高音質低価格イヤホン選び方4つのポイント

価格の幅があり、音質傾向も様々な現在のイヤホン事情。実際聞いてみないと好みにあったものを見つけるのは難しいものですが、いくつかのポイントを抑えることで失敗を回避することができます。
ここではイヤホン選びのポイントについて詳しく解説していきたいと思います。

高音質低価格イヤホン選び方1.音質の好みで選ぶ

音質でイヤホンを選ぶ際は実際に聞いてみるのが1番確実ですが、インターネットなどで購入する場合は中々難しいですよね。スペックやレビューを参考にしてみても専門用語でよく分からないということも。
しかし逆に言えばある程度の用語を知っておけば実際に試さなくても音質の傾向が分かります。以下にイヤホンで言われがちな音質をあらわす言葉についてまとめました。
音質の傾向を知ればどんなジャンルの音楽を聞くのに適したイヤホンなのかも分かるので、自分のよく聞くジャンルや好みの音質でイヤホンを選んでみてください。

ドンシャリ

ドンシャリは低音が「ドンドン」響き、高音が「シャリシャリ」聞こえるという意味です。
街中で大音量で音楽を聞いている車や音漏れしているヘッドホンから「ドンドン」という重低音と「シャリシャリ(シャカシャカ)」という高音が聞こえてきた経験はないでしょうか。
その聞こえ方がいわゆるドンシャリと言われている音です。
ドンシャリは低音と高音が強調され、中音が弱い傾向になるので中音となるボーカルをしっかりと聞きたい人には適していないかもしれません。
ミュージックサウンドを聞き込むようなジャンルにはマッチしやすく、ロックやヒップホップ、テクノ、トランスなどの低音を得意としています。
低音と高音がはっきりとすることにより、メリハリの感じられる印象になるのでそういう傾向を好む人向けの音質と言えます。

かまぼこ

ドンシャリとは逆に中音域をしっかりと聞かせ、低音と高音を抑え目にした音質です。
周波数特性グラフを見ると低音と高音が低く中音が高い図になり、これがかまぼこの断面に似ていることからこう呼ばれています。
あえて中音域を際立たせているというよりも、周波数の関係で低音域と高音域が出ないということもあります。
あえてかまぼこ的な特徴を出しているイヤホンはボーカルサウンドの再現性を優先しているタイプになります。
低音、高音を極端にカバーすることがないので聞き疲れしにくいのはメリットかもしれません。
ギターサウンドやバイオリンなども比較的綺麗に聞こえます。

フラット

その名の通り、音域による極端な突出がなく、どの音域もバランスよく出ている音質のことを言います。高音質イヤホンとしては原音に対する再現のアプローチが高く、そのままの音源に近いサウンドを聞くことができます。
ドンシャリやかまぼこといった特定の音域が突出しているメリハリある音質を好む人には平坦に聞こえ、物足りなさを感じるかもしれませんがどのジャンルでも比較的マッチしてくれる扱いやすさがあります。

高音質低価格イヤホン選び方2.装着方法で選ぶ

現在イヤホンの主流となっているのはカナル型ですが、この装着方法も音質に差異を生み出します。
なんとなくで購入するのではなく、使用状況や好みの音質に合わせて選ぶのがおすすめです。
以下にそれぞれの装着方法の特徴をまとめました。

カナル型

別名耳栓型。耳栓に似たイヤーピースを耳の中に押し込むのが特徴です。遮音性が高く音漏れしにくいというメリットから屋外での仕様に適したイヤホンになっています。この特徴から近年のイヤホンの主流になっており、スマートオンを購入した際に純正のイヤホンが付属する場合、大抵カナル型が付いてきます。
音質はどちらかと言えば低音を得意とし、細かな音の表現も際立ちます。
耳の中に押し込む形状から音場の広さ、空間の表現、抜け感を出すのはやや弱く、音のこもりや閉塞感を感じさせやすいのが難点。

カナル型はこんな人におすすめ

カナル型はこんな人におすすめ

イヤホン市場の主流となっているカナル型は製品の豊富さが魅力。機能やデザインも豊富なのでバラエティに富んだラインナップから選ぶことができます。
ノイズキャンセリング機能やワイヤレスタイプのものも多く、イヤホンに機能性を求める人には断然カナル型がおすすめです。遮音性の高さから主に外で使用する人にはカナル型の方が適しています。
音の広がりや抜け感を表現するのが苦手な傾向はありますが、発音ユニットがBA型、ハイブリット型を選べばこの弱点をカバーすることができます。
ハイエンドモデルになれば音の弱点はほとんど感じません。

インナーイヤー型

インナーイヤー型はかつてイヤホンの主流だった装着方式で耳の中に乗せるような形で使用するイヤホンです。耳に入れることに変わりはありませんが、カナル型のような耳栓部分がないことが特徴になります。
カナル型に比べ本体は大きめ。いわゆる開放型となるため遮音性には欠けてしまい、音漏れしやすいというデメリットがあります。
しかし開放型ゆえに音場の広がり方の表現には長けていて臨場感のある音質を出せるというメリットを持っています。低音はやや弱めの傾向にありますが、滑らかな音の表現とアコースティック楽器の再現性の高さは中々のもの。
口径の大きなドライバを使用できるのでスケール感を出すのも得意です。
装着感は軽めでカナル型のような密着感がないため、誰でも違和感なく使用できるタイプでもあります。
音量に注意すれば屋外での使用もできます。

インナーイヤー型はこんな人におすすめ

インナーイヤー型はこんな人におすすめ

インナーイヤー型はこんな人におすすめ
インナーイヤー型は現在生産数が減っているので選ぶほど種類が多くはありません。しかし、カナル型の閉塞感や音のこもりが苦手な人にはインナーイヤー型の方が負担なく聞くことができるのでおすすめです。
臨場感のある音が得意なので音楽だけでなく映画やゲームにも適しています。
ライブ音源を聞く際に空気感を感じたいという人にもインナーイヤー型はおすすめです。

高音質低価格イヤホン選び方3.イヤーピース交換ができるものを選ぶ

イヤーピースは装着感や音漏れの抑制効果だけでなく、音質も左右します。これは密着度と音域の関係性によるものです。
密着感が増すと低音域がぐっと強調され、逆に密着感を緩めると高音域が強まります。
現在販売されているイヤホンの中にはイヤーピースが交換できるようにいくつか大きさの異なるイヤーピースが付属されていることがあります。
これらをうまく駆使すれば自分好みの音質にある程度調節することが可能なので、イヤーピース交換ができるモデルは活用していきましょう。

高音質低価格イヤホン選び方4.エントリークラスの場合は機能の少ないものを選ぶ

機能性も使い勝手には重要なポイントですが、音質最優先でエントリークラスのイヤホンを選ぶ場合はシンプルなイヤホンを選ぶと比較的音質が高い傾向にあります。
同じ予算で作られるイヤホンに機能を搭載していく分だけ音質にかけられるコストが減ってしまうので当然ですね。
音質優先の場合はシンプルなもの、機能優先の場合は多少の音質低下は仕方ないといった風に、優先する事項を予め決めておくと良いかもしれません。

高音質低価格イヤホンおすすめランキングTOP25~21

ここまでは高音質イヤホンの選び方についてみてきました。最後におすすめの高音質低価格イヤホンのランキングを紹介したいと思います。
エントリークラスということで5000以下のモデル限定ランキングになっています。

25位:KOSS カナル型インナーイヤーヘッドホン ブラック The Plug

1,652円

イヤホン形状:カナル型
押しつぶして耳に入れるという一風変わった装着方法が特徴のイヤホン。耳の形状にフィットする低反発フォーム素材を使用しているため密着感が高く、低音重視のサウンドが好みの人におすすめです。
ベースやドラムの音をしっかり聞きたい人向けのパンチが効いた音が楽しめます。
カナル型の違和感が苦手という人でも扱いやすいイヤホンです。
この価格と見た目に反して音はかなり良いです、特に低音が効きます
イヤホンでこの音は凄いと思います

装着するときはイヤーパッドを指で潰してから耳に装着します
するとイヤーパッドが耳の中で膨らんで耳穴にフィットします
耳に入れたばかりのときは音はイマイチですが、ゆっくる膨らんでいくごとに音が良くなるという
不思議な感じが面白いです

もう1セットイヤーパッドが付属していますが、そっちのほうが柔らかいので
耳が痛くなる方は付属品のイヤーパッドに交換してみるといいかもしれません
集中したいときはこれとイヤーマフの同時装着がオススメです
周りの音が全然聞こえません

24位:ヤマハ イヤホン EPH-32 カナル型 スタンダードタイプ ブルー EPH-32(A)

3,111円

イヤホン形状:カナル型
低音よりも高音域をクリアに表現してくる音質が特徴の比較的聞きやすいタイプのイヤホン。
鼓膜まで音が真っ直ぐに届く形状をしていて気持ち良いサウンドガ聞けますが、低音をしっかり聞きたい人には物足りないかもしれません。
好みに合わせて耳かけスタイルとノーマルスタイルを選ぶことができるのも特徴の1つです。
音がとてもクリア。
つけ心地も良い。
音楽を聴くよりはラジオなど、会話を聞くのに適していると感じた。

23位:Blue Ever Blue Model 868 RB

3,200円

イヤホン形状:カナル型
7種類のイヤーパッドが付属しているので自分好みの音を探れるイヤホンとして非常に優秀なモデル。
低音が割合強めのサウンドですが、中高音域も綺麗に響きます。ボーカルの余韻もしっかり感じられるのでフラットに近いかもしれません。
イヤーパッドの装着感で細かな調節ができるので好みに調節することで特定の音域を強くすることも可能。
雑味の少ないクリアなサウンドは値段以上の価値があります。
この価格でこの実力はとても素晴らしい。チップも付属のでも良し、好みに変えてもよし。
低音域がやや強めですがその他もきれいに出ているのではないかと思います。

22位:SONY イヤホン 重低音モデル MDR-XB55 : カナル型 ブラック MDR-XB55 B

3,127円

イヤホン形状:カナル型
重みのある重低音が特徴的な迫力のあるサウンドが特徴的なモデル。
ドライバーユニットから鼓膜までの気密を高めながらハウジングにダクトを儲けることで圧倒的な量感の低音をダイレクトに伝達してくれるイヤホンになっています。
グルーヴ感を味わいたい人に非常に適したモデルと言えるでしょう。
デザイン性が高いのもおすすめポイント。
絡みにくいケーブルってよくどこのメーカーでも言ってたりしますが、実際買ってみると絡んだりするんですよね。
でも、この商品本当にケーブル絡まないです! なんで絡まないのか不思議なくらい絡みませんw

音質は重低音モデルと謳ってはいますがそこまで重低音重視ではなくバランス良く全ての音が出てる中、若干重低音が強調されてるかな?って感じでした。

ケーブルが絡まないのでオススメですね。

関連するまとめ

翻訳アプリのおすすめランキング20選!無料も多数【最新版人気】

近年、スマホアプリがますます便利になってきていますが、そんな中でも海外旅行やビジネスでも人気なのが翻訳アプリ…

maru.wanwan / 170 view

種類別USBケーブルおすすめランキング30選【スマホ・PC】

スマートフォンの充電やパソコンへのデータ転送など何かと必要になるのがUSBケーブルです。ここではUSBケーブ…

もどる / 538 view

【コスパ重視】安いヘッドホンおすすめランキング22選【最新版】

ヘッドホンは非常に価格帯の広い製品です。日常的に音楽を聞く程度であればやはりコストパフォーマンスは大切なポイ…

もどる / 472 view

iPhone用ケース・カバーの人気おすすめTOP20【最新版】

画面が傷付いた割れてしまったりするのをを守ってくれるのがスマホケースやカバーです。ここではおすすめのスマート…

もどる / 510 view

自撮りに最適なデジカメの人気おすすめランキング20選【最新版】

ユーザーのニーズに合わせて年々飛躍的な進化を遂げているデジタルカメラ。近年は自撮り機能に特化したデジカメが流…

もどる / 1264 view

コンパクトデジタルカメラ最強おすすめランキング15選【コンデジ】

リーズナブルで携帯性が高いカメラとして人気が高い「コンデジ」ことコンパクトデジタルカメラ。 ここではおすすめ…

もどる / 1228 view

イヤホンメーカーおすすめランキングTOP10と選び方【最新決定版】

イヤホンを選ぶ際にメーカーを重視して選ぶ、という方は少なくないのではないでしょうか。今回はメーカーごとの特色…

もどる / 506 view

デジタル一眼レフカメラのおすすめランキングTOP12【最新版】選び方のポイント解説

ここ数年でカメラを趣味にする女性も増え、デジタル一眼レフカメラはそんなカメラを趣味にしている方の間で強い人気…

もどる / 535 view

ICレコーダーおすすめ人気ランキング30選!選び方6つのポイントも紹介【最新版】

会議の録音や打ち合わせの録音といったビジネスシーンからメモ帳がわり、気になった音楽の録音といった趣味の場まで…

もどる / 1787 view

ドローンのおすすめ人気ランキングTOP20と選び方【最新版】

数年前に話題になり、現在はすっかり定着したドローン。話題になった当時と比べて随分と機種も増え、選ぶ範囲が広が…

もどる / 238 view

カナル型イヤホンのおすすめランキングTOP30と選び方【最新版】

遮音性が高く、音楽をしっかりと聴くことができるタイプのイヤホンとして現在のイヤホンの主流になっているのがカナ…

もどる / 479 view

iPhone充電器おすすめランキングTOP20と選び方【最新版】

iPhoneを使用していく上で必ず必要になるのが充電器です。今回はiPhone用の充電器のおすすめランキング…

もどる / 244 view

フィルムカメラおすすめ人気ランキングTOP20と選び方【最新版】

デジタルカメラやスマートフォンカメラが台頭している現在、ひっそりと人気を取り戻しつつあるのがフィルムカメラで…

もどる / 675 view

MP3プレーヤーのおすすめ人気ランキング22選と口コミ【最新版】

高音質なハイレゾ音源に対応しているモデルやワイヤレスイヤホンでスマートに視聴できるアイテムが揃ったMP3プレ…

maru.wanwan / 169 view

水中カメラのおすすめランキングTOP20&選び方【最新版】

ダイビングなどで海の中に潜った際、撮影に役立つのが水中カメラです。水中カメラと一言で言っても様々な種類があり…

もどる / 232 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

自撮りに最適なデジカメの人気おすすめランキング20選【最新版】

ユーザーのニーズに合わせて年々飛躍的な進化を遂げているデジタルカメラ。近年は自撮り機能に特化したデジカメが流…

もどる / 1264 view

USBハブのおすすめランキングTOP30と選び方【最新版】

複数のUSB機器を使用するとあっという間にポートが埋まってしまう…そんな時に便利なのがUSBハブで、パソコン…

もどる / 1193 view

トイカメラのおすすめランキングTOP20&選び方【最新版】

その名の通りおもちゃのような素材やデザインが特徴で、味わい深い写真が撮影できるのが特徴のトイカメラ。今回はそ…

もどる / 370 view

ビデオカメラおすすめ人気ランキングTOP20と選び方【最新版】

家族旅行やお子さんのイベント、成長記録などを残しておくのに便利なのがビデオカメラです。今回はそんな家族の記録…

もどる / 369 view

iPhone充電器おすすめランキングTOP20と選び方【最新版】

iPhoneを使用していく上で必ず必要になるのが充電器です。今回はiPhone用の充電器のおすすめランキング…

もどる / 244 view

ミラーレス一眼カメラの人気おすすめランキングTOP20【最新版】選び方のポイント解説

一眼カメラの中で近年注目を集めているのがミラーレス一眼カメラです。ここではミラーレス一眼カメラのおすすめラン…

もどる / 1010 view

スマートウォッチのおすすめランキング20選と選び方【最新版】

Apple Watchの発売以降、次々と新たな製品が開発販売されているスマートウォッチ。ここではスマートウォ…

もどる / 1376 view

デジタル一眼レフカメラのおすすめランキングTOP12【最新版】選び方のポイント解説

ここ数年でカメラを趣味にする女性も増え、デジタル一眼レフカメラはそんなカメラを趣味にしている方の間で強い人気…

もどる / 535 view

ウイルス対策ソフトおすすめランキング25選!選び方や効果・メリットやデメリットも紹介…

ウイルス対策ソフトをお探しですか?いろんな商品が販売されていて選ぶのに大変ですよね。お値段もピンキリです。今…

taurus7 / 674 view

ワイヤレスイヤホンおすすめランキング21選と口コミ~選び方のポイントも解説【最新版】

スマートフォンで音楽を聞くのが当たり前になると同時に需要が高まってきたのがワイヤレスイヤホンです。ここではワ…

もどる / 1184 view

モバイルバッテリーのおすすめ人気ランキングTOP22【最新版】

モバイルバッテリーは外出時でもスマートフォンを充電できる非常に便利なツールです。ここではおすすめのモバイルバ…

もどる / 831 view

女性向けカメラのおすすめ人気ランキングTOP20と選び方【最新版】

近年インスタグラムなどのSNSにアップする写真にこだわる女性が増え、本格的な一眼レフカメラやミラーレスカメラ…

もどる / 1011 view

ドローンのおすすめ人気ランキングTOP20と選び方【最新版】

数年前に話題になり、現在はすっかり定着したドローン。話題になった当時と比べて随分と機種も増え、選ぶ範囲が広が…

もどる / 238 view

Android充電器おすすめランキングTOP20と選び方【最新版】

Android端末を充電するために必要な受電アダプタ。スマートフォンを利用していく上で欠かすことができないア…

もどる / 299 view

ストロボのおすすめ人気ランキングTOP20&選び方【最新版】

暗い場所での撮影や光量の足りない環境での撮影時に役立つアイテムがストロボ(フラッシュ)です。今回はストロボの…

もどる / 225 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング