スポンサードリンク

女子テニス選手の身長ランキングTOP10-1(低い編)

10位:スベトラーナ・クズネツォワ

174cm

174cm

国籍 ロシア
出身地 ソビエト連邦
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国、レニングラード
生年月日 1985年6月27日
身長 174cm
体重 73kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2000年
ツアー通算 34勝
シングルス 18勝
ダブルス 16勝
生涯獲得賞金 24,604,401 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(2005・09・13)
全仏 優勝(2009)
全英 ベスト8(2003・05・07)
全米 優勝(2004)
優勝回数 2(仏1・米1)

スベトラーナ・クズネツォワは、2004年の全米オープンと2009年の全仏オープン女子シングルス優勝者で、2005年と2012年の全豪オープン女子ダブルスでも優勝を経験しています。シングルスの自己最高ランキングは2位、ダブルスは3位で、これまでにWTAツアーで4大大会2勝を含むシングルス18勝、ダブルス16勝を誇る実力ある女子プロテニスプレーヤーです。

9位:ベラ・ズボナレワ

172cm

172cm

国籍 ロシアの旗 ロシア
出身地 同・モスクワ
生年月日 1984年9月7日(34歳)
身長 172cm
体重 59kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2000年
ツアー通算 20勝
シングルス 12勝
ダブルス 8勝
生涯獲得賞金 14,094,602 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(2009・11)
全仏 ベスト8(2003)
全英 準優勝(2010)
全米 準優勝(2010)

ベラ・ズボナレワは、ロシア・モスクワ出身の女子プロテニスプレーヤーで、4大大会では女子ダブルス2勝、混合ダブルス2勝をあげ、シングルスでは2010年のウインブルドンと全米オープンで準優勝をあげています。自己最高ランキングはシングルスで2位、ダブルスで9位で、WTAツアーではシングルス12勝、ダブルス8勝をあげている実力派です。

8位:スローン・スティーブンス

170cm

170cm

国籍 アメリカ合衆国
出身地 同・フロリダ州プランテーション
居住地 同・フロリダ州コーラルスプリングス
生年月日 1993年3月20日
身長 170cm
体重 61kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2009年
ツアー通算 6勝
シングルス 6勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 14,542,551 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(2013)
全仏 準優勝(2018)
全英 ベスト8(2013)
全米 優勝(2017)
優勝回数 1(米1)

スローン・スティーブンスは、アメリカ・フロリダ州プランテーション出身の女子プロテニスプレーヤーです。2017年全米オープン女子シングルスで優勝を飾るなど、これまでWYAツアーでシングルス6勝をあげている実力者です。WTAランキングは3位が自己最高位となっています。4大大会では全米で優勝したほか、2013年の全豪オープンでベスト4、2013年のウインブルドンでベスト8、2018年の全仏オープンで準優勝、という素晴らしい成績をおさめています。

6位:ラウラ・シグムンド

168cm

168cm

国籍 ドイツ
出身地 同・フィルダーシュタット
居住地 同・シュトゥットガルト
生年月日 1988年3月4日
身長 168cm
体重 62kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2006年
ツアー通算 6勝
シングルス 2勝
ダブルス 4勝
生涯獲得賞金 2,125,422 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2016)
全仏 1回戦(2016・18)
全英 1回戦(2015・16)
全米 3回戦(2016)

ラウラ・シグムンドは、ドイツ・フィルダーシュタット出身の女子プロテニス選手で、2016年の全米オープン混合ダブルスで、クロアチアのマテ・パビッチとペアを組んで優勝を成し遂げています。これまでにWTAツアーでシングルス2勝、ダブルス4勝を挙げており、WTAランキング最高位はシングルス27位、ダブルス40位となっています。4大大会の最高成績は2016年の全豪オープン、全米オープンの3回戦です。

6位:シモナ・ハレプ

168cm

168cm

国籍 ルーマニア
出身地 同・コンスタンツァ
生年月日 1991年9月27日
身長 168cm
体重 60kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2008年
ツアー通算 19勝
シングルス 18勝
ダブルス 1勝
生涯獲得賞金 30,155,925 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 準優勝(2018)
全仏 優勝(2018)
全英 ベスト4(2014)
全米 ベスト4(2015)
優勝回数 1(仏1)

シモナ・ハレブは、ルーマニア出身の女子プロテニスプレーヤーで、これまでWTAツアーでシングルス18勝、ダブルス1勝をあげ、自己最高ランキングはシングルス1位を誇ります。ルーマニア人選手で初の女子シングルス世界ランキング1位選手として国内では英雄的扱いで、グランドスラムは2018年全仏オープンで優勝、2014年WTAツアー選手権準優勝、プラミア・マンだトリー優勝3回という素晴らしい成績を残しています。

5位:キルステン・フリプケンス

165cm

165cm

国籍 ベルギー
出身地 同・ヘール
居住地 同・モル
生年月日 1986年1月10日
身長 165cm
体重 55kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2003年
ツアー通算 5勝
シングルス 1勝
ダブルス 4勝
生涯獲得賞金 4,809,399 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2013)
全仏 2回戦(2006・09・10・13・14・17)
全英 ベスト4(2013)
全米 3回戦(2009)

キルステン・フリプケンスは、ベルギー出身お女子プロテニスプレーヤーで、2013年のウィンブルドン女子シングルスでベスト4に入った選手です。これまでにWTAツアーでシングルス1勝、ダブルス4勝を挙げています。WTAシングルスランキング最高位は13位で、2016年8月のリオデジャネイロオリンピックに初出場し、シングルス1回戦でビーナス・ウィリアムズを破るという快挙を成し遂げています。

4位:バニア・キング

163cm

163cm

国籍 アメリカ合衆国
出身地 同・カリフォルニア州
モントレーパーク
生年月日 1989年2月3日
身長 165cm
体重 59kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2006年
ツアー通算 16勝
シングルス 1勝
ダブルス 15勝
生涯獲得賞金 4,436,365 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2012)
全仏 3回戦(2011)
全英 2回戦(2006・09)
全米 3回戦(2009・11)

バニア・キングは、アメリカ・カリフォルニア州モントレーパーク出身の中国系女子プロテニスプレーヤーで、2010年のウィンブルドンと全米オープンで、ヤロスラワ・シュウェドワと組んだダブルスで優勝を果たしています。これまでにWTAツアーでシングルス1勝、ダブルス15勝を挙げており、自己最高ランキングはシングルス50位、ダブルス3位を誇ります。4大大会シングルスでは2012年全豪オープン、2011年全仏オープン、2009年と2011年の全米オープンで3回戦の成績を収めています。

3位:ドミニカ・チブルコバ

161cm

161cm

国籍 スロバキア
出身地 同・ブラチスラヴァ
生年月日 1989年5月6日
身長 161cm
体重 55kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2004年
ツアー通算 9勝
シングルス 8勝
ダブルス 1勝
生涯獲得賞金 13,636,786 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 準優勝(2014)
全仏 ベスト4(2009)
全英 ベスト8(2011・16・18)
全米 ベスト8(2010)

ドミニカ・チブルコバは、スロバキア出身で、2014年の全豪オープン女子シングルスの準優勝者です。これまでにWTAツアーでシングルス8勝をあげており、シングルスの自己最高ランキングは4位を誇ります。161cmの小柄な体格ながら、パワーテニスを持ち味としています。

2位:土居美咲

159cm

159cm

国籍 日本
出身地 同・千葉県大網白里市
生年月日 1991年4月29日
身長 159cm
体重 55kg
利き手 左
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2008年
ツアー通算 2勝
シングルス 1勝
ダブルス 1勝
生涯獲得賞金 2,444,183 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2013)
全仏 2回戦(2015)
全英 4回戦(2016)
全米 2回戦(2015)

土居美咲は、これまでにWTAツアーでシングルス1勝、ダブルス1勝を記録、WTAランキングシングルスの自己最高位は30位を誇る女子プロテニスプレーヤーです。身長は159cmと小柄ながら、コート上では状攻撃的なプレーを見せ、4大大会では2016年のウィンブルドン選手権の4回戦が最高成績となっています。

1位:奈良くるみ

155.5cm

155.5cm

国籍 日本
出身地 同・兵庫県川西市
生年月日 1991年12月30日
身長 155.5cm
体重 52kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2009年
ツアー通算 1勝
シングルス 1勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 2,417,635 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2014)
全仏 2回戦(2014-17)
全英 2回戦(2010・14-16)
全米 3回戦(2013・17)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

【かわいい】女子卓球選手人気ランキングTOP25【2022最新版】

女子卓球選手の中には、アイドル級にかわいいと絶賛されている選手たちが大勢活躍中です!ここでは、そんなかわいい…

kent.n / 14 view

歴代テコンドー選手の有名人気ランキング20選・男子女子別【2022最新版】

競技人口は7,000万人といわれる韓国で生まれたスポーツ、格闘技のテコンドーですが、日本人のテコンドー選手を…

maru.wanwan / 3 view

相撲力士の歴代最強ランキングTOP30!人気のイケメンも【2022最新決定版】

日本を代表する国技の相撲ですが、歴代にいた力士の中で最強だったのは誰なのか気になりますよね。ここでは、独自の…

kii428 / 24 view

箱根駅伝の歴代出場校・強さランキングTOP40【2022最新版】

お正月の風物詩として日本人の間でも定着している箱根駅伝ですが、歴代出場校の中でもどの大学が最も強いのか気にな…

maru.wanwan / 6 view

女子フィギュアスケート歴代人気ランキングTOP28【2022最新版】

男性と女性両方から支持されており、冬季オリンピックシーズンではない期間も話題の上がることも多い女子フィギュア…

kent.n / 5 view

日本のスポーツ人気ランキング30種類~観戦や趣味におすすめ【2022最新版】

今回は日本人の人気スポーツランキングTOP30種類を紹介します。世界には球技のような団体スポーツや、陸上や水…

maru.wanwan / 5 view

アジアのサッカー・国の強さランキングTOP20~最強の国とは【2022最新版】

FIFAワールドカップと同じく、4年に1度開催されるアジアの王者を決めるAFCアジアカップ。現在のアジアで最…

maru.wanwan / 13 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

男子テニス選手の身長ランキング~低い編TOP5・高い編TOP7【2022最新版】

全米・全豪・全仏・全英と世界4大大会と呼ばれるテニスのグランドスラムを見ていて、出場選手はそれぞれ様々な個性…

maru.wanwan / 19 view

【甲子園】高校野球の強さ都道府県別ランキングTOP47【2022最新版】

毎年春の選抜高校野球、夏の選手権大会と2度、甲子園で熱い戦いを繰り広げる高校野球ですが、いったい日本全国の4…

maru.wanwan / 42 view

イケメン男子プロレスラー人気ランキングTOP29【2022最新版】

屈強な肉体がぶつかり合い、ユニークなパフォーマンスも見どころのプロレス界では、多くのイケメンプロレスラーたち…

kent.n / 25 view

サッカー選手の髪型50選~日本・海外別おしゃれランキング【2022最新版】

海外リーグ、Jリーグなどを見ていて、プレーだけではなく選手の髪型に目が行ってしまうという人も多いかと思います…

maru.wanwan / 21 view

【かわいい】女子卓球選手人気ランキングTOP25【2022最新版】

女子卓球選手の中には、アイドル級にかわいいと絶賛されている選手たちが大勢活躍中です!ここでは、そんなかわいい…

kent.n / 14 view

サッカー日本代表監督!歴代人気ランキングTOP15【2022最新版】

世界の強豪たちへ挑戦を続ける日本代表の選手たち。彼らを代々支えてきたのが、日本代表の監督たちです。今回は、日…

kent.n / 2 view

【かわいい】体操女子の歴代人気ランキングTOP18【2022最新版】

体操の女子選手たちは、美しい演技はもちろん、かわいいルックスも注目されやすいですよね!ここでは、歴代体操女子…

kent.n / 26 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング