アニメ世界名作劇場のおすすめランキングTOP30!

第30位・アンデルセン物語

第30位・アンデルセン物語

第30位にランクインした作品は、『アンデルセン物語』です。
こちらはまだ『世界名作劇場』というアニメ枠になる前の、『カルピスまんが劇場』という枠で1971年1月から12月まで放送されていた作品。

妖精のキャンティと相棒のズッコが、様々なアンデルセンの童話の世界を巡って”魔法のカード”を集めるというのが大まかなストーリーです。

色々な童話が集まった短編シリーズのような感じですので、小さな子でも楽しめそうですね。

魔法の国の妖精キャンティが魔法大学に入学するには、魔法カードを101枚集めなければならなかった。魔法カードは、いい行いをひとつするたびにどこからともなく現れるカードである。キャンティは相棒のズッコを伴ってアンデルセンのお話の世界に現れ、何かいいことをするチャンスを探しはじめる。はたしてキャンティとズッコは101枚のカードを集めることができるだろうか。
第29位・ムーミン

第29位・ムーミン

続いて第29位にランクインした作品は、世界的に有名なあのアニメ『ムーミン』です。
こちらも『世界名作劇場』になる前の『カルピスまんが劇場』で放送されていたものですね。

ムーミン自体はとても人気の高い作品ですが、ストーリー云々というよりはキャラクターが人気なだけだと思うので、”世界名作劇場”的には下位にランクインとさせていただきました。

そして初期のムーミンは結構バイオレンスな雰囲気もあって怖いです…(笑)。

カバに似た妖精のような生き物、
ムーミントロールを主人公とした作品。
ムーミン谷という場所を舞台に、そこに住む住人達とムーミントロールの周りで起こる不思議な話を記した物。
パパの昔話や、谷を離れて違う場所での話もある。
第28位・アルプス物語 わたしのアンネット

第28位・アルプス物語 わたしのアンネット

続いて第28位にランクインした作品は、『アルプス物語 わたしのアンネット』です。
こちらは『世界名作劇場』の第9作目にあたり、1983年1月から12月まで、全48話が放送されていました。
タイトルに”アルプス物語”と付いている通り、スイスが舞台の作品。

あまり人気が無いのは中盤にある鬱展開といわれているストーリー展開のせいでしょうか。
しかし全体で見れば主人公の感情なども十分に理解できる名作なはずです。

スイスのロシニエール村に住むアンネットとルシエンは仲のいい友達だったが、ルシエンがアンネットの弟ダニーに怪我をさせてしまったことにより、アンネットはルシエンのことを恨むようになる。ルシエンは何度もアンネットに許してもらおうとするが、アンネットの心は変わらなかった。そんな折、ルシエンは山奥に住むペギンじいさんと出会う。嘗て罪を犯したペギンじいさんが償いをしようとしている姿に元気付けられたルシエンは、素晴らしい木彫りの馬を作り上げる。
第27位・こんにちはアン~Before Green Gable

第27位・こんにちはアン~Before Green Gable

続いて第27位にランクインした作品は、『こんにちはアン~Before Green Gables』です。
2007年に復活した『世界名作劇場』を冠したアニメの第3作品目、通算で26作品目にあたる作品。2009年4月から12月まで、全39話がBSフジで放送されていました。

あの名作赤毛のアンの誕生100周年、アニメ化30周年を記念して作られた作品で、アンが両親を失ってからマシュウとマリラの兄妹に引き取られるまでの11年間が語られています。

19世紀中盤。カナダ東部の半島・ノヴァスコシア州にある小さな田舎町ボーリングブロークに、6歳のアン・シャーリーがいた。 物心つく前に両親を亡くした彼女は、生家で女中をしていたジョアンナに引き取られ、家事と育児に明け暮れる日々を送っていた。

これは、どんなつらい日々も持ち前の想像力で乗り越えていくひとりの少女の物語である。
第26位・ポルフィの長い旅

第26位・ポルフィの長い旅

続いて第26位にランクインした作品は、『ポルフィの長い旅』です。
こちらは先ほどの『こんにちはアン』の前に制作されたアニメで、世界名作劇場の通算25作品目にあたります。

2008年1月から12月まで、全52話がBSフジにて放送されていました。

”長い旅”というタイトルや肩に乗っている小動物などを見ると、往年の名作の『母を訪ねて三千里』とイメージが被ってしまいますね。
最近のアニメなので作画は綺麗です。

世界中の国々が第二次世界大戦からの復興をめざしていた20世紀なかば。ギリシャの一寒村・シミトラに住む少年ポルフィは、父親の経営する自動車修理工場の手伝いをしながら、両親と妹のミーナと平穏な毎日を送っていた。

ある日、シミトラが大地震に見舞われ、ミーナとも生き別れてひとりになってしまったポルフィは、彼女を探す旅に出ることになる。
第25位・小公子セディ

第25位・小公子セディ

続いて第25位にランクインした作品は、『小公子セディ』です。
世界名作劇場の第14作品目にあたり、1988年1月から12月まで、全43話は放送されていました。

1年クールで制作されていたものの、バラエティ番組やプロ野球中継などの影響があり、全43話という短めな作品になってしまいました。
この作品以降、世界名作劇場の話数が徐々に短くなっていったようですね。

ストーリーとしては地味な印象ですかね…小公女セーラが悲惨な目に遭いすぎたので(笑)、小公子がぬるく見えてしまいました。

ニューヨークのブルックリンに住むセディことセドリックは優しい両親や下町の友達に囲まれ、楽しい生活を送っていた。しかし、セディ(Ceddie)の父親ジェイムズが亡くなってしまう。ジェイムズの死を知ったセディの祖父ドリンコート伯爵はセディを跡継ぎにするため、イギリスに連れて来る。ドリンコート伯爵の方針で母親とも離れ離れに暮らさなければならなかったセディだが、その持ち前の明るさと思いやりで、伯爵の心を溶かしていく。
第24位・南の虹のルーシー

第24位・南の虹のルーシー

続いて第24位にランクインした作品は、『南の虹のルーシー』です。
こちらは世界名作劇場の第8作品目にあたり、1982年1月から12月まで全50話が放送されていました。

タイトルがちょっとパッとしない感じがするんですよね…内容が推測できないというか…(笑)

オーストラリアを舞台にしており、ストーリーの中で当時日本ではまだ珍しかったコアラやウォンバット、カモノハシなどが紹介されています。

新天地の耕作場を求めてオーストラリアに移住したポップル一家。8歳の三女ルーシー・メイを含む7人はこれからの生活に夢を抱くが、待っていたのは入手しかけた耕作地の契約を反故にされるなどの苦難の日々だった。それでも強い絆で支え合う一同だが、ある日、ルーシーが記憶を失ってしまう。
第23位・牧場の少女カトリ

第23位・牧場の少女カトリ

続いて第23位にランクインした作品は、『牧場の少女カトリ』です。
世界名作劇場の第10作品目で、1984年1月から12月まで、全49話が放送されていました。

『世界名作劇場版のおしん』などと呼ばれており、主人公の少女・カトリが9歳にして農場に奉公へ行くというストーリー。

しかしおしんとは違い、真面目でよく働くカトリは誰からも好かれ、成長した先には離れ離れとなっていた母に再会できるというほのぼの系作品。

1914年の南フィンランドの農村。カトリが6歳のとき、母がドイツへ出稼ぎに行ったが、ヨーロッパで第一次世界大戦が始まり、母とは音信不通となった。預けられていた祖父母の家は貧しく、カトリは祖父母を助けるため、農場に働きに行くことにした。その後、勤勉で誰からも好かれるカトリは多くの人々の支えを受け成長し、最後は母と再会する。
第22位・大草原の小さな天使 ブッシュベイビー

第22位・大草原の小さな天使 ブッシュベイビー

続いて第22位にランクインした作品は、『大草原の小さな天使 ブッシュベイビー』です。
世界名作劇場の第18作品目にあたり、1992年1月から同年12月20日で全40話が放送されていました。

まずブッシュベイビーとはなんぞや、というところから気になりますが、ブッシュベイビーは目が真ん丸で可愛らしい、ガラゴ科サル目の動物です。
本当の名前は『ショウガラゴ』ですが、その愛らしさから”ブッシュベイビー”という愛称がついたんだそう。

時は1965年のケニア。ナイロビ近郊に住むイギリス人の少女・ジャッキーは、動物保護官アーサーの娘であり、兄のアンドルー共々幼い頃から動物に親しんできた。

あるとき、アーサーとアンドルーは、パトロール中に親を亡くしたブッシュベイビーの赤ん坊を発見、保護し家に連れて帰った。なかなかミルクを飲まず困り果ているところへ、ジャッキーが遭遇。ジャッキーはこのブッシュベイビーに「マーフィー」と名付け、育てることにした。

しかし、1963年にケニアが独立したことにより、イギリス人は本国に引き揚げることになる。ジャッキーは一度はマーフィーをイギリスにつれて帰ろうとしたが、ひょんないきさつから、マーフィーを内陸の生息できる場所に戻すことになり、ジャッキーの冒険が始まる。
第21位・山ねずみロッキーチャック

第21位・山ねずみロッキーチャック

続いて第21位にランクインした作品は、『山ねずみロッキーチャック』です。
こちらも古い作品で、世界名作劇場の前番組である『カルピスまんが劇場』にて放送されていました。放送期間は1973年1月から12月までで、全52話。

森にすむ動物たちのお話ですが、ほのぼの系かと思いきやビーバーのダムの建設を巡って水の利権問題が発生したり、主人公のロッキーが冤罪により山を追い出されそうになったりと、シリアなストーリーも多いです。

冒険心にあふれた山ねずみの子・ロッキーチャック。家族のもとを離れ、「緑が森」へと巣立っていったロッキーは、そこで出会ったガールフレンドの山ねずみのポリー、臆病だけど好奇心の強いうさぎのピーター、情報屋のかけすのサミー、物知りじいさまガエル、自尊心の強いリスのチャタラー、おっとり者の熊バスター、おっちょこちょいのきつねのレッドら、個性的な森の住民たちと新しい生活を始める。
第20位・名犬ラッシー

第20位・名犬ラッシー

第20位にランクインした作品は、名犬と言えばこの犬!『名犬ラッシー』です。
世界名作劇場の第22作品目にあたり、1996年1月から8月まで全26話が放送されていました。
ただし、テレビ放送が行われたのは25話までで、実際の最終回は25話ということになっています。これは世界名作劇場の中でも最短の話数となっており、打ち切りという憂き目にあった唯一の作品でもあります。

1930年代の半ば頃のイギリスにある炭鉱の町グリノール・ブリッジに住むジョンは、迷子の子犬ラッシ-を拾い育てることになる。 やがてジョンとラッシーは、鉱山の持ち主ラドリング公爵の孫娘プリシラと友達になり、楽しい日々を過ごしていた。しかし鉱山は石炭が取れなくなってしまい閉山が決定してしまう。ジョンは閉山を思い止まってもらおうとラドリングに直談判に行くが、引き換えにラッシーをスコットランドへ連れ去られてしまった。しかし、ジョンを恋しがるラッシーを哀れに思ったプリシラは、檻の鍵を開けてラッシーを解き放つ。自由になったラッシーの、ジョンの元へ帰る長い旅が始まるだった。
第19位・トラップ一家物語

第19位・トラップ一家物語

続いて第19位にランクインした作品は、サウンド・オブ・ミュージックを原作にしたアニメ『トラップ一家物語』です。

世界名作劇場の第17作品目にあたり、これまで子供を主人公にしてきた世界名作劇場では珍しく大人の女性を主人公にした作品でもあります。
放送期間は1991年1月から12月までで、全40話。

作中で歌われる名曲の数々にも注目です。

幼い頃に両親を亡くし、苦労を重ねてきたマリア。師範学校の卒業旅行の帰りに、ふと思い立って修道女を志すことになり、ザルツブルクへとやってきたマリアは、一番厳しい修道院として教えられたノンベルク修道院を訪れて、志願の結果修道女見習いとして迎え入れられる。しかし、しきたりや規律等に無頓着なマリアは、徐々に修道院では問題のある存在としてみなされていくようになってしまう。ある日マリアは、オーストリアの英雄にして貴族であるトラップ大佐の家に、次女マリアの家庭教師として9ヶ月間派遣されることになった。7人の子どもたちは、当初は心を閉ざし反発していたが、次第に天真爛漫で裏表の無いマリアに心を開いていく。そしてゲオルクも、マリアに惹かれるようになっていく。
第18位・ピーターパンの冒険

第18位・ピーターパンの冒険

続いて第18位にランクインした作品は、ディズニー映画でもお馴染みの名作『ピーターパン』の世界名作劇場版、『ピーターパンの冒険』です。
1989年1月から12月まで、全41話が放送されていました。

ピーターパンの服装などは原作通りなのですが、茶色の服というのはディズニー映画に親しんだ身としては違和感を感じてしまいますね。

世界名作劇場アニメ唯一のファンタジー作品でもあります。

20世紀のはじめ、ウェンディ、ジョン、マイケルが住むロンドンのダーリング家。おとぎの国ネバーランドに住む永遠の子ども・ピーターパンが忍び込み、子ども部屋で犬のナナに影を食いちぎられてしまう。そこで影を縫いつけてくれたお礼に、ピーターパンは3人をネバーランドに招待し、一緒にハラハラドキドキの冒険に飛び込んでいく。仲間たちと一緒にネバーランドの平和をかけ、力を合わせて悪者フック船長やダークネスたちとの戦いに勝利し、ウェンディたちはイギリスへと帰って行くのだった。
第17位・若草物語 ナンとジョー先生

第17位・若草物語 ナンとジョー先生

続いておすすめのランキング第17位にランクインした作品は、『若草物語 ナンとジョー先生』です。

同じ世界名作劇場アニメの『愛の若草物語』の続編に当たる作品ですが、主人公は新しいキャラクターのナンですので、前作を知らずとも楽しめる作品です。

主人公のおてんば少女・ナンが様々な経験をして、立派に成長していくというストーリー。

マーチ家の次女ジョーはベアとの結婚後、マーサおばさんからプラムフィールドの屋敷を受け継ぎ、”勉強と保護と愛情を必要とする少年たちの楽しく家庭的な学校”にしました。そこへ”おてんばナン”と呼ばれる活発な少女が訪れます。ナンはやって来るなり学校の少年たちとにぎやかな騒動を起こします。どうやらここは普通の学校とは違うようです...。
第16位・トム・ソーヤ―の冒険

第16位・トム・ソーヤ―の冒険

世界名作劇場おすすめのアニメランキング第16位にランクインした作品は、マーク・トゥエイン原作の『トム・ソーヤーの冒険』です。
世界名作劇場の第6作品目にあたり、1980年1月6日から12月28日まで全49話が放送されていました。

トムはいたずらっ子でやんちゃだけど、知恵もあって正義感が強い人気者の男の子。まさに子供のあこがれる子供、と言う感じですよね。

特に男の子なら、トムのような冒険をしてみたい!とワクワクしたのではないでしょうか。

時代は19世紀半ばのアメリカ。ミシシッピー川沿いの田舎町「セントピーターズバーグ」に住む少年トム・ソーヤーは、いたずらが大好きな男の子。親友のハックや仲間たちと森で野ブタを捕まえたり、川で海賊ごっこをしたり、気球に乗ったりと、毎日ワクワクするような冒険を繰り広げている。ある日、トムとハックは深夜の墓場で恐ろしいならず者のインジャン・ジョーが殺人を犯すのを目撃してしまう。インジャン・ジョーは無実のマフ・ポッターに罪を着せようとするが、トムはマフを救うため勇気を出して裁判所で真実を告げる。
第15位・七つの海のティコ

第15位・七つの海のティコ

続いておすすめの世界名作劇場アニメランキング第15位にランクインした作品は、第20作品目にあたる『七つの海のティコ』です。

放送期間は1994年1月から12月で、全39話ですが、そのうち第31話だけが野球中継により放送されませんでした。(再放送などでは放送済み)

世界名作劇場の中で日本人や日系人が登場する唯一の作品でもあります。

早くに母を亡くした主人公の少女・ナナミは、海洋生物学者の父・スコットと相棒のアル(アルフォンゾ)とともにティコというシャチを連れて海洋調査船「ペペロンチーノ号」で暮らしながら世界中を旅している。目的は伝説の生き物「ヒカリクジラ」を探すことだが、なかなか手掛かりすら見つからない。冒険好きのお嬢様女子大生・シェリルと彼女の執事のジェームズ、そしてスコットの大学時代の先輩の息子・トーマスを仲間に加え、ヒカリクジラを捜し求めて世界中の海へ冒険の旅に出る。
第14位・レ・ミゼラブル 少女コゼット

第14位・レ・ミゼラブル 少女コゼット

続いて第14位にランクインした作品は、世界的に有名な作品でもある『レ・ミゼラブル』の登場人物コゼットを主人公とした『レ・ミゼラブル 少女コゼット』です。
世界名作劇場の通算第24作品目にあたり、2007年1月から12月まで、BSフジにて全52話が放送されていました。

”レ・ミゼラブル”というタイトルですが、ジャン・バルジャンではなくコゼットを主人公に据えることで、原作とは違った『娘から母親への想い』をテーマとして描かれています。

2007年に制作された作品なので、画風がちょっと今っぽいですよね(笑)。

幼いコゼットを連れ、パリから仕事を探しにモンフェルメイユ村へやってきた母・ファンティーヌ。子連れのためどこからも雇ってもらえず困ったファンティーヌは、ワーテルロー亭のテナルディエ夫婦に愛する娘を預けて、大きな工場のあるモントルイユ・シュル・メールの町へと更に働きに出ることを決断します。養育費を騙し取ろうとするテナルディエ夫妻とそれに気づかないファンティーヌ。「いつか必ず迎えに来る」という母の言葉を信じ、哀しみを堪えるコゼットの運命は…。
第13位・愛の若草物語

第13位・愛の若草物語

続いて第13位にランクインした作品は、『愛の若草物語』です。
世界名作劇場の第13作品目にあたり、1987年1月から12月まで全48話が放送されていました。

上品でしっかりした長女のメグ、おてんばで男勝りな次女のジョオ、病弱だけどとても優しい三女のベス、おしゃまな末っ子のエミリーの四姉妹を中心にしたストーリーで、特にジョオが主役の立ち位置ですね(後の『ナンとジョー先生』に出てくるジョー先生はこのジョオです)。

このアニメを見て、4姉妹というものにあこがれを持った少女たちも多いのではないでしょうか。

19世紀中期の南北戦争時代のアメリカを舞台とした、オルコットの小説『若草物語』が原作。ペンシルバニア州に住むマーチ家には、長女メグをはじめとした仲良しの4姉妹が住んでいた。そんな中、一家のもとに北軍に従軍中の父が一年ぶりに帰宅するとの報せが入る。父が帰って大喜びの姉妹だったが、南軍の影は自分たちの町にも接近。やがて一家は叔母のいるマサチューセッツ州へ疎開することに…。
第12位・私のあしながおじさん

第12位・私のあしながおじさん

続いておすすめの世界名作劇場アニメランキング第12位にランクインした作品は、『私のあしながおじさん』です。
世界名作劇場の第16作品目にあたり、1990年1月から12月まで全40話が放送されていました。

主人公の女の子・ジュディの三つ編みがなぜか重力に逆らっている、という印象が強くてストーリーはよくわからなかったのですが(笑)、やはり名作”と言われているだけあって笑いあり涙ありの面白いストーリーでした!

ジョングリア孤児院で育ったジュディ・アボットは、ジョン・スミス(あしながおじさん)と名乗る会った事もない紳士の援助で、名門リンカーン記念女学院へ進学することができた。ジュディは女学院で、ルームメイトのサリーやジュリアとともに、陰鬱な孤児院での生活と打って変わった素晴らしい日々を過ごす。
第11位・家なき子レミ

第11位・家なき子レミ

続いて第11位にランクインした作品は、世界名作劇場アニメの地上波での最後の作品となった『家なき子レミ』です。
放送期間は1996年9月から1997年3月までで、全26話とされていますが実際に放送されたのは全23話。大人の都合で全26話にしなければならず、そのため未放送の3話はストーリーとは関係のない話になっていました。

『家なき子』というのは安達祐実さん主演のドラマでも大ヒットしましたが、それよりももっとグローバルでもっと可哀想にしたようなストーリー。
見ているとレミを応援したくなります。

関連するまとめ

テニスの王子様の強さランキングTOP70~最強キャラクターを公開【2021最新版】

テニスの王子様は許斐剛さん原作のテニス漫画。アニメ化はもちろん『テニミュ』と呼ばれるミュージカルや実写映画化…

ririto / 69 view

恋愛&ラブコメアニメおすすめランキングTOP53【2021最新版】

思わずきゅんとしてしまう恋愛アニメ、あり得ないと思いながら笑ってみてしまうラブコメアニメ…やはり恋愛&ラブコ…

ririto / 34 view

緑色キャラクターの人気ランキングTOP50【2021最新版】

漫画・アニメ・映画・ご当地など、様々な人気キャラクターが存在していますが、その中でも緑の人気キャラクターとい…

maru.wanwan / 11 view

ヒプノシスマイクのキャラ人気順ランキング21選!声優のプロフィールも総まとめ【202…

女性ファン中心に人気を獲得しており、凄まじい勢いを見せている「ヒプノシスマイク」。21位の魅力的な「ヒプノシ…

kent.n / 5 view

ヤングジャンプ連載作品の歴代人気おすすめランキング32選【2021最新版】

数ある青年漫画誌の中でもずば抜けて名作を世に送り出しているのが「ヤングジャンプ」です。今回はそんなヤングジャ…

もどる / 6 view

DEATH NOTE登場キャラ<強さ・かわいい・人気>ランキング40選【2021最新…

週刊少年ジャンプで連載されていた漫画、DEATH NOTE。アニメ化やドラマ化、実写映画化もされており、とて…

ririto / 2 view

鬼滅の刃のキャラクター強さランキングTOP41【2021最新版】

爆発的ヒットを見せている漫画『鬼滅の刃』の登場キャラクターたちを、強さ順にランキング形式でまとめてみました。…

ririto / 10 view

北斗の拳のキャラ強さランキングTOP55~登場人物最強とは【2021最新版】

「お前はもう死んでいる」や「あべし!」などのセリフで一世を風靡した漫画『北斗の拳』。作中には屈強な男たちがこ…

ririto / 22 view

懐かしいアニメランキングおすすめ100選!1970年代・1980年代・1990年代の…

誰しもが子供の頃に見ていたであろうアニメ。今回はアニメ黎明期の1970年代から社会ブームにまでなった1990…

ririto / 6 view

沢城みゆきが声優のアニメキャラ人気ランキングTOP35【2021最新版】

様々なアニメで活躍されている声優の沢城みゆきさん。超絶美女の役から可愛い少女、はたまた少年、さらには人外キャ…

ririto / 6 view

となりのトトロのキャラクター人気ランキング13選【2021最新版】

ジブリ映画「となりのトトロ」のキャラクターであるトトロやネコバスは多くの注目を集め、当時は社会現象にもなりま…

maru.wanwan / 2 view

女性声優の人気ランキングTOP42【2021最新版】

女性声優の人気について調べ、TOP42を選出しました! 男性に比べてルックスと若さがより人気を左右しがちな女…

埒子 / 19 view

ワンピースのキャラクター強さランキング最新100選~登場人物最強とは【2021年版】

今や日本のみならず、全世界で人気が高い漫画「ONE PIECE(ワンピース)」。今回は、ワンピースのキャラク…

ririto / 13 view

ドラゴン桜の名言ランキングTOP25!人気の格言を紹介【2021最新版】

2003年にモーニングで連載は始まった「ドラゴン桜」ですが、受験テクニックや勉強法などが受験業界で大きな話題…

maru.wanwan / 12 view

Huluのアニメおすすめランキング90選!6ジャンル別のTOP15【2021最新版】

Hulu(フールー)は、月額利用料933円(税抜き)でたくさんのアニメが見られるコンテンツです。今回はHul…

ririto / 8 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ラノベ原作のアニメおすすめランキング35【2021最新決定版】

ここ数年で、ライトノベル…いわゆる『ラノベ』を原作としたアニメがとても増えましたよね!今回は、ラノベを原作と…

ririto / 14 view

ラブライブサンシャイン「Aqours」声優の顔かわいいランキング9選!現在の情報も公…

ラブライブ!サンシャイン!!では『Aqours(アクア)』というグループ名で声優さんたちが活動されていました…

ririto / 2 view

サザエさんの家系図&キャラ強さランキング30選~登場人物最強とは【2021最新版】

磯野家(とそれにかかわる人々)の日常を描いたサザエさんですが、そこに登場するキャラクターの強さがネットで議論…

ririto / 2 view

るろうに剣心の名言&名シーン32選!ランキングで紹介【2021最新版】

週刊少年ジャンプに連載され、アニメや実写映画も話題の「るろうに剣心」ですが、これまで数々の名言や名シーンを生…

maru.wanwan / 8 view

ジャンプアニメ人気ランキングTOP50!おすすめ名作と口コミ【2021最新版】

老若男女問わず長い期間愛され続けている週刊少年ジャンプですが、アニメ化された作品も数多く存在します。今回は週…

もどる / 2 view

ジブリのキャラクター人気ランキング80選・男性女性別【2021最新版】

宮崎駿氏・高畑勲氏を主宰とするアニメーション制作スタジオであるスタジオジブリの長編作品はおよそ23本にのぼり…

maru.wanwan / 36 view

凛として時雨の人気曲25選&アルバムおすすめ5選【動画付・2021最新版】

人気アニメとのタイアップで注目のスリーピースロックバンド凛として時雨。男女ツインボーカルの歌声と独創的なサウ…

rogi / 2 view

百合アニメのおすすめランキングTOP40【人気2021最新版】

百合アニメ…それは女の子同士での恋愛アニメ。ハードなガチ百合からほのぼの百合、そこはかとなく百合なものまで様…

ririto / 18 view

死亡した漫画家30名と死因・男性女性別!衝撃順にランキング【2021最新版】

漫画家は短命な職業といわれるなど、多くの優秀な漫画家が短い生涯を閉じています。今回は、死亡した漫画家30名と…

maru.wanwan / 59 view

ペンギンのキャラクター24選!人気ランキング【2021最新版】

世の中に数多く出回っているペンギンのキャラクターは、よちよち歩きが可愛らしいイメージから癒し効果があるとして…

maru.wanwan / 2 view

花より男子の登場キャラ人気ランキング12選!ドラマ版キャストも紹介【2021最新版】

『マーガレットで1992年から2004年まで連載された人気漫画の「花より男子」。テレビドラマ化されて社会現象…

maru.wanwan / 32 view

鈴木このみの人気曲ランキング25選&アルバム5選【2021最新版】

アニソン業界を代表するアニソンシンガーの鈴木このみ。愛称このみん。2011年、第5回全日本アニソングランプリ…

rogi / 1 view

鬱アニメのおすすめランキングTOP40【2021最新決定版】

鬱アニメとは、見ている時または視聴後に鬱な気持ちになるアニメの事です。今回は数ある鬱アニメの中から、おすすめ…

ririto / 2 view

supercellの人気曲ランキング40選&アルバム3選【2021最新版】

コンポーザーのryoを中心にイラストレーターやデザイナーが集ったクリエイター集団「supercell(スーパ…

rogi / 1 view

【最新】男性声優の人気ランキングTOP34【若手もベテランも】【2021年版】

昨今テレビで特集されることも増えた声優。声や演技力はもちろん、最近ではルックスや人柄も人気の理由の一つとなり…

埒子 / 14 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング