スポンサードリンク

大型バイクとは?

NC750XE Package

NC750XE Package

大型バイクは迫力があります。

大型バイクとはエンジンの排気量が400ccを超えるバイクの総称で、正式には大型自動二輪車です。大型のバイクの中でも、1000ccまでをミドルクラス、1000cc超えをリッタークラスと呼ぶことがあります。大型バイクの運転には、大型自動二輪車運転免許が必要で、18歳から取得できます。

大型バイクの魅力

FJR1300AS

FJR1300AS

大型バイクは余裕の走りが自慢。

大型バイクの魅力は、優れた加速と余裕の走りです。僅か300㎏程度の車両重量の車体に100PSを超えるエンジンが搭載されている大型バイクもあり、市街地などでは、ずば抜けた加速感が楽しめます。信号待ちからのスタートダッシュや追い越し加速など自動車にはない加速感が堪能できます。

一方、ツーリングなどで峠の上り坂を走行したり、高速道路を走行したりしても、高出力のエンジンによって余裕の走りが楽しめます。

また、複数台の大型バイクでツーリングした際の存在感は抜群で、特にハーレーダビットソンを乗った中高年のライダーが連なって走る姿は、爽快な感じはします。

小さな排気量のバイクで、峠のコーナーをひらりひらりクリアするのも楽しいですが、ハーレーダビットソンみたいな大型バイクで、街中をどっしりと走るのもバイクの楽しみ方の一つだと考えられます。

大型バイクの選び方

GSX-S750 ABS

GSX-S750 ABS

大型バイクの選び方は重要です。

【選び方のポイント①】カウル

ハンドル、ライト、エンジンなどバイクのフロント周りを覆うカバーをカウルといいます。
カウルによって、走行中にライダーが受ける風圧を減らすことができたり、ライダーの体温が奪われることを防ぐことができたりします。特に、高速道路を走る際には、絶大なる威力を発揮するのがこのカウルです。ただ、カウルがないモデルもあるように、必ず必要ではなく、転倒した際に、損傷しやすいパーツので、よく考えて選んだほうがよいという考え方もあります。

【選び方のポイント②】ハンドル、ステップ

バイクの殆どは、前傾姿勢を保ちながら、運転します。そのため、前傾姿勢があまりにキツイと、ライダーへの負担が大きいです。特にスーパーバイク(レーサーレプリカ)といわれるバイクは、前傾姿勢がキツイです。一方、アメリカンタイプのバイクは、ハンドルが高く、楽な姿勢で運転できるものが多いです。前傾姿勢の角度を決めるのは主にハンドルやステップの形状と位置なので、選ぶポイントとなっています。

【選び方のポイント③】車両の重量やサイズ

大型バイクになると、重量が重く、サイズも大きくなる場合がありますので、試乗して自分の身長や体力に合ったものを選ぶのがのぞましいです。自動車と異なり、バイクは降りて押すことも想定して選んだほうがいいです。

■大型バイク(401cc~750ccクラス)人気・ランキングTOP10-5

10位:ホンダ CBR650F

999,000円

全長 (mm):2110
全幅 (mm):755
全高 (mm):1145
エンジン

エンジン

気筒数:4
シリンダ配列:並列(直列)
冷却方式:水冷
排気量 (cc):648
4スト・カム駆動方式:DOHC

CBR650Fは、ミドルクラスのCBRとして2014年に誕生したモデル。幅広いライダーに向けたモデルとして開発され、ハンドルポジションも少し高めに設定。2017年のマイナーチェンジで平成28年排出ガス規制に対応し、LEDヘッドライト、デザインを変更したカウルを採用しました。ミッションは6速の中で2~5速までローレシオに設定することで、パワフルな加速フィールを獲得しました。

・選び方のポイントをチェックできるデータは次の通りです。
シート高 (mm):810
車両重量 (kg):213
最高出力(PS):90
最大トルク(kgf・m):6.5

9位:ホンダ NC750X

743,040円

全長 (mm):2215
全幅 (mm):845
全高 (mm):1320
エンジン

エンジン

気筒数:2
シリンダ配列:並列(直列)
冷却方式:水冷
排気量 (cc):745
4スト・カム駆動方式:OHC(SOHC)

2018年モデルの NC750X Dual Clutch Transmission ABS E Packageは、自動変速のデュアルクラッチトランスミッション(DCT)、ホンダ・セレクタブルトルクコントロール(HSTC)を搭載。HSTC はトルクコントロール(2段階)と、トルクコントロールOFFのセレクトができます。2018年モデルから、シート高が800㎜となりました。

・選び方のポイントをチェックできるデータは次の通りです。
シート高 (mm):800
車両重量 (kg):231
最高出力(PS):54
最大トルク(kgf・m):6.9

8位:スズキ SV650 ABS

738,720円

全長 (mm):2140
全幅 (mm):760
全高 (mm):1090
エンジン

エンジン

気筒数:2
シリンダ配列:V型(L型)
冷却方式:水冷
排気量 (cc):645
4スト・カム駆動方式:DOHC

1999年に初登場したモデルで、優れた実用性に加え、運動性、コスパを併せ持つスタンダード。ハイパワーな水冷90度Vツイン、アルミトラスフレームなど充実した仕様となっています。2007年モデルを最後にカタログから消えましたが、2018年には、カフェレーサースタイルのモデルとして復活。カラーリングの変更、ブラックのハンドルバー、ダンロップのロードスマートⅢが採用されました。

・選び方のポイントをチェックできるデータは次の通りです。
シート高 (mm):785
車両重量 (kg):197
最高出力(PS):76.1
最大トルク(kgf・m):6.5

7位:スズキ V-Strom 650 ABS

950,400円

全長 (mm):2275
全幅 (mm):835
全高 (mm):1405
エンジン

エンジン

気筒数:2
シリンダ配列:V型(L型)
冷却方式:水冷
排気量 (cc):645
4スト・カム駆動方式:DOHC

スズキ V-Strom 650ABSは、海外向けモデルとして登場したアドベンチャーツアラーでした。エンジンは645cc水冷4スト90°Vツインエンジンを搭載しました。長距離ツーリングに最適な、大型のウインドスクリーンをはじめ、大容量の燃料タンク、快適な座り心地のシートなどを採用。2017年のフルモデルチェンジで、エクステリアデザインが変更され、トラクションコントロールが採用されました。

・選び方のポイントをチェックできるデータは次の通りです。
シート高 (mm):835
車両重量 (kg):212
最高出力(PS):69
最大トルク(kgf・m):6.2

6位:カワサキ Ninja 650

807,840円

全長 (mm):2055
全幅 (mm):740
全高 (mm):1135
エンジン

エンジン

気筒数:2
シリンダ配列:並列(直列)
冷却方式:水冷
排気量 (cc):649

カワサキ Ninja 650は、2017年にモデルチェンジして、シャープなデザインが施されました。新しいトレリスタイプのフレームに組み合わされるエンジンは、649ccの水冷並列2気筒DOHC4バルブとなっています。2018年モデルのNinja 650 KRT Editionは、ワールドスーパーバイク選手権に参戦予定のニンジャZX-10RRをイメージさせるスペシャルカラーを採用。

・選び方のポイントをチェックできるデータは次の通りです。
シート高 (mm):790
車両重量 (kg):193
最高出力(PS):68
最大トルク(kgf・m):6.6

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

アウトドアの車おすすめランキング20選【ワゴン・SUV・2022最新版】

海や山にキャンプやスキー、釣りなどを行くときに車があると便利です。ただ、大自然の中で思わぬトラブルが発生する…

ドリームハンター / 72 view

ホイールナットのおすすめ人気ランキング20選と選び方【2022最新版】

社外品のホイールナットには色々な素材が使われていたり、美しいカラーリングを施されていたりするので、ドレスアッ…

ドリームハンター / 24 view

人気のSUVおすすめ30選!国産15車種と外車15車種を紹介【2022最新版】

海外から日本へ登場したSUV(Sport Utility Vehicle)という車は日本でも販売も好調で一過…

ドリームハンター / 15 view

女性のバイクおすすめ人気ランキングTOP30【2022最新版】

バイクにまたがってさっそうと走る女性の姿は、かっこいいですよね。バイクに乗る女性を憧れる人も多いと思います。…

ドリームハンター / 205 view

【車】カーワックスのおすすめランキング最強20選【2022最新版】

車用ワックスをかけると美しい輝きが復活するので、車のお手入れには欠かせないグッズとなっています。カーショップ…

ドリームハンター / 39 view

車用コンパウンドおすすめ12選!選び方や使い方も紹介【2022最新版】

車のボディーを補修するために必要な車用コンパウンドは、カー用品店などで販売されています。コンパウンドの種類は…

ドリームハンター / 30 view

世界のバイクメーカーおすすめランキング12選!日本のTOP4・海外のTOP8を紹介【…

世界中には数多くのバイクメーカーが点在しており、バイクは世界の人々に乗り続けられている便利な乗り物です。日本…

ドリームハンター / 266 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

バックカメラのおすすめランキング人気25選と口コミ【2022最新版】

バックカメラがあると車両の後方をしっかり確認でき、安全に車庫入れや縦列駐車が行えるので便利です。バックカメラ…

ドリームハンター / 44 view

男性芸能人の愛車!車の人気ランキングTOP25【2022最新版】

車は、男性のロマンの象徴と言っても過言ではないものですが、数千万円で取引されている高級車も多く、高額な収入を…

kent.n / 256 view

かっこいい車のおすすめ人気ランキング32選と選び方【国産・外車別・2022最新版】

かっこいい車は男女問わず、憧れの的ですね。実用性を少し抑えたとしても、かっこいい車に乗りたい人はいます。そこ…

ドリームハンター / 121 view

バイク用ヘルメット人気おすすめTOP12!選び方3つのポイントも紹介【2022最新版…

バイクの運転には必需品となっているヘルメットはライダーを守る重要なアイテムです。そして、バイク用品店に行くと…

ドリームハンター / 60 view

バイク用インカムのおすすめランキング20選と選び方【2022最新版】

バイク用インカムは、ライダー同士のコミュニケーションツールとしてとても便利で、ツーリングの際に活躍します。そ…

ドリームハンター / 25 view

ポータブルカーナビのおすすめ人気ランキング15選と口コミ&選び方【2022最新版】

ポータブルカーナビは、簡単に自動車から乗せ換えることができるので、1台あると重宝します。現在では据え置きのカ…

ドリームハンター / 74 view

エンジンオイルのおすすめ人気ランキングTOP14と選び方【2022最新版】

エンジンに不可欠なエンジンオイルを交換することは、自動車のメンテナンスの基本です。カーショップには色々な種類…

ドリームハンター / 39 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング