スポンサードリンク

世界の歴代人気ジョッキー・騎手の強さランキングTOP5-1

5位:ラフィット・ピンカイJr.

5位:ラフィット・ピンカイJr.

ラフィット・ピンカイ・ジュニアは、主にアメリカ合衆国で騎乗した騎手で、1970年にはジョージ・ウルフ記念騎手賞を受賞、エクリプス賞最優秀騎手賞は4回受賞し、アメリカ年間最多賞金獲得騎手には7回輝いています。1975年にはアメリカ競馬殿堂入りを果たした偉大なジョッキーです。

4位:ゴードン・リチャーズ

4位:ゴードン・リチャーズ

ゴードン・リチャーズは20世紀に活躍したイギリスの騎手で、当時のイギリス競馬のスター騎手であり、通算で4,870勝し、26回リーディングジョッキーになった為に史上最も偉大な騎手として有名で、ナイトの称号を得た唯一の騎手でもあります。

3位:ウィリー・シューメイカー

3位:ウィリー・シューメイカー

ウィリー・シューメーカーはアメリカ合衆国の騎手で、17歳となった1949年3月19日に騎手としてデビュー。翌20日にシャフタービーという牝馬で初勝利を挙げると、引退までに世界記録となる通算8,833勝の金字塔を打ち立てた天才ジョッキーです。

2位:レスター・ピゴット

2位:レスター・ピゴット

イギリスの平地チャンピオンジョッキー11回(6年連続を含む)、通算5300勝(イギリス国内のみでは4493勝)、イギリスクラシック30勝の成績と併せて20世紀を代表する騎手の一人です。

1位:フレッド・アーチャー

1位:フレッド・アーチャー

19世紀のイギリスを代表する騎手で、決断力があり、力強い騎乗ぶりで人気を博し、8084回騎乗して2748勝を挙げるという驚異の勝率を誇ります。クラシック競走通算21勝、1874年から13年連続のリーディングジョッキー(最多勝利騎手)獲得など群を抜く成績を挙げましたが、1886年に29歳で拳銃自殺を遂げました。

日本の歴代人気ジョッキー・騎手の強さランキングTOP32-26

32位:田原成貴

32位:田原成貴

出身地 島根県鹿足郡柿木村
(現・吉賀町)
生年月日 1959年1月15日
身長 169cm
体重 51kg
勝利 1112
騎乗 8648
勝率 .129
重賞 65
現役期間  1978年-1998年

卓越した騎乗技術と端正な容姿で、騎手時代には「天才(または元祖天才)」、「競馬界の玉三郎」と呼ばれました。1983年、84年のJRA全国リーディングジョッキーで、1993年12月、トウカイテイオーで有馬記念に優勝したことでも有名な騎手です。

31位:武邦彦

31位:武邦彦

出身地 京都府京都市
出生は北海道函館市
生年月日 1938年10月20日
死没 2016年8月12日(77歳没)
勝利 1163
騎乗 7679
勝率 .151
重賞 80
現役期間 1957年-1985年

騎手時代は1960年代から1980年代にかけて第一線で活躍し、関西所属騎手として初の通算1000勝を記録したジョッキーです。「名人」、「ターフの魔術師」等の異名を取り、関係者やファンの間では「タケクニ」、「邦ちゃん」の愛称で親しまれました。

30位:池添謙一

30位:池添謙一

出身地 滋賀県
生年月日 1979年7月23日
身長 162cm
体重 50.0kg
血液型 O型
勝利 1237
騎乗 13259
勝率 .093
重賞 85
現役期間 1998年-現役

1998年に騎手デビューすると、デビュー年には最多新人騎手賞を獲得します。2002年には桜花賞で13番人気のアローキャリーに騎乗し、G1初制覇。その後、デュランダル、スイープトウショウなどをG1制覇に導きます。2011年はドリームジャーニーの全弟オルフェーヴルとのコンビで、皐月賞・日本ダービー・菊花賞をすべて制覇。史上最年少の三冠ジョッキー(32歳3ヶ月)に輝くと同時に、五大クラシックG1完全制覇をも成し遂げました。

29位:吉田豊

29位:吉田豊

出身地 茨城県
生年月日 1975年4月19日
身長 159cm
体重 48kg
勝利 1245
騎乗 16453 
勝率 .076
重賞 35
現役期間 1994年-現役

1994年にデビューすると、翌1995年より頭角を現し、1996年から1999年にかけてはメジロドーベルでGI競走5勝を挙げます。ほかマイネルラヴによるスプリンターズステークス(1998年)、スマイルトゥモローによる優駿牝馬(オークス)(2002年)、ブルーメンブラットによるマイルチャンピオンシップ(2007年)優勝などの実績を誇り、2013年には史上26人目のJRA通算1000勝を達成しました。

28位:内田博幸

28位:内田博幸

出身地 福岡県三潴郡三潴町
(現・久留米市)
生年月日 1970年7月26日
身長 155.0cm
体重 49.0kg
血液型 B型
勝利 1257 
騎乗 11648
勝率 .108
重賞 54
現役期間 1993年-現役

元々は地方競馬の騎手で、大井所属として1989年にデビュー。2004年~2005年と2年連続で南関東リーディングを獲得。2006年には春の古馬統一G1完全制覇、年間で500勝以上をマークするなど、南関東及び地方競馬を代表するジョッキーとして活躍しています。

27位:保田隆芳

27位:保田隆芳

出身地 東京府東京市神田区
(現・東京都千代田区)
生年月日 1920年3月18日
死没 2009年7月1日(満89歳没)
身長 156cm
体重 52kg
勝利 1295
騎乗 6143
勝率 .211
重賞 114
現役期間 1936年-1970年

1936年に騎手デビュー。10代の頃から名門・尾形藤吉厩舎の主戦騎手として頭角を現し、数々の大競走を制します。1958年、アメリカ遠征を機に、従来の日本では見られなかったアメリカ式のモンキー乗りを習得し、日本における騎手の騎乗フォームに大きな変革をもたらしたことから、モンキー乗りの先駆者とされています。1959~1961年、中央競馬全国リーディングジョッキー(年間最多勝利騎手)。1963年、中央競馬史上初の通算1000勝を達成。1968年には史上初の八大競走完全制覇を達成しました。なかでも天皇賞10勝という記録から特に「天皇賞男(または盾男)」とも称されました。

26位:C.ルメール

26位:C.ルメール

国籍 フランス
出身地 フランス・オワーズ県グヴュー
生年月日 1979年5月20日
身長 163cm
体重 53kg
血液型 B型
勝利 1325
騎乗 6335
勝率 .209
重賞 107
現役期間 2002年-現役

クリストフ・ルメールは、2018年に年間215勝を挙げ、不滅の記録と呼ばれた2005年の武豊の212勝を更新したジョッキーで、フランスのG1レース「パリ大賞」や「サンクルー大賞」を制覇するなど大舞台で強い騎手として知られています。

日本の歴代人気ジョッキー・騎手の強さランキングTOP25-21

25位:和田竜二

25位:和田竜二

出身地 滋賀県
生年月日 1977年6月23日
身長 165cm
体重 50kg
血液型 O型
勝利 1338
騎乗 18475
勝率 .072
重賞 45
現役期間 1996年-現役

1996年に競馬学校を卒業して岩元市三厩舎で騎手デビュー。12月にはステイヤーズステークスを自厩舎のサージュウェルズで制覇し、花の12期生で一番乗りとなる重賞制覇を成し遂げた。最終的にこの年は33勝を挙げ、53勝を挙げた福永には及ばないまでも同期の中では2番目の勝利数で、中央競馬関西記者クラブ賞を受賞します。その後、関西若手のホープとして徐々に名を挙げていくようになります。

24位:野平祐二

24位:野平祐二

出身地 千葉県船橋市
生年月日 1928年3月20日
死没 2001年8月6日
勝利 1339
騎乗 7279
勝率 .184
重賞 71
現役期間 1944年-1975年

日本にモンキー乗りを普及させたのは保田隆芳であるが、野平は保田に先んじてモンキー乗りを独自に研究し、レースで実践していたことでも有名です。騎手としても調教師としても成功し「ミスター競馬」と呼ばれた偉大なジョッキーです。

23位:加賀武見

23位:加賀武見

出身地 青森県上北郡天間林村
(現・七戸町)
生年月日 1937年9月8日
勝利 1352
騎乗 8664
勝率 .156
重賞 68
現役期間 1960年-1988年

1969年の安田記念では10番人気の牝馬・ハードウエイに騎乗し、飛ぶ鳥を落とす勢いであった3年目の岡部幸雄が跨がるハクセツを鼻差交わして勝利を収めました。昭和40年代の半ばも過ぎると、激しく情熱的で勝利への執念を感じさせる騎乗スタイルから「闘将」と称されるようになり、以後日本中央競馬会のポスターでも使われるなど定着しました。

22位:北村宏司

22位:北村宏司

出身地 長野県須坂市
生年月日 1980年7月24日
身長 158.0cm
体重 50.0kg
血液型 A型
勝利 1382
騎乗 15492
勝率 .089
重賞 34
現役期間 1999年-現役

1999年に藤沢和雄厩舎所属として騎手デビューすると、1999年3月14日、中山競馬2Rでタイキコンコルドに騎乗し、JRA初勝利をあげると、37勝を挙げ、JRA賞(最多勝利新人騎手)を獲得、翌年1月30日に東京新聞杯を単勝7番人気のダイワカーリアンで制し、重賞初勝利をあげます。その後もコンスタントに勝利を挙げ、関東リーディングの上位に名を連ねました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

女子スキージャンプ選手の歴代人気ランキング20選【2022最新版】

冬のオリンピックの注目競技のひとつでもあるスキージャンプ。今回はそんなスキージャンプの女子にスポットを当て、…

maru.wanwan / 383 view

歴代の男子ラグビー選手・イケメン人気ランキングTOP20【2022最新版】

今回は歴代イケメン男子ラグビー選手の人気ランキングTOP20を紹介します。ラグビーワールドカップやオリンピッ…

maru.wanwan / 901 view

有名な女性スケートボーダー人気ランキング40選・日本人と世界別【2022最新版】

2020年東京オリンピックで、注目を集める女子スケートボードですが、最も有名で人気のあるスケートボーダーは誰…

maru.wanwan / 628 view

スポーツ選手の年収ランキング2022最新版【日本人/世界別】

子供から大人まで、幅広い世代に夢を与え続けるスポーツ選手。今回は、現在判明しているるスポーツ選手の推定年収・…

kent.n / 5507 view

世界のスポーツ人気ランキング30種類~海外・外国人【2022最新版】

オリンピック競技種目などを見ればわかるように、球技種目、団体種目、個人種目など世界ではたくさんのスポーツが行…

maru.wanwan / 2168 view

メジャーリーグのホームラン数ランキング100選!年間TOP50・歴代通算TOP50【…

近年、日本人選手のメジャーリーグ(MLB)での活躍が話題となり、歴代の本塁打数の記録にも注目が集まっています…

maru.wanwan / 1967 view

サッカー海外リーグの人気ランキングTOP12~世界No.1とは【2022最新版】

海外サッカーにはイングランドのプレミアリーグやスペインのリーガエスパニョーラ、イタリアのセリエAなど様々なリ…

maru.wanwan / 1295 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

歴代男子ゴルフ選手イケメンランキングTOP22【2022最新版】

イケメンが多い男子ゴルフ選手は、ナイスショットの隙間に見せる輝かしい笑顔も魅力ですよね!ここでは、全世界の男…

kent.n / 1366 view

歴代の女子ラグビー選手・かわいい人気ランキングTOP20【2022最新版】

今回は歴代のかわいい女子ラグビー選手の人気ランキングTOP20を紹介します。ラグビーは今や男子だけのスポーツ…

maru.wanwan / 1360 view

ノーヒットノーラン達成者の回数ランキングTOP50【日本・メジャー別・2022最新版…

ヒットやホームランを1本も許さず完封勝利を成し遂げるノーヒットノーラン。今回は日本プロ野球と海外メジャーリー…

maru.wanwan / 1449 view

世界の登山家30選・有名ランキング【2022最新版】

気を失うほど酸素が薄い高地を舞台に、時には命を失う可能性もある危険なスポーツである登山ですが、そんな危険を顧…

maru.wanwan / 1348 view

歴代のK-1選手40選!最強人気ランキング【2022最新版】

世界的に最も知名度が高いキックボクシングとして有名なK-1。国内外の歴代選手たちの中で、いったい誰が最強なの…

kent.n / 7302 view

【相撲】歴代の横綱の最強ランキングTOP30【2022最新版】

日馬富士の暴行事件を発端に、不祥事が連続して続いている現代の角界。しかし、本来の相撲は力士同士の試合が見どこ…

kent.n / 1171 view

サッカー選手の歴代人気ランキング100選~世界TOP70・日本TOP30【2022最…

今回はサッカー選手歴代人気ランキングを世界編TOP70、日本編TOP30として紹介します。世界でもトップクラ…

maru.wanwan / 5536 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング