スポンサードリンク

郷ひろみとは

郷ひろみのプロフィール

郷ひろみのプロフィール

本名:原武裕美(はらたけひろみ)
生年月日:1955年10月18日
出身地:福岡県糟屋郡須恵町
職業:歌手、俳優
最終学歴:日本大学法学部(中退)
所属事務所:バーニングプロダクション

代表作
テレビドラマ
ムー一族(1978年-1979年TBS)宇崎拓郎 役
ミセスとぼくとセニョールと!(1980年TBS)マモル 役
翔んでる警視(1986年TBS)岩崎白昼夢 役

受賞歴
1973年 第4回日本歌謡大賞 放送音楽賞
1975年-1979年 日本テレビ音楽祭 トップアイドル賞
1981年 第14回日本有線大賞 有線音楽賞
1986年 ベルリン国際映画祭 銀熊賞
1999年 第32回日本有線大賞 有線音楽優秀賞
2007年 第12回ネイルクィーン 協会特別賞

昭和時代のスーパースター

昭和時代のスーパースター

現在のアイドル文化は、ジャニーズやAKBグループを中心に大勢の人たちを熱狂させています。本来、アイドルの寿命は20代前半辺りまでと言われてきましたが、バラエティー番組やワイドショーなどの出演や、定期的なライブ活動などよりファンとの距離が近くなったこともあり長く活躍するアイドルも珍しくはなくなりました。

男性ですと40代でも活躍中の人気ジャニーズは多く、AKBグループも30歳目前になっても人気アイドルとして活動するメンバーも珍しくありません。さらに、ももいろクローバーZも、結成から10年ほど経過した現在も根強い人気があるなど、昭和時代と比較して、アイドルの寿命はこれほど大きく伸びているのです。

しかし、ファンの勢いは昭和時代のアイドル黄金期には叶いません。当時は寿命は短かったものの、ファンの熱意はある意味異常と言えるものだったのです。

郷ひろみさんは、そんなアイドル黄金期を築いた立役者のひとりであり、60歳を迎えた現在も第一線で活動しています。

ハンサムなスーパースター

ハンサムなスーパースター

現代の日本では、顔立ちが整った男性のことを「イケメン」と表現しており、若者世代を中心にこと言葉が愛用されています。しかし、昭和時代のアイドル文化に親しんできた人なら、「イケメン」ではなく、「ハンサム」という言葉の方がしっくりするでしょう。そして、ハンサムなアイドルを思い浮かべると、真っ先に郷ひろみさんの顔が出てくるはずです。

シャープな輪郭と男らしいまゆ毛、そして逞しい筋肉など、全体が整いすぎた完璧な芸能人としてアイドル時代から人気を獲得してきました。そして、現在もアイドル的な人気があると同時に、ブレイク期である1970年代や1980年代と全く変わらないスター性も維持しています。

主なファン層は50代から60代ほどの女性ですが、郷ひろみさんのハンサムな顔立ちに、心奪われクラクラになってしまった若者世代の女性も少なくはないでしょう。

スキャンダラスなスーパースター

スキャンダラスなスーパースター

ワイルドなオーラを放つハンサムスターな郷ひろみさんらしく、これまで多くのスキャンダルが報じられてきました。

最も大騒ぎになったのは、同時期にアイドルとして活動していた松田聖子さんとの破局騒動でしょう。2人は結婚秒読みというほどの仲だったにも関わらず、郷ひろみさんによる「生まれ変わったら一緒になろうね」の一言で破局を迎えました。

その後は二谷友里恵さんと結婚しますが、郷ひろみさんによる不倫などで亀裂が走り、離婚しています。さらに、二谷友里恵さんとの間に誕生した娘との仲も険悪なものとなっており、この件は離婚時の裁判によって判明しています。

富豪層の女性をゲットして玉の輿婚を果たし、ニューヨークで休業期間を送ったものの2度目の離婚となり、2012年に24歳年下の美人女性と3度目の結婚を果たしました。

とにかく女癖の悪さが目立つハンサムスターですが、こういったワイルドさも、郷ひろみというスーパースターを作り上げているのかもしれませんね。

スーパースターに相応しい豪邸

スーパースターに相応しい豪邸

一度はニューヨークで休業期間を挟んだ郷ひろみさんですが、デビューから現在まで芸能界で走り続けてきました。そのため、生涯得た収入は一般的な金額を軽く逸脱していることも安易に想像できるでしょう。

実際、郷ひろみさんは豪邸に住んでおり、テレビ番組や雑誌の撮影などでもこの豪邸を公開しています。最もお気に入りのスペースは、オーシャンビューが堪能できるリビングとのことで、休日は海を眺めながら読書を楽しんでいるそうです。

これほどの豪邸に住むのは決して簡単ではなく、郷ひろみさんがどれほど大物なのか伺うことができますね。

郷ひろみの名曲をランキング!

郷ひろみの名曲をランキング!

これまでリリースしたシングルCDは103枚であり、バラエティー豊かな楽曲ばかりファンに届けてきた郷ひろみさん。未だテレビ番組などで使われることも多いほど印象的な楽曲も多いため、郷ひろみさんの全盛期を知らない若者世代にも、郷ひろみさんの一部楽曲が知られているのです。

今回は、そんな郷ひろみさんの名曲を、50曲に絞りランキング!ファンや世間の認知度を独自調査した結果をチェックしていきましょう!

郷ひろみ人気曲ランキングTOP50-41

50位:ケアレス・ウィスパー
49位:バイブレーション(胸から胸へ)
48位:Wブッキング 〜LA CHICA DE CUBA〜
47位:洪水の前
46位:お化けのロック
45位:ハリウッド・スキャンダル
44位:How many いい顔
43位:セクシー・ユー (モンロー・ウォーク)
42位:哀愁のカサブランカ (’95)
41位:言えないよ

郷ひろみ人気曲ランキングTOP40-36

40位:恋はシュミシュミ

40位:恋はシュミシュミ

2018年にリリースした郷ひろみさんの最新シングルであり、ユニークな振り付けにも注目が集まった「恋はシュミシュミ」。80年代のディスコサウンドをイメージしているため、郷ひろみさんの全盛期を知る人も、懐かしい気持ちでこの曲を楽しめるでしょう。

39位:笑顔にカンパイ!

39位:笑顔にカンパイ!

「笑顔にカンパイ!」は、ギターサウンドが魅力的な96枚目のシングル曲です。歌手デビュー40周年を記念した楽曲で、布袋寅泰さんが楽曲を提供しました。

38位:君が泣ける場所になる

38位:君が泣ける場所になる

好きな人に甘えたい、そんな男性の気持ちを歌った「君が泣ける場所になる」。この歌詞に共感できる男性は、郷ひろみさんと同世代の男性だけではないはずです。

37位:ありのままでそばにいて

37位:ありのままでそばにいて

「ありのままでそばにいて」は、郷ひろみさんによる心温まるバラードです。大切な人を思い浮かべながら聴くと、この楽曲の魅力をさらに感じられるでしょう。

36位:僕がどんなに君を好きか、君は知らない

36位:僕がどんなに君を好きか、君は知らない

昭和時代のオーソドックスなバラードとして人気を集めた「僕がどんなに君を好きか、君は知らない」。郷ひろみさんのファンでなくとも、男性ならカラオケで熱唱したくなるほど魅力的な名曲です。

郷ひろみ人気曲ランキングTOP35-31

35位:ワキワキマイフレンド

35位:ワキワキマイフレンド

ブレイク期を彷彿させる雰囲気のジャケット写真も人気が高い「ワキワキマイフレンド」。郷ひろみさん83作目のシングルCDとして、2001年にリリースされました。

昼ドラとしてはある意味異色のテレビドラマ「はるちゃん5」の主題歌に起用され、謎のキャラクターが人気を博したミュージシャンのダンスマンが差曲を手掛けています。

34位:Bang Bang

34位:Bang Bang

「Bang Bang」は、同じメロディーが何回も繰り返されるため、中毒性が高いシングル曲です。ジャケットの郷ひろみさんもハンサムですので、ファンなら入手しておきたい1枚ですね。

33位:男が恋に出逢うとき

33位:男が恋に出逢うとき

「男が恋に出逢うとき」は、郷ひろみさんが1999年にリリースしたシングル曲です。オリコン78位という結果であり、当時の郷ひろみさんが低迷期を迎えていたことが如実に表れています。しかし、この楽曲はファン人気が高く、郷ひろみさんもコンサートで度々披露してきました。

低迷期の隠れた名曲を掘り返したい人は、まずはこの楽曲をチェックしましょう!

32位:君だけを feat.童子-T

32位:君だけを feat.童子-T

昭和時代を代表するアイドル郷ひろみさんと、ヒップホップミュージシャン童子-Tさんという異色のタッグで生み出されたのが「君だけを feat.童子-T」です。昔からのファンにはなじみがないであろうヒップホップというジャンルに挑戦した意欲作であり、従来の楽曲とは違う魅力を放っています。

31位:スキだから

31位:スキだから

「スキだから」は、真っ直ぐな男性の気持ちを歌詞に表現している郷ひろみさん102枚目のシングル曲です。ジャケットに映る爽やかな郷ひろみさんにも心奪われてしまいますね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

クリスタルキング歴代メンバーの現在!人気ランキングTOP7【2022最新版】

クリスタルキングは「大都会」「愛をとりもどせ!!」などで一世を風靡し、名曲の数々が今も愛され続けています。今…

kent.n / 3 view

宇多田ヒカルの人気曲ランキングBEST51【2022最新版・動画付き】

日本を代表するシンガーソングライターの宇多田ヒカルさんの人気曲をランキング形式でまとめてみました。ここでは、…

rogi / 1 view

歌い手(男性)のイケメン人気ランキングTOP25【2022最新版】

「○○歌ってみた」でお馴染みの動画やらライブやイベントなどで活躍する「歌い手」さん。歌い手には、イケメン男性…

kii428 / 14 view

竹内まりやの人気曲ランキング45選&アルバム5選【動画付き・2022最新版】

日本を代表する女性シンガーソングライター竹内まりや。この記事では、竹内まりやの人気曲ランキングTOP45やお…

rogi / 0 view

Janne Da Arcの人気曲!名曲ランキングTOP50【動画付・決定版】

伝説のヴィジュアル系バンドJanne Da Arc(ジャンヌダルク)の人気曲ランキングTOP50を紹介します…

m_and_m / 1 view

Silent Sirenの人気曲ランキング40選&アルバム6選【動画付き・2022最…

「サイサイ」の愛称で親しまれている原宿発のガールズバンドSilent Siren(サイレント・サイレン)。今…

rogi / 0 view

歌手・アーティストのイケメン男性ランキング30選【日本・海外】【2022最新版】

国内外の男性歌手・アーティストの中で、イケメン度が高い人を30人厳選したのでランキング形式でご紹介します!日…

cibone / 7 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

いきものがかりの人気曲ランキングTOP50【ファンが選んだ名曲集・2022最新版】

国民的グループ「いきものがかり」はまっすぐに透き通った歌声が魅力で、彼女たちの楽曲はさまざまなシーンで耳にし…

rogi / 2 view

ZOOの人気曲15選!名曲ランキング/Choo Choo TRAINなど【2022最…

1989年に結成し、1995年に解散を迎えたダンス&ボーカルグループ「ZOO」。解散までにリリースされた「Z…

kent.n / 3 view

1980年代邦楽ヒット曲ランキングTOP50~日本の名曲【動画付き】

1980年代にヒットした邦楽50曲をランキング形式で紹介しています。今でも聞かれる名曲も多いので、是非この記…

rogi / 0 view

作曲家の有名ランキングTOP30・日本人限定/人気の音楽動画あり【2022最新版】

日本の作曲家たちの多くは、映画・テレビドラマ、そしてアニメなどの音楽を担当することで人気を獲得してきました。…

kent.n / 16 view

SCANDALの人気曲ランキングTOP35【動画付き・2022最新版】

デビューをした2008年からガールズバンドとしてトップで活躍し続けているSCANDAL(スキャンダル)。今で…

rogi / 0 view

【神曲】globeの人気曲ランキングTOP40【ファンが選んだ名曲集・2022最新版…

小室哲哉、KEIKO、マーク・パンサーから成る音楽グループglobe(グローブ)。今回は、ファンが選んだgl…

rogi / 0 view

小室哲哉プロデュースの人気曲ランキング45選【動画付き・2022最新版】

日本が生んだ名プロデューサー、小室哲哉。安室奈美恵、TRF、華原朋美…彼の魔法にかかったアーティストは数知れ…

cibone / 0 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング