不朽の名作 ジブリ

大人も子供も楽しめる名作揃いのジブリ映画は、長年老若男女問わずに愛され続けていますが、これまで公開されてきたジブリ映画の中で皆さんの1番のお気に入りの映画はありますか?

今回は、これまで公開されたジブリ映画の中から人気のある作品順にTOP20まで紹介します!

ジブリ映画の人気ランキング TOP20-16

第20位「ホーホケキョ となりの山田くん」

第20位「ホーホケキョ となりの山田くん」

1999年公開。

朝日新聞に連載されていた4コマ漫画を原作にした「ホーホケキョ となりの山田くん」は、平凡な家族の日常をコミカルに描いたホームドラマです。

あらすじ

あらすじ

「腹へった、なんかないか」と酔って帰宅したたかしに、まつ子はどらやきとバナナを持ってくる。こんなもん食えるか、と怒る亭主に平然と背を向け、妻はテレビを見続ける。だが、妻は栄養を考えてバナナとミルクを夫のために持ってきてやったのだ。やがて、たかしはそのバナナをうまそうに食う。このほか、原作の四コマ漫画を元にしたエピソードが集まって一つの作品を形成している。

【amazonより引用】

第19位「平成狸合戦ぽんぽこ」

第19位「平成狸合戦ぽんぽこ」

1994年公開。

第49回毎日映画コンクールアニメーション映画賞など複数の映画賞を受賞した映画で、スタジオジブリでは初のCG使用作品です。

あらすじ

あらすじ

自然の恵み多き東京は多摩丘陵。そこに住むタヌキたちはのんびりとひそやかに暮していた。しかし、宅地造成による自然破壊によって、タヌキたちのエサ場が次第に少なくなっていた。自分たちの住処を守るため、タヌキたちは先祖伝来の“化け学”で人間たちに対抗することにするが……。

【Yahoo!映画より引用】

第18位「おもひでぽろぽろ」

第18位「おもひでぽろぽろ」

1991年公開。

週刊明星に連載されていた漫画が原作の「おもひでぽろぽろ」は、自分の少女時代を振り返りながら、精神的に自立してゆく平凡なOLの姿を描いた作品です。

第9回ゴールデングロス賞マネーメイキング監督賞、第15回 日本アカデミー賞 話題賞 作品部門受賞作品。

あらすじ

あらすじ

1982年の夏。27歳になるOL岡島タエ子は、勤務先で休暇を取得。姉、ナナ子の夫の親類の家に2度目の滞在をさせて貰う事になった。

タエ子は、山形へ向かう寝台特急あけぼの3号の車中で、田舎が無いことで寂しい思いをした小学5年生の自分を思い出す。その後、滞在先の家の息子、トシオや農家の人々と交流するうちに次々とその当時の頃の思い出がよみがえっていく。淡い初恋の記憶、分数の割り算、パイナップルの味、たった一度だけお父さんに殴られたこと、少しの間だけ同級生だった「あべくん」との苦い記憶───。そんな思い出と共に過ごしていく内、次第にタエ子は農家の人々の暮らしに強い魅力を感じるようになる。

【ウィキペディアより引用】

第17位「かぐや姫の物語」

第17位「かぐや姫の物語」

2013年公開。

平安時代初期に成立した竹取物語を原作としたかぐや姫の物語は、近年には珍しい手書き風のスタイルで描かれており、「一枚絵が動く」ような映像に。

世界各国で公開され、ブルーリボン賞や日本アカデミー賞をはじめ、多数の映画賞を受賞しました。

あらすじ

あらすじ

今は昔、竹取の翁が見つけた光り輝く竹の中からかわいらしい女の子が現れ、翁は媼と共に大切に育てることに。女の子は瞬く間に美しい娘に成長しかぐや姫と名付けられ、うわさを聞き付けた男たちが求婚してくるようになる。彼らに無理難題を突き付け次々と振ったかぐや姫は、やがて月を見ては物思いにふけるようになり……。

【Yahoo!映画より引用】

第16位「コクリコ坂から」

第16位「コクリコ坂から」

2011年公開。

「なかよし」に連載されていた佐山哲郎、高橋千鶴の漫画が原作で、物語の街並みは横浜をイメージして描かれているそう。

さまざまな価値観が交錯する戦後の高度成長期を背景に、16歳の少女と17歳の少年の愛と友情を描いた作品です。

あらすじ

あらすじ

1963年(昭和38年)、初夏の横浜。女子高生の松崎海は、海の見える丘に建つ"コクリコ荘"を切り盛りしている。海は、朝鮮戦争で機雷に触れて亡くなった船乗りの父を偲んで毎朝庭に旗を上げていたが、高校の学級新聞に"旗を上げる少女"の詩が匿名で掲載されると、それが自分のことではないかと胸をときめかせる。

海の高校には、男子文化部の部室棟“カルチェラタン”があり、老朽化による取り壊しの是非が論争になっていた。海は、取り壊し反対の論陣を学級新聞で張っている風間俊と知り合い、二人は淡い恋心を抱くようになる。俊に協力したいと思った海が、カルチェラタンの大掃除を提案すると、高校では女子生徒達をも巻き込んだ一大掃除作戦が始まる。

【ウィキペディアより引用】

ジブリ映画の人気ランキング TOP15-11

第15位「思い出のマーニー」

第15位「思い出のマーニー」

2014年公開。

イギリスの作家、ジョーン・G・ロビンソンによる児童文学作品を原作とした「思い出のマーニー」は、舞台を現代日本の北海道に置き換えて描かれています。

アカデミー賞、日本アカデミー賞、アジア太平洋映画賞など複数の映画賞を受賞。

あらすじ

あらすじ

札幌に暮らす12歳の内気な少女・杏奈は、悪化するぜん息の療養のため、夏の間、田舎の海辺の村に暮らす親戚の家で生活することになる。しかし、過去のある出来事から心を閉ざしている杏奈は、村の同世代の子どもたちともうまくなじむことができない。そんなある日、村の人々が「湿っ地屋敷」と呼び、長らく誰も住んでいないという湿原の古い洋風のお屋敷で、杏奈は金髪の不思議な少女マーニーと出会い、秘密の友だちになるが……。

【映画.comより引用】

第14位「耳をすませば」

第14位「耳をすませば」

1995年公開。

りぼんに連載されていた柊あおいの漫画が原作の「耳をすませば」は、中学生の男女が繰り広げる淡い恋愛模様を、思春期の不安や、複雑な乙女心、将来への不安と憧れなどを織り交ぜて描いた作品です。

あらすじ

あらすじ

月島雫は、明るく読書好きな女の子。中学3年になって、周りは皆受験勉強で一生懸命なのに、いつも学校の図書館や市立図書館で本を読みふけっていた。雫はある日、図書館の貸し出しカードに「天沢聖司」という名前を発見する。雫が読む本には必ずといっていいほどその名前があった。やがて、雫はひとりの少年と出会う。中学を卒業したらイタリアへ渡って、ヴァイオリン職人の修行をしようと決意している少年。その少年こそが「天沢聖司」であった。雫は聖司に惹かれながらも、将来の進路や未来、そして自分の才能にもコンプレックスと焦りを感じていた。

【amazonより引用】

第13位「風立ちぬ」

第13位「風立ちぬ」

2013年公開。

宮崎駿の漫画を原作とした「風立ちぬ」は、実在した人物である堀越二郎をモデルに、堀辰雄の小説「風立ちぬ」を盛り込まれて創作された作品です。

あらすじ

あらすじ

大正から昭和にかけての日本。戦争や大震災、世界恐慌による不景気により、世間は閉塞感に覆われていた。航空機の設計者である堀越二郎はイタリア人飛行機製作者カプローニを尊敬し、いつか美しい飛行機を作り上げたいという野心を抱いていた。関東大震災のさなか汽車で出会った菜穂子とある日再会。二人は恋に落ちるが、菜穂子が結核にかかってしまう。

【Yahoo!映画より引用】

第12位「借りぐらしのアリエッティ」

第12位「借りぐらしのアリエッティ」

2010年公開。

カーネギー賞を受賞したメアリー・ノートンのファンタジー小説「床下の小人たち」を原作とした「借りぐらしのアリエッティ」は、舞台を現代日本に置き換えて、人間の少年と小人の少女を描いた作品です。

あらすじ

あらすじ

14歳の小人の少女・アリエッティは両親と3人、人間に見られてはいけないという掟の下、郊外にある古い屋敷の床下で人間の生活品を「借り」ながら密かに慎ましく暮らしていた。

彼女が初めての「借り」を夜に控えたある日、人間の少年・翔が療養のため静かなこの屋敷へやってきた。その夜の借りで翔に見つかり、戦利品の角砂糖も逃げる時にうっかり取り落としてしまう。一度、翔の出方をみることにした父・ポッドと彼女だったが、母と大叔母から小人の話をよく聞かされていた翔は3人との接触を試みるようになる。

【ウィキペディアより引用】

第11位「猫の恩返し」

第11位「猫の恩返し」

2002年公開。

1995年に公開されたジブリ映画「耳をすませば」の主人公である月島雫が書いた物語という位置付けのスピンオフ作品。

ゴールデングロス賞最優秀金賞受賞。

あらすじ

あらすじ

女子高生・吉岡ハルは、学校に遅刻したある日の放課後、ラクロス部である親友のひろみと家路についていた。道中、何かをくわえた見かけない猫がトラックに轢かれそうになるのを目撃、咄嗟にひろみのラクロスのスティックを使って助ける。助けられた後、その猫は日本語で礼を述べ、二足歩行で歩き去る。実は、彼は猫の国の王子・ルーンだった。その夜、ハルは母親に昔の猫とのエピソードを聞かされる。そして夜中に猫王ら猫の国一行にルーンを助けたお礼として目録を貰う。

【ウィキペディアより引用】

ジブリ映画の人気ランキング TOP10-6

第10位「紅の豚」

第10位「紅の豚」

1992年公開。

月刊誌『モデルグラフィックス』の連載漫画記事宮崎駿の雑想ノートの「飛行艇時代」を原案に、世界大恐慌の時代のイタリア、アドリア海を舞台にして、飛行艇を乗り回す海賊ならぬ空賊と、それを相手に賞金稼ぎで生きるブタの姿をした退役軍人操縦士の物語です。

あらすじ

あらすじ

深紅の飛行艇を駆る豚のポルコは、かつてイタリア空軍のエースだったが、今はアドリア海の小島に隠棲し、空中海賊(空賊)退治を請け負う賞金稼ぎとして暮らしていた。マンマユート団たち空賊連合は、いつも商売の邪魔をするポルコを目の敵にしている。ある晩、昔馴染みのジーナが営むホテル・アドリアーノを訪れたポルコは、米国製の飛行艇を操るアメリカ人カーチスに出会う。カーチスは空賊連合が雇った用心棒だった。

【ウィキペディアより引用】

第9位「魔女の宅急便」

第9位「魔女の宅急便」

1989年公開。

角野栄子による児童書が原作で、2014年には実写化もされた人気作品です。

あらすじ

あらすじ

魔女の子は、13歳になると一人前の魔女になるために1年間の修行に出なければならず、人間の父親と魔女の母親を持つ13歳の少女キキもまた、黒猫ジジを連れて父母のもとを旅立つ。海辺の町、コリコを修行の場に選んだキキは、親切なパン屋のおかみのおソノさんのおかげで、唯一使える魔法である、ホウキで空を飛ぶ能力を使って荷物配達の仕事を始める。初めての仕事では、途中の森に荷物を落とすなどトラブルを起こしつつも何とか仕事を無事終了。女子画学生のウルスラや、少年トンボともお友達となり、少しずつ仕事にも慣れていくキキだったが……。

【ウィキペディアより引用】

第8位「崖の上のポニョ」

第8位「崖の上のポニョ」

2008年公開。

海沿いの街を舞台に、「人間になりたい」と願うさかなの子・ポニョと5歳の少年・宗介の物語です。

日本アカデミー賞、第3回アジア・フィルム・アワードなど、多数の映画賞を受賞。

あらすじ

あらすじ

魚の女の子ポニョは、海の女神である母と魔法使いの父に育てられている。ある日、家出をして海岸へやってきたポニョは、空き瓶に頭が挟まっていたところを、保育園児の宗介に助けられる。宗介は魚のポニョが好きになり、ポニョも宗介が好きになる。ところが、娘がいなくなったことに気づいた父に追いかけられて捕まり、ポニョは海底に連れ戻されてしまう。

【ウィキペディアより引用】

第7位「風の谷のナウシカ」

第7位「風の谷のナウシカ」

1984年公開。

地球壊滅後の近未来を舞台に、“腐海”と呼ばれる毒の森に生きる人々の闘いを描いた作品です。

1984年度のアニメグランプリ、日本アニメ大賞の作品部門をダブル受賞しました。

あらすじ

あらすじ

高度な産業文明を破壊させた「火の七日間」呼ばれる大戦争から1000年。人類は、巨大な虫や、毒の森・腐海に脅かされながら生きていた。辺境の小国「風の谷」の族長の娘、ナウシカは、人間同士の争いに巻き込まれていく。

【映画.comより引用】

第6位「天空の城ラピュタ」

第6位「天空の城ラピュタ」

1986年公開。

ジブリ映画の中で原作となる作品が存在しない初のアニメオリジナルの監督作品。

19世紀後半の産業革命期のヨーロッパを元にした架空世界での冒険を描いたお話になっています。

あらすじ

あらすじ

少女シータは、政府の特務機関に捕らえられ飛行船に乗せられていた。彼らの狙いはシータが亡き母から受け継いだ、謎の青い石だった。そこへその石を同じく狙う空中海賊ドーラ一家の襲撃があり、逃げようとしたシータは誤って飛行船から落ちる。シータは石が放つ不思議な光に包まれて気を失いながらゆっくりと落ちて行き、鉱山で働く少年パズーに助けられる。

【ウィキペディアより引用】

ジブリ映画の人気ランキング TOP5-1

第5位「となりのトトロ」

第5位「となりのトトロ」

1988年公開。

ブルーリボン賞をはじめ数多くの賞を受賞しました。

昭和30年代前半の日本を舞台に、田舎へ引っ越してきた草壁一家のサツキとメイの姉妹が、子どもの時にしか会えないと言われる不思議な生き物・トトロとの交流を描いたファンタジー映画です。

あらすじ

あらすじ

「そりゃスゴイ、お化け屋敷に住むのが父さんの夢だったんだ」と、こんなことを言うお父さんの娘が、小学六年生のサツキと四歳のメイ。このふたりが、大きな袋にどんぐりをいっぱいつめた、たぬきのようでフクロウのようで、クマのような、へんないきものに会います。ちょっと昔の森の中には、こんなへんないきものが、どうもいたらしいのです。でも、よおく探せばまだきっといる。見つからないのは、いないと思いこんでいるから。

【amazonより引用】

関連するキーワード

関連するまとめ

白濱亜嵐のドラマ&映画おすすめランキング10選【最新版】

GENERATIONS、EXILEのメンバーでもある白濱亜嵐さん。今回は、白濱亜嵐さんが出演した人気ドラマラ…

マギー / 228 view

藤井流星のドラマ&映画おすすめランキング12選【最新版】

ジャニーズWESTのメンバーとして活躍している藤井流星さん。アイドルだけでなく俳優としてもめざましい活躍を見…

マギー / 1375 view

安藤サクラのドラマ&映画おすすめランキング32選【最新版】

第71回カンヌ国際映画祭において、最高賞であるパルム・ドールを獲得した事でも注目を浴びた安藤サクラさん。今回…

マギー / 533 view

日曜劇場歴代視聴率ランキングTOP10【平均・最高別】

1956年から放送されている「日曜劇場」は、60年以上の長い歴史を持つTBS系の番組枠のこと。今回は、そんな…

AJT2580 / 18012 view

大河ドラマ歴代視聴率ランキングTOP20【最新版】

日本の歴史をドラマティックに描いた大河ドラマ作品。豪華キャスト勢が話題になることもあり、連続テレビ小説と並ぶ…

kent.n / 45706 view

松嶋菜々子のドラマ&映画おすすめランキング32選【最新版】

2児の母となっても美しさが健在の松嶋菜々子さん。今回は、松嶋菜々子さんが出演した人気ドラマランキングTOP2…

マギー / 238 view

妻夫木聡のドラマ&映画おすすめランキング32選【最新版】

ハリウッド映画にも出演するなど、世界で活躍する俳優としても知られている妻夫木聡さん。今回は、妻夫木聡さんが出…

マギー / 142 view

歴代TVドラマの主題歌人気ランキング【全65曲・最新版】

テレビドラマの主題歌として起用され、多くの楽曲が話題となり、その時代のトレンドになりました。それらの名曲の中…

kent.n / 16902 view

柴咲コウのドラマ&映画おすすめランキング50選【最新版】

歌手や女優として幅広い活躍をされている柴咲コウさん。ここでは、柴咲コウさん出演のドラマおすすめランキングTO…

kii428 / 3842 view

ホラー映画のおすすめランキングTOP50【洋画&邦画】

今回は、ムシムシした夏に是非見て欲しい、ゾッとするホラー映画を、洋画と邦画交え、おすすめ作品をランキング形式…

AJT2580 / 8502 view

及川光博のドラマ&映画おすすめランキング55選【最新版】

王子、プリンスとしてコアなファンが多い及川光博さん。先日は檀れい算との電撃離婚を発表し話題になりました。今回…

マギー / 2467 view

要潤のドラマ&映画おすすめランキング72選【最新版】

うどん県副知事としても活躍しているイケメン俳優要潤さん。ライダー俳優としてデビューし、当時は子供だけでなくマ…

マギー / 1043 view

藤原竜也の映画&ドラマおすすめランキング60選【最新版】

狂気的な役をやらせたら右に出る物はいないほどの天才的演技力を見せる俳優、それが藤原竜也さんです。今回は、藤原…

マギー / 3258 view

山下健二郎のドラマ&映画おすすめランキング11選【最新版】

三代目 J SOUL BROTHERSのメンバーとして活動している山下健二郎さんは俳優としても活動をして注目…

マギー / 503 view

篠原涼子の映画&ドラマおすすめランキング60選【最新版】

ドラマや映画で大活躍している篠原涼子さん。ここでは、篠原涼子さんが出演している人気おすすめ映画ランキングTO…

kii428 / 16365 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

戸田恵梨香のドラマ&映画おすすめランキング45選【最新版】

コードブルーや大恋愛で人気が爆発している戸田恵梨香さん。以前の可愛らしい演技から、大人の色気のある成熟した女…

マギー / 1031 view

岩田剛典の映画まとめ!人気ランキングTOP5【最新版】

甘いマスクで大人気の三代目JSB・岩田剛典さん。今回は俳優としても活躍している岩田剛典さん出演の映画について…

rirakumama / 3878 view

水川あさみのドラマ&映画おすすめランキング32選【最新版】

サバサバした性格で、男性だけでなく女性からも絶大な支持を得ている水川あさみさん。そこで今回は、水川あさみさん…

マギー / 1198 view

【名作邦画】映画おすすめランキングTOP50【高評価厳選!】

これまで日本では数多くの映画が公開してきましたが、皆さんは何本邦画を観たことがありますか?中には「邦画はつま…

AJT2580 / 222311 view

木村拓哉の映画おすすめランキング9選【最新版】

国民的アイドル「SMAP」の元メンバー、そして現在は俳優として人気の木村拓哉さん。今回は、木村拓哉さんが出演…

マギー / 2728 view

木村文乃ドラマ&映画おすすめランキング55選【最新版】

結婚をして益々女優としての幅が広がった女優の木村文乃さん。今回は、木村文乃さんが出演した人気ドラマランキング…

マギー / 3265 view

【実写化】少女漫画原作の映画!おすすめランキングTOP30【最新版】

漫画原作の映画が目立つようになった現在、多くの人気少女漫画も実写映画化を果たしてきました。本ランキングでは、…

kent.n / 4113 view

玉森裕太のドラマ&映画おすすめランキング19選【最新版】

Kis-My-Ft2のメンバー玉森裕太さん。アイドルだけでなく、俳優、そしてバラエティでも存在感を示す存在と…

マギー / 1931 view

神木隆之介のドラマ&映画&声優おすすめランキング45選【最新版】

天才子役としてかわいい容姿から、今はすっかり一人前の男性俳優となった神木隆之介さん。今回は、神木隆之介さんが…

マギー / 411 view

日曜劇場歴代視聴率ランキングTOP10【平均・最高別】

1956年から放送されている「日曜劇場」は、60年以上の長い歴史を持つTBS系の番組枠のこと。今回は、そんな…

AJT2580 / 18012 view

洋楽のCMソング!人気曲ランキングTOP45【最新】

テレビCMでよく耳にする洋楽。誰でも聞いたことがある程有名な曲なのに、何故かタイトルと歌手がわからない!なん…

AJT2580 / 66733 view

大泉洋の映画&ドラマおすすめランキング32選【最新版】

北海道の星と呼ばれ、地方タレントとして活躍するだけでなく全国でも大ブレイク中の大泉洋。今回は、大泉洋が出演し…

マギー / 105 view

世にも奇妙な物語の名作ランキングTOP35!怖い&面白い【最新版】

質の低下が嘆かれるフジテレビのテレビドラマですが、それでも根強い人気を誇っている「世にも奇妙な物語」。定期的…

kent.n / 35838 view

品川祐・映画監督の作品!人気ランキングTOP5【最新版】

お笑い芸人として活躍する「品川裕」さん。芸人としての活動の他に、俳優、そして映画監督としても活躍しています。…

吉岡和 / 6441 view

イッテQで活躍!出川ガール歴代ランキングTOP6【最新版】

日本テレビの大人気番組である「世界の果てまでイッテQ!」レギュラー出演の出川哲郎さんと共にロケをする通称「出…

kii428 / 37754 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング