ストロボとは

ストロボはカメラに取り付けて光を発してくれるアイテムです。基本的にカメラにはフラッシュが内蔵されていますが、それでも光量が足りない時などに非常に役立ちます。

また、カメラのフラッシュで光量が足りない時はISO感度を上げるという方法がありますが、ISO感度を上げすぎると写真にノイズが生じやすくなります。ストロボを使用して外部から光を足すことでISO感度を上げすぎることがないので綺麗に撮影が行えます。

ストロボの選び方のポイント4点

ストロボのおすすめランキングをご紹介する前にまずはストロボを選ぶ際に抑えておきたいポイントを確認しておきましょう。

ポイント1.光量をチェック

ストロボを選ぶ際に一番重要なポイントはもちろん光量です。光量の強さはガイドナンバーという数値で表されます。この数値が大きいほど光量が強くなるのでまずはこの数値の確認を行いましょう。

しかし、メーカーによってそのガイドナンバーがどの照射角度から使用した際の数値なのかが異なっており、一概に数値のみを参考にすると失敗してしまうことがあります。この失敗を回避するために、メーカーごとのガイドナンバー表を確認しておくのがおすすめです。

ポイント2.自動調光機能をチェック

ストロボにはTTLというオートストロボとマニュアルストロボの2種類があります。TTL(Through The Lens)は自動調光機能のことでレンズと通る光をカメラ内の調光センサーが計測を行い、レンズ焦点距離やF値などからストロボの光を自動で設定してくれるものを言います。カメラ初心者の方やストロボに詳しくない方にとっては非常に扱いやすいタイプと言えるでしょう。

ちなみにこのTTLはメーカーで呼び方が異なっており、キャノンはE-TTL、ニコンならi-TTLのように呼ばれています。

TTL機能の搭載されているストロボはマニュアルに切り替えることも可能なので基本的にはあった方が便利ではありますが、TTLは対応のメーカーにしか使用することができません。複数のメーカーのカメラで使いまわしたいという場合はあらかじめマニュアル式のストロボを選ぶようにしましょう。

ポイント3.照射角をチェック

照射角は狭いほど光を遠くに届けることができるので望遠レンズをメインに使用する方はこの照射角が狭くできるものを選ぶようにしましょう。

ちなみにこの照射角はガイドナンバーと関わっており、照射角が狭くなるほどガイドナンバーが大きく、照射角が広いほどガイドナンバーは小さくなります。焦点距離ごとのガイドナンバーもしっかりと確認しておくようにしましょう。

ポイント4.角度調整機能をチェック

カメラ内蔵フラッシュはカメラ上部に固定されているため、基本的には動かすことができます。光がまっすぐに届くと写真の仕上がりがのっぺりとしたものになってしまうので、ストロボを使用する際は光の角度大切になります。そのため、ある程度自由の利く首振り可能かを確認しておく必要があります。

外付けで使用するカメラフラッシュは基本的には首振りができるものが多いですが、上下しか動かないもの、上下左右に動かすことができるものがあるので、より写真の仕上がりにこだわりたい場合は上下左右に動かせるストロボを選ぶのがおすすめです。

おすすめストロボランキングTOP20~16

20位:パナソニック フラッシュライト ルミックス用 DMW-FL360L

24,810円

最大ガイドナンバー(ISO100):36(照射角85mm)
照射角:24~85mm
その多機能:-
サイズ:-
重量:-

パナソニックのストロボ「DMW-FL360L」はワイヤレスによるリモート発光が可能な自動調光可能モデルです。ワイドパネルを搭載しているので広角16mm(35mm判換算)の画角をしっかりとカバーしてくれます。発光部の回転は垂直方向97度、水平方向360度可能になっています。

19位:Yongnuo製 Speedlight YN560 III Canon/Nikon/Pentax/Olympus対応 フラッシュ・ストロボ YN560 II後継モデル 高出力スピードライト

6,555円

最大ガイドナンバー(ISO100):58(照射角105mm)
照射角:-
その多機能:オートズーム
サイズ:60×188×75mm
重量:約540g

カメラ関係のライトで近年注目を集めているYongnuo社のストロボです。コストパフォーマンスが高く初めてストロボを購入する方にもおすすめです。この価格でガイドナンバー58という強い光を出してくれるのもお得感が高いですね。しかし自動調光機能は対応していないので注意が必要です。

18位:プロフォト A1 AirTTL-N (ニコン用) 901202

122,000円

最大ガイドナンバー(ISO100):-
照射角:32~105mm
その多機能:マニュアル設定、オートズーム機構、ワイヤレス発光、バウンス、モデリグ発光、ハイスピードシンクロ、後幕シンクロ
サイズ:75×165×108mm
重量:560g

幅広い性質の光を生み出すことのできるハイスペックなストロボです。ブラウン型のヘッドが自然な減光部を生み出し、周辺光とナチュラルに融合させてくれます。専用の大容量リチウムイオンバッテリーを内蔵し、高いパフォーマンスを維持し、電池残量に左右されません。

17位:Canon スピードライト EL-100 SPEEDLITE EL-100

19,865円

最大ガイドナンバー(ISO100):26(照射角50m)
照射角:24~50mm
その多機能:マニュアル設定、ワイヤレス発光、バウンス、モデリング発光、マルチ発光、ハイスピードシンクロ、後幕シンクロ
サイズ:64.6×91.7×71.03mm
重量:190g

携行性を高め、多彩なシーンで写真表現をサポートしてくれる、コンパクトボディーが特徴の1台です。ストロボを天井や壁に向け、反射した光で柔らかな印象の撮影ができるバウンス撮影も可能。表現力を高めてくれるモデルです。

16位:OLYMPUS フラッシュ ミラーレス一眼用 FL-600R

26,662円

最大ガイドナンバー(ISO100):36(照射角85mm)
照射角:24~85mm
その多機能:マニュアル設定、ワイヤレス発光、バウンス、ハイスピードシンクロ
サイズ:62×104×98mm
重量:255g

大光量が特徴の1台。従来品に比べて充電時間を大幅に短縮したほか、撮影のフレキシビリティと操作性を見直し、より使い勝手を向上させました。また、動画撮影にも最適な機能を搭載し、使用範囲の拡大も図っています。

おすすめストロボランキングTOP15~11

15位:Canon スピードライト 470EX-AI

44,253円

最大ガイドナンバー(ISO100):47(照射角105mm)
照射角:24~105mm
その多機能:マニュアル設定、オートズーム機構、ワイヤレス発光、バウンス、モデリング発光、ハイスピードシンクロ、後幕シンクロ
サイズ:74.6×130.4×105.1mm
重量:385g

最大ガイドナンバー47の大発光量が特徴のストロボ。発光部の角度は上120度、左右180度まで設定ができ、バウンスも可能です。さらにバウンス撮影の自動化ができる「AIバウンス機能」を搭載。ストロボが適切な発光部の角度を自動設定してくれるので、ストロボ初心者の方でも安定して使用できます。

14位:ソニー SONY 電波式ワイヤレス通信対応 フラッシュ HVL-F60RM

54,810円

最大ガイドナンバー(ISO100):60(照射角200m)
照射角:20~200mm
その多機能:マニュアル設定、ワイヤレス発光、バウンス、モデリング発光、マルチ発光、ハイスピードシンクロ、後幕シンクロ、外部電源対応
サイズ:78.1×139.5×104.6mm
重量:449g

ガイドナンバー60という大光量に焦点距離20~200mmをカバーした照射角でどんな撮影シーンにも対応できるのが特徴の1台です。発光回数220回、発光間隔1.7秒。別売りのフラッシュ用外部電池アダプターを使用することで0.6秒の発光間隔を実現し、高速連写も出来るようになります。

13位:ニッシンデジタル i40 ニコン用

23,300円

最大ガイドナンバー(ISO100):40(照射角105mm)
照射角:24~105mm
その多機能:マニュアル設定、オートズーム機構、ワイヤレス発光、バウンス、ハイスピードシンクロ、後幕シンクロ
サイズ:61×85×85mm
重量:203g

比較的安価で購入できる、導入しやすいタイプのストロボです。上下左右と自由な角度調節ができ、様々な撮影に対応します。また、ワイヤレス機能も付属しており、使い勝手の良さも実現。モデリングライトとしても動画撮影のアシストも可能なコストパフォーマンスが高いモデルです。

安価な価格設定と性能の高さから人気を集めている「NEEWER」の人気モデルです。とにかく安く購入できるので試しに購入しやすくなっています。しかし自然調光機能はなく、マニュアル設定でしか使用することができないので全くの初心者の方はやや使いにくさを感じるかもしれません。

11位:Canon スピードライト 600EX II-RT

56,949円

最大ガイドナンバー(ISO100):60(照射角200mm)
照射角:20~200mm
その多機能:マニュアル設定、オートズーム機構、ワイヤレス発光、バウンス、外部測光、モデリング発光、マルチ発光、ハイスピードシンクロ、後幕シンクロ、外部電源対応
サイズ:78.7×143.2×122.7mm
重量:435g

耐熱性の高い材料を採用し、光学系や内部構造の設計を見直し、従来機よりも連続発光回数が単体で最大1.5倍アップしたモデルです。コンパクトバッテリー「CP-E4N」と併用するとより連続発光回数をアップさせてくれます。

おすすめストロボランキングTOP10~6

関連するまとめ

アクションカメラのおすすめランキングTOP20と選び方【最新版】

近年カメラのジャンルとして地位を確立したのがアクションカメラというアイテムです。今回はそんなアクションカメラ…

もどる / 348 view

iPhone充電器おすすめランキングTOP20と選び方【最新版】

iPhoneを使用していく上で必ず必要になるのが充電器です。今回はiPhone用の充電器のおすすめランキング…

もどる / 219 view

USBハブのおすすめランキングTOP30と選び方【最新版】

複数のUSB機器を使用するとあっという間にポートが埋まってしまう…そんな時に便利なのがUSBハブで、パソコン…

もどる / 1156 view

ドローンのおすすめ人気ランキングTOP20と選び方【最新版】

数年前に話題になり、現在はすっかり定着したドローン。話題になった当時と比べて随分と機種も増え、選ぶ範囲が広が…

もどる / 234 view

スマートウォッチのおすすめランキング20選と選び方【最新版】

Apple Watchの発売以降、次々と新たな製品が開発販売されているスマートウォッチ。ここではスマートウォ…

もどる / 1332 view

ワイヤレスイヤホンおすすめランキング21選と口コミ~選び方のポイントも解説【最新版】

スマートフォンで音楽を聞くのが当たり前になると同時に需要が高まってきたのがワイヤレスイヤホンです。ここではワ…

もどる / 1167 view

トイカメラのおすすめランキングTOP20&選び方【最新版】

その名の通りおもちゃのような素材やデザインが特徴で、味わい深い写真が撮影できるのが特徴のトイカメラ。今回はそ…

もどる / 332 view

自撮りに最適なデジカメの人気おすすめランキング20選【最新版】

ユーザーのニーズに合わせて年々飛躍的な進化を遂げているデジタルカメラ。近年は自撮り機能に特化したデジカメが流…

もどる / 988 view

iPhone用ケース・カバーの人気おすすめTOP20【最新版】

画面が傷付いた割れてしまったりするのをを守ってくれるのがスマホケースやカバーです。ここではおすすめのスマート…

もどる / 504 view

Bluetoothワイヤレスヘッドホンおすすめ12選と口コミ~選び方6つのポイントも…

通勤や通学時にヘッドフォンで音楽を聞く人は多いですがそんな場面で頼りになるのがBluetooth対応のワイヤ…

もどる / 572 view

【コスパ重視】安いヘッドホンおすすめランキング22選【最新版】

ヘッドホンは非常に価格帯の広い製品です。日常的に音楽を聞く程度であればやはりコストパフォーマンスは大切なポイ…

もどる / 448 view

マイク付きイヤホンのおすすめ人気ランキングTOP20【最新版】

ハンズフリー通話やカラオケアプリなど活躍するアイテムと言えばマイク機能が搭載されているイヤホンです。こここで…

もどる / 376 view

カナル型イヤホンのおすすめランキングTOP30と選び方【最新版】

遮音性が高く、音楽をしっかりと聴くことができるタイプのイヤホンとして現在のイヤホンの主流になっているのがカナ…

もどる / 467 view

USBメモリのおすすめランキング30選!選び方も紹介【最新版】

USBメモリをお探しですか?さまざまな商品があって選ぶのが大変ですよね。データ容量も形状もいくつもありますし…

taurus7 / 652 view

ミラーレス一眼カメラの人気おすすめランキングTOP20【最新版】選び方のポイント解説

一眼カメラの中で近年注目を集めているのがミラーレス一眼カメラです。ここではミラーレス一眼カメラのおすすめラン…

もどる / 987 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

マイク付きイヤホンのおすすめ人気ランキングTOP20【最新版】

ハンズフリー通話やカラオケアプリなど活躍するアイテムと言えばマイク機能が搭載されているイヤホンです。こここで…

もどる / 376 view

イヤホンメーカーおすすめランキングTOP10と選び方【最新決定版】

イヤホンを選ぶ際にメーカーを重視して選ぶ、という方は少なくないのではないでしょうか。今回はメーカーごとの特色…

もどる / 469 view

モバイルバッテリーのおすすめ人気ランキングTOP22【最新版】

モバイルバッテリーは外出時でもスマートフォンを充電できる非常に便利なツールです。ここではおすすめのモバイルバ…

もどる / 793 view

ビデオカメラおすすめ人気ランキングTOP20と選び方【最新版】

家族旅行やお子さんのイベント、成長記録などを残しておくのに便利なのがビデオカメラです。今回はそんな家族の記録…

もどる / 343 view

骨伝導イヤホンのおすすめランキング10選と口コミ【最新版人気】

最近注目が高まって来た骨伝導ヘッドホン。「骨伝導イヤホンってなに?」と、あまりよく知らない人も多いかもしれま…

maru.wanwan / 143 view

ドローンのおすすめ人気ランキングTOP20と選び方【最新版】

数年前に話題になり、現在はすっかり定着したドローン。話題になった当時と比べて随分と機種も増え、選ぶ範囲が広が…

もどる / 234 view

ワイヤレスイヤホンおすすめランキング21選と口コミ~選び方のポイントも解説【最新版】

スマートフォンで音楽を聞くのが当たり前になると同時に需要が高まってきたのがワイヤレスイヤホンです。ここではワ…

もどる / 1167 view

Android充電器おすすめランキングTOP20と選び方【最新版】

Android端末を充電するために必要な受電アダプタ。スマートフォンを利用していく上で欠かすことができないア…

もどる / 294 view

USBハブのおすすめランキングTOP30と選び方【最新版】

複数のUSB機器を使用するとあっという間にポートが埋まってしまう…そんな時に便利なのがUSBハブで、パソコン…

もどる / 1156 view

ウイルス対策ソフトおすすめランキング25選!選び方や効果・メリットやデメリットも紹介…

ウイルス対策ソフトをお探しですか?いろんな商品が販売されていて選ぶのに大変ですよね。お値段もピンキリです。今…

taurus7 / 649 view

アクションカメラのおすすめランキングTOP20と選び方【最新版】

近年カメラのジャンルとして地位を確立したのがアクションカメラというアイテムです。今回はそんなアクションカメラ…

もどる / 348 view

iPhone充電器おすすめランキングTOP20と選び方【最新版】

iPhoneを使用していく上で必ず必要になるのが充電器です。今回はiPhone用の充電器のおすすめランキング…

もどる / 219 view

iPhone用ケース・カバーの人気おすすめTOP20【最新版】

画面が傷付いた割れてしまったりするのをを守ってくれるのがスマホケースやカバーです。ここではおすすめのスマート…

もどる / 504 view

種類別USBケーブルおすすめランキング30選【スマホ・PC】

スマートフォンの充電やパソコンへのデータ転送など何かと必要になるのがUSBケーブルです。ここではUSBケーブ…

もどる / 529 view

高音質ヘッドホンおすすめランキング12選と口コミ~選び方6つのポイントも紹介【最新版…

現在は国内外問わず様々な種類のヘッドホンが販売されています。価格帯も幅広く、いざ購入しようとすると悩んでしま…

もどる / 787 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング