スポンサードリンク

頭文字Dとは

基本データ

基本データ

著者: しげの秀一
プロジェクト: 漫画、アニメ
出版社: 講談社
キャラクターデザイン: 佐藤正樹
ジャンル: 青年漫画、自動車漫画

概要

概要

『頭文字D』は、しげの秀一による峠の走り屋の物語で、それを原作にしたテレビアニメおよび映画も有名です。『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて、1995年30号から2013年35号まで連載され、2021年4月時点で累計発行部数は5500万部を突破しています。アニメの関連CDは70万枚、ビデオとDVDは合わせて50万本を販売しています。

公式ホームページ

頭文字Dのキャラクター・車の強さ・速さランキングTOP20-16

20位:二宮大輝

塾内でもかなりの実力を誇り、そのレベルはトップスリーに入る

塾内でもかなりの実力を誇り、そのレベルはトップスリーに入る

搭乗車種:ホンダ・シビック TYPE R(EK9後期)

ドラテク私塾東堂塾の若手現役塾生です。塾内でもかなりの実力を誇り、そのレベルはトップスリーに入ると言われるほどである。特にブレーキングが得意で左足ブレーキはもちろんの事、フルブレーキでタイヤを一瞬ロックさせた後、すばやくブレーキを緩め再びロックさせるという独自の天才的な技術で、誰よりも確実で速いブレーキングを実現しています。

19位:須藤京一

『低速域コーナーの鉄人』

『低速域コーナーの鉄人』

搭乗車種:三菱・ランサーGSR エボリューションIII(CE9A)

栃木県日光市に拠点を置き、日光いろは坂をホームコースとするランエボ軍団「エンペラー」のチームリーダーです。そのテクニックはジムカーナ仕込みで、特に中低速区間では『低速域コーナーの鉄人』とも称されるほどの抜群のうまさを見せる。挑発的な清次も、京一には頭が上がらないようで「俺のエボⅣで勝てないのは、京一のエボⅢだけ」と称賛されています。

18位:大宮智史

大宮のテクニックは拓海をも凌駕

大宮のテクニックは拓海をも凌駕

搭乗車種:NB8C ロードスター RS

チーム246のリーダーであり元プロレーサーという経歴を持つ。バトルではコースを熟知したライン取りを行い、拓海よりも正確なブレーキング技術を見せることから「最狂のクレイジーダウンヒル」と呼ばれています。序盤から徐々に調子を上げていくスロースターターだが、機が熟して全開に達した時の大宮のテクニックは拓海をも凌駕します。

17位:スマイリー酒井

バトルでの駆け引きに長けている

バトルでの駆け引きに長けている

搭乗車種:ホンダ・インテグラタイプR(DC2前期)

栃木県のドラテク私塾「東堂塾」の現役塾生で、ヒルクライム担当としてプロジェクトDと戦います。サーキットの走行会に赴いていたり、様々なメーカーの車種のメカニズムや茨城県のセミプロチームパープルシャドウのメンバーの情報をよく熟知しており、走り屋としての知見の深さも描かれています。バトルでの駆け引きに長けており、後ろに目がついているかのように後続車への誘導と揺さぶりを掛けてきます。

16位:末次トオル

『カミカゼ・ダウンヒラー』

『カミカゼ・ダウンヒラー』

搭乗車種:マツダ・ユーノスロードスター(NA6CEまたはNA8C)

結成して2年となる栃木県の走り屋チーム『セブンスターリーフ』(S・S・R)のダウンヒルエースで、ロードスターの軽さを生かしてハイスピードのツッコミに賭ける荒っぽいドライビングスタイルを持ち味としています。ありとあらゆるコーナーを慣性ドリフトで振り回すその走りは『カミカゼ・ダウンヒラー』と呼ばれ、対戦相手の藤原拓海すらも驚かせるほどのキレ味を見せています。

頭文字Dのキャラクター・車の強さ・速さランキングTOP15-11

15位:池田竜次

『ゼロ理論』という独自のドライビング理論を提唱

『ゼロ理論』という独自のドライビング理論を提唱

搭乗車種:日産・フェアレディZ(Z33前期型・2002年式)

神奈川県箱根町の走り屋チーム「チーム・スパイラル」のリーダーです。第二部プロジェクトD編において、ヒルクライムで高橋啓介と対戦します。走り屋こそしてはいるが行き過ぎた危険走行を監視するため、チームを「峠の自警団」としても率いています。また富士スピードウェイでのレース経験もあり実力は充分高く、『ゼロ理論』という独自のドライビング理論を提唱しており、要約すると「よくチューニングされたクルマに身を任せ、ドライバーの感情を限りなく無に近づけて、クルマから伝わる情報や感覚を読み取ってそれに応える」という考え方に基づいています。

14位:小柏 健

かつては走り屋であり現役時代は藤原文太の最大のライバル

かつては走り屋であり現役時代は藤原文太の最大のライバル

搭乗車種:トヨタ・MR2 Gリミテッド(SW20中期)

小柏カイの父親で、現在は中学校の教師をしているが、かつては走り屋であり現役時代は藤原文太の最大のライバルで、彼とは激戦を繰り広げていた因縁があり、立花祐一とも面識があります。最後は健の敗北で幕を下ろしたが、それから数十年の時を経て息子のカイを英才教育し、文太の息子の藤原拓海打倒の為の策略でした。走り屋を引退し長い年月が経ったが文太への執着は消えておらず、息子のカイにその野望を託し何としても拓海を負かし文太を見返すべく、愛車が無事じゃ済まない可能性が高い中でカイに『インベタのさらにイン』を教えています。

13位:坂本

現役唯一のラリードライバー

現役唯一のラリードライバー

搭乗車種:スズキ・カプチーノ

秋山渉の知人で、現役のラリードライバーです。公道バトルがテーマの同作品だが、意外にも現役のラリードライバーは彼だけで、ラリー仕込みのクレイジーなドリフト走法は、渉からはさんざん「バカ」「どんなクルマでもどんなせまい道でもとりあえずヨコにむけるやつ」と褒められています。搭乗したカプチーノは延彦が用意した車であり彼の愛車ではないが、メイン車両としては作中唯一のスズキ車かつ軽自動車でバトルしたドライバーでもあります。

12位:乾 信司

本作のラスボス

本作のラスボス

搭乗車種:乾信司

本作のラスボスで、神奈川三大勢力「サイドワインダー」の北条豪がダウンヒル担当ドライバーとして呼び寄せた18歳の少年です。学業成績は芳しくないが、知能指数と空間認識能力はずば抜けて高い。天性の才能とホームコースに特化した圧倒的な走り込み経験を武器とし、それを理解した者から専用チューンの車を与えられた第一部での「拓海」そのものなキャラです。

11位:土屋

文太の古い走り屋仲間で、今はプロのレーサーとして活躍

文太の古い走り屋仲間で、今はプロのレーサーとして活躍

搭乗車種:トヨタ・GR86

アニメおよび彼自身が主人公を務めるドラマCDに登場。モデルはこの作品の監修を務める土屋圭市です。文太の古い走り屋仲間で、今はプロのレーサーとして活躍しているが、息子の拓海の噂を聞き付け、ドリフトを見てみたいと電話で語っています。文太の古い走り屋仲間で、今はプロのレーサーとして活躍していることから、相当な実力の持ち主では?と噂されています。

頭文字Dのキャラクター・車の強さ・速さランキングTOP10-6

10位:北条豪

兄とは違い感性と集中力で勝負するタイプ

兄とは違い感性と集中力で勝負するタイプ

搭乗車種:NA1 NSX(前期型)

北条凛の弟で、兄弟で「富士の北条兄弟」と呼ばれており、神奈川県の走り屋『サイドワインダー』のチーフドライバーで、ヒルクライム担当。神奈川戦の最終戦である椿ラインにて高橋啓介のラスボスとして登場しています。使用車のNSXは作中登場車種の中でも最速クラスでコーナリング性能、加速性能が異次元に優れた車です。兄とは違い感性と集中力で勝負するタイプです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

千と千尋の神隠しのキャラクター人気ランキングTOP16【2022最新版】

日本歴代興行収入第1位を記録した大ヒット作品である「千と千尋の神隠し」は、多くの人気キャラクターを生み出して…

maru.wanwan / 312 view

ウルトラマンの怪獣&戦士キャラ強さランキング40選【2022最新版】

1966年に「ウルトラマン」のタイトルでスタートした「ウルトラマンシリーズ」には多くのウルトラ戦士や怪獣が登…

maru.wanwan / 7673 view

犬のキャラクター45選!人気ランキング【2022最新版】

数ある動物キャラクターの中でも、犬(いぬ)をモチーフにしたキャラクターは特に人気があります。今回は、犬のキャ…

maru.wanwan / 1514 view

幽遊白書の名言&名シーン30選!ランキングで紹介【2022最新版】

「幽遊白書」は週刊少年ジャンプに連載されていた人気漫画ですが、さまざまな名言が話題になりました。そこで今回は…

maru.wanwan / 861 view

映画ONE PIECEの歴代人気ランキング14と評価【2022最新版】

今や日本のみならず世界中で愛されるアニメ・ONEPIECE(ワンピース)。今回はそんなアニメONEPIECE…

ririto / 341 view

鬼滅の刃のキャラ強さランキング45選!鬼殺隊と鬼で最強の登場人物とは【2022最新版…

爆発的ヒットを見せている漫画『鬼滅の刃』の登場キャラクターたちを、強さ順にランキング形式でまとめてみました。…

ririto / 950 view

ゴールデンカムイのキャラクター強さランキング40選【2022最新版】

明治末期の北海道・樺太を舞台にした、金塊をめぐるサバイバルバトル漫画の「ゴールデンカムイ」。今回はそんなゴー…

maru.wanwan / 817 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

EGOISTの人気曲ランキング32選&アルバム2選【2022最新版】

テレビアニメ「ギルティクラウン」から生まれた、ryo(supercell)がプロデュースを手掛ける架空のアー…

rogi / 113 view

懐かしいアニソンおすすめランキング全55曲!年代別に紹介【2022最新版】

子供のころから親しんできたアニメ。中でも、アニメの主題歌…通称『アニソン』は、誰しも一度は口ずさんだことがあ…

ririto / 217 view

黒いキャラ45選!黒色キャラクター人気ランキング【2022最新版】

どこかダークなイメージが根強い黒色キャラクターですが、よく見てみると、かわいいキャラやかっこいいキャラ、かわ…

maru.wanwan / 820 view

白いキャラ45選!白色キャラクター人気ランキング【2022最新版】

みなさんは白色キャラクターといえばどのキャラクターを思い浮かべますか?白色キャラクターはディズニーアニメやサ…

maru.wanwan / 1057 view

幽遊白書の名言&名シーン30選!ランキングで紹介【2022最新版】

「幽遊白書」は週刊少年ジャンプに連載されていた人気漫画ですが、さまざまな名言が話題になりました。そこで今回は…

maru.wanwan / 861 view

バトルアニメのおすすめランキングTOP40【2022最新版】

男性はもちろん、女性だってバトルアニメは大好きなジャンルの一つ。激しいバトルシーンは見ていて手に汗握りますよ…

ririto / 710 view

五等分の花嫁の嫌いなキャラは?不人気ランキング10選【2022最新版】

1人の男子高校生が五つ子の女子高生の家庭教師を務めるというラブコメディ漫画の「五等分の花嫁」ですが、中には苦…

maru.wanwan / 3758 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング