スポンサードリンク

男子テニス選手の身長ランキングTOP5-1(低い編)

5位:ラドゥ・アルボット

175cm

175cm

国籍 モルドバ
出身地 同・キシナウ
居住地 同・キシナウ
生年月日 1989年11月11日
身長 175cm
体重 69kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2008年
ツアー通算 2勝
シングルス 1勝
ダブルス 1勝
生涯獲得賞金 2,394,435 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦 (2019)
全仏 2回戦 (2018)
全英 3回戦 (2018)
全米 3回戦 (2017)

ラドゥ・アルボットは、モルドバ出身のプロテニスプレーヤーで、ATPツアーではシングルスで1勝をあげ、シングルランキングの自己最高は51位です。2014年の全米オープンで予選を通過し、モルドバ人として初のグランドスラム本戦出場を果たし、2015年のイスタンブール・オープンダブルスでドゥシャン・ラヨビッチと組んで、モルドバ人として初のツアー優勝を果たしました。

5位:マルク・ロペス

175cm

175cm

国籍 スペイン
出身地 カタルーニャ州バルセロナ
生年月日 1982年7月31日
身長 175cm
体重 72kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1999年
ツアー通算 14勝
シングルス 0勝
ダブルス 14勝
生涯獲得賞金 4,302,992 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全仏 2回戦(2003)
全英 1回戦(2004)

マルク・ロペスは、ATPルアーにおいて、シングルスでの優勝はありませんが、ダブルスで14勝をあげるプロテニスプレーヤーです。自己最高ランキングでもダブルスでは3位の経験があり、ダブルスを得意としています。2016年全仏オープン男子ダブルスで優勝し、リオデジャネイロオリンピック男子ダブルスで金メダルを獲得してことがあり、さらに2012年ATPワールドツアー・ファイナル男子ダブルス優勝の経験があります。

5位:ドゥディ・セラ

175cm

175cm

国籍 イスラエル
出身地 同・キリヤット・シュモナ
居住地 同・テルアビブ
生年月日 1985年4月4日
身長 175cm
体重 67kg
利き手 右
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2002年
ツアー通算 1勝
シングルス 0勝
ダブルス 1勝
生涯獲得賞金 3,823,286 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2009・15・16)
全仏 2回戦(2009・15)
全英 4回戦(2009)
全米 2回戦(2007・10・11・13・14・17)

ドゥディ・セラは、ATP自己最高ランキングはシングルス29位、イスラエルの男子選手として世界トップ30に史上4人目の選手とされています。4大大会では2009年のウインブルドン選手権ではイスラエルの男子選手として1989年のアモス・マンスドルフ以来20年ぶり、史上2人目となる4回戦進出を成し遂げますが、第4シードのノバク・ジョコビッチにストレート負けしています。

5位:ダミル・ジュムール

175cm

175cm

国籍 ボスニア・ヘルツェゴビナ
出身地 同・サラエヴォ
生年月日 1992年5月20日
身長 175cm
体重 70kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2011年
ツアー通算 3勝
シングルス 3勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 3,701,259 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2014・18)
全仏 3回戦(2015・18)
全英 2回戦(2016-18)
全米 3回戦(2017)

ダミル・ジュムールは、身長175cmで自己最多シングルランキング23位、ATPツアーでシングルス3勝をあげているプロテニスプレーヤーです。少年時代は子役俳優として活躍した変わり種で、2011年にプロ転向後は、4大大会で2014年全豪オープンで予選を勝ち上がって初出場、2018年の全豪オープン、全仏オープン、全英オープンの3回戦が最高成績です。2016年のリオデジャネイロオリンピックにも出場した経歴を持ちます。

5位:ダビド フェレール

175cm

175cm

国籍 スペイン
出身地 同・ハベア
生年月日 1982年4月2日
身長 175cm
体重 73kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2000年
引退年 2019年
ツアー通算 29勝
シングルス 27勝
ダブルス 2勝
生涯通算成績 811勝490敗
シングルス 734勝377敗
ダブルス 77勝113敗
生涯獲得賞金 31,436,645 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(2011・13)
全仏 準優勝(2013)
全英 ベスト8(2012・13)
全米 ベスト4(2007・12)

ダビド・フェレールはシングルス自己最高ランキング3位で、これまでATPツアーっでシングルス27勝、2007年のジャパン・オープンで優勝したこともあるプロテニスプレーヤーです。2013年全仏オープン男子シングルス準優勝、2007年年間最終戦テニス・マスターズ・カップ準優勝、2012年BNPパリバ・マスターズ優勝と数々のタイトルを手にし、生涯獲得賞金ランキング歴代7位を誇ります。175cmと決して大きくはない身体ながらも活躍してきたテニスプレーヤーです。

5位:ダニエル・エバンズ

175cm

175cm

国籍 イギリス
出身地 イングランドの旗 イングランド・バーミンガム
居住地 同・バーミンガム
生年月日 1990年5月23日
身長 175cm
体重 75kg
利き手 右
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2006年
ツアー通算 0勝
シングルス 0勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 1,554,507 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2017)
全仏 1回戦(2017)
全英 3回戦(2016)
全米 3回戦(2013・16)

ダニエル・エバンズは、ATP自己最高ランクはシングルス41位のイギリス出身のプロテニスプレーヤーで、4大大会では全豪オープンで自己最高の4回戦を記録しています。身長175cmと小柄なテニスプレーヤーで、2013年の全米オープンでは第11シートの錦織圭を6-4、6-4、6-2で破りグランドスラム初勝利を果たしています。2017年のアピア国際では準々決勝で世界ランク8位のドミニク・ティームを破ると、準決勝でアンドレイ・クズネツォフに勝利し、自身初のツアーの決勝進出を果たし、決勝でジレ・ミュラーに敗れ、準優勝となっています。

3位:杉田 祐一

175cm

175cm

国籍 日本
出身地 同・宮城県仙台市
生年月日 1988年9月18日
身長 175cm
体重 72kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2006年
ツアー通算 1勝
シングルス 1勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 2,206,865 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2018)
全仏 1回戦(2017・18)
全英 2回戦(2017)
全米 2回戦(2017)

杉田祐一は、ATPツアーではシングルス1勝、ATPシングルスランキング自己最高36位の日本人テニスプレーヤーです。日本人史上3人目のATPツアーシングルス優勝者で、自己最高世界ランキングは松岡修造の46位を抜いて日本人歴代2位です。ツアー初優勝は2017年で、2018年のゲリー・ウエバー・オープンでは2回戦で世界ランキング7位のドミニック・ティエムに勝利しています。

3位:ビクトル・エステラ・ブルゴス

173cm

173cm

国籍 ドミニカ共和国
出身地 同・サンティアゴ・デ・ロス・カバリェロス
居住地 同・サンティアゴ・デ・ロス・カバリェロス
生年月日 1980年8月2日
身長 173cm
体重 77kg
利き手 右
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2002年
ツアー通算 3勝
シングルス 3勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 2,118,846 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2017)
全仏 2回戦(2016・17)
全英 2回戦(2015)
全米 3回戦(2014)

ビクトル・エストレーリャ・ブルゴスは、シングルス自己最高ランキング43位で、2002年にプロ転向し、、2014年全仏オープンで4大大会初出場を果たします。2014年全米オープンでは4大大会初勝利を果たすと、2回戦で17歳年下のボルナ・チョリッチに勝利、3回戦で第5シードのミロシュ・ラオニッチに敗れたものの、3セットともタイブレークに持ち込む善戦を見せました。173cmという小さな身体ながら果敢に大男たちに挑む姿は多くのファンを惹きつけています。

2位:西岡良仁

171cm

171cm

国籍 日本
出身地 三重県津市
居住地 東京都
生年月日 1995年9月27日
身長 171cm
体重 63kg
利き手 左
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2014年
ツアー通算 1勝
シングルス 1勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 1,538,989 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2017~19)
全仏 2回戦(2019)
全英 1回戦(2016・18)
全米 2回戦(2015)

西岡良仁は、三重県津市出身の男子プロテニスプレーヤーで、ATPツアーでシングルス1勝、シングルス自己最高ランキングは58位とこれからの飛躍が期待される選手の1人です。身長171cmと小柄な体ながら、抜群のフットワークでアリーに持ち込み、粘り強さで勝負する選手です。2019年の全仏オープンでは1回戦のマッケンジー・マクドナルドに勝利して初の全仏2回戦進出を決め、確実に階段を上るポスト錦織です。

1位:ディエゴ・シュワルツマン

170cm

170cm

国籍 アルゼンチン
出身地 同・ブエノスアイレス
居住地 同・ブエノスアイレス
生年月日 1992年8月16日
身長 170cm
体重 64kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2010年
ツアー通算 2勝
シングルス 2勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 5,953,028 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2018)
全仏 ベスト8(2018)
全英 2回戦(2018)
全米 ベスト8(2017)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

歴代の男子ラグビー選手・イケメン人気ランキングTOP20【2022最新版】

今回は歴代イケメン男子ラグビー選手の人気ランキングTOP20を紹介します。ラグビーワールドカップやオリンピッ…

maru.wanwan / 58 view

イケメン男子プロレスラー人気ランキングTOP29【2022最新版】

屈強な肉体がぶつかり合い、ユニークなパフォーマンスも見どころのプロレス界では、多くのイケメンプロレスラーたち…

kent.n / 151 view

歴代の沢村賞のプロ野球投手・最強ランキングTOP25【2022最新版】

日本のプロ野球創設期における伝説の大投手、沢村栄治を記念し、シーズンで最も優れた先発完投型の本格派投手に授与…

maru.wanwan / 26 view

男子柔道選手イケメンランキングTOP21【歴代・2022最新版】

屈強な肉体でぶつかり合う男子柔道の世界は、イケメン芸能人も顔負けなほど、ルックスのレベルが高い業界なのです!…

kent.n / 52 view

なでしこジャパンのメンバー歴代かわいいランキング25選~美女サッカー選手を紹介【20…

日本が世界に誇る女子サッカーチームであるなでしこジャパン。この記事では、なでしこジャパン歴代メンバーをかわい…

kent.n / 100 view

【歴代】女子バドミントン選手かわいいランキングTOP25【2022最新版】

誰でも気軽に始められるスポーツでありながら、極めようと思えば徹底した技術が必要になるバドミントン。ここでは、…

kent.n / 141 view

女子テニス選手の歴代最強ランキングTOP20【2022最新】

大坂なおみ選手の活躍で、女子テニスの注目度が徐々に高まっていますね!そこで今回は、全世界の歴代女子テニス選手…

kent.n / 78 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

歴代の空手女子選手・人気かわいいランキングTOP20【2022最新版】

今回は歴代のかわいい女子空手選手の人気ランキングTOP20を紹介します。1人で行うかっこいい型と、2人で戦う…

maru.wanwan / 135 view

メジャーリーグのホームラン数ランキング100選!年間TOP50・歴代通算TOP50【…

近年、日本人選手のメジャーリーグ(MLB)での活躍が話題となり、歴代の本塁打数の記録にも注目が集まっています…

maru.wanwan / 102 view

日本プロ野球の助っ人外国人~歴代最強ランキングTOP30【2022最新版】

今回はプロ野球、歴代最強の助っ人外国人ランキングTOP30を紹介します。毎年盛り上がりを見せるプロ野球ですが…

maru.wanwan / 228 view

F1レーサー歴代イケメンランキングTOP21【2022最新版】

日本ではあまり話題に上がる機会は多くないF1レーサーたちですが、世界的に活躍するF1レーサーたちは、揃ってイ…

kent.n / 134 view

有名な男性スケートボーダー人気ランキング60選・日本人と世界別【2022最新版】

若者の間で密かに人気を博してきたスケートボードですが、2020東京オリンピックで新種目として採用されて以来、…

maru.wanwan / 111 view

バスケットボール・国の強さランキング30選~男子女子別TOP15【2022最新版】

今回は、バスケットボール国別強さランキングを男女別に紹介します。バスケットボールといえばアメリカのNBA、W…

maru.wanwan / 25 view

嫌いなスポーツ選手ランキングTOP20【2022最新版】

多くの人々に親しまれやすいはスポーツ選手ですが、中には嫌われてしまったという選手もいらっしゃるようです。今回…

chokokuru / 288 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング