男子テニス選手の身長ランキングTOP5-1(低い編)

5位:ラドゥ・アルボット

175cm

175cm

国籍 モルドバ
出身地 同・キシナウ
居住地 同・キシナウ
生年月日 1989年11月11日
身長 175cm
体重 69kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2008年
ツアー通算 2勝
シングルス 1勝
ダブルス 1勝
生涯獲得賞金 2,394,435 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦 (2019)
全仏 2回戦 (2018)
全英 3回戦 (2018)
全米 3回戦 (2017)

ラドゥ・アルボットは、モルドバ出身のプロテニスプレーヤーで、ATPツアーではシングルスで1勝をあげ、シングルランキングの自己最高は51位です。2014年の全米オープンで予選を通過し、モルドバ人として初のグランドスラム本戦出場を果たし、2015年のイスタンブール・オープンダブルスでドゥシャン・ラヨビッチと組んで、モルドバ人として初のツアー優勝を果たしました。

5位:マルク・ロペス

175cm

175cm

国籍 スペイン
出身地 カタルーニャ州バルセロナ
生年月日 1982年7月31日
身長 175cm
体重 72kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1999年
ツアー通算 14勝
シングルス 0勝
ダブルス 14勝
生涯獲得賞金 4,302,992 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全仏 2回戦(2003)
全英 1回戦(2004)

マルク・ロペスは、ATPルアーにおいて、シングルスでの優勝はありませんが、ダブルスで14勝をあげるプロテニスプレーヤーです。自己最高ランキングでもダブルスでは3位の経験があり、ダブルスを得意としています。2016年全仏オープン男子ダブルスで優勝し、リオデジャネイロオリンピック男子ダブルスで金メダルを獲得してことがあり、さらに2012年ATPワールドツアー・ファイナル男子ダブルス優勝の経験があります。

5位:ドゥディ・セラ

175cm

175cm

国籍 イスラエル
出身地 同・キリヤット・シュモナ
居住地 同・テルアビブ
生年月日 1985年4月4日
身長 175cm
体重 67kg
利き手 右
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2002年
ツアー通算 1勝
シングルス 0勝
ダブルス 1勝
生涯獲得賞金 3,823,286 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2009・15・16)
全仏 2回戦(2009・15)
全英 4回戦(2009)
全米 2回戦(2007・10・11・13・14・17)

ドゥディ・セラは、ATP自己最高ランキングはシングルス29位、イスラエルの男子選手として世界トップ30に史上4人目の選手とされています。4大大会では2009年のウインブルドン選手権ではイスラエルの男子選手として1989年のアモス・マンスドルフ以来20年ぶり、史上2人目となる4回戦進出を成し遂げますが、第4シードのノバク・ジョコビッチにストレート負けしています。

5位:ダミル・ジュムール

175cm

175cm

国籍 ボスニア・ヘルツェゴビナ
出身地 同・サラエヴォ
生年月日 1992年5月20日
身長 175cm
体重 70kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2011年
ツアー通算 3勝
シングルス 3勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 3,701,259 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2014・18)
全仏 3回戦(2015・18)
全英 2回戦(2016-18)
全米 3回戦(2017)

ダミル・ジュムールは、身長175cmで自己最多シングルランキング23位、ATPツアーでシングルス3勝をあげているプロテニスプレーヤーです。少年時代は子役俳優として活躍した変わり種で、2011年にプロ転向後は、4大大会で2014年全豪オープンで予選を勝ち上がって初出場、2018年の全豪オープン、全仏オープン、全英オープンの3回戦が最高成績です。2016年のリオデジャネイロオリンピックにも出場した経歴を持ちます。

5位:ダビド フェレール

175cm

175cm

国籍 スペイン
出身地 同・ハベア
生年月日 1982年4月2日
身長 175cm
体重 73kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2000年
引退年 2019年
ツアー通算 29勝
シングルス 27勝
ダブルス 2勝
生涯通算成績 811勝490敗
シングルス 734勝377敗
ダブルス 77勝113敗
生涯獲得賞金 31,436,645 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(2011・13)
全仏 準優勝(2013)
全英 ベスト8(2012・13)
全米 ベスト4(2007・12)

ダビド・フェレールはシングルス自己最高ランキング3位で、これまでATPツアーっでシングルス27勝、2007年のジャパン・オープンで優勝したこともあるプロテニスプレーヤーです。2013年全仏オープン男子シングルス準優勝、2007年年間最終戦テニス・マスターズ・カップ準優勝、2012年BNPパリバ・マスターズ優勝と数々のタイトルを手にし、生涯獲得賞金ランキング歴代7位を誇ります。175cmと決して大きくはない身体ながらも活躍してきたテニスプレーヤーです。

5位:ダニエル・エバンズ

175cm

175cm

国籍 イギリス
出身地 イングランドの旗 イングランド・バーミンガム
居住地 同・バーミンガム
生年月日 1990年5月23日
身長 175cm
体重 75kg
利き手 右
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2006年
ツアー通算 0勝
シングルス 0勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 1,554,507 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2017)
全仏 1回戦(2017)
全英 3回戦(2016)
全米 3回戦(2013・16)

ダニエル・エバンズは、ATP自己最高ランクはシングルス41位のイギリス出身のプロテニスプレーヤーで、4大大会では全豪オープンで自己最高の4回戦を記録しています。身長175cmと小柄なテニスプレーヤーで、2013年の全米オープンでは第11シートの錦織圭を6-4、6-4、6-2で破りグランドスラム初勝利を果たしています。2017年のアピア国際では準々決勝で世界ランク8位のドミニク・ティームを破ると、準決勝でアンドレイ・クズネツォフに勝利し、自身初のツアーの決勝進出を果たし、決勝でジレ・ミュラーに敗れ、準優勝となっています。

3位:杉田 祐一

175cm

175cm

国籍 日本
出身地 同・宮城県仙台市
生年月日 1988年9月18日
身長 175cm
体重 72kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2006年
ツアー通算 1勝
シングルス 1勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 2,206,865 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2018)
全仏 1回戦(2017・18)
全英 2回戦(2017)
全米 2回戦(2017)

杉田祐一は、ATPツアーではシングルス1勝、ATPシングルスランキング自己最高36位の日本人テニスプレーヤーです。日本人史上3人目のATPツアーシングルス優勝者で、自己最高世界ランキングは松岡修造の46位を抜いて日本人歴代2位です。ツアー初優勝は2017年で、2018年のゲリー・ウエバー・オープンでは2回戦で世界ランキング7位のドミニック・ティエムに勝利しています。

3位:ビクトル・エステラ・ブルゴス

173cm

173cm

国籍 ドミニカ共和国
出身地 同・サンティアゴ・デ・ロス・カバリェロス
居住地 同・サンティアゴ・デ・ロス・カバリェロス
生年月日 1980年8月2日
身長 173cm
体重 77kg
利き手 右
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2002年
ツアー通算 3勝
シングルス 3勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 2,118,846 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2017)
全仏 2回戦(2016・17)
全英 2回戦(2015)
全米 3回戦(2014)

ビクトル・エストレーリャ・ブルゴスは、シングルス自己最高ランキング43位で、2002年にプロ転向し、、2014年全仏オープンで4大大会初出場を果たします。2014年全米オープンでは4大大会初勝利を果たすと、2回戦で17歳年下のボルナ・チョリッチに勝利、3回戦で第5シードのミロシュ・ラオニッチに敗れたものの、3セットともタイブレークに持ち込む善戦を見せました。173cmという小さな身体ながら果敢に大男たちに挑む姿は多くのファンを惹きつけています。

2位:西岡良仁

171cm

171cm

国籍 日本
出身地 三重県津市
居住地 東京都
生年月日 1995年9月27日
身長 171cm
体重 63kg
利き手 左
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2014年
ツアー通算 1勝
シングルス 1勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 1,538,989 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2017~19)
全仏 2回戦(2019)
全英 1回戦(2016・18)
全米 2回戦(2015)

西岡良仁は、三重県津市出身の男子プロテニスプレーヤーで、ATPツアーでシングルス1勝、シングルス自己最高ランキングは58位とこれからの飛躍が期待される選手の1人です。身長171cmと小柄な体ながら、抜群のフットワークでアリーに持ち込み、粘り強さで勝負する選手です。2019年の全仏オープンでは1回戦のマッケンジー・マクドナルドに勝利して初の全仏2回戦進出を決め、確実に階段を上るポスト錦織です。

1位:ディエゴ・シュワルツマン

170cm

170cm

国籍 アルゼンチン
出身地 同・ブエノスアイレス
居住地 同・ブエノスアイレス
生年月日 1992年8月16日
身長 170cm
体重 64kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2010年
ツアー通算 2勝
シングルス 2勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 5,953,028 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2018)
全仏 ベスト8(2018)
全英 2回戦(2018)
全米 ベスト8(2017)

アルゼンチン出身のディエゴ・シュワルツマンは、7歳からテニスを始め、2010年にプロ転向後、ATPツアーでシングルス2勝をあげ、自己最高ランキングは11を誇るトップテニスプレーヤーです。身長は170cmと非常に小柄な体格にもかかわらず、4大大会では2018年の全仏オープン、2017年の全米オープン共に自己最高となるベスト8に進出するなど、好成績を残しています。

男子テニス選手の身長ランキングTOP7-1(高い編〉

7位:フアン・マルティン・デル・ポトロ

198cm

198cm

国籍 アルゼンチン
出身地 同・タンディル
生年月日 1988年9月23日
身長 198cm
体重 97kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2003年
ツアー通算 23勝
シングルス 22勝
ダブルス 1勝
生涯獲得賞金 25,585,306 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(2009・12)
全仏 ベスト4(2009・18)
全英 ベスト4(2013)
全米 優勝(2009)
優勝回数 1(米1)

フアン・マルティン・デル・ポトロは、これまでATPツアーでシングルス22勝をあげ、シングルスの自己最高ランキングは23位につけています。2009年全米オープン男子シングルスで優勝経験があり、グランドスラム1大会でロジャー・フェデラーとラファエル・ナダルの両方に勝利した初の選手であり、2005年全仏から2013年全米までのグランドスラム35大会中唯一のBIG4以外の優勝者としても知られています。パワフルなサーブと深いフラットとトップスピンのグランドストロークが武器のアグレッシブ・ベースライナーで、フォアハンドショットは160km/hにも達し、さらに198cmから放たれるサーブは平均200km/h、最速236km/hで、高いトップスピンボールの返球み苦にしません。

7位:サム・クエリー

198cm

198cm

国籍 アメリカ合衆国
出身地 同・カリフォルニア州
サンフランシスコ
生年月日 1987年10月7日
身長 198cm
体重 91kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2006年
ツアー通算 15勝
シングルス 10勝
ダブルス 5勝
生涯獲得賞金 11,466,578 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2007・08・13・14・17)
全仏 3回戦(2013)
全英 ベスト4(2017)
全米 ベスト8(2017)

サム・クエリーは、これまでATPツアーシングルス10勝をあげ、シングルスの自己最高ランキングは11位を誇る高身長テニスプレーヤーの1人です。クエリーはパワフルなサーブとファアハンドショットが武器のオフェンシブベースライナーで、最速238km/hのサーブを武器にサービスエースを量産しています。また、インサイドインのフォワハンドショットを得意としています。

7位:イジ・ベセリー

198cm

198cm

国籍 チェコ
出身地 同・プシーブラム
居住地 同・ブジェズニツェ
生年月日 1993年7月10日
身長 198cm
体重 90kg
利き手 左
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2009年
ツアー通算 3勝
シングルス 1勝
ダブルス 2勝
生涯獲得賞金 3,611,050 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2018)
全仏 3回戦(2017)
全英 4回戦(2016)
全米 3回戦(2015)

関連するキーワード

関連するまとめ

女子フィギュアスケート歴代人気ランキングTOP25【2021最新版】

男性と女性両方から支持されており、冬季オリンピックシーズンではない期間も話題の上がることも多い女子フィギュア…

kent.n / 1654 view

女子テニス選手のかわいい&美女ランキング20選【歴代・2021最新版】

大阪ナオミ選手の活躍と共に、テニスが一大ブームとなっていますね。白熱した試合展開が非常に面白いです。それより…

マギー / 292 view

【野球/投手】ピッチャー球速ランキング~日本・世界別TOP10【2021最新版】

野球の醍醐味は特大のホームランというかたも多いかと思いますが、160キロを超えるような剛速球もまた一つの醍醐…

maru.wanwan / 4559 view

陸上男子の歴代イケメン人気ランキングTOP20【2021最新版】

今回は陸上男子歴代イケメン人気ランキングTOP20を紹介していきます。短距離走、中長距離走、走幅跳び、走高跳…

maru.wanwan / 524 view

歴代のK-1選手40選!最強人気ランキング【2021最新版】

世界的に最も知名度が高いキックボクシングとして有名なK-1。国内外の歴代選手たちの中で、いったい誰が最強なの…

kent.n / 3666 view

イケメンのスポーツ選手ランキング35選!日本・外国人別【2021最新版】

見てるとつい熱くなることも多いスポーツですが、最近はイケメンのスポーツ選手が増えましたね。プレーそのものだけ…

risa / 2404 view

女子テニス選手の歴代最強ランキングTOP20【2021最新】

大坂なおみ選手の活躍で、女子テニスの注目度が徐々に高まっていますね!そこで今回は、全世界の歴代女子テニス選手…

kent.n / 643 view

スポーツ選手の名言ランキング100選~有名アスリートの格言を紹介【2021最新版】

野球やバスケットボール、サッカーなど、様々なスポーツの中でカリスマ性を備えた有名アスリート達の言葉には心を動…

maru.wanwan / 1389 view

サッカー選手の髪型50選~日本・海外別おしゃれランキング【2021最新版】

海外リーグ、Jリーグなどを見ていて、プレーだけではなく選手の髪型に目が行ってしまうという人も多いかと思います…

maru.wanwan / 1044 view

テニス国別の強さランキングTOP10~最強の国と選手を公開【2021最新版】

日本にもブームが到来しつつあるテニスですが、どの国がテニスの強い国なのか気になったことはありませんか?そこで…

maru.wanwan / 570 view

アジアのサッカー・国の強さランキングTOP20~最強の国とは【2021最新版】

FIFAワールドカップと同じく、4年に1度開催されるアジアの王者を決めるAFCアジアカップ。現在のアジアで最…

maru.wanwan / 491 view

サッカー国の強さランキングTOP100~世界最強の代表チームとは【2021最新版】

世界にはどれだけの国の代表チームが存在し、どの国が歴代最強のサッカー国なのか気になったことはありませんか?そ…

maru.wanwan / 631 view

プロ野球選手のタバコ喫煙者12選!衝撃ランキング【2021最新版】

野球選手は愛煙家が多いことでも知られていますが、実はあんな選手やこんな選手もタバコを吸っていることが判明して…

マギー / 3766 view

歴代トライアスロン男子のイケメン人気ランキングTOP20【2021最新版】

オリンピックで人気の競技の中に、鉄人レースであるトライアスロンがあります。そしてトライアスロン選手にはイケメ…

maru.wanwan / 226 view

日本プロ野球の人気球団ランキング12選~セリーグ・パリーグ別【2021最新版】

日本プロ野球チームの中で、どの球団が最も人気があるのか気になったことはありませんか?今回は日本野球の人気球団…

maru.wanwan / 1866 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

卓球・国の強さランキング30選~男子女子別TOP15【2021最新版】

オリンピックが日本でも徐々に盛り上がりを見せる中、卓球にも大きな注目が集まっています。そこで今回は日本の卓球…

maru.wanwan / 203 view

歴代男子テニス選手の最強ランキングTOP30【2021最新】

錦織圭選手の活躍で日本でもテニスの知名度が徐々に上昇しつつあります。そこで今回は、これまでの歴代男子テニス選…

kent.n / 392 view

サッカー選手の衝撃タトゥー50選~日本編TOP20、海外編TOP30【2021最新版…

日本ではタトゥーについては厳しい目が向けられる傾向にありますが、海外では文化の違いなどもあり、ほぼ当たり前の…

maru.wanwan / 1992 view

男子柔道選手イケメンランキングTOP20【歴代・2021最新版】

屈強な肉体でぶつかり合う男子柔道の世界は、イケメン芸能人も顔負けなほど、ルックスのレベルが高い業界なのです!…

kent.n / 2290 view

プロ野球選手の私服ファッション40選~ダサい編TOP5・おしゃれ編TOP20【202…

かつてのプロ野球選手の私服は、Jリーグの選手とは違い、ダサいと有名でしたが、現在では若いイケメン選手が中心に…

maru.wanwan / 2449 view

かわいい陸上女子選手の歴代人気ランキングTOP20【2021最新版】

世界大会やオリンピックなどで注目される女子陸上選手ですが、最近では実力はもとより、そのルックスについてもイン…

maru.wanwan / 2823 view

日本サッカーJ1リーグの人気チームランキングTOP18【2021最新版】

今回は観客動員数などを基に人気のあるJ1チームをランキング形式でまとめてみました。1993年に開幕したサッカ…

maru.wanwan / 1170 view

プロ野球ホームラン数ランキング100選~年間TOP50・歴代TOP50【2021最新…

プロ野球の花形ともいえるホームランですが、歴代のホームランバッターとして有名な選手が王貞治、バース、カブレラ…

maru.wanwan / 514 view

歴代トライアスロン男子のイケメン人気ランキングTOP20【2021最新版】

オリンピックで人気の競技の中に、鉄人レースであるトライアスロンがあります。そしてトライアスロン選手にはイケメ…

maru.wanwan / 226 view

【歴代】男子卓球選手イケメンランキングTOP17【2021最新版】

イケメンのスポーツ選手といえば、野球やサッカーなど、日本でもポピュラーなスポーツの選手たちに集中してしまいま…

kent.n / 649 view

歴代フェンシング選手の人気有名ランキング20選・男性女性別【2021最新版】

西洋式の剣術から発達した人気のスポーツであるフェンシングは、剣を片手に持ち、1対1で互いに相手を突き、または…

maru.wanwan / 227 view

競艇男子/ボートレーサーのイケメン人気ランキングTOP22【歴代・2021最新版】

競艇男子ボートレーサーは、イケメンが多いことでも知られています。そこで今回は歴代の人気イケメンボートレーサー…

maru.wanwan / 1409 view

男子フィギュアスケート歴代人気ランキングTOP25【2021最新版】

女性を中心に人気の男子フィギュアスケート選手たち。これまで多くの選手たちが活躍してきましたね。そこで今回は、…

kent.n / 1221 view

サッカー海外リーグの人気ランキングTOP12~世界No.1とは【2021最新版】

海外サッカーにはイングランドのプレミアリーグやスペインのリーガエスパニョーラ、イタリアのセリエAなど様々なリ…

maru.wanwan / 619 view

女子スピードスケート選手の人気かわいいランキングTOP20【歴代・2021最新版】

冬季オリンピックで大会ごとに注目を集める女子スピードスケートですが、スピードだけではなく、そのルックスにも注…

maru.wanwan / 663 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング