男性ソロ歌手人気ランキングTOP25-21

25位:吉井和哉

25位:吉井和哉

本名:吉井和哉(よしいかずや)
生年月日:1966年10月8日
出身地:東京都北区
所属事務所:GOLD Kentaurusu

THE YELLOW MONKEYのボーカリスト

THE YELLOW MONKEYのボーカリスト

1990年代のロックバンド、THE YELLOW MONKEYのボーカルとして人気を博した吉井和哉さん。バンドの解散する直前からソロ歌手としてデビューしており、YOSHII LOVINSON名義でリリースした「CALL ME」は、神秘的な雰囲気を感じる名曲と評価されています。

アニメソング歌手としてもデビューを果たしており、ソロ名義で最後にリリースしたシングルCD「超絶ダイナミック!」は、日本が誇る世界的な作品「ドラゴンボール超」の主題歌に起用されました。

2018年現在はTHE YELLOW MONKEYが再結成しているため、ソロ活動に関しては休業状態となっているようです。

24位:布袋寅泰

24位:布袋寅泰

本名:布袋寅泰(ほていともやす)
生年月日:1962年2月1日
出身地:群馬県高崎市
所属事務所:DADA MUSIC

スキャンダルな大物歌手

スキャンダルな大物歌手

伝説のロックバンド、BOØWYのギターとして活動していた布袋寅泰さん。ソロへ転向してからもカリスマ性は一切失っておらず、「CIRCUS」、「バンビーナ」、「RUSSIAN ROULETTE」などの名曲を生み出してきました。江頭2:50さんのテーマソング「スリル」の生みの親ではありますが、この楽曲は江頭2:50さんに勝手に起用されているそうで、「正直迷惑に思っている」とコメントしたこともありました。

大物であることは間違いないのですが、女性問題が多々報じられており、高岡早紀さんと不倫した際は、相手の元夫である保阪尚希さんと裁判一歩手前になるほどの騒動となりました。

BOØWY時代の盟友である氷室京介さんとは長年不仲が報じられていますが、こういった布袋寅泰さんのスキャンダルな一面に、氷室京介さんもうんざりしてしまったのかもしれませんね。

23位:久保田利伸

23位:久保田利伸

本名:久保田利伸(くぼたとしのぶ)
生年月日:1962年7月24日
出身地:静岡県庵原郡蒲原町
所属事務所:FUNKY JAM

ドラマの主題歌も有名な歌手

ドラマの主題歌も有名な歌手

幼少期から音感が良く、ファンキーな性格でもあったことから、生まれつきファンクミュージックの天才であった久保田利伸さん。1986年にメジャーデビューを果たしており、早々にブレイクを果たしました。

最もヒットした名曲「LA・LA・LA LOVE SONG」は、元SMAPの木村拓哉さんが主演して社会現象を巻き起こしたテレビドラマ「ロングバケーション」の主題歌としても有名です。むしろ、ドラマの影響で100万枚を超えるヒットとなってしまったことで、一発屋だと勘違いする人も少なくはないほどでした。

デビュー30年を突破した現在も精力的に活動しており、フジテレビ系列のバラエティー番組「バイキング」にテーマ曲を提供しています。

22位:奥田民生

22位:奥田民生

本名:奥田民生(おくだたみお)
生年月日:1965年5月12日
出身地:広島県広島市東区尾長
所属事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

ゆったり系ロックの巨匠

ゆったり系ロックの巨匠

奥田民生さんの音楽の特徴は、「イージューライダー」を筆頭に、ゆったりとした心地よいロックサウンドです。激しいロックとは正反対の音楽性のため、高齢層にも支持されています。

音楽プロデューサーとしての顔もあり、2人組の女性ボーカルデュオ、パフィーを手掛けたことでも有名です。奥田民生さんの音楽にハマれる人なら、パフィーの音楽も楽しむことができるでしょう。

元々は、1980年代後半に活躍したロックバンド、ユニコーンのボーカルとしてデビューしており、バンドが活動再開した現在は、ソロとバンドの両方で活動を展開しています。

21位:森山直太朗

21位:森山直太朗

本名:森山直太朗(もりやまなおたろう)
生年月日:1976年4月23日
出身地:東京都渋谷区
所属事務所:セツナインターナショナル

親を越えた人気歌手

親を越えた人気歌手

近年の芸能界では、芸能人の子供である二世タレントが続々とデビューしていますよね。音楽業界では、宇多田ヒカルさんという成功例があるものの、ほとんどの二世タレントは「親の七光り」を超える活躍を見せておらず、それどころか、楽して芸能界デビューしているようにしか見えないという批判も少なくありません。

また、三浦祐太朗さんを筆頭に、親の名前を積極的に出して自身を売り込む歌手も増加傾向にあるのですが、2000年代を代表する歌手の森山直太朗さんは、邦楽で数少ない、親を越えた歌手として支持されています。

代表曲「さくら」は100万枚を超えるヒットを記録しており、この結果だけでも、母の森山良子さんという高すぎる壁を乗り越えたことを証明していますね。バラエティー番組にも頻繁に出演しており、愉快な性格でも知られています。

蔓延している二世タレントたちも、森山直太朗さんのように自分自身の能力と努力で勝負し、親の七光りを乗り越えてほしいものです。

男性ソロ歌手人気ランキングTOP20-16

20位:槇原敬之

20位:槇原敬之

本名:槇原範之(まきはらのりゆき)
生年月日:1969年5月18日
出身地:大阪府高槻市
所属事務所:ワーズアンドミュージック

犯した罪を乗り越えたマッキー

犯した罪を乗り越えたマッキー

ファンからは「マッキー」の愛称で親しまれている天才シンガーソングライターの槇原敬之さん。優しい音楽の世界観でリスナーたちの心を掴み、「どんなときも。」、「もう恋なんてしない」、「モンタージュ」などのヒット曲は、未だ色あせないと評価されています。

ブレイクの真っただ中に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されており、シンガーソングライターとしての活動も継続困難な状況となってしまいまいた。しかし、この罪を乗り越えた槇原敬之さんは、音楽業界に復帰し、SMAPに提供した名曲「世界に一つだけの花」を生み出しました。

同楽曲は、邦楽を代表する名曲と言っても過言ではないほどの心温まる優しい名曲です。他にも、ダウンタウンとの共作「チキンライス」などもヒットしており、現在はシンガーソングライター、音楽プロデューサーとして活動を続けています。

19位:ナオト・インティライミ

19位:ナオト・インティライミ

本名:中村直人(なかむらなおと)
生年月日:1978年8月15日
出身地:千葉県野田市
所属事務所:ユニバーサルミュージック

聞き惚れる歌声を持つ人気歌手

聞き惚れる歌声を持つ人気歌手

性別に関係なく、聞き惚れてしまうほどの魅力的な歌声の持つ主であるナオト・インティライミさん。2001年からソロ歌手としてメジャーデビューを果たしており、長い期間ヒットに恵まれない日々を過ごしていたそうですが、着実と人気を集めることに成功し、デビューから9年経過した2010年、初の全国ツアーで日本武道館公演を実現させました。

ライブ人気が高く、毎年単独やフェスを問わず積極的に出演しているため、ライブでナオト・インティライミさんのファンになったという人も少なくありません。また、2015年には初のドーム公演も開催しており、2018年もナゴヤドームでドームコンサートを開催することが決定しています。

ナオト・インティライミさんは、邦楽の勢いが下降の一途を辿る現状で、ソロ歌手でありながらドーム公演を実現させた実力派です。男性ソロの音楽を普段聞かない人も、ナオト・インティライミさんのライブに行けば、間違いなく好きになるでしょう。

18位:小田和正

18位:小田和正

本名:小田和正(おだかずまさ)
生年月日:1947年9月20日
出身地:神奈川県横浜市金沢区
身長:172cm
血液型:A型
所属事務所:株式会社ファー・イースト・クラブ

ハイトーンボイスが魅力のベテラン歌手

ハイトーンボイスが魅力のベテラン歌手

「さよなら」などの名曲を生み出したバンド「オフコース」の元ボーカルである小田和正さんは、ソロへ転向してからも、「ラブ・ストーリーは突然に」などの名曲を生み出し、ソロデビュー時から、幅広い世代の男女に親しまれてきました。

近年は、CDのリリースは控えめになり、年に1度のペースで開催されているコンサートツアーを中心に活動しています。

17位:河村隆一

17位:河村隆一

本名:佐野隆一(さのりゅういち)
生年月日:1970年5月20日
出身地:神奈川県大和市
所属事務所:エイベックス(レーベル)

1990年代にソロ活動が大ヒット!

1990年代にソロ活動が大ヒット!

河村隆一さんは、1990年代のヴィジュアル系ロックバンドブームを築いた大物バンド、LUNA SEAのフロントマンを務める天才ボーカリストです。歌声はもちろん、独特な歌唱パフォーマンスも世間から注目を集め、河村隆一さんの歌い方をマネした当時の子供たちも少なくはなかったそうです。

バンドが活動休止期間に入ったと同時にソロ活動を開始したのですが、バンドとは全く方向性が違うシンプルなポップスに、当時のヴィジュアル系ロックバンドを愛するファンは衝撃を受けました。しかし、ロックを聴かない層のファンを獲得することに成功し、セカンドシングル「Glass」は、自身にとって初のミリオンヒットを記録しました。

LUNA SEAとしては2018年現在もミリオンを突破したシングルは存在していないことからも、当時の河村隆一さんの人気がどれほどのものだったか伺うことができるでしょう。現在は当時ほどの勢いはありませんが、LUNA SEAとソロを並行して精力的な活動を続けています。

16位:矢沢永吉

16位:矢沢永吉

本名:矢沢永吉(やざわえいきち)
生年月日:1949年9月14日
出身地:広島県広島市
身長:180cm
血液型:B型

熱狂的なファンを生んだ歌手

熱狂的なファンを生んだ歌手

活動期間わずか2年半という短さだった伝説のバンド「キャロル」のボーカルを務めていた矢沢永吉さんは、ソロ活動を開始してからも、男気溢れるキャラクターと音楽で熱狂的なファンを多数獲得しました。

近年は、新曲となるシングルやアルバムは発表していませんが、2015年は東京ドームで開催された単独コンサートを成功させるなど、根強いファンに愛され続けています。

男性ソロ歌手人気ランキングTOP15-10

15位:斉藤和義

15位:斉藤和義

本名:斉藤和義(さいとうかずよし)
生年月日:1966年6月22日
出身地:栃木県下都賀郡壬生町
身長:181cm
血液型:O型
所属事務所:ロード&スカイ

デビューから15年目でブレイク

デビューから15年目でブレイク

斉藤和義さんは、1993年のファーストシングル「僕の見たビートルズはTVの中」でデビューを果たしましたが、長年、楽曲が評価されるもセールスに結びつくことはありませんでした。

しかし、デビューから15年となった2008年頃に放送されていた「ゼクシィ」のCMソング「ウエディングソング」が話題となり、ブレイクを果たしました。

現在は、実力派のソロ歌手として幅広い世代に支持されています。

14位:山崎まさよし

14位:山崎まさよし

本名:山崎将義(やまざきまさよし)
生年月日:1971年12月23日
出身地:山口県防府市
身長:176cm
血液型:A型
所属事務所:オフィスオーガスタ

デビュー22周年を迎えたシンガーソングライター

デビュー22周年を迎えたシンガーソングライター

山崎まさよしさんの音楽は、心に染み渡るような強いメッセージ性が魅力です。「振り向かない」、「僕はここにいる」などの代表曲があり、サードシングル「セロリ」は、SMAPにカバーされたと同時に、草なぎ剛さんの初主演ドラマ「いいひと。」のテーマソングに起用されました。また、「真夜中のBoon Boon」は、小日向文世さんの主演ドラマ「あしたの、喜多善男~世界一不運な男の奇跡の11日間~」の主題歌に起用され、山崎まさよしさん本人もドラマ内にゲスト出演しました。

30~50代の男女中心に評価され、現在も人気が高い歌手です。

13位:スガシカオ

13位:スガシカオ

本名:菅止戈男(すがしかお)
生年月日:1966年7月28日
出身地:東京都渋谷区
血液型:O型
所属事務所:SPEEDSTAR RECORDS

数々のアーティストたちとも共演

数々のアーティストたちとも共演

スガシカオさんは、1997年2月26日「ヒットチャートをかけぬけろ」でメジャーデビューしました。当時の音楽業界は、ジャニーズなどのアイドルや、ビジュアル系バンド、そして俳優も兼業している歌手が中心だった中、スガシカオさんは、純粋な歌手として活動開始しました。

広く世間に知られるようになったのは、SMAPが初めてミリオンヒットを記録した人気曲「夜空ノムコウ」の作詞を担当したことでした。リリースしたアルバムは、全てオリコンランキングTOP10入りを果たしており、現在もさいたまスーパーアリーナで主催したフェスを成功させるなどの活躍を続けています。

12位:清水翔太

12位:清水翔太

本名:清水翔太(しみずしょうた)
生年月日:1989年2月27日
出身地:大阪府八尾市
所属事務所:YARD

R&Bの歌手として大成功

R&Bの歌手として大成功

大阪府八尾市で生まれた清水翔太さんは、小さい頃から、祖母が営んでいるカラオケ店に通って歌を歌っていたそうです。幼いころから才能を磨いていたこともあり、参加したオーディションでは最終選考まで残りました。それがきっかけとなり、レコード会社との契約が決まり、「HOME」でメジャーデビューを飾りました。

デビュー直前に、「確実に100万人に1人の逸材」と絶賛されたこともあり、デビューしてすぐにヒットを飛ばし、日本のR&Bの歌手として現在も高く評価されています。

関連するキーワード

関連するまとめ

年代別!カラオケで盛り上がる曲50選【10代・20代・30代・40代・50代以上】

学生から定年を迎えた高齢者の方まで、どの世代でも楽しめるのがカラオケの魅力ですよね!今回は、カラオケで盛り上…

kent.n / 11098 view

ZARDの人気曲TOP45!名曲ランキング決定版【動画付き】

透明感ある歌唱で聴く者を魅了するZARD坂井泉水さんの人気曲・代表曲をランキング形式でまとめてみました。ZA…

rogi / 6026 view

Superfly人気曲ランキングTOP50【最新・動画付き】

圧倒的な歌唱力を誇る音楽ユニット「Superfly(スーパーフライ)」の人気曲をランキング形式まとめてみまし…

rogi / 2354 view

チャットモンチーの人気曲ランキングTOP40【ファンが選んだ名曲】

日本を代表するガールズバンド「チャットモンチー」の人気曲やおすすめ曲をランキングでご紹介していきます。ファン…

rogi / 4993 view

Suchmosの人気曲30選!おすすめアルバムもランキング【最新版・動画あり】

多彩な音楽性でファンを拡大中の人気バンドSuchmos(サチモス)。2018年の横浜アリーナ公演でファンにな…

kent.n / 1093 view

BREAKERZの人気曲ランキング25選&アルバム5選【動画付き・最新版】

バラエティ番組などで活躍しているDAIGOがヴォーカルを務めるバンドBREAKERZ。今回はそんなBREAK…

rogi / 197 view

【年代別】邦楽で人気の歌ランキング100選【歴代最新版・動画付き】

私たちの生活に欠かせないものと言える音楽。人間の変化と同時に音楽も変化していくので、数十年間の間に邦楽の方向…

kent.n / 1949 view

B’zの人気曲ランキング!おすすめ名曲55選【最新版】

世界も認めるロックバンド「B’z(ビーズ)」そんなB’zには、誰もが知っているヒット曲以外にもおすすめしたい…

cibone / 22168 view

女子十二楽坊の人気曲ランキング15選&アルバム10選【最新版】

中国伝統楽器の演奏家で構成されているインストゥルメンタルバンドの女子十二楽坊。今回は女子十二楽坊たちが奏でる…

rogi / 984 view

2000年代の邦楽ヒット曲ランキング100選【動画付き・最新版】

2009年代の邦楽ヒット曲を年代別にランキング形式でまとめてみました。2000年・2001年・2002年・2…

rogi / 527 view

Janne Da Arcの人気曲!名曲ランキングTOP50【動画付】

伝説のヴィジュアル系バンドJanne Da Arc(ジャンヌダルク)の人気曲ランキングTOP50を紹介します…

m_and_m / 4062 view

平原綾香の人気曲ランキング40選&アルバム10選【動画付き・最新版】

壮大な宇宙を感じさせるデビュー曲「Jupiter」で一躍注目を浴びた平原綾香。今回は平原綾香の人気曲ランキン…

rogi / 436 view

久保田利伸の人気曲!名曲ランキングTOP35【動画付き】

デビューから33年を迎えた久保田利伸さんの名曲を人気曲ランキング形式で紹介します。懐かしく感じるものから最新…

m_and_m / 2038 view

井上陽水の人気曲ランキング20選&アルバム10選【動画付き・最新版】

フォーク界最大のスターとして人気のシンガー・ソングライター井上陽水。今回は井上陽水の人気曲ランキング20選や…

rogi / 351 view

中島美嘉の人気曲45選!名曲ランキング最新版【動画付き】

壮大なバラードソングで聴く者を魅了する中島美嘉の人気曲・代表曲をランキング形式でまとめてみました。中島美嘉の…

rogi / 962 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

MISIAの人気曲!名曲ランキングTOP45【動画付き】

MISIA(ミーシャ)の名曲を人気曲ランキング形式で紹介していきます。バラードな曲が多いMISIAですが、し…

m_and_m / 3804 view

JUDY AND MARYの人気曲ランキング40選&アルバム5選【最新版】

90年代のJ-POPシーンのトップを走っていたロックバンド『JUDY AND MARY(ジュディマリ)』。今…

rogi / 1973 view

コブクロの人気曲ランキング!名曲50選【最新版】

黒田俊介と小渕健太郎の2人からなるフォークデュオ、コブクロの人気曲・代表曲をランキング形式でたっぷりご紹介し…

cibone / 7669 view

1990年代の邦楽ヒット曲ランキング100選【動画付き・最新版】

1990年代の邦楽ヒット曲を年代別にランキング形式でまとめてみました。1999年・1998年・1997年・1…

rogi / 365 view

三代目JSBの人気曲ランキングBEST45【最新版・動画付き】

「R.Y.U.S.E.I.」で一躍脚光を浴びた三代目 J Soul Brothersですが、「R.Y.U.S…

rirakumama / 16138 view

小室哲哉プロデュースの人気曲ランキング45選【動画付き】

日本が生んだ名プロデューサー、小室哲哉。安室奈美恵、TRF、華原朋美…彼の魔法にかかったアーティストは数知れ…

cibone / 1279 view

【最新】応援ソングの人気ランキングTOP100【動画あり】

気合を入れたいとき、夢や目標を叶えることに疲れてきたら、応援ソングを聴いて本当の想いを取り戻しましょう!本ラ…

kent.n / 1472 view

クリスマスソング定番ランキング100選【邦楽洋楽別・最新版】

毎年12月になると、数々のクリスマスソングが街やテレビ、そして人の心をもクリスマス一色に彩ってくれますよね。…

kent.n / 1664 view

Hilcrhyme(ヒルクライム)の人気曲ランキングTOP35【動画付き】

Hilcrhyme(ヒルクライム)の人気曲・代表曲ランキングTOP35をご紹介します。Hilcrhymeのこ…

m_and_m / 5867 view

【泣ける】失恋ソングランキングTOP51【動画あり】

失恋した時、共感出来る歌詞の音楽を聞いておもいっきり泣きたい!なんて人は多いのではないでしょうか?そこで今回…

AJT2580 / 10722 view

華原朋美の人気曲ランキング25選&アルバム10選【最新版】

平成の歌姫として、小室哲哉という強力なプロデューサーのもと鮮烈なデビューを飾った華原朋美。今回は華原朋美の人…

rogi / 133 view

中森明菜の人気曲ランキング40選&アルバム10選【動画付き・最新版】

80年代のアイドル全盛期にデビューし、可愛らしいルックスと高い歌唱力で人気の中森明菜さん。中森明菜さんの人気…

rogi / 1044 view

X JAPANの人気曲ランキングTOP30【最新版・動画付き】

数々の伝説を残してきたロックバンド、X JAPAN(エックスジャパン)の人気曲ランキングを大発表!ダウンロー…

cibone / 7537 view

mihimaru GTの人気曲ランキング30選&アルバム8選【動画付き・最新版】

2006年リリースの「気分上々↑↑」で大ブレイクを果たした音楽ユニット『mihimaru GT(ミヒマルジー…

rogi / 722 view

西野カナの人気曲ランキングTOP70【ファンが選んだ名曲・動画付き】

2008年にメジャーデビューした西野カナさんの人気曲ランキングを動画付きで紹介します。女性の恋心をストレート…

rogi / 7156 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング