スポンサードリンク

頭痛の種類

偏頭痛

偏頭痛

偏頭痛とは、片側もしくは両方のこめかから目にかけて「ズキンズキン」と痛む頭痛のこと。体を動かすと痛みがひどくなるのが特徴です。頻度は週2回~月1回程度。

緊張型頭痛

緊張型頭痛

緊張型頭痛とは、頭を「ぎゅーっ」と何かで締め付けれるような痛みが続く頭痛のこと、体を動かすと痛みが楽になるのが特徴です。頻度は時々、もしくは毎日と個人差があります。

群発頭痛

群発頭痛

群発頭痛とは、ある時期に集中して起こる頭痛のこと。1~2ヵ月間に集中してほぼ毎日起こり、耐えられないほどの激しい痛みが特徴です。

市販の頭痛薬の種類

ロキソプロフェンナトリウム製剤

ロキソプロフェンナトリウム製剤

鎮痛成分「ロキソプロフェンナトリウム」は安全性が高く、速やかに効果を発揮をすることで知られています。「ロキソニン」は長らく医療用医薬品として使用されてましたが、2011年に一般用医薬品として販売が許可されました。

非ピリン系鎮痛剤

非ピリン系鎮痛剤

非ピリン系鎮痛剤とは、痛みの原因物質「PG(プロスタグランジン)」の産生を抑える作用がある頭痛薬です。「イブプロフェン」や「アセトアミノフェン」などがこれに当たります。

アセトアミノフェンはPGの産生を抑える作用が弱いものの、胃への負担が少ないことで人気を集めています。

ピリン系鎮痛剤

ピリン系鎮痛剤

ピリン系鎮痛剤とは、鎮痛効果の高い「イソプロピルアンチピリン」を配合した頭痛薬です。強い痛みも速やかに緩和します。

漢方薬

漢方薬

漢方薬の中にも頭痛を緩和できるものがあります。頭痛の原因が肩や首のコリの場合、血流を改善する生薬を配合した漢方薬を選ぶと◎

鎮痛剤+漢方薬

鎮痛剤+漢方薬

イブプロフェンなどの鎮痛剤に、漢方薬エキスを配合した頭痛薬も存在します。鎮痛剤と漢方薬を組み合わせることで相乗効果を期待できます。

市販の頭痛薬の選び方

①発熱を伴う頭痛には「ロキソプロフェン」や「イブプロフェン」を選ぶ

①発熱を伴う頭痛には「ロキソプロフェン」や「イブプロフェン」を選ぶ

風邪やインフルエンザなどによっても頭痛が起こることもあります。発熱を伴う頭痛には、解熱作用のある「ロキソプロフェンナトリウム」や「イブプロフェン」配合の頭痛薬がよく効きます。

②即効性を求めるならピリン系鎮痛剤を選ぶ

②即効性を求めるならピリン系鎮痛剤を選ぶ

大切な仕事が控えている時などは、一刻も早く痛みが治まってほしいものですよね。即効性を求めるならピリン系鎮痛剤を選ぶことをおすすめします。

ピリン系鎮痛剤には、鎮痛効果の高い「イソプロピルアンチピリン」が配合されています。

③体への負担を考えて選ぶ

③体への負担を考えて選ぶ

頭痛薬を服用する際、どうしても気になるのが副作用や胃腸への負担です。副作用が気になる人は、副作用が少ない「アセトアミノフェン」配合の頭痛薬がおすすめですよ。

また、胃腸への負担を和らげる成分を配合している頭痛薬もあります。胃腸が弱い人は、これらの頭痛薬を選ぶと良いでしょう。

④眠くなる成分の有無で選ぶ

④眠くなる成分の有無で選ぶ

頭痛薬の中には眠くなる成分が配合されているものがあります。その代表的な成分が「アリルイソプロピルアセチル尿素」です。

車の運転前や試験前など、眠気を感じたら困るシーンは多いと思います。そのような時は、眠くなる成分が入っていない頭痛薬を選びましょう。

⑤子どもには小児用頭痛薬を選ぶ

⑤子どもには小児用頭痛薬を選ぶ

子どもに頭痛薬を飲ませる場合、服用年齢を確認してください。市販の頭痛約の多くは15歳未満の服用を禁止しています。中には15歳未満でも服用できる頭痛薬もあるので、必ず該当のものを選ぶようにしましょう。

⑥生理痛には「イブプロフェン」を選ぶ

⑥生理痛には「イブプロフェン」を選ぶ

毎月、生理痛に悩まされている女性は多いのではないでしょか。生理痛には、子宮への移行性が高い「イブプロフェン」配合の頭痛薬が良いとされています。

市販の頭痛薬のおすすめ人気ランキングTOP15-11と口コミ

「漢方ズッキノン」は、11種類の生薬からなる漢方エキスを配合した頭痛薬です。肩こりからくる頭痛に悩んでいる人に最適。顆粒タイプの薬なので、飲みにくと感じる人が多いかもしれません。

「小児用バファリン チュアブル」は、3歳から服用できる小児用頭痛薬です。水なしでも服用できるチュアブルタイプ。オレンジ味なので、小さなお子さまでも飲みやすいと好評です。

気圧の変化が原因の頭痛によく効く「和漢箋キアガード」。漢方エキスの働きで、気圧の変化による頭痛を和らげます。「雨の前に頭痛が起こりやすい」という人は試してみる価値がありそうです。

12位:シオノギヘルスケア 【指定第2類医薬品】セデス・ハイ

1,708円

内容量:40錠
有効成分:イソプロピルアンチピリン、アセトアミノフェン、アリルイソプロピルアセチル尿素、無水カフェイン
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

酵素洗顔の人気おすすめランキングTOP20と口コミ&選び方【2024最新版】

酵素洗顔は通常の洗顔で落としきることができない毛穴の汚れや角栓を除去することができる毛穴対策用品として現在注…

もどる / 12 view

猫背・姿勢矯正クッションおすすめ人気ランキング12選【2024最新版】

デスクワークをやっていると自然と姿勢が前かがみなってしまい、気が付けば猫背になっていたという方はいませんか?…

maru.wanwan / 41 view

飲む日焼け止めのおすすめ人気TOP15と口コミ【2024最新版】

クリームやジェルなど塗布する日焼け止めだけでなく、近頃では飲む日焼け止めが人気を集めています。今回はそんな飲…

remochan8818 / 14 view

市販ニキビ飲み薬のおすすめ人気ランキング12選と口コミ【2024最新版】

いつの間にか頬や鼻にできているニキビ。食生活や洗顔料を見直しても、なかなか改善せずに悩んでいませんか?症状が…

すぎみつ / 20 view

人気の耳かき~おすすめ人気ランキング15選と口コミ【2024最新版】

昔ながらのスプーン式以外にもスクリュー式やスパイラル式など年々様々な形状を増やしている耳かき業界。ここでは耳…

もどる / 32 view

モンダミン全11種類の効果&おすすめランキングと口コミ【2024最新版】

マウスウォッシュや洗口液という言葉が日本で浸透するよりも早く世間の認知度を高めていたのがモンダミンです。ここ…

もどる / 39 view

湿布のおすすめランキングTOP20と選び方【2024最新版】

足首の捻挫や、打撲、肩こりなどに使われる湿布ですが、多くのメーカーから様々な湿布が発売されており、どれを選ん…

maru.wanwan / 35 view

スポンサードリンク

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

マウスウォッシュ(ホワイトニング効果有)のおすすめ人気ランキング11選と口コミ【20…

コーヒーやワインによる歯の着色汚れが気になっていませんか?白い歯を手に入れたい人には、ホワイトニング効果のあ…

すぎみつ / 27 view

歯ブラシおすすめランキング最強25選と口コミ~選び方3つのポイントも解説【2024最…

日常の歯のお手入れに欠かせないアイテムである歯ブラシ。自分に合わない歯ブラシでは歯磨きをしても上手く効果が発…

もどる / 29 view

口臭スプレーのおすすめランキング18選と口コミ&選び方【2024最新版】

今回は手軽に口臭対策ができる口臭スプレーの人気おすすめランキングを口コミと共にご紹介し、さらに口臭スプレーを…

もどる / 14 view

低刺激シャンプーの人気おすすめランキング20選と口コミ&選び方のポイント【2024最…

毎日の汚れを落とすために必要なシャンプーは選び方を間違えると刺激になり、頭皮や髪にトラブルを招くことがありま…

もどる / 18 view

【鼻うがい】鼻洗浄の市販品おすすめ10選と口コミ~効果や使い方も解説【2024最新版…

花粉症のシーズンにドラッグストアでよく見かけるのが鼻洗浄。鼻うがいの文字が書かれている商品です。ここでは鼻洗…

もどる / 58 view

乾燥肌向けボディーソープのおすすめランキング20選と口コミ&選び方【2024最新版】

乾燥肌を自覚している方は基礎化粧品やメイク用品にこだわっているのではないでしょうか。今回は乾燥肌に適したボデ…

もどる / 17 view

日焼け止めおすすめランキングTOP20【2024最新版】

数多く販売されている日焼け止めですが、通勤や日常の紫外線予防に敵したものから、海や山などのレジャー時に適した…

risa / 28 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング