スポンサードリンク

歴代最強の将棋棋士ランキングTOP20-16

20位:桐山清澄

生年月日 1947年10月7日
プロ入り年月日 1966年4月1日(18歳)
出身地 奈良県下市町
師匠 増田敏二六段

段位 九段

戦績
タイトル獲得合計 4期
一般棋戦優勝回数 7回
通算成績 993勝936敗(0.5147)

桐山清澄は18歳でプロ入りし、1984年度、第10期棋王戦五番勝負で米長邦雄四冠王を3-1で破り、初のタイトル獲得を果たします。1986年度から1987年度前半にかけては、大活躍し、第48期(1986年度前期)棋聖戦五番勝負で米長邦雄からタイトルを奪取し、2度目のタイトルを獲得します。王座戦で中原誠に挑戦して敗退するも、第49期(1986年度後期)棋聖戦で南芳一の挑戦を3-1で退け、タイトル初防衛に成功します。さらに、第50期(1987年度前期)棋聖戦で西村一義の挑戦を3-0のストレートで下し、棋聖3連覇を成し遂げ、大きな話題を集めました。

19位:田中寅彦

生年月日 1957年4月29日
プロ入り年月日 1976年6月4日(19歳)
出身地 大阪府豊中市
師匠 高柳敏夫名誉九段

段位 九段

戦績
タイトル獲得合計 1期
一般棋戦優勝回数 6回
通算成績 784勝726敗(0.5192)

田中寅彦は、1976年にプロ入りし、順位戦でC級2組脱出に4年かかりましたが、4期目から4年連続昇級で1984年4月1日にA級八段となりました。1981年度、新人王戦で優勝をはたします。独創的な序盤戦術により作戦勝ちを収めることが多く、「序盤のエジソン」の異名を持ちます。「居飛車穴熊」で囲いの固さを重視、「飛車先不突矢倉戦法」では展開のスピード重視である現代の序盤戦術の基礎に大いに貢献しました。

18位:加藤一二三

生年月日 1940年1月1日
プロ入り年月日 1954年8月1日(14歳)
引退年月日 2017年6月20日(77歳)
出身地 福岡県嘉麻市
師匠 剱持松二九段

段位 九段

戦績
タイトル獲得合計 8期
一般棋戦優勝回数 23回
通算成績 1,324勝1,180敗(0.529)
タイトル戦の持将棋1
順位戦クラス 名人・A級通算36期

勲等は旭日小綬章、 実力制6人目の名人で、2017年6月20日に現役を引退した将棋棋士です。戦前生まれの名人経験者最後の存命者で、「神武以来(じんむこのかた)の天才」「1分将棋の神様」の異名を持ちます。最高齢現役(2017年6月20日引退)、最高齢勝利、最高齢対局、現役勤続年数、通算対局数、通算敗戦数は歴代1位であり、1950年代、1960年代、1970年代、1980年代、1990年代、2000年代の各年代で順位戦最高峰A級に在籍したことがある唯一の棋士です。

17位:中村修

生年月日 1962年11月7日
プロ入り年月日 1980年7月2日(17歳)
出身地 東京都町田市
師匠 佐伯昌優九段

段位 九段

戦績
タイトル獲得合計 2期
一般棋戦優勝回数 1回
通算成績 777勝672敗(0.5362)

昭和55年に四段に昇段(プロ入り)した強豪グループ、いわゆる「55年組」の一人で、王将のタイトルを2度獲得し、竜王戦1組11期の成績を残しています。2017年2月から日本将棋連盟棋士会会長、2015年6月には、同女流棋士会監事に就任しています。第35期王将戦七番勝負で、1986年3月15日、当時の第一人者・中原誠三冠王から王将のタイトルを奪取して一躍注目されました。第13回将棋大賞で殊勲賞を受賞、23歳でタイトルを獲得した王将は現在でも最年少記録となっています。

16位:島朗

生年月日 1963年2月19日
プロ入り年月日 1980年9月18日(17歳)
出身地 東京都世田谷区
師匠 高柳敏夫 名誉九段

段位 九段

戦績
タイトル獲得合計 1期
一般棋戦優勝回数 3回
通算成績 810勝692敗(0.5392)

1980年四段プロデビューした、いわゆる「55年組」の一人で、竜王戦1組通算10期、順位戦A級通算9期の成績を誇る将棋棋士です。1988年の第1期竜王戦で米長邦雄に4-0のストレート勝ち、初代竜王に輝き、誰もが予想しない優勝であったことから、シンデレラボーイと呼ばれていました。若手との研究会や、パソコンによるデータ管理など、将棋界に新風を吹き込んだことで話題を集め、中でも、羽生善治・佐藤康光・森内俊之が参加していた「島研」は伝説的研究会と呼ばれました。主な著書に、島ノート 振り飛車編があります。

歴代最強の将棋棋士ランキングTOP15-11

15位:塚田泰明

生年月日 1964年11月16日
プロ入り年月日 1981年3月5日(16歳)
出身地 東京都
師匠 大内延介九段

段位 九段

戦績
タイトル獲得合計 1期
一般棋戦優勝回数 3回
通算成績 748勝636敗(0.5404)

1980年度(昭和55年度)にプロ入りした強豪グループ、いわゆる「55年組」の一人で、王座のタイトルを獲得し、名人戦A級通算7期、竜王戦1組通算9期という成績で現在九段の将棋棋士です。「攻め100%」「昇天流」といわれる豪快な攻めの棋風で知られる。その攻めは「塚田が攻めれば道理が引っ込む」と評されたほどでした。相がかりの先手番の超急戦戦法である「塚田スペシャル」を開発し、この戦法で公式戦22連勝するなど活躍しました。

14位:南芳一

生年月日 1963年6月8日
プロ入り年月日 1981年1月19日(17歳)
出身地 大阪府
師匠 木下晃七段

段位 九段

戦績
タイトル獲得合計 7期
一般棋戦優勝回数 6回
通算成績 815勝680敗(0.5451)

南芳一は、王将、棋聖、棋王のタイトルを獲得、名人戦A級通算9期、竜王戦1組通算16期を誇る優れた将棋棋士です。1980年度(昭和55年度)にプロ入りした強豪集団、いわゆる「55年組」の一人であり、タイトル通算7期は55年組の中でも最多にあたります。王将戦・棋王戦といった冬に行われるタイトル戦に強かったため「冬将軍」と呼ばれていました。

13位:高橋道雄

生年月日 1960年4月23日
プロ入り年月日 1980年6月4日(20歳)
出身地 東京都
師匠 佐瀬勇次名誉九段

段位 九段

戦績
タイトル獲得合計 5期
一般棋戦優勝回数 3回
通算成績 849勝697敗(0.5491)

1980年度(昭和55年度)にプロ入りした、いわゆる「55年組」の一人で、タイトルを5期獲得した人気の将棋棋士です。五段でのタイトル獲得(王位)は当時までの最低段記録で、十段戦が竜王戦に移行したときの、最後の十段在位者として将棋界では有名です。将棋手筋の教科書や、棒銀と中飛車で駒落ちを勝て!など数々の著書があり、1986年には最優秀棋士賞を獲得しています。

12位:井上慶太

生年月日 1964年1月17日
プロ入り年月日 1983年2月4日(19歳)
出身地 兵庫県芦屋市
師匠 若松政和

段位 九段

戦績
一般棋戦優勝回数 2回
通算成績 929勝654敗(0.5686)

井上慶太は、現在九段で、2011年4月から2015年6月まで日本将棋連盟棋士会副会長、2015年6月から日本将棋連盟非常勤理事、2017年2月からは同連盟常務理事に就任しています。羽生善治が1996年2月14日に七冠独占を達成した6日後の2月20日、オールスター勝ち抜き戦で羽生に勝利し、「羽生七冠に初めて勝った棋士」として話題となりました。また、2018年3月28日、同年2月に朝日杯将棋オープン戦で史上最年少の棋戦優勝を遂げ六段に昇段し、史上最年少六段として一躍時の人となっていた藤井聡太と第68期王将戦一次予選で対戦し勝利し、藤井の四段時代から続いていた連勝を16で止めると同時に六段昇段後初の黒星を喫させ話題となりました。

11位:森下卓

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

闇営業のお笑い芸人メンバー17名と意味~衝撃順にランキング【最新版】

2019年6月に週刊誌「FRIDAY」がお笑い芸人の不祥事を報じ、世間に広く知られるようになった「闇営業」。…

kent.n / 607 view

沢尻会のメンバー一覧20名!女性男性別・衝撃順にランキング【2022最新版】

女優の沢尻エリカさんを中心とした「沢尻会」には、芸能界の一線で活躍してきた超大物たちが参加してきたとのことで…

kent.n / 263 view

芸能人好感度ランキング35選!男性・女性別まとめ【2022最新版】

芸能人には欠かせない要素のひとつとして好感度がありますよね。ここでは、芸能人の好感度ランキングを男女別でまと…

kii428 / 2624 view

【美人】美女が多い都道府県ランキングTOP47【2022最新版】

「日本三大美人」とは秋田美人、京美人、博多美人を指しますが、本当に美人が多いのでしょうか?今回はその謎を解き…

タカアキ / 4809 view

豊胸した芸能人女性ランキングTOP25【2022最新版】

女性にとって胸が大きいことはやはり憧れですよね。しかしダイエットなどで小さくなってしまうこともあります。ここ…

kii428 / 4816 view

色白で色気のある女性芸能人ランキングTOP25【2022最新版】

色白で色気のある女性芸能人ランキングTOP25人を発表します。今回の色白で色気のある女性芸能人ランキングには…

アイドルオタク / 2215 view

【画像有】激太り・激やせの芸能人50選!ランキング形式で紹介【2022最新版】

ハードなスケジュールや所属事務所・スポンサーとのトラブルなど、芸能人の労働環境は、決していいものではありませ…

kent.n / 8744 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

滑舌が悪い芸能人25選~男性女性別ランキング25選【2022最新版】

今回は滑舌が悪いと言われている芸能人の方を男性女性別&ランキング形式でご紹介します。滑舌の悪いことをネタにし…

chokokuru / 1602 view

【そっくり】顔が似てる芸能人26組!ランキング形式で紹介【画像あり・2022最新版】

オンリーワンな個性を放つ芸能人たちではありますが、特定の芸能人同士の顔立ちが似てると話題になることがあります…

kent.n / 5142 view

自殺した芸能人&有名人ランキングTOP51【2022最新版】

現在、1日100人もの方が自殺しているという日本。芸能界や世間に名を轟かせた有名人の中にも、自殺という悲しい…

kent.n / 4230 view

竜兵会の歴代メンバー12人の現在!衝撃順にランキング【2022最新版】

竜兵会(りゅうへいかい)は、ダチョウ倶楽部の上島竜兵を中心としたリアクション芸人らによる集団です。今回は竜兵…

maru.wanwan / 727 view

自閉症の芸能人&有名人22選~衝撃順にランキングで紹介【2022最新版】

発達障害の一種でもある自閉症。最近では、大人の発達障害を告白する芸能人も増えてきています。ここでは、自閉症の…

kii428 / 1898 view

ヤリマン・ビッチと噂の芸能人30選!衝撃順にランキング【2022最新版】

今回は、ネット上でヤリマンやビッチと噂されている芸能人・有名人の衝撃ランキング30選を紹介します。彼氏や旦那…

maru.wanwan / 13002 view

雌雄眼の芸能人15選・女性男性別!可愛い&イケメンランキング【2022最新版】

雌雄眼(しゆうがん)とは左右の目の大きさが違うことで、片方の目が大きく一方は目が小さいため、左右非対称の顔で…

maru.wanwan / 2610 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング