スポンサードリンク

ORANGE RANGEとは

ORANGE RANGE(オレンジレンジ)

ORANGE RANGE(オレンジレンジ)

結成年:2001年
ジャンル:ミクスチャー・ロック、オルタナティヴ・ロック
所属事務所:Spice Music
レーベル:SPEEDSTAR RECORDS

代表作(アルバム)
2004年12月1日 musiQ
2006年12月6日 ORANGE RANGE
2008年7月9日 PANIC FANCY

主な受賞歴
2004年 MTV Video Music Awards Japan 2004 最優秀新人アーティストビデオ賞
2005年 日本ゴールドディスク大賞 ロック&ポップアルバムオブザイヤー
2005年 日本ゴールドディスク大賞 アーティストオブザイヤー
2006年 MTV Video Music Awards Japan 2006 最優秀アルバム賞

誰もがノリノリになれる音楽が評価されやすい現代

誰もがノリノリになれる音楽が評価されやすい現代

現在の日本における音楽の流行は、ロック・ポップスよりもクラブミュージックを意識したEDMが中心。音楽性よりもダンスが注目される音楽グループも目立つようになり、日本よりもEDMの技術が大幅に発展している韓国発のK-POPアイドルたちも日本で高評価を得ています。ノリを重視した音楽のヒットが目立っていますが、この流れは2000年代前半から目立つようになったのです。

ノリと勢いが重視され始めたのは2000年代前半から

ノリと勢いが重視され始めたのは2000年代前半から

この時期にラップ音楽が爆発的なヒットを記録しており、リップスライム、キックザカンクルーなどのラップユニットが当時の若者世代から絶大な支持を集めていました。また、ノリだけでなく青春をも彷彿とさせるロックミュージックもヒットし、175Rを筆頭に多くのバンドがブレイクを果たしました。

ORANGE RANGEも、ノリと勢いがある音楽性が重視され始めた2000年代前半に誕生したグループのひとつだったのです。

ノリの良さを最重視したミクスチャーバンド

ノリの良さを最重視したミクスチャーバンド

2001年に沖縄県で誕生したORANGE RANGEは、学生時代の仲間たちを中心に結成された音楽グループ。元々6人グループでしたが、後にドラマーのKATCHANさんが脱退し、その後はサポートメンバーを交えて5人で活動を行っています。

グループの方向性はノリの良さを最重視した音楽性であり、どの楽曲もリズム感が心地よく、聴く人の気分をハイにさせる曲をヒットさせてきました。バラードや青春ソングなどもリリースするたびに大ヒットを記録しており、当時の10代から20代を中心に絶大な支持を集めていたのです。

ヒット曲①キリキリマイ

ヒット曲①キリキリマイ

ORANGE RANGEの方向性が最も表れている名曲「キリキリマイ」は、ORANGE RANGEのデビューシングルとして2003年6月4日にリリースされました。メンバーたちにとってもお気に入りの曲なようで、ライブの定番曲としてファンにも親しまれています。

現在は、日本テレビ系列のバラエティー番組「月曜から夜ふかし」で活躍中のフェフ姉さんが好きな曲としても有名ですね。

ヒット曲②花

ヒット曲②花

バラードにも定評があるORANGE RANGEが2004年10月20日にリリースした「花」は、映画「いま、会いにゆきます」の主題歌に起用されたことでも有名な楽曲。ORANGE RANGEが発売したシングルCDで最も売れた曲であり、100万枚もの売上を記録しています。

ちなみに、映画には竹内結子さんと中村獅童さが共演し、それが縁となりできちゃった結婚。すでに離婚していますが、結婚発表時はこの曲を流しながら2人の結婚をテレビ番組が報じ、再び「花」が注目されるきっかけにもなりました。

ヒット曲③ラヴ・パレード

ヒット曲③ラヴ・パレード

「花」と同じく、ORANGE RANGEがリリースしたバラードの名曲として評価されているのが「ラヴ・パレード」。愛について直球な歌詞に共感する男性が続出し、この曲も大ヒットを記録しました。

山田孝之さんの主演映画「電車男」の主題歌に起用され、メンバーたちが映画の脚本に目を通したうえで書き下ろしたそうです。

セカンドアルバムは200万枚もの大ヒット

セカンドアルバムは200万枚もの大ヒット

シングルCDのヒットも凄まじい勢いがあったORANGE RANGEですが、最もヒットしたのはセカンドアルバム「musiQ」でした。「花」を中心とした名曲19曲が収録された大ボリュームのアルバムとなり、売上は200万枚を突破しています。

CDの売上が寂しい現代の音楽業界と比較すると、当時の彼らがどれほどの勢いだったのかを窺えることができるはずです。

時代の流れと共に勢いは低下

時代の流れと共に勢いは低下

2000年代に青春時代を送った人なら、ORANGE RANGEを知らない人はおそらく誰もいないでしょう。それほどの成功を収めた彼らではありますが、流行に沿った音楽性は時代の流れと共に人気も低下していくもの。ORANGE RANGEもシングルのオリコンランキング1位の常連でしたが、2006年のシングル「UN ROCK STAR」からは1度もオリコン1位を獲得することはなくなりました。

さらに、2010年からはソニーミュージックグループの事務所から独立し、拠点を出身地である沖縄県に変更。この辺りもORANGE RANGEが姿を消した理由のひとつでしょうが、ブレイク期よりも自由に音楽を製作するため、あえてテレビ番組などに出演しなくなったとも解釈できます。

事務所からの独立

事務所からの独立

さらに、2010年からはソニーミュージックグループの事務所から独立し、拠点を出身地である沖縄県に変更。この辺りもORANGE RANGEが姿を消した理由のひとつでしょうが、ブレイク期よりも自由に音楽を製作するため、あえてテレビ番組などに出演しなくなったとも解釈できます。

現在のORANGE RANGE

現在のORANGE RANGE

ORANGE RANGEは現在も精力的に活動を行っており、主にライブ活動を中心に行っています。音楽フェスへの出演が多く、幕張メッセや泉大津フェニックスなどの音楽フェスにも出演してきました。

また、単独ライブツアーも開催しており、2016年9月から2017年3月にかけて行われたライブツアーでは、日本武道館でライブを行ったこともありました。

メンバーたちの現在をランキング

メンバーたちの現在をランキング

2019年の全国ライブツアーも決定し、ブレイクから10年以上経過した現在も積極的に活動中のORANGE RANGE。ここからは、メンバーたちの現在をランキング形式で紹介していきます!

ORANGE RANGEメンバーの現在衝撃ランキングTOP6-4

6位:YOH

6位:YOH

生年月日:1983年12月11日
出身地:沖縄県
職業:ミュージシャン
所属事務所:Spice Music

ORANGE RANGEのベーシスト

ORANGE RANGEのベーシスト

ORANGE RANGEの低音域ボーカルRYOさんの兄でもあるYOHさん。弟と同じくワイルド系イケメンであり、ORANGE RANGEではベースを多t脳しています。2007年に一般女性と結婚したことをファンに報告しており、ORANGE RANGEの中では最も早い既婚者となりました。

ベースを愛する生粋のミュージシャン

ベースを愛する生粋のミュージシャン

ベースにかける想いは熱く、自身のツイッターのプロフィール欄にも「低音命」と記載しているほど。現在もORANGE RANGEでベースを担当しており、しびれるほど深みがあるベース音でバンドの音楽を支えています。

5位:KATCHAN

5位:KATCHAN

生年月日:1983年6月19日
出身地:沖縄県
職業:ミュージシャン
所属事務所:Spice Music

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

TUBEの人気曲ランキング20選&アルバム10選【2022最新版】

夏と言えば“TUBE(チューブ)”と連想してしまうくらい、彼らは夏がよく似合う日本のロックバンドとして知られ…

rogi / 185 view

男がカラオケで歌いやすい曲ランキング50選【動画付き・2022最新版】

友人たちと遊んでいる時や会社付き合いなど、本当は歌うことが苦手でもカラオケに行かないといけないときがあります…

kent.n / 322 view

Salyuの人気曲ランキング15選&アルバム5選【動画付き・2022最新版】

映画「リリィ・シュシュの全て」の中のアイコン的存在「Lily chou-chou」として圧倒的な歌声を披露し…

rogi / 160 view

クリスマスソング定番ランキング100選【邦楽洋楽別・2022最新版】

毎年12月になると、数々のクリスマスソングが街やテレビ、そして人の心をもクリスマス一色に彩ってくれますよね。…

kent.n / 149 view

【名曲】EXILEの人気曲ランキングBEST55【2022最新決定版】

バラードからアップテンポなものまで幅広く歌っているEXILEですが、1番人気のある曲が気になりませんか?今回…

rirakumama / 412 view

ガールズバンドのおすすめ人気ランキングTOP35【2022最新版】

ガールズバンドの魅力は、女性ならではの可愛さと音楽性ですよね!近年、ガールズバンドの数は増加傾向にあり、年々…

kent.n / 1718 view

松崎しげるの人気曲ランキング20選&アルバム10選【2022最新版】

国内外で数々の音楽祭受賞の実績を持つ実力派エンターテイナー松崎しげる。そんな松崎しげるの人気曲ランキングTO…

rogi / 104 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

甲本ヒロトの名言ランキング100選【2022最新版】

邦楽ロック界の先駆けとして知られる甲本ヒロトですが、これまでに数々の名言・格言を残してきたことでも話題となっ…

maru.wanwan / 802 view

郷ひろみの人気曲50選!名曲ランキング【2022最新版・動画あり】

60歳を超えた現在も、輝かしいほどのスター性で活躍を続ける郷ひろみさん。今回は、郷ひろみさんがリリースしてき…

kent.n / 428 view

avex所属アーティスト歴代人気ランキング100選【2022最新版】

TRFや安室奈美恵そしてglobeなどの小室プロデュース作品が基礎をつくり、 浜崎あゆみを主力とし、レコード…

maru.wanwan / 1488 view

back numberの人気曲ランキングTOP50【動画付き・2022最新版】

しんみりとした恋愛ソングが特徴のback number(バックナンバー)の代表曲・人気曲ランキングTOP50…

m_and_m / 118 view

ストレス解消の音楽!曲おすすめランキングTOP40【動画あり・2022最新版】

ストレス社会となってしまっている現代社会だからこそ、心を落ち着かせてストレスを解消できる音楽が求められていま…

kent.n / 184 view

aikoの人気曲ランキングTOP52【ファンが選んだ名曲集・2022最新版】

「カブトムシ」や「ボーイフレンド」などの人気曲で知られる女性シンガーソングライターのaiko。今回はファンが…

rogi / 879 view

DA PUMPの人気曲ランキングTOP44【動画あり・2022最新版】

実力派ダンスボーカルグループのDA PUMP(ダパンプ)。2018年には「U.S.A」がダサかっこいいと話題…

cibone / 247 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング