スポンサードリンク

バレーボールの国別強さランキングTOP15-11(男子)

15位:オランダ

FIVB世界ランキング15位

FIVB世界ランキング15位

オリンピック
出場回数 6回
初出場 1964 東京
最高成績 1位金メダル(1996)
世界選手権
出場回数 11回
初出場 1949 世界選手権
最高成績 2位銀メダル(1994)
ワールドカップ
出場回数 2回
初出場 1965 ワールドカップ
最高成績 2位準優勝(1995)
欧州選手権
出場回数 22回
最高成績 1位優勝(1997)

男子バレーボール世界ランキング第15位のオランダは、1980年代後半から力をつけ始め、1989年欧州選手権でチーム初の銅メダルを獲得すると、1990年代に世界一の高さと攻撃力を誇る強豪国へ躍進し、1992年バルセロナオリンピックで銀メダルを獲得します。1994年世界選手権、1995年ワールドカップでも銀メダルを獲得するものの、あと一歩のところで金メダルには手が届きませんでした。しかし、オリンピック前哨戦の自国開催の1996年ワールドリーグで初優勝、1996年アトランタオリンピックでは決勝で世界選手権2連覇中のイタリアをフルセットの激闘の末に破り、万年2位の汚名を返上するとともに悲願の金メダルを獲得、さらに翌1997年欧州選手権で初優勝を果たし、FIVBランキング1位へと昇りつめました。

14位:ブルガリア

FIVB世界ランキング14位

FIVB世界ランキング14位

オリンピック
出場回数 8回
初出場 1964 東京
最高成績 2位銀メダル(1980)
世界選手権
出場回数 17回
初出場 1949 世界選手権
最高成績 2位銀メダル(1970)
ワールドカップ
出場回数 4回
初出場 1965 ワールドカップ
最高成績 3位3位(2007)
欧州選手権
出場回数 24回
最高成績 2位準優勝(1951)

男子バレーボール世界ランキング第14位はブルガリアです。第1回大会である1949年世界選手権に出場し、1950年代にかけて世界選手権と欧州選手権で4度表彰台に立った東欧の古豪ブルガリアは、1970年代から1980年代にかけて強豪国として活躍しました。1970年世界選手権と1980年モスクワオリンピックで、それぞれ銀メダルを獲得しています。また1972年ミュンヘンオリンピック準決勝で、決勝進出をかけて日本と戦った死闘はバレーボール史に残る名勝負となりました。1986年世界選手権の銅メダル獲得を最後にしばらく表彰台から遠ざかったものの、2006年世界選手権で20年ぶりの銅メダルを獲得し、30年ぶりに出場した2007年ワールドカップでも銅メダルを獲得してFIVBランキングを4位まで上げ、2008年北京オリンピック出場を果たしましたが、準々決勝でロシアに敗れ、モスクワ以来となるオリンピックメダル獲得はなりませんでした。

13位:エジプト

FIVB世界ランキング13位

FIVB世界ランキング13位

オリンピック
出場回数 4回
初出場 1984 ロサンゼルス
最高成績 9位(2016)
世界選手権
出場回数 8回
初出場 1974 世界選手権
最高成績 13位(2010)
ワールドカップ
出場回数 6回
初出場 1977 ワールドカップ
最高成績 8位(1985)
アフリカ選手権
出場回数 15回
最高成績 1位優勝(1976、1983、2005、2007、2009、2011)

男子バレーボール世界ランキング第13位はエジプトです。第2回大会の1971年アフリカ選手権に初出場し銀メダルを獲得しています。また、2004年1月に行われたアテネオリンピックアフリカ予選で敗退し出場権を逃しましたが、2008年北京オリンピックで3回目の出場を果たしました。世界選手権の初出場は1974年大会で、1998年大会から4大会連続出場が決定したほか、2000年以降はアフリカを代表する強豪チームとしてワールドカップ、ワールドグランドチャンピオンズカップにも出場、アフリカ選手権は2009年に大会3連覇を達成しています。2009年に出場を逃したワールドリーグも2010年予選プレーオフで日本を破り、再び出場権を獲得しています。

12位:ベルギー

FIVB世界ランキング12位

FIVB世界ランキング12位

オリンピック
出場回数 1回
初出場 1968 メキシコシティ
最高成績 8位(1968)
世界選手権
出場回数 7回
初出場 1949 世界選手権
最高成績 8位(1970)
ワールドカップ
出場回数 0回
欧州選手権
出場回数 11回
最高成績 5位(1948)

男子バレーボール世界ランキング第12位はベルギーです。1947年に国際バレーボール連盟へ加盟、1940年代の世界選手権と欧州選手権の第1回大会に出場したヨーロッパの古参チームです。1968年メキシコシティオリンピックに初出場し、1970年代にかけて世界選手権に6回出場しています。1990年代以降、主な国際大会の出場はありませんが、組み合わせに恵まれた2007年欧州選手権予選をグループトップで勝ち抜き、1987年大会以来20年ぶりとなる2007年欧州選手権の出場権を獲得、本選は2次ラウンドまで進出し10位で大会を終えました。2011年欧州選手権予選では3次ラウンド・プレーオフで格上の2007年大会優勝国スペインを破り、2大会ぶりの出場権を獲得しています。

11位:日本

FIVB世界ランキング11位

FIVB世界ランキング11位

オリンピック
出場回数 8回
初出場 1964 東京
最高成績 1位金メダル(1972)
世界選手権
出場回数 14回
初出場 1960 世界選手権
最高成績 3位銅メダル(1970、1974)
ワールドカップ
出場回数 12回
初出場 1965 ワールドカップ
最高成績 2位準優勝(1969、1977)
アジア選手権
出場回数 16回
最高成績 1位優勝(1975、1983、1987、1991、1995、2005、2009、2015)

男子バレーボール世界ランキング第11位は日本です。全日本男子は1972年のオリンピックで金メダルを獲得した経験を持ちます。また、1970年、1974年の世界選手権で銅、1969年、1977年のワールドカップで銀メダルを獲得していますが、それ以降は低迷期に突入しています。アジア選手権では8度の優勝を誇りますが、世界での復活が期待されています。

バレーボールの国別強さランキングTOP10-6(男子)

10位:セルビア

FIVB世界ランキング10位

FIVB世界ランキング10位

オリンピック
出場回数 6回
初出場 1980 モスクワ
最高成績 1位金メダル(2000)
世界選手権
出場回数 9回
初出場 1956 世界選手権
最高成績 2位銀メダル(1998)
ワールドカップ
出場回数 3回
初出場 1965 ワールドカップ
最高成績 3位3位(2003)
欧州選手権
出場回数 23回
最高成績 1位優勝(2001、2011)

男子バレーボール世界ランキング第10位はセルビアです。セルビアは2000年のオリンピックで金メダルを獲得、2001年、2011年の欧州選手権で金メダル、2016年ワールドリーグでは初優勝を果たした強豪国です。スピードと組織力、細かな分析力を武器に強豪国に挑むバレーボールが特徴です。

9位:フランス

FIVB世界ランキング9位

FIVB世界ランキング9位

オリンピック
出場回数 4回
初出場 1988 ソウル
最高成績 8位(1988)
世界選手権
出場回数 15回
初出場 1949 世界選手権
最高成績 3位銅メダル(2002)
ワールドカップ
出場回数 2回
初出場 1965 ワールドカップ
最高成績 5位(2003)
欧州選手権
出場回数 27回
最高成績 1位優勝(2015)

男子バレーボール世界ランキング第9位はフランスです。フランスは国内にもバレーボールプロリーグを持つ国民の期待も大きいスポーツで、一時期低迷期もありましたが、近年では2003年ヨーロッパ選手権、2015年ヨーロッパ選手権で優勝、2015年ワールドリーグで優勝を果たしています。特に注目すべき選手にイアルバン・ヌガペトがいます。身長194センチでスパイクの最高到達点358センチから叩きつけるスパイクはだれにも止められません。

8位:イタリア

FIVB世界ランキング8位

FIVB世界ランキング8位

オリンピック
出場回数 11回
初出場 1976 モントリオール
最高成績 2位銀メダル(1996、2004、2016)
世界選手権
出場回数 16回
初出場 1949 世界選手権
最高成績 1位金メダル(1990、1994、1998)
ワールドカップ
出場回数 6回
初出場 1981 ワールドカップ
最高成績 1位優勝(1995)
欧州選手権
出場回数 26回
最高成績 1位優勝(1989、1993、1995、1999、2003、2005)

男子バレーボール世界ランキング第8位はイタリアです。イタリアは1978年の世界選手権で銀メダルを獲得して以来、常に世界のトップを走り続けてきました。1984年のロサンゼルスオリンピックで銅メダル、世界選手権は1990年から3連覇の偉業を達成し、アテネオリンピック以降は一時期低迷しますが、2012年のロンドンオリンピックで銅メダルを獲得している強豪国です。

7位:アルゼンチン

FIVB世界ランキング7位

FIVB世界ランキング7位

オリンピック
出場回数 7回
初出場 1984 ロサンゼルス
最高成績 3位銅メダル(1988)
世界選手権
出場回数 11回
初出場 1960 世界選手権
最高成績 3位銅メダル(1982)
ワールドカップ
出場回数 6回
初出場 1985 ワールドカップ
最高成績 5位(1985)
南米選手権
出場回数 27回
最高成績 1位優勝(1964)

男子バレーボール世界ランキング第7位はアルゼンチンです。アルゼンチンは2008年の北京オリンピック出場こそ逃しましたが、ハビエル・ウェベルが指揮を執ると再び世界のトップチームに返り咲き、2009年のワールドリーグで5位、2010年の世界選手権は9位、さらに2011年のワールドリーグは4位と躍進しました。高さはブラジルやアメリカには及びませんが、個々の能力と高い組織力を武器に上位を脅かす存在になっています。

6位:カナダ

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

嫌いなスポーツ選手ランキングTOP20【2022最新版】

多くの人々に親しまれやすいはスポーツ選手ですが、中には嫌われてしまったという選手もいらっしゃるようです。今回…

chokokuru / 1879 view

テニス選手のラケット破壊10選~衝撃順にランキング【動画付き・2022最新版】

テニスの試合を見ていて、イライラが募り、ついラケットを叩き壊してしまうような衝撃的なシーンを目にすることがあ…

maru.wanwan / 282 view

歴代の空手男子選手・イケメン人気ランキングTOP20【2022最新版】

オリンピックや全日本大会など、数々の戦いに注目が集まる空手ですが、そんな空手選手には多くのイケメン選手が存在…

maru.wanwan / 629 view

日本サッカーJ1リーグの人気チームランキングTOP18【2022最新版】

今回は観客動員数などを基に人気のあるJ1チームをランキング形式でまとめてみました。1993年に開幕したサッカ…

maru.wanwan / 2395 view

歴代人気ジョッキー/騎手の強さランキング37選・世界と日本別【2022最新版】

馬に跨り、馬上から馬を操縦することでレースを優位に運び、優勝を目指す競馬の騎手は、世界中に多く存在しています…

maru.wanwan / 547 view

【歴代】男子バレーボール選手イケメンランキングTOP38【2022最新版】

女子バレーボールよりも話題になりにくい男子バレーボール選手たちですが、歴代の選手たちはイケメンばかりなのです…

kent.n / 927 view

野球選手のスキャンダル20選~衝撃順にランキング【2022最新版】

プロ野球選手と言えば、憧れの存在であると同時に私生活にも注目が集まってしまいますね。そのため野球選手のスキャ…

chokokuru / 2786 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

相撲力士の歴代最強ランキングTOP30!人気のイケメンも【2022最新決定版】

日本を代表する国技の相撲ですが、歴代にいた力士の中で最強だったのは誰なのか気になりますよね。ここでは、独自の…

kii428 / 686 view

カーリング女子のメンバー可愛いランキング6選/ロコ・ソラーレ【2022最新版】

平昌オリンピックで銅メダル、北京オリンピックでは銀メダルを獲得したことで、一躍有名になったカーリング女子日本…

kii428 / 217 view

日本バスケットボールのクラブ人気ランキング30選~最強チームを公開【2022最新版】

今回は日本のバスケットボール人気クラブランキングTOP30を紹介します。サッカーはJリーグ、バレーボールはV…

maru.wanwan / 894 view

サッカー選手のイケメン歴代45選!海外・日本別のランキング【2022最新版】

国際試合があると、日本でもお祭り騒ぎが起きるほどのサッカー人気が高まっています。そこで今回は、サッカー選手の…

マギー / 6666 view

テニス選手の筋肉20選~歴代ムキムキランキング【2022最新版】

今回は筋肉ムキムキのテニス選手の歴代ランキングTOP20を紹介します。レスリングやウエイトリフティング、水泳…

maru.wanwan / 362 view

サッカー日本代表監督!歴代人気ランキングTOP15【2022最新版】

世界の強豪たちへ挑戦を続ける日本代表の選手たち。彼らを代々支えてきたのが、日本代表の監督たちです。今回は、日…

kent.n / 929 view

歴代カヌー選手の人気有名ランキング20選・女性男性別【2022最新版】

カヌーは小舟に乗ってパドルで漕ぎ、その速さを競い合う競技ですが、これまでどのような選手が活躍してきたのかを知…

maru.wanwan / 450 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング