バレーボールの国別強さランキングTOP15-11(男子)

15位:オランダ

FIVB世界ランキング15位

FIVB世界ランキング15位

オリンピック
出場回数 6回
初出場 1964 東京
最高成績 1位金メダル(1996)
世界選手権
出場回数 11回
初出場 1949 世界選手権
最高成績 2位銀メダル(1994)
ワールドカップ
出場回数 2回
初出場 1965 ワールドカップ
最高成績 2位準優勝(1995)
欧州選手権
出場回数 22回
最高成績 1位優勝(1997)

男子バレーボール世界ランキング第15位のオランダは、1980年代後半から力をつけ始め、1989年欧州選手権でチーム初の銅メダルを獲得すると、1990年代に世界一の高さと攻撃力を誇る強豪国へ躍進し、1992年バルセロナオリンピックで銀メダルを獲得します。1994年世界選手権、1995年ワールドカップでも銀メダルを獲得するものの、あと一歩のところで金メダルには手が届きませんでした。しかし、オリンピック前哨戦の自国開催の1996年ワールドリーグで初優勝、1996年アトランタオリンピックでは決勝で世界選手権2連覇中のイタリアをフルセットの激闘の末に破り、万年2位の汚名を返上するとともに悲願の金メダルを獲得、さらに翌1997年欧州選手権で初優勝を果たし、FIVBランキング1位へと昇りつめました。

14位:ブルガリア

FIVB世界ランキング14位

FIVB世界ランキング14位

オリンピック
出場回数 8回
初出場 1964 東京
最高成績 2位銀メダル(1980)
世界選手権
出場回数 17回
初出場 1949 世界選手権
最高成績 2位銀メダル(1970)
ワールドカップ
出場回数 4回
初出場 1965 ワールドカップ
最高成績 3位3位(2007)
欧州選手権
出場回数 24回
最高成績 2位準優勝(1951)

男子バレーボール世界ランキング第14位はブルガリアです。第1回大会である1949年世界選手権に出場し、1950年代にかけて世界選手権と欧州選手権で4度表彰台に立った東欧の古豪ブルガリアは、1970年代から1980年代にかけて強豪国として活躍しました。1970年世界選手権と1980年モスクワオリンピックで、それぞれ銀メダルを獲得しています。また1972年ミュンヘンオリンピック準決勝で、決勝進出をかけて日本と戦った死闘はバレーボール史に残る名勝負となりました。1986年世界選手権の銅メダル獲得を最後にしばらく表彰台から遠ざかったものの、2006年世界選手権で20年ぶりの銅メダルを獲得し、30年ぶりに出場した2007年ワールドカップでも銅メダルを獲得してFIVBランキングを4位まで上げ、2008年北京オリンピック出場を果たしましたが、準々決勝でロシアに敗れ、モスクワ以来となるオリンピックメダル獲得はなりませんでした。

13位:エジプト

FIVB世界ランキング13位

FIVB世界ランキング13位

オリンピック
出場回数 4回
初出場 1984 ロサンゼルス
最高成績 9位(2016)
世界選手権
出場回数 8回
初出場 1974 世界選手権
最高成績 13位(2010)
ワールドカップ
出場回数 6回
初出場 1977 ワールドカップ
最高成績 8位(1985)
アフリカ選手権
出場回数 15回
最高成績 1位優勝(1976、1983、2005、2007、2009、2011)

男子バレーボール世界ランキング第13位はエジプトです。第2回大会の1971年アフリカ選手権に初出場し銀メダルを獲得しています。また、2004年1月に行われたアテネオリンピックアフリカ予選で敗退し出場権を逃しましたが、2008年北京オリンピックで3回目の出場を果たしました。世界選手権の初出場は1974年大会で、1998年大会から4大会連続出場が決定したほか、2000年以降はアフリカを代表する強豪チームとしてワールドカップ、ワールドグランドチャンピオンズカップにも出場、アフリカ選手権は2009年に大会3連覇を達成しています。2009年に出場を逃したワールドリーグも2010年予選プレーオフで日本を破り、再び出場権を獲得しています。

12位:ベルギー

FIVB世界ランキング12位

FIVB世界ランキング12位

オリンピック
出場回数 1回
初出場 1968 メキシコシティ
最高成績 8位(1968)
世界選手権
出場回数 7回
初出場 1949 世界選手権
最高成績 8位(1970)
ワールドカップ
出場回数 0回
欧州選手権
出場回数 11回
最高成績 5位(1948)

男子バレーボール世界ランキング第12位はベルギーです。1947年に国際バレーボール連盟へ加盟、1940年代の世界選手権と欧州選手権の第1回大会に出場したヨーロッパの古参チームです。1968年メキシコシティオリンピックに初出場し、1970年代にかけて世界選手権に6回出場しています。1990年代以降、主な国際大会の出場はありませんが、組み合わせに恵まれた2007年欧州選手権予選をグループトップで勝ち抜き、1987年大会以来20年ぶりとなる2007年欧州選手権の出場権を獲得、本選は2次ラウンドまで進出し10位で大会を終えました。2011年欧州選手権予選では3次ラウンド・プレーオフで格上の2007年大会優勝国スペインを破り、2大会ぶりの出場権を獲得しています。

11位:日本

FIVB世界ランキング11位

FIVB世界ランキング11位

オリンピック
出場回数 8回
初出場 1964 東京
最高成績 1位金メダル(1972)
世界選手権
出場回数 14回
初出場 1960 世界選手権
最高成績 3位銅メダル(1970、1974)
ワールドカップ
出場回数 12回
初出場 1965 ワールドカップ
最高成績 2位準優勝(1969、1977)
アジア選手権
出場回数 16回
最高成績 1位優勝(1975、1983、1987、1991、1995、2005、2009、2015)

男子バレーボール世界ランキング第11位は日本です。全日本男子は1972年のオリンピックで金メダルを獲得した経験を持ちます。また、1970年、1974年の世界選手権で銅、1969年、1977年のワールドカップで銀メダルを獲得していますが、それ以降は低迷期に突入しています。アジア選手権では8度の優勝を誇りますが、世界での復活が期待されています。

バレーボールの国別強さランキングTOP10-6(男子)

10位:セルビア

FIVB世界ランキング10位

FIVB世界ランキング10位

オリンピック
出場回数 6回
初出場 1980 モスクワ
最高成績 1位金メダル(2000)
世界選手権
出場回数 9回
初出場 1956 世界選手権
最高成績 2位銀メダル(1998)
ワールドカップ
出場回数 3回
初出場 1965 ワールドカップ
最高成績 3位3位(2003)
欧州選手権
出場回数 23回
最高成績 1位優勝(2001、2011)

男子バレーボール世界ランキング第10位はセルビアです。セルビアは2000年のオリンピックで金メダルを獲得、2001年、2011年の欧州選手権で金メダル、2016年ワールドリーグでは初優勝を果たした強豪国です。スピードと組織力、細かな分析力を武器に強豪国に挑むバレーボールが特徴です。

9位:フランス

FIVB世界ランキング9位

FIVB世界ランキング9位

オリンピック
出場回数 4回
初出場 1988 ソウル
最高成績 8位(1988)
世界選手権
出場回数 15回
初出場 1949 世界選手権
最高成績 3位銅メダル(2002)
ワールドカップ
出場回数 2回
初出場 1965 ワールドカップ
最高成績 5位(2003)
欧州選手権
出場回数 27回
最高成績 1位優勝(2015)

男子バレーボール世界ランキング第9位はフランスです。フランスは国内にもバレーボールプロリーグを持つ国民の期待も大きいスポーツで、一時期低迷期もありましたが、近年では2003年ヨーロッパ選手権、2015年ヨーロッパ選手権で優勝、2015年ワールドリーグで優勝を果たしています。特に注目すべき選手にイアルバン・ヌガペトがいます。身長194センチでスパイクの最高到達点358センチから叩きつけるスパイクはだれにも止められません。

8位:イタリア

FIVB世界ランキング8位

FIVB世界ランキング8位

オリンピック
出場回数 11回
初出場 1976 モントリオール
最高成績 2位銀メダル(1996、2004、2016)
世界選手権
出場回数 16回
初出場 1949 世界選手権
最高成績 1位金メダル(1990、1994、1998)
ワールドカップ
出場回数 6回
初出場 1981 ワールドカップ
最高成績 1位優勝(1995)
欧州選手権
出場回数 26回
最高成績 1位優勝(1989、1993、1995、1999、2003、2005)

男子バレーボール世界ランキング第8位はイタリアです。イタリアは1978年の世界選手権で銀メダルを獲得して以来、常に世界のトップを走り続けてきました。1984年のロサンゼルスオリンピックで銅メダル、世界選手権は1990年から3連覇の偉業を達成し、アテネオリンピック以降は一時期低迷しますが、2012年のロンドンオリンピックで銅メダルを獲得している強豪国です。

7位:アルゼンチン

FIVB世界ランキング7位

FIVB世界ランキング7位

オリンピック
出場回数 7回
初出場 1984 ロサンゼルス
最高成績 3位銅メダル(1988)
世界選手権
出場回数 11回
初出場 1960 世界選手権
最高成績 3位銅メダル(1982)
ワールドカップ
出場回数 6回
初出場 1985 ワールドカップ
最高成績 5位(1985)
南米選手権
出場回数 27回
最高成績 1位優勝(1964)

男子バレーボール世界ランキング第7位はアルゼンチンです。アルゼンチンは2008年の北京オリンピック出場こそ逃しましたが、ハビエル・ウェベルが指揮を執ると再び世界のトップチームに返り咲き、2009年のワールドリーグで5位、2010年の世界選手権は9位、さらに2011年のワールドリーグは4位と躍進しました。高さはブラジルやアメリカには及びませんが、個々の能力と高い組織力を武器に上位を脅かす存在になっています。

6位:カナダ

FIVB世界ランキング6位

FIVB世界ランキング6位

オリンピック
出場回数 4回
初出場 1976 モントリオール
最高成績 4位(1984)
世界選手権
出場回数 10回
初出場 2014 世界選手権
最高成績 7位(2014)
ワールドカップ
出場回数 4回
初出場 1977 ワールドカップ
最高成績 7位(2003)
北中米選手権
出場回数 17回
最高成績 2位準優勝(1979、1983、1989、2003)

男子バレーボール世界ランキング第6位はカナダです。1974年のロサンゼルスオリンピックでは日本人の前田建が監督をつとめ、過去最高の4位入賞を果たしています。そしてカナダは近年さらに成長著しい国で、2015年北中米選手権ではキューバとアメリカの2強とれていましたが、カナダが初優勝を遂げています。2メートル級の選手を多数抱えるカナダはまさに強豪国です。

バレーボールの国別強さランキングTOP5-1(男子)

5位:ロシア

FIVB世界ランキング5位

FIVB世界ランキング5位

オリンピック
出場回数 13回
初出場 1964 東京
最高成績 1位金メダル(1964、1968、1980、2012)
世界選手権
出場回数 18回
初出場 1949 世界選手権
最高成績 1位金メダル(1949、1952、1960、1962、1978、1982)
ワールドカップ
出場回数 10回
初出場 1965 ワールドカップ
最高成績 1位優勝(1965、1977、1981、1991、1999、2011)
欧州選手権
出場回数 26回
最高成績 1位優勝(1950、1951、1967、1971、1975、1977、1979、1981、1983、1985、1987、1991)

男子バレーボール世界ランキング第5位はロシアです。ソ連時代にも強豪と呼ばれ、ロシアになってからは1999年ワールドカップと、2002年ワールドリーグの優勝2回に甘んじているものの、人材の宝庫である自国プロリーグのスーパーリーグから有能な選手を多数輩出し、シドニーオリンピック、アテネオリンピック、北京オリンピックで3大会連続メダルを獲得、また他の国際大会でも銀メダル、銅メダルをコンスタントに獲得して表彰台に上っており、強豪国の地位を保っています。そして2011年ワールドカップバレーボールで金メダルを獲得して、1999年ワールドカップバレーボール以来となる三大大会での金メダル獲得、2012年8月のオリンピックでは、王者ブラジルに2セットダウンから大逆転勝利をおさめ、ソ連時代の1980年以来32年ぶりとなる金メダルに輝いた強豪です。

4位:ポーランド

FIVB世界ランキング4位

FIVB世界ランキング4位

オリンピック
出場回数 9回
初出場 1968 メキシコシティ
最高成績 1位金メダル(1976)
世界選手権
出場回数 16回
初出場 1949 世界選手権
最高成績 1位金メダル(1974、2014,2018)
ワールドカップ
出場回数 2回
初出場 1965 ワールドカップ
最高成績 2位準優勝(1965、2011)
欧州選手権
出場回数 22回
最高成績 1位優勝(2009)

男子バレーボール世界ランキング第4位は強豪のポーランドです。1940年代から1970年代までは世界選手権やオリンピックで数多くのメダルを獲得しましたが、1990年代には低迷期が続いたことで、東欧の古豪と呼ばれました。しかし2010年代に入り世界選手権で優勝、ワールドカップでも3位に入るなど、その強さが復活し始めています。打倒ブラジル、アメリカ、イタリアに燃えるポーランドから目が離せません。

3位:イタリア

関連するキーワード

関連するまとめ

サッカー日本代表!歴代メンバー活躍ランキングTOP30【2020最新版】

2018年ワールドカップが開催され、日本でもサッカーの注目度が増していますね!今回は、日本代表の歴代サッカー…

kent.n / 4966 view

テニス国別の強さランキングTOP10~最強の国と選手を公開【2020最新版】

日本にもブームが到来しつつあるテニスですが、どの国がテニスの強い国なのか気になったことはありませんか?そこで…

maru.wanwan / 1196 view

卓球・国の強さランキング30選~男子女子別TOP15【2020最新版】

オリンピックが日本でも徐々に盛り上がりを見せる中、卓球にも大きな注目が集まっています。そこで今回は日本の卓球…

maru.wanwan / 475 view

サッカー選手の歴代人気ランキング~世界TOP70・日本TOP30【2020最新版】

今回はサッカー選手歴代人気ランキングを世界編TOP70、日本編TOP30として紹介します。世界でもトップクラ…

maru.wanwan / 16405 view

【かわいい】女子マラソン選手人気ランキングTOP17【歴代・2020最新版】

オリンピックなどの著名な大会での活躍で知られる女子マラソン選手たちですが、近年は、ルックスの良さも注目される…

kent.n / 1720 view

女子アイスホッケー選手の人気かわいいランキングTOP20【歴代・2020最新版】

アイスホッケーは日本ではそれほど認知されていない競技スポーツですが、実は女子選手の中にはアイドル級のかわいい…

maru.wanwan / 711 view

【歴代】女子バドミントン選手かわいいランキングTOP18【2020最新版】

誰でも気軽に始められるスポーツでありながら、極めようと思えば徹底した技術が必要になるバドミントン。ここでは、…

kent.n / 6083 view

女子テニス選手の身長ランキング~低い編TOP10・高い編TOP10【2020最新版】

今回は女子テニス選手の身長ランキングをまとめました。女子テニス界の女王として活躍してきたシャラポワの身長は1…

maru.wanwan / 1070 view

バスケットボール男子歴代イケメン人気ランキングTOP20【2020最新版】

バスケットボール界は、ワールドカップ出場権獲得やBリーグの開幕により近年イケメンのバスケットボール選手に注目…

maru.wanwan / 1388 view

競艇男子/ボートレーサーのイケメン人気ランキングTOP22【歴代・2020最新版】

競艇男子ボートレーサーは、イケメンが多いことでも知られています。そこで今回は歴代の人気イケメンボートレーサー…

maru.wanwan / 4945 view

世界のスポーツ人気ランキング30種類~海外・外国人【2020最新版】

オリンピック競技種目などを見ればわかるように、球技種目、団体種目、個人種目など世界ではたくさんのスポーツが行…

maru.wanwan / 3538 view

日本プロ野球の人気球団ランキング12選~セリーグ・パリーグ別【2020最新版】

日本プロ野球チームの中で、どの球団が最も人気があるのか気になったことはありませんか?今回は日本野球の人気球団…

maru.wanwan / 10322 view

かわいい!女子ソフトボール選手の歴代人気ランキングTOP18【2020最新版】

あまり日本では話題になる機会が少ない女子ソフトボールの世界。そこでは、多くのかわいい女子ソフトボール選手たち…

kent.n / 2453 view

フィギュアスケート・国の強さランキング20選~男子・女子別【2020最新版】

日本でいえば羽生結弦、宇野昌麿といった人気スター選手が活躍するフィギュアスケートですが、世界で見れば日本はど…

maru.wanwan / 352 view

女子テニス選手の歴代最強ランキングTOP20【2020最新】

大坂なおみ選手の活躍で、女子テニスの注目度が徐々に高まっていますね!そこで今回は、全世界の歴代女子テニス選手…

kent.n / 1495 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

男子アイスホッケー選手のイケメン人気ランキングTOP20【歴代・2020最新版】

どのような素顔をしているのか気になるアイスホッケー選手ですが、ヘルメットをとるとイケメン選手が多いことで大き…

maru.wanwan / 634 view

イケメンのスポーツ選手ランキングTOP30【日本人・外国人・2020最新版】

見てるとつい熱くなることも多いスポーツですが、最近はイケメンのスポーツ選手が増えましたね。プレーそのものだけ…

risa / 4758 view

かわいい!女子ソフトボール選手の歴代人気ランキングTOP18【2020最新版】

あまり日本では話題になる機会が少ない女子ソフトボールの世界。そこでは、多くのかわいい女子ソフトボール選手たち…

kent.n / 2453 view

歴代の女子ラグビー選手・かわいい人気ランキングTOP20【2020最新版】

今回は歴代のかわいい女子ラグビー選手の人気ランキングTOP20を紹介します。ラグビーは今や男子だけのスポーツ…

maru.wanwan / 1218 view

男子ハンドボール選手の歴代イケメン人気ランキングTOP20【2020最新版】

今回は男子ハンドボール選手の歴代イケメン人気ランキングTOP20を紹介します。ハンドボールは、全身のバネを使…

maru.wanwan / 1857 view

ノーヒットノーラン達成者の回数ランキングTOP50【日本・メジャー別・2020最新版…

ヒットやホームランを1本も許さず完封勝利を成し遂げるノーヒットノーラン。今回は日本プロ野球と海外メジャーリー…

maru.wanwan / 1007 view

男子テニス選手の身長ランキング~低い編TOP5・高い編TOP7【2020最新版】

全米・全豪・全仏・全英と世界4大大会と呼ばれるテニスのグランドスラムを見ていて、出場選手はそれぞれ様々な個性…

maru.wanwan / 2189 view

【相撲】歴代の横綱の最強ランキングTOP30【2020最新版】

日馬富士の暴行事件を発端に、不祥事が連続して続いている現代の角界。しかし、本来の相撲は力士同士の試合が見どこ…

kent.n / 1322 view

男子フィギュアスケート歴代人気ランキングTOP25【2020最新版】

女性を中心に人気の男子フィギュアスケート選手たち。これまで多くの選手たちが活躍してきましたね。そこで今回は、…

kent.n / 1583 view

【歴代】女子バドミントン選手かわいいランキングTOP18【2020最新版】

誰でも気軽に始められるスポーツでありながら、極めようと思えば徹底した技術が必要になるバドミントン。ここでは、…

kent.n / 6083 view

女子テニス選手の歴代最強ランキングTOP20【2020最新】

大坂なおみ選手の活躍で、女子テニスの注目度が徐々に高まっていますね!そこで今回は、全世界の歴代女子テニス選手…

kent.n / 1495 view

高校野球・甲子園の出場校ランキング歴代TOP51【最新版】

今回は高校野球・甲子園の出場校の歴代出場回数をランキング形式で紹介していきたいと思います。春の選抜、夏の選手…

maru.wanwan / 1034 view

イケメン男子プロレスラー人気ランキングTOP22【2020最新版】

屈強な肉体がぶつかり合い、ユニークなパフォーマンスも見どころのプロレス界では、多くのイケメンプロレスラーたち…

kent.n / 4575 view

陸上男子の歴代イケメン人気ランキングTOP20【2020最新版】

今回は陸上男子歴代イケメン人気ランキングTOP20を紹介していきます。短距離走、中長距離走、走幅跳び、走高跳…

maru.wanwan / 1771 view

かわいい!歴代女子ゴルフ人気ランキングTOP35【2020最新版】

女子ゴルフの世界ではかわいいプロゴルファーたちが大勢活躍してきたのですが、あまりよく知らないという人も多いで…

kent.n / 40801 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング