スポンサードリンク

歯間ブラシとは

歯間ブラシは針金にナイロン製の毛をつけたものやゴム製の小さなブラシのことを言います。歯と歯の間やブリッジの下、歯が抜けたままになっている場所の、歯ブラシだけでは歯垢が取りにくい場所をケアするために用いられます。

通常の歯磨きは歯の表面に付着した食べかすや歯垢を取り除くことはできますが歯と歯の間など、歯ブラシの毛先が入らない場所の汚れを落とすことはできません。これを放っておくと虫歯や歯周病の原因になってしまいます。

そこで歯ブラシよりも毛先の小さな歯間ブラシが役に立つのです。歯間ブラシは歯ブラシでは取りきれない細かな場所をケアしてくれます。歯ブラシでの歯垢除去は58%なのに対し、歯間ブラシと併用することで95%にまで除去率を上げてくれることからも、その効果の高さが伺えます。

虫歯予防や歯周病予防には歯ブラシだけではなく、歯間ブラシを併用していくことでよりしっかりとした予防対策ができるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

歯間ブラシの効果的な使用方法

歯間ブラシをデンタルフロスと同じように歯磨き後に使用している人は多いかもしれません。しかし、歯間ブラシは歯磨きの前に使用したほうが良いのです。これは歯間ブラシを使用すると掻き出した汚れが歯に付着してしまう可能性があるためです。歯間ブラシ後にうがいをすればある程度は落とすことができますが、取れない汚れの場合歯間ブラシをした意味がなくなってしまいます。

また歯間ブラシを1日に何度も使用するのもNGです。歯間ブラシは多用しすぎると歯茎を傷つけたり押し下げてしまう可能性があります。歯間ブラシを使用するのは夜寝る前の歯磨き前、というのが理想です。

また、使用する際は歯にしっかり沿うようにして使用するようにしましょう。一方向からだけではなく逆側からも入れることでより効果を得やすくなります。

歯間ブラシの選ぶ際の4つのポイント

歯間ブラシを日々の歯磨きに取り入れる際、どのようなことに気をつけて選んだら良いのでしょうか。ここでは歯間ブラシの選び方のポイントを解説していきたいと思います。

ポイント1.サイズをチェック

歯間ブラシを購入する際、まずチェックして欲しいのがサイズです。歯間ブラシにはSSS、SS、S、M、Lの5種類のサイズが主に展開されています。メーカーによってはSSSSやLLサイズなどのサイズも販売していますがほとんどの人は5種類のサイズから合ったものを見つけることが出来るでしょう。

ちなみに歯間ブラシは適切な大きさのものを選ばないとうまく効果が発揮できません。広い隙間に小さな歯間ブラシを使用すると上手に歯垢を落とすことができず、逆に狭い隙間に大きな歯間ブラシを使用すると歯肉退縮の原因になってしまいます。歯間ブラシは歯間に無理なく挿入でき、きつすぎない大きさを使用するようにしましょう。歯間に合わせて歯間ブラシを使い分けるのも大切です。

以下に各サイズの特徴をまとめました。

SSSSサイズ

SSSSサイズ

SSSSサイズは初めて歯間ブラシを使用する人が取り敢えず使用してみるのに適したサイズになっています。SSSSサイズは歯の隙間が0.8mmまでに対応しており、健康な歯を持っている人ならば歯間は0.5mm程度なのでこのサイズを上回るものを使用すると上手く歯垢を除去することができず歯茎などを傷つけてしまう可能性があります。

鏡で自分の歯の状態、歯間を確認して通常の範囲におさまる人ならばSSSSを購入してみてください。

SSSサイズ

SSSサイズ

奥歯をメインに使用する場合はSSSサイズがおすすめです。奥歯は前歯よりも隙間が大きいのでSSSサイズが効率的なケアを行うのに適しています。

基本的にSSSサイズからMサイズまでは奥歯をメインに使用するのに適したサイズになっています。SSサイズは歯間1mm、Sサイズならば1.2mm、Mサイズなら1.5mmまで対応しているので奥歯の歯間や状態に応じてサイズを変えてみてください。

Lサイズ

Lサイズ

人工の歯をかぶせるブリッジを装着いていると歯茎とブリッジの隙間が大きいためLサイズの歯間ブラシが適しています。もしLサイズで上手くケアができない場合はMサイズなど、サイズを落としてみると良いでしょう。

また、歯根が露出している部分などにもLサイズが適しています。

LLサイズ

LLサイズ

Lサイズよりも上のLLサイズは歯が抜けて孤立している歯の周囲のケア向けです。基本的にLサイズでも対応できない広い隙間をケアするのに適しています。

ポイント2.形状をチェック

歯間ブラシにはまっすぐなI字のものと先が直角に折れ曲がっているL字のものがあります。前歯に使用する時はI字のものが使いやすく、奥歯に使用するのならL字が使いやすくなっています。また、I字の製品の中には曲げて使用できるものもあるので広い範囲に使用したい場合は活用してみると良いでしょう。

ポイント3.持ち手をチェック

先端の形状だけでなく、持ち手の形状も重要なポイントです。まっすぐなストレートタイプ、柄が軽くカーブしているカーブタイプ。L字のアングルタイプなどが代表的な形状です。価格はストレートタイプのものが比較的安価で、他の形状はストレートタイプよりも高くなります。

垂直にブラシを入れられる前歯などはストレートタイプでも問題なく使用できますが奥歯のような垂直に歯間ブラシを入れられない場所に関しては柄がカーブしていたりL字のものの方が使用しやすくなります。前歯の時はストレートタイプのまま使用し、奥まった場所に使用する時は持ち手のワイヤーを曲げて使用するというのもおすすめの方法です。

ポイント4.素材をチェック

歯間ブラシにはワイヤーでナイロンの毛を固定しているワイヤータイプと柔らかさが特徴のゴムブラシの2種類があります。ワイヤータイプの歯間ブラシは掻き出す力が強く、汚れを落としやすいというメリットがあります。1本が長持ちするので経済的に使用できるというのも魅力的ですね。しかし力加減に気をつけなければ歯茎を傷つけてしまう可能性があるため、注意が必要です。

ゴムブラシは柔らかく、歯茎を傷つけずに汚れが落とせるのが大きな特徴です。歯茎が弱っている人はこちらのタイプがおすすめです。しかしゴムブラシは柔らかすぎて先端が劣化しやすいという難点をもっています。どちらが適しているか悩んでいる人はどちらも使用してみて合っているものを続けていくと良いかもしれません。

おすすめ歯間ブラシランキングTOP12~7

それでは最後におすすめの歯間ブラシランキングを見てみましょう。有名な製品から知る人ぞ知る名品までラインナップは様々。ぜひ自分の歯の隙間に合ったものを選んでくださいね。

12位:エビス デイリーラバー歯間ブラシ SS-M 30本入

345円

形状:I字
材質:ポリプロピレン、ブラシの材質:SEBS、キャップの材質:ポリプロピレン

ゴムタイプの優しい使い心地が特徴の製品。先端部分が補足、根元に向けて徐々に太くなる形状になっており極細からふつうサイズまで対応しているので用途が広く使用できる点がおすすめのポイント。

携帯や保管に重宝するキャップはハンドルに差し込むことで柄の長さを足すことができ、奥歯も楽々ブラッシングできるようになっています。

ラバーが柔らかく、歯茎を傷つけたり痛い思いをすることなく、歯ブラシで取りきれなかった汚れを落とせて良い品です。
持ち歩き用のキャップも付属されています。
外出先で食事の後、トイレの鏡をみて隙間に見える汚れがついた時に使用しています。
人前で爪楊枝は、なんとなく恥ずかしい気持ちが、私はするので。

ワイヤーブラシながら極細の毛が非常に柔らかく作られているので、優しいタッチでお掃除できる歯間ブラシです。レッドは0.5mmですが色事にサイズを分けており、ひと目でサイズが分かるのも便利ですね。様々なサイズを一緒にしたアソートも販売されています。

ハンドルが小型で平らになっており、使い勝手は抜群。付属のキャップで長さを足せば奥歯にも使用できますよ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

体温計おすすめ人気TOP15と口コミ~選び方3つのポイントまとめ【2022最新版】

体温計は家族の体調を確認するためのアイテムとしてどこのご家庭でも1本はあるものです。しかし、体温計をこだわっ…

もどる / 79 view

モンダミン全11種類の効果&おすすめランキングと口コミ【2022最新版】

マウスウォッシュや洗口液という言葉が日本で浸透するよりも早く世間の認知度を高めていたのがモンダミンです。ここ…

もどる / 146 view

骨盤矯正椅子ランキングおすすめ15選と口コミ&選び方【2022最新版】

骨盤矯正椅子とは座っているだけで骨盤の歪みを矯正してくれる椅子のことです。ここでは骨盤矯正椅子の人気おすすめ…

もどる / 324 view

血圧計おすすめランキング12選と口コミ~選び方5つのポイントも解説【2022最新版】

健康を管理するのに自分の血圧を知ることは非常に有効です。近年の血圧計は便利で高性能になっており、スマートフォ…

もどる / 55 view

チンニングスタンドの人気おすすめランキング16選と口コミ&選び方【2022最新版】

ジムに行かずとも、自宅で好きな時にいつでもトレーニングができるチンニングスタンド。今回はそんなチンニングスタ…

maru.wanwan / 64 view

絆創膏おすすめランキング20選と口コミ~選び方のポイントも解説【2022最新版】

切り傷や擦り傷が出来た時、傷口を保護してくれる役割を持つのが絆創膏(バンドエイド)です。現在絆創膏は種類も豊…

もどる / 51 view

フットマッサージャーおすすめランキング18選と口コミ&選び方【2022最新版】

立ち仕事や歩き疲れなど、足は疲れを溜めやすい部位です。そこで頼りになるのがフットマッサージャーです。ここでは…

もどる / 125 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

マルチビタミンの人気おすすめランキング16選と口コミ&選び方【男女別・2022最新版…

種類の多いビタミン類を食事で完璧に摂取するのは難しいので、マルチビタミン剤との併用がおすすめです。今回は多種…

もどる / 57 view

コンタクト目薬の人気おすすめランキング16選と口コミ&選び方【2022最新版】

今回は目の乾燥を助けてくれるコンタクト用目薬の人気おすすめランキングを実際に使用している方の口コミと共にご紹…

もどる / 101 view

乾燥肌向け洗顔料の人気おすすめランキング20選と口コミ&選び方【2022最新版】

乾燥肌の方にとって、洗顔料はつっぱってしまったり乾燥を悪化せてしまうこともあり、悩みの種になりがちです。今回…

もどる / 82 view

安いドラッグストアのおすすめランキング15選と口コミ【2022最新版】

今やドラックストアは医薬品だけでなく、日用品や食料品など豊富な品揃えで私たちの生活になくてはならない存在とな…

remochan8818 / 1631 view

ストレス解消方法のおすすめランキングTOP21【2022最新版】

仕事やプライベートのつきものである人間関係によって溜まるストレス。今回はストレス解消方法おすすめランキングT…

maru.wanwan / 242 view

口臭スプレーのおすすめランキング18選と口コミ&選び方【2022最新版】

今回は手軽に口臭対策ができる口臭スプレーの人気おすすめランキングを口コミと共にご紹介し、さらに口臭スプレーを…

もどる / 52 view

口臭ケア歯磨き粉おすすめランキングTOP30【2022最新版】

どんなに素敵な人でも、口臭が酷いとイメージダウンしてしまいます。しかも、口臭は自分では気づきにくいものです。…

risa / 80 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング