スポンサードリンク

日本の完全試合達成者ランキングTOP16-11

16位:佐々木朗希

16位:佐々木朗希

出身地:岩手県陸前高田市
生年月日:2001年11月3日
身長:190 cm
体重:85 kg
経歴:
岩手県立大船渡高等学校
千葉ロッテマリーンズ (2020 - )

完全試合1回

完全試合1回

佐々木朗希選手は、2022年4月10日におこなわれた、ZOZOマリンスタジアムでのプロ野球パシフィック・リーグ(千葉ロッテマリーンズ対オリックス・バファローズ3回戦)で完全試合を達成しました。
投球数は105球で、内訳は空振り三振15、見逃し三振4、一ゴロ1、二ゴロ2、三ゴロ1、遊ゴロ1、捕邪飛1、中飛1、右飛1となっています。

これより、20世紀以降の近代プロ野球では史上最年の完全試合達成者となりました。

15位:森滝義巳

15位:森滝義巳

出身地 兵庫県神戸市
生年月日 1938年3月8日
身長/体重 179 cm/70 kg
プロ入り 1960年
経歴:
兵庫県立兵庫高等学校
立教大学
国鉄スワローズ
サンケイスワローズ
サンケイアトムズ

完全試合1回

完全試合1回

森滝義巳は、1961年6月20日に完全試合を達成しています。投球内容は外野飛球6、内野飛球1、内野ゴロ15、内野ライナー1、三振4で、アンダースローからの落ちるシュート、外角カーブを得意とし、打たせて取るピッチングが身上でした。森滝はこの年、自己最多の10勝をあげますが、その後は低迷が続き、現役通算16勝しかあげられず、そのうちの1勝が完全試合という珍しい投手でした。

14位:佐々木吉郎

14位:佐々木吉郎

出身地 秋田県秋田市
生年月日 1940年3月8日
没年月日 2008年12月21日(68歳没)
身長/体重 180 cm/90 kg
選手歴:
秋田市立秋田商業高等学校
日本石油
大洋ホエールズ (1962 - 1969)

完全試合1回

完全試合1回

佐々木吉郎は、社会人野球の実力者として期待さましたが、無理な練習のため肘に持病を持っており、プロでは前評判のような活躍はできませんでした。主に中継ぎやローテーションの谷間での先発で起用されますが、1966年5月1日にはシーズン開幕以来の初先発である広島戦で、1960年の島田源太郎に次ぐ球団史上2人目の完全試合を達成して注目を集めました。当初は「偵察オーダー」で1回終了時点で交代の予定でしたが、当時の別所毅彦投手コーチから「ヒットを1本も打たれていないから打たれるまで投げてこい」と言われ、最後まで1本のヒットも打たれることなく完投し完全試合を達成したという逸話が残っています。

13位:宮地惟友

13位:宮地惟友

出身地 石川県金沢市
生年月日 1932年1月18日
身長/体重 180 cm/71 kg
プロ入り 1952年
選手歴:
金沢高等学校
専売金沢
国鉄スワローズ (1952 - 1959)
専売金沢

完全試合1回

完全試合1回

宮地惟友は、1956年9月19日、金沢の石川県営兼六園野球場で行われた対広島カープ戦で、国鉄スワローズ球団初、日本プロ野球史上3人目となる完全試合達成を成し遂げた投手です。しかも投球数はわずか79球、1回平均8~9球という日本プロ野球最少記録保持者でもあります。オーバースローから、スライダー、ドロップ、シュート、シンカーを武器としましたが、肩と肘を痛め、現役通算勝利数は33に終わっています。

12位:高橋良昌

12位:高橋良昌

出身地 高知県高岡郡窪川町(現:四万十町)
生年月日 1944年5月5日
身長/体重 175 cm/75 kg
プロ入り 1966年 第2次ドラフト1位
選手歴:
高知市立高知商業高等学校
中央大学
東映フライヤーズ (1967 - 1972)
読売ジャイアンツ (1973 - 1977)

高橋善正は、1966年の第2次ドラフト会議で東映フライヤーズに1位指名され入団、ルーキーイヤーの1967年にプロ初登板を完封勝利で飾るなど15勝を挙げ新人王に選出されました。翌年も先発として活躍しますが、1969年のオープン戦でのランニングの際に排水溝に落ちて腰を痛めてから勝星が減り低迷しえしまいます。しかし1971年には復活して7勝、同年8月21日には対西鉄ライオンズ戦でプロ野球史上12人目の完全試合を達成します。

11位:八木沢荘六

11位:八木沢荘六

出身地 栃木県今市市(現・日光市)
生年月日 1944年12月1日
身長/体重 172 cm/75 kg
プロ入り 1966年 第2次ドラフト1位
選手歴:
作新学院高等学校
早稲田大学
東京オリオンズ
ロッテオリオンズ (1967 - 1979)

完全試合1回

完全試合1回

八木沢荘六は、1966年の第2次ドラフト1位で東京オリオンズへ入団し、現役通算71勝をあげた投手です。引退後はコーチとして西武ラインズの黄金期を支え、その手腕を評価され千葉ロッテの監督、読売ジャイアンツ、横浜ベイスターズ、阪神タイガース、オリックス・ブルーウェーブのコーチとして活躍しました。現役時代の1973年10月10日の太平洋戦で史上13人目の完全試合を達成しています。

日本の完全試合達成者ランキングTOP10-6

10位:西村貞朗

10位:西村貞朗

出身地 香川県仲多度郡琴平町
生年月日 1934年11月25日
没年月日 2015年8月3日(80歳没)
身長/体重 178 cm/74 kg
プロ入り 1953年
経歴:
香川県立琴平高等学校
西鉄ライオンズ (1953 - 1962)

完全試合1回

完全試合1回

西村貞朗は、香川県仲多度郡琴平町出身で西鉄ライオンズに所属した元プロ野球選手です。1953年に西鉄ライオンズに入団し、同期入団に豊田泰光、高倉照幸、河村久文がいました。1958年7月19日に駒澤野球場で行われた東映フライヤーズ戦で完全試合を達成しています。現役通算82勝をあげ、1954年には最高勝率、ベストナイン、最優秀投手のタイトルを獲得しています。

9位:田中勉

9位:田中勉

出身地 福岡県大牟田市
生年月日 1939年10月10日
身長/体重 178 cm/75 kg
プロ入り 1961年
選手歴:
福岡県立三池工業高等学校
東洋高圧大牟田
西鉄ライオンズ (1961 - 1967)
中日ドラゴンズ (1968 - 1969)

完全試合1回

完全試合1回

田中勉は、1961年に西鉄ライオンズに入団し、2年目の1962年には先発の一角として起用され6勝をあげます。1963年には17勝を挙げ、勝率.680で最高勝率のタイトルを獲得します。そんな田中勉は1966年5月12日の対南海ホークス戦で完全試合を達成し、さらに注目を浴び、同年は23勝をあげ217個の三振を奪い、最多奪三振投手となりベストナインにも輝きます。

8位:島田源太郎

8位:島田源太郎

出身地 宮城県
生年月日 1939年8月25日
身長/体重 179 cm/83 kg
プロ入り 1958年
選手歴
宮城県気仙沼高等学校
大洋ホエールズ (1958 - 1970, 1972 - 1973)

完全試合1回

完全試合1回

島田源太郎は、1958年に大洋ホエールズへテスト入団し、先発の柱として活躍し、1968年には14勝6敗、勝率.700で最高勝率をあげるなど活躍し、現役通算70勝をあげます。そんな島田源太郎は、1960年8月11日の大阪線で、20佐相11か月という若さで、史上最年少完全試合を達成します。

7位:武智文雄

7位:武智文雄

出身地 岐阜県稲葉郡前宮村(現:各務原市)
生年月日 1926年11月4日
没年月日 2013年7月1日(86歳没)
身長/体重 173 cm/67 kg
プロ入り 1950年
選手歴:
旧制岐阜市立岐阜商業学校
大日本土木
近鉄パールス
近鉄バファロー
近鉄バファローズ (1950 - 1962)

完全試合1回

完全試合1回

武智文雄は、1950年に新設の近鉄パールスへ入団し、下手からの切れのいいシュートを武器に、エースとして弱小チームを支えました。1954年には26勝を挙げ、南海の宅和本司と並び最多勝利を獲得し、1955年6月19日、大阪球場で行われたダブルヘッダー第2試合の大映戦で、プロ野球史上2人目の完全試合をわずか89球で達成しました。

6位:今井雄太郎

6位:今井雄太郎

出身地 新潟県長岡市
生年月日 1949年8月4日
身長/体重 177 cm/80 kg
プロ入り 1970年 ドラフト2位
選手歴:
中越高等学校
新潟鉄道管理局
阪急ブレーブス
オリックス・ブレーブス (1971 - 1990)
福岡ダイエーホークス (1991)

完全試合1回

完全試合1回

今井雄太郎は、1970年のドラフト2位で阪急ブレーブスに入団し、先発ローテーションの柱として活躍し、1981年、1984年の2回の最多勝、1984年には最優秀防御率のタイトルを獲得、現役通算130勝をあげました。1978年8月31日のロッテ戦では史上14人目の完全試合を達成しします。これは日本プロ野球史上唯一の指名打者制度での完全試合達成で、さらに昭和最後の完全試合となりました。

日本の完全試合達成者ランキングTOP5-1

5位:佐々木宏一郎

5位:佐々木宏一郎

出身地 岐阜県揖斐郡池田町
生年月日 1943年8月30日
没年月日 1989年5月22日(45歳没)
身長/体重 184 cm/83 kg
選手歴:
岐阜短期大学付属岐阜高等学校
大洋ホエールズ (1962)
近鉄バファローズ (1963 - 1975)
南海ホークス (1975 - 1981)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

野球の強さ国別ランキングTOP30~世界で最強の国とは【2024最新版】

日本では多くのファンを集める野球ですが、オリンピックやWBCなど国際大会でも野球にも注目が集まっています。今…

maru.wanwan / 3333 view

【かわいい】女子マラソン選手人気ランキングTOP17【歴代・2024最新版】

オリンピックなどの著名な大会での活躍で知られる女子マラソン選手たちですが、近年は、ルックスの良さも注目される…

kent.n / 7801 view

世界の登山家30選・有名ランキング【2024最新版】

気を失うほど酸素が薄い高地を舞台に、時には命を失う可能性もある危険なスポーツである登山ですが、そんな危険を顧…

maru.wanwan / 1780 view

【歴代】男子卓球選手イケメンランキングTOP36【2024最新版】

イケメンのスポーツ選手といえば、野球やサッカーなど、日本でもポピュラーなスポーツの選手たちに集中してしまいま…

kent.n / 2586 view

プロ野球の有名な乱闘ランキング12選【2024最新版】

プロ野球は日本でも人気のスポーツですが、真剣勝負だからこそ乱闘が起こると興奮してしまうのも事実です。そこで今…

maru.wanwan / 3102 view

女子テニス選手の身長ランキング~低い編TOP10・高い編TOP10【2024最新版】

今回は女子テニス選手の身長ランキングをまとめました。女子テニス界の女王として活躍してきたシャラポワの身長は1…

maru.wanwan / 1268 view

PL学園高校出身のプロ野球選手70選!歴代人気ランキング【2024最新版】

かつてその圧倒的な強さで甲子園を賑わせ、「プロ野球選手育成機関」と呼ばれたPL学園。今回はそんなPL学園出身…

maru.wanwan / 1261 view

スポンサードリンク

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

サッカー日本代表・歴代メンバー活躍ランキングTOP30【2024最新版】

2018年ワールドカップが開催され、日本でもサッカーの注目度が増していますね!今回は、日本代表の歴代サッカー…

kent.n / 2890 view

相撲力士の歴代最強ランキングTOP30!人気のイケメンも【2024最新決定版】

日本を代表する国技の相撲ですが、歴代にいた力士の中で最強だったのは誰なのか気になりますよね。ここでは、独自の…

kii428 / 1295 view

かわいい!歴代女子ゴルフ人気ランキングTOP61【2024最新版】

女子ゴルフの世界ではかわいいプロゴルファーたちが大勢活躍してきたのですが、あまりよく知らないという人も多いで…

kent.n / 5715 view

PL学園高校出身のプロ野球選手70選!歴代人気ランキング【2024最新版】

かつてその圧倒的な強さで甲子園を賑わせ、「プロ野球選手育成機関」と呼ばれたPL学園。今回はそんなPL学園出身…

maru.wanwan / 1261 view

男子フィギュアスケート歴代人気ランキングTOP26【2024最新版】

女性を中心に人気の男子フィギュアスケート選手たち。これまで多くの選手たちが活躍してきましたね。そこで今回は、…

kent.n / 1257 view

女子重量挙げ選手の歴代強さランキング20選!日本人・世界別【2024最新版】

五輪の競技でもある重量挙げ(ウエイトリフティング)は、男性だけのスポーツではなく、女子も多くの選手が活躍して…

maru.wanwan / 687 view

【メンズ】スポーツ選手の髪型おしゃれランキングTOP40【2024最新版】

女性に人気の男性芸能人といえばジャニーズやイケメン俳優たちですが、スポーツ選手たちも多くの女性に注目されてい…

kent.n / 1631 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング