スポンサードリンク

探偵ナイトスクープとは

年々注目度が増している関西のローカル番組

年々注目度が増している関西のローカル番組

関西のテレビ局では、関西という笑いとノリの地域性を活かした、明るいローカル番組が多く制作・放送されています。放送中のローカル番組の多くが長年に渡って放送されており、出演者は、関西出身のベテランのお笑い芸人が多いですね。

あの明石家さんまさんも、在阪のテレビ局である毎日放送(MBS)で、「痛快!明石家電視台」というローカル番組で司会を務めており、近年は、ダウンタウンの浜田雅功さんと松本人志さん、ナインティナインの岡村隆史さんなど全国的な知名度を誇るお笑い芸人も関西でローカル番組を始めるなど、注目度が年々増しています。

数ある人気ローカル番組の中でも、30年という長い歴史があり、関西地方では知らない人はいないほどの人気があるのが、「探偵ナイトスクープ」です。

関西発のバラエティー番組

関西発のバラエティー番組

探偵ナイトスクープは、在阪のテレビ局、朝日放送(ABC)で放送されていおり、探偵事務所に見立てたスタジオで、お笑い芸人である探偵たちが、視聴者からの依頼を解決するために奮闘するバラエティー番組です。

朝日放送グループホールディングス本社で公開収録されており、一般公募の抽選で選ばれた視聴者は、収録を観覧することができるのも特徴ですね。

放送開始した1988年から、23時台という深夜帯で放送されているのですが、関西地方で爆発的な人気を博し、小さな子供も録画などで探偵ナイトスクープを楽しんでいるようです。そのため、探偵への依頼者は、小学生ほどの子供であることも珍しくありません。

番組の特徴

番組の特徴

探偵ナイトスクープでは、基本的に、視聴者から寄せられた依頼を受け、探偵たちが現場に赴いて解決をする模様が放送されています。

しかし、依頼のほとんどが、一般的な探偵では引き受けないであろう個性的なものばかりで、探偵扮するプロのお笑い芸人よりも、依頼者の方が面白いことも珍しい話ではありません。

近年、こういった類のバラエティー番組において、視聴者参加型の番組が減少しつつありますが、探偵ナイトスクープが人気を維持しているのも、長年、視聴者と一緒に盛り上げてきたからでしょう。

海外にも番組のファンがいる模様

海外にも番組のファンがいる模様

テレビ東京系列の人気番組「YOUは何しに日本へ?」では、海外の男女が、探偵ナイトスクープの収録を観覧するために来日したこともありました。

製作スタッフや朝日放送も、ここまでの人気になるとは想定してなかったでしょうね。

初代局長の上岡龍太郎さん

初代局長の上岡龍太郎さん

探偵ナイトスクープが放送開始した当初は、タレントの上岡龍太郎さんが局長(司会者)を務めており、番組の顔とも言えるほどの存在感を発揮していました。

二代目局長の西田敏行さん

二代目局長の西田敏行さん

上岡龍太郎さんが2000年に芸能界を引退してしばらくの間は、局長不在の状況で番組が継続されたのですが、視聴者からの強い要望を受け、俳優の西田敏行さんを二代目局長に迎て放送を開始しました。

以前から探偵ナイトスクープのファンであり、同時に関西地方で絶大な支持を集める野球チーム、阪神タイガースのファンでもあったことから適任とされ、2019年11月まで局長として活躍されました。

三代目局長の松本人志さん

三代目局長の松本人志さん

2019年10月25日、三代目局長にダウンタウンの松本人志さんが任命されました。松本さん自身、探偵ナイトスクープの大ファンだったようですね。

実は以前、2016年5月27日放送分で依頼者として出演した経験もありました。
数々の番組で司会を担当されている松本人志さんが新しい局長とのことで、安心感がありますね。

主題歌は大阪のあの大物!

主題歌は大阪のあの大物!

探偵ナイトスクープを観たことがある人なら、始まりと同時に流れるイントロが印象的な主題歌を耳にしたことがあるでしょう。

あまり知られていませんが、あの主題歌を歌っているのは、大阪の大物ローカルタレントとして活躍中の円広志さんによる楽曲です。「ハートスランプ二人ぼっち」というタイトルで、イントロを聴くだけで探偵ナイトスクープを視聴しているような気分に浸ってしまいますね。

最高視聴率は32.2%

最高視聴率は32.2%

30年の歴史がある探偵ナイトスクープの全盛期は1990年代後半と言われており、その時期の最高視聴率は、関西地方で32.2%を記録したこともありました。

深夜番組でありながらこれほどの視聴率を記録できるテレビ番組は、全国的に極めて異例であり、おそらく、日本一成功したローカル番組でしょう。

関東ではあまり人気がない模様

関東ではあまり人気がない模様

関西地方初のバラエティー番組である探偵ナイトスクープですが、人気の高さから全国的に名前が知られており、メ~テレや九州朝日放送など、テレビ朝日系列のテレビ局で放送されています。

その一方で、テレビ朝日では2005年3月で放送が打ち切られており、関東地方では、TOKYO MX1やテレビ神奈川など、独立局で放送中です。

ビートたけしさんやタモリさんなど、業界人の人気は高いものの、関西色が強いためか、関東地方ではあまり人気ではない模様です。

怖い回・神回をランキング!

怖い回・神回をランキング!

今回は、探偵ナイトスクープで放送された怖い回と神回をランキングしました。このランキングを見ると、すぐにでも探偵ナイトスクープを視聴したくなりますよ!

探偵ナイトスクープの怖い回・神回ランキングTOP15-11

15位:ゾンビ好きの子どもたち

15位:ゾンビ好きの子どもたち

ゾンビは子供たちだけでなく、大人でも怖いと思う怪物でしょう。しかし、過去に放送された探偵ナイトスクープでは、「子どもたちをゾンビで楽しませてあげて欲しい」という、変わった依頼がありました。

依頼者によると、子供たちはゾンビが大好きで、全く怖くないとのこと。そんな願いを叶えるため、探偵がゾンビを用意し、依頼者の自宅を襲う衝撃の神回が放送されたのです。

成長した子どもたち

成長した子どもたち

この神回は、探偵ナイトスクープを長年楽しんでいるファンにも人気があり、番組の30周年企画として、当時の子どもたちに会いに行く企画が放送されました。

当時と比べて立派に成長した子どもたちでしたが、さすがにゾンビには興味がなくなった模様。前回と同じくゾンビを見せたものの、辛辣な言葉を返されてしまいました。

14位:読めない手紙

14位:読めない手紙

今では海外旅行が当たり前の世の中にはなりましたが、昭和初期は、世界大戦が勃発するなどの悲劇も多々あったほど、国同士の関係は険悪でした。依頼者の父親は、自身が生まれる前にフィリピンのレイテ島に出征、戦場で帰らぬ人となってしまいました。

そのため、父親は自分が誕生していること自体知らないのでは、と思って依頼者は生きていたそうです。そこで立ち上がったのが、探偵ナイトスクープの探偵でした。

父親は依頼者が誕生していることを知っていた

父親は依頼者が誕生していることを知っていた

依頼者は父親から届いた手紙を2枚発見し、古くなって読めなくなった手紙の解読を探偵に依頼しました。番組の力で解読作業を進めた結果、「身重」という表記が見つかりました。依頼者の父親は、妻が妊娠中で依頼人が誕生しているを身ごもっていたこともしっかりと認識していたのです。

依頼人は自分の存在を知らずに父親が他界したと思っていたため、ほっとした表情を見せていました。

13位:掃除機嫌いの子ども

13位:掃除機嫌いの子ども

小さい子どもの頃は、些細なことやモノに対して怖がってしまうもの。あまり人には話せないようなものに怖がっていた過去が、誰にでもひとつはあるのではないでしょうか。

この神回では、「子どもが掃除機を克服できるようにしてほしい」という親からの依頼で、掃除機ですぐに泣いてしまう子どもをサポートするため、探偵が立ち上がりました。

アンパンマン掃除機を使えるように

アンパンマン掃除機を使えるように

掃除機を子どもが好きな動物を模したかわいいデザインに変更したり、小さい掃除機を使わせてみるなど、あの手この手で克服できるよう試みました。そして地道な特訓の成果によって、アンパンマン掃除機なら使えるようになり、掃除機を怖がらなくなったのです。

12位:5歳児が自転車で伊勢へ

12位:5歳児が自転車で伊勢へ

敏腕な探偵たちは、自分たちより圧倒的に年齢が下の依頼人であっても、依頼を達成することに全力を注ぎます。そのため、探偵ナイトスクープでは、依頼のために奮闘する様子がこれまで数えきれないほど放送されてきました。

しかし、この神回では、探偵たちよりも依頼人だった5歳の子どもに注目が集まり、探偵ナイトスクープ屈指の神回として愛されるようになりました。

依頼は子どもの父親から届き、「息子のチャレンジを手伝ってほしい」というものでした。そのチャレンジとは、自転車で三重県の伊勢に住むおじいちゃんの家に行くことでした。5歳といえば、年齢的にも自転車が乗れるようになったかどうかというほどの年齢。そのうえ、伊勢は山道が多いため、自転車での移動は交通事故の危険もあります。

さらに出発地点は大阪からとのことで、伊勢までの距離は162kmもあったのです。それでも子どものチャレンジを手伝うことを決めた探偵は、子どもと一緒に、大阪から伊勢を目指しました。

162kmを走った無敵の少年

162kmを走った無敵の少年

こういった子どもの挑戦は、一般的に考えて事故の恐れなどもあるため、決して挑戦してはいけません。しかし、少年の決心は道中も消えることはなく、162km先の伊勢にまで自転車のみで到着することに成功しました。

まだ5歳という若さながらとんでもないガッツの持ち主で、その強さは大人の男性をも軽く超えるほどでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

レズビアン映画の人気おすすめランキング20選と口コミ【2022最新版】

女性同士の恋愛の模様を描いた映画は同性を好きになった葛藤や純愛を描いた作品が多く、その美しい恋愛の姿は非常に…

もどる / 965 view

堤幸彦監督の映画!人気ランキングTOP22【2022最新版】

主にサスペンス系のドラマ・映画監督として活躍を続ける堤幸彦さん。シリアスな雰囲気をもたせつつも、コミカルな描…

吉岡和 / 156 view

岩井俊二監督の映画/アニメ作品!おすすめTOP22【2022最新版】

「岩井ワールド」を呼ばれる特徴的な映画作品を生み出すことで愛されている「岩井俊二」監督。これまでに「Love…

吉岡和 / 171 view

菅田将暉のドラマ&映画おすすめランキング45選【最新版】

若手イケメン俳優の菅田将暉さん。俳優としての実力も増してきており、かつての少年のようなかわいらしさから大人の…

マギー / 287 view

24時間テレビのマラソン歴代走者32選!年代別にランキング形式で紹介【2022最新版…

日本テレビ系列で毎年放送されている「24時間テレビ」では、これまで多くの有名人たちがマラソンランナーを務めて…

kent.n / 238 view

若村麻由美のドラマ&映画おすすめランキング67選【2022最新版】

アラフィフとは思えない美しさを誇る女優の若村麻由美さん。最強の美魔女とも呼ばれています。そこで今回は、若村麻…

マギー / 311 view

福士蒼汰のドラマ&映画おすすめランキング32選【最新版】

イケメン俳優として女性に大人気の福士蒼汰さん。最近はイケメンという役を打ち破って爽やかなイメージを覆す作品に…

マギー / 173 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

山田洋次監督の映画作品ランキング55選【2022最新版】

現在の日本を代表する映画監督・山田洋次さん。今回は数々の名作を世に送りだしてきた偉大な山田洋次監督の人気映画…

三島マコト / 240 view

日本の巨大地震12選!被害・規模大きいランキング【2022最新版】

地震大国の日本で生活する以上、地震の恐怖からは逃げられないでしょう。ここでは、これまで日本を襲った大規模な被…

kent.n / 902 view

【面白い】コメディドラマ人気ランキング【おすすめ70選・2022最新版】

みなさんはコメディドラマはお好きですか?仕事で疲れたり、勉強で疲れたりしたときに見ると気分転換になる、コメデ…

冨乃 けい / 1881 view

Amazonプライムビデオのおすすめ映画&ドラマ100選【邦画30・洋画30・ドラマ…

Amazonではプライム会員になると見放題になるAmazonプライムビデオも人気ですね。今回は膨大な量のAm…

ririto / 304 view

綾瀬はるかの映画おすすめランキングTOP14【2022最新版】

ホリプロタレントスカウトキャラバンで特別賞を受賞して以降、ドラマや映画で活躍されている綾瀬はるかさん。今まで…

kii428 / 488 view

王様のブランチ歴代司会&リポーター人気ランキングTOP20【2022最新版】

TBSで毎週土曜日のお昼に放送されている情報番組「王様のブランチ」。長寿番組で、長い間放送されている人気番組…

kii428 / 1126 view

荻上直子監督の映画・ドラマ人気ランキングTOP10【2022最新版】

「ゆったり」「ゆるい」が特徴的な映画監督『荻上直子』さん。代表作品は「かもめ食堂」「めがね」「かもめ食堂」「…

吉岡和 / 192 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング