20…

アシッドアタックとは、硫酸・塩酸・硝酸など劇物としての酸を他者の顔や頭部などにかけて火傷を負わせ、顔面や身体…

maru.wanwan / 444 view

日本史で有名な事件ランキングTOP20【2023最新版】

今回は、日本史で有名な事件ランキングを紹介します。日本の過去の歴史を振り返ると、生死を賭けた内乱や戦争など数…

maru.wanwan / 2553 view

日本の闇深いタブー事件ランキング35選【2023最新版】

日本で起きた事件の中でも、真相が闇の中だったり、タブーとされている事件が話題を集めました。そこで今回は、日本…

maru.wanwan / 8464 view

日本で発生した事故|衝撃ランキングTOP20【2023最新版】

日本では、交通事故だけでも1分間で1件以上の事故が発生しているといわれています。交通事故以外の事故も含めると…

kent.n / 4542 view

人質事件の凶悪犯人ランキング50選・日本と海外別【2023最新版】

交渉を有利にするために犯人が人の身柄を拘束する「人質事件」は凶悪犯人の常套手段です。そこで今回は、凶悪犯人に…

maru.wanwan / 2270 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング