スポンサードリンク

タンブラーとは

アンブラーに馴染みのない方からすると水筒とどう違うの?と思われるかもしれません。水筒もタンブラーも飲み物を入れて使用することに変わりはありませんが、水筒は特に持ち運びに特化して作られたものであるのに対し、タンブラーは位置付けとしてはあくまで「コップ」です。近年のタンブラーはフタ付きで、ちょっと持ち運ぶ程度には耐えうる構造をしているものが主流ですが本来のタンブラーはあくまでコップなので携帯性は水筒には劣ります。

容量自体も水筒に比べれば小容量用なのでお気に入りのコーヒーなどを適温で楽しむために使用するのが近年のタンブラーの用途と考えていただいて間違いありません。また、水筒に比べれば密閉性などの機能性がないため、構造がシンプルになっており、その分洗いやすいというのもタンブラーの特筆すべきポイントと言えるでしょう。

タンブラーの選び方4つのポイント

タンブラーを選ぶ際はどのような点を重視すれば良いのでしょうか。ここではタンブラー選びに役立つポイントについて見ていきましょう。

ポイント1.保温性をチェック

タンブラーを使用するメリットの1つが暖かい飲み物でも冷たい飲み物でも比較的長い時間温度を保ってくれるという点です。特にオフィスなどで使用するのであれば保温性は是非とも重視したいポイントです。保温性が高いタンブラーを選びたい場合はタンブラーの構造に注目しましょう。

保温性に優れているタンブラーの多くは「二重構造」を採用しています。この二重構造とは外気に触れる外側の部分と飲み物に触れる内側の部分に真空層や断熱材などの材質を間に挟んでいる構造を指します。この構造を採用することで温かい飲み物の温度が外に逃げてしまうことを防ぎ、冷たい飲み物の温度が外気によってぬるくなってしまうことを軽減してくれます。

二重構造を採用しているタンブラーは飲み物の温度に関わらず温度を保ってくれるので1年中快適に使用できるとおうメリットの他、冷たい飲み物を飲む時に出てしまう結露を防止する効果もあります。デスクなど、タンブラーを置く場所を濡らしてしまうことがないのでオフィスでも安心して使用できますね。

ポイント2.素材をチェック

タンブラーでよく使用されている素材がプラスチックとステンレスです。また、それ以外にも数種類の素材が使用されています。それぞれに異なる特徴を持っているのでライフスタイルや用途に応じて最適なタイプを選ぶようにしましょう。以下にそれぞれの特徴をまとめました。

ステンレス製タンブラー

ステンレス製タンブラー

ステンレス製タンブラーの最大のメリットかつ特徴が保温性の高さです。ステンレスとはスチールにニッケルとクロムを配合して作られる合金のことを指します。

缶の飲み物ではアルミ缶よりもスチール缶の方が保温性が高いという特徴を持ちます。ステンレスはその特徴を顕著に受け継ぎ、熱伝導率が低いため、必然的に保温性が高くなるのです。真空断熱構造を持つステンレス製のタンブラーであれば保温性にかけて上回るものはないでしょう。

プラスチック製タンブラー

プラスチック製タンブラー

プラスチック製タンブラーは軽い本体とデザインの豊富さが特徴です。保温性という面では金属であるステンレスには及びませんが、すぐに適温で飲みたいという用途であれば非常に適していると言えます。

また、近年はプラスチックの保温性の低さという弱点を無くすために内側に金属を使用した2層構造のプラスチックタンブラーも販売されています。デザイン性と保温性を重視したい方は内側に金属、外側にプラスチックを使用したタンブラーを選ぶと良いでしょう。

ステンレス以外の金属製タンブラー

ステンレス以外の金属製タンブラー

金属製タンブラーというとステンレス製が主流ですが、それ以外にも金属製のタンブラーは数種類あります。錫製や銅製のタンブラーは比較的有名なのではないでしょうか。これらのタンブラーはお酒を楽しみたい人に適したタンブラーとなっており、特にビールはきめ細やかな泡が立つため、お酒が好きな方の中には愛用している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お酒をより美味しく楽しむ、という面は利点になりますが、基本的にステンレス以外のタンブラーは高額な製品が多く、手が出しにくいというデメリットがあります。しかし、製品自体は非常に優れているものなのでこだわり派の方は自分に合ったタンブラーを探してみても良いかもしれません。

陶磁器製

陶磁器製

陶磁器製のタンブラーも主にお酒好きな方が使用するのに適したタンブラーです。ステンレス以外の金属製タンブラーに比べれば手頃な価格で購入できる製品が多く、耐熱陶磁器であればホットでもアイスでも楽しめます。陶磁器製は口当たりが柔らかいので金属製特有の舌触りなどを苦手とする方でも安心して使用することができます。

しかし、陶磁器製は他の素材で出来たタンブラーに比べて耐久性が低く、割れてしまうことがあるので扱いには注意が必要です。

ポイント3.容量をチェック

タンブラーには様々な大きさがあります。内容量が多くなるほどタンブラー本体の大きさも大きくなるので携帯性は悪くなります。この携帯性はタンブラーをどこで使用するのかで必要か不必要かが変わってくるので、まずはタンブラーをどこで使用するのかをしっかりと決めておくようにしましょう。持ち運びたいのであれば小さめのサイズ、持ち運ばないのであればある程度大きくても問題はありません。

また、スターバックスコーヒーのようにカフェショップにタンブラーを持ち込んでドリンクをテイクアウトする場合は注文するサイズの量が入るような容量のものを選ぶようにしましょう。

一般的なサイズの名称と容量は「ショート=240ml」、「トール=350ml」、「グランデ=470ml」、「エノルメ/ベンティ=590ml」となっているので、この容量を参考に少し余裕を持ったサイズのタンブラーを選ぶのが上手なタンブラーの選び方です。

ポイント4.使い勝手をチェック

タンブラーの使い勝手を左右するポイントはいくつかあります。まずフタ付きかそうでないかは携帯を考えている方にとっては重要なポイントです。フタの機能性もタンブラーによって異なるので商品紹介のページや口コミなどを参考に密閉性が高いものを選ぶようにしましょう。フタは付いていれば良いものではありません。密閉性の高い水筒と違ってタンブラーはフタが付いていても倒れればこぼれてしまうものが多くあります。オフィスなどでの使用を考えていて、持ち運びをしないという方であれば完全密閉タイプでなくても問題はありませんがバッグなどに入れて携帯したい場合は密閉性も必ず確認しましょう。

そしてお手入れのしやすさも外せないポイントです。特に深めのタンブラーの場合は口が広いタイプを選びましょう。口が広いタイプのタンブラーは手を入れてしっかりと洗うことが出来るので衛生的に使用することができます。フタ付きの場合はパッキンなどの部品が取り外して洗えるタイプを選ぶと、綺麗な状態を維持しやすくなります。コーヒーのような色移りや匂い移りがしがちな飲み物を入れて使用する場合は特にお手入れ方法の確認を忘れずにしておきましょう。

おすすめタンブラーランキングTOP25~21

それではタンブラーのおすすめランキングを見ていきましょう。デザインや容量、保温性など人によって重要視するポイントは様々です。自分が求める機能をしっかりと把握してお気に入りのタンブラーを見つけてください。

25位:SIGG(シグ) 保温ボトル ホット&コールドワン ホワイト 0 5L

4,730円

容量:500ml
素材:18/8ステンレス(本体)、ポリプロピレン(キャップ)

ジルコニウムを含んだ材料で作られた真空断熱構造のタンブラーです。ジルコニウムには真空層に僅かに残った酸素や湿気と結合し、より真空効果を高める働きがあります。この働きにより、高い保温能力を持ち、温かい飲み物は温かさを、冷たい飲み物は冷たさをキープできるようになっています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

100均の時計おすすめ30選~ダイソー・セリア・キャンドゥ別の人気ランキング【202…

オシャレな腕時計や壁掛け時計・置時計が揃う100均は、100円ショップとは思えないクォリティの高さで注目を集…

remochan8818 / 350 view

レポート用紙の人気おすすめランキング16選と選び方&口コミ【2024最新版】

勉強や仕事に欠かせないレポート用紙ですが、様々な工夫がされたレポート用紙もあり、主婦の方にも人気があります。…

remochan8818 / 169 view

ポケットティッシュおすすめランキング15選!選び方もご紹介【2024最新版】

携帯に便利なのがポケットティッシュですよね。様々なモノが売られていて、水に流せるタイプから保湿タイプまで、い…

taurus7 / 197 view

人気トイレットペーパーおすすめランキング25選!種類や選び方4つのポイントも紹介【2…

普段なにげなく買うことが多いトイレットペーパーですが、実はいろんな種類や商品があります。今回はトイレットペー…

taurus7 / 245 view

フローリングモップのおすすめ人気ランキング20選と選び方&口コミ【2024最新版】

フローリングの床は、ホコリや髪の毛、皮脂汚れなどが目立ちがちですが、フローリングモップがあればキレイを保つこ…

remochan8818 / 105 view

歯ブラシスタンドのおすすめ人気ランキング20選と口コミ&選び方【2024最新版】

歯ブラシスタンドを使うことで、水はけをよくして、湿気をなくすことで歯ブラシを衛生的に保つことができます。今回…

maru.wanwan / 135 view

LEDリングライトのおすすめ人気ランキング15選と口コミ【2024最新版】

メディアにも登場するほどの人気を誇るネット配信者ですが、写りを良くするのに、LEDリングライトの存在が大きく…

maru.wanwan / 193 view

スポンサードリンク

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

洗濯槽クリーナーおすすめ人気ランキング15選と口コミ【2024最新版】

洗濯槽は掃除をしないでいると汚れが溜まっていき、悪化すると洗濯物にカビや雑菌を繁殖させてしまいます。そこで役…

もどる / 155 view

洗剤と柔軟剤の組み合わせランキングTOP15【プロが厳選|2024最新決定版】

今回は、プロが厳選した洗剤と柔軟剤の組み合わせランキングTOP15をご紹介していきたいと思います。洗剤と柔軟…

remochan8818 / 980 view

お風呂掃除スポンジの人気おすすめランキング20選と選び方&口コミ【2024最新版】

毎日の浴室掃除に欠かせないお風呂のスポンジですが、握りやすさから乾きやすさ、素材まで様々な種類がありますね。…

remochan8818 / 136 view

ダイソーのおすすめキッチングッズ35選~人気ランキングと口コミ【2024最新版】

ダイソーのキッチングッズは、108円とは思えないほどのクオリティの高さと、アイデアグッズが豊富で主婦の強い味…

remochan8818 / 141 view

炭酸水メーカーのおすすめ人気ランキング11選と口コミ【2024最新版】

コストをおさえながら手軽に作りたての炭酸水を楽しむことができる炭酸水メーカー。中には炭酸の強さを調節したり、…

maru.wanwan / 106 view

バスソルトの人気おすすめランキングTOP20と選び方【2024最新版】

ミネラル成分が豊富で注目を集めているバスソルトは、疲れを癒しココロもカラダもリフレッシュさせてくれます。今回…

remochan8818 / 77 view

【おしゃれ】テープカッターのおすすめ人気TOP20と選び方【2024最新版】

封筒の封かんやメモ紙を貼り付ける際に役立つセロハンテープですが、そのセロハンテープを切る時に活躍するのがテー…

maru.wanwan / 104 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング