スポンサードリンク

映画も大人気!クレヨンしんちゃん

『クレヨンしんちゃん』は臼井義人氏原作の漫画で、1992年から現在でもテレビアニメ放送がされています。

映画は1993年から毎年制作されており、これまでに28作品が公開されました。

今回はそんな映画クレヨンしんちゃんの全28作品を、人気順にランキング形式にしてご紹介していきます!

※インターネット上の評価、レビュー、筆者の好みも加算されたランキングになっていますので、順位に関する苦情はご容赦くださいませ。

クレヨンしんちゃんの映画人気ランキング第28位~第21位

第28位・ちょー嵐を呼ぶ金矛の勇者

第28位・ちょー嵐を呼ぶ金矛の勇者

2008年4月に公開された、クレヨンしんちゃん映画シリーズの第16弾となる作品。。
タイトルがもう下ネタにしか聞こえないという、出オチならぬタイトルオチのような気がします(笑)。

しんちゃんがひょんなことから伝説の勇者に…という、料理の使用によっては凄く面白くなりそうな設定だったのですが、イマイチ盛り上がりに欠ける内容。

しんのすけがうっかり開けてしまった不思議な扉。
それは、地球と暗黒の世界“ドン・クラーイ”を繋ぐ“闇の扉”――地球を闇で支配しようとする侵略者たちの陰謀だった!
しかし、そのことに気づいているのはしんのすけだた1人…
ひょんなことから“選ばれし勇者”となったしんのすけに次々と迫る闇の魔の手。
しんのすけを守るために現れた謎の少年マタとともに伝説の神器・金矛を手に、いま勇者しんのすけが立ち上がる!
果たして、しんのすけは無事に地球をお守りすることができるのか!?

出典:Amazon

この作品の評価・レビュー

話のプロットがヘンダーランドにそっくりなので、後発の作品であるこの映画は二番煎じであるという印象を強く受けたのが、この作品が好きになれない理由かもしれません
下ネタもいつものくすっと笑える感じではなく、ただ下品なだけに感じました。
第27位・激突! ラクガキングダムとほぼ四人の勇者

第27位・激突! ラクガキングダムとほぼ四人の勇者

2020年9月11日に公開された、クレヨンしんちゃん劇場映画28作目。クレヨンしんちゃん生誕30周年記念作品です。

キャッチコピーは「世界を救え、クレヨンで。」。
ラクガキから飛び出したキャラクターと一緒にしんのすけが戦うストーリーで、テンポが良く飽きずに楽しめる作品となっています。

一見子供向けにみえますが、社会風刺なども入っており、大人でも見応えがあるのではないでしょうか。

地上のラクガキをエネルギーにしている王国ラクガキングダムは、ラクガキが減ったことで崩壊寸前だった。そこで“ウキウキカキカキ作戦”を決行するため、地上に進軍する。ラクガキングダムの姫にミラクルクレヨンを託されたしんのすけは、自分のラクガキから飛び出した頼りにならないヒーロー“ぶりぶりざえもん”らと一緒に戦いに身を投じる。

この作品の評価・レビュー

久しぶりにクレヨンしんちゃんの映画へ。
内容が良かったし、なにより感動して何回か涙した。
大人も子供も楽しめる映画!
第26位・伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃

第26位・伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃

2005年に公開された、クレヨンしんちゃん映画シリーズの第13弾となる作品。

こちらもタイトルがなかなか三流というか…(笑)、このタイトルで見てみたいとはあまり思わなかったのですが、やっぱり映画の内容自体も『何が言いたかったのかな???』とはてなマークが浮かんでしまうのでした…。

”クレヨンしんちゃん”は子供向けと思わせといて実は大人向けの漫画だと思うのですが(そもそも連載雑誌が大人向け…)、この映画はまるっきり子供向けだと思います。
みさえが変身する『プリティミサエス』は可愛かったですが。

遥か未来から派遣された時空調整員“ミライマン”の要請(?)を受け、時空の歪みから次々と現れ出る怪獣たちを、正義のヒーローに変身して3分以内に倒し、元の世界に帰すことになった野原一家。ところが、怪獣退治に夢中になり慢心するひろしとみさえは、幼いひまわりの世話をしんのすけに押しつけて、仕事や育児を放棄するようになってしまう。

この作品の評価・レビュー

近年のシリーズのように「親だから」、「家族だから」と一辺倒ではなく、両親が自由かつ主体的に取り組んで、楽しんでいたのが印象的ですが、演出はひたすら地味なのが残念です。劇中、唐突にギター侍が登場しネタを披露するので、懐かしかったです。

出典:映画.com

第25位・伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!

第25位・伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!

こちらは2006年4月に公開された、クレヨンしんちゃん映画シリーズの第14弾。

クレヨンしんちゃんは通常のテレビシリーズでもたまにホラー要素のあるストーリーをやるのですが、この映画の前半はそんな感じ。
自分とそっくりな人間が自分に成り代わっているという、まるで『世にも奇妙な物語』にのような話なんです。

音楽がかかると勝手にサンバを踊りだすというところはちょっと笑えましたが、これは完全にトラウマを植え付けそうですから、子供には見せられないと思います…。

ニセモノォ?本物そっくりなんだけど、でも本物じゃないんだ。「ただいま」ってウチに帰るのはそっくりさんの方らしい…カスカベ都市伝説…本物はどこへ?そんな噂がしんのすけたちの間でも広がっていた。
そんなある日、買い物をしている野原一家。しんのすけはお菓子売り場を物色していたが案の定、迷子に。そこにみさえがしんのすけに近づいてくる。妙に優しく、いつもなら絶対に買ってくれないお菓子を買ってくれるみさえにしんのすけは大はしゃぎ。しかし、そのみさえこそ、恐怖の“そっくり人間”だったのだ…。しんのすけに危機迫る!

出典:Amazon

この作品の評価・レビュー

なかなか見所はあると思います。 けっこう物語に引き込まれました、途中までですが… 前半ホラーな話と演出素直に面白かったです。 しかし途中から変な方向に行ってしまったのは残念でした。
第24位・嵐を呼ぶ 黄金のスパイ大作戦

第24位・嵐を呼ぶ 黄金のスパイ大作戦

2011年4月に公開された、クレヨンしんちゃん映画シリーズの第19作目。

これまでのクレヨンしんちゃんの映画とは違って、ポスターもとってもハードボイルド風に仕上がっていますね。

タイトルにもある通り、今回はなぜかしんちゃんがスパイに!
話のベースとしては、2つの星の争いに野原一家が巻き込まれてしまい、しんのすけがスパイに…ということですが、これまでのような野原一家の絆やカスカベ防衛隊の活躍は無く、しんちゃんとヒロインのレモンちゃんがメインの作品。
全体的にシリアスっぽくていつものおバカしんちゃん要素がちょっと足りないかな?という気がします。

しんのすけの前に突如現れたナゾの少女レモンは、しんのすけがあこがれるヒーロー「アクション仮面」からのメッセージを携えていた。それによれば、しんのすけはアクションスパイに選ばれ、正義のために戦うのだという。すっかりその気になったしんのすけは、レモンの指導のもとスパイ訓練を始めるが……。

出典:映画.com

この作品の評価・レビュー

『クレヨンしんちゃん』の映画作品はいつも大事な事をテーマにしていてくれます。
今回は単純に言えば、「悪い事をダメだと言える勇気」じゃないでしょうか。?
しんちゃんならではのくだらないネタもありしっかり笑う事もできました。

出典:映画.com

第23位・嵐を呼ぶ! オラと宇宙のプリンセス

第23位・嵐を呼ぶ! オラと宇宙のプリンセス

2012年4月に公開された、クレヨンしんちゃんの映画シリーズ第20作品目。
10とか20とかキリのいい数字の時は『特別記念』的に銘打ったタイトルが公開されることが多く、こちらも『映画化20周年記念作品』となっているのですが…。結果的にはクレヨンしんちゃんシリーズの興行収入ワースト2位という残念さ。

ある日しんのすけがひまわりをケンカをして、「ひまわりなんかいらない」と言ってしまったことから騒動が始まります。
きょうだいがいる人なら身に覚えがあるような些細な一言が、宇宙を巻き込んだ大騒動に…という内容なのですが、あまりに唐突に宇宙の問題が出てきたために「なんじゃそりゃ」感が強いです。

純粋な気持ちで楽しむ分には、家族愛の面で感動も出来るかと。

。ある日、ささいなことで妹のひまわりと喧嘩したしんのすけは、突然現れた謎の男2人組に言われるまま「ひまわりをお姫様として預ける」という契約書にサインしてしまう。UFOに吸い込まれヒマワリ星へと連れて行かれた野原一家は、しんのすけがサインした契約書に基づきひまわりが星のお姫様にならなければ、地球が消滅するということを知る。

この作品の評価・レビュー

Amazonのレビューを見るとかなり低評価が目立っていて心配でしたが、最後まで見た作品の全体的な感想で言えば、「普通にしんちゃん映画として見れる程度には面白い」という感じ。それ以上でもそれ以下でもないかな。確かにオトナ帝国や戦国の様に、こんな感動する映画見たことない!ってレベルではないけど、普通にしんちゃんの長編として見る分には十分。
第22位・オタケベ!カスカベ野生王国

第22位・オタケベ!カスカベ野生王国

2009年4月に公開された、クレヨンしんちゃんの映画シリーズ第17作品目です。
おなじみ野原一家が野生動物に変身してしまうという、ビジュアル的にもインパクトのある作品。

自然環境や野生動物の問題など、深刻なテーマをどうクレヨンしんちゃん流にアレンジするのか…というところですが、子供と一緒に見る分にはちょうど良い感じになっていますね。

みさえのしんのすけに対する愛情には毎度涙させられます。

ある日、地域の清掃活動に参加していたしんのすけは河原で不思議なドリンクを拾い持って帰るが、後で飲もうとしておいていたそれをひろしとみさえがそれを飲んでしまう。すると二人は徐々に動物のような仕草をとり出すようになり、遂にある日ひろしは鶏、みさえは豹に変身してしまった

出典:あにこれ

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

かぐや様は告らせたいのキャラ人気ランキング34選【2022最新版】

将来有望なエリートたちが集う名門校を舞台に、天才同士による恋愛頭脳戦を描いた「かぐや様は告らせたい~天才たち…

maru.wanwan / 1629 view

北斗の拳のキャラ強さランキングTOP55~登場人物最強とは【2022最新版】

「お前はもう死んでいる」や「あべし!」などのセリフで一世を風靡した漫画『北斗の拳』。作中には屈強な男たちがこ…

ririto / 3088 view

短編/ショートアニメのおすすめランキングTOP30【2022最新版】

映画のような長編アニメも面白いですが、サクッと見られて面白い短編アニメやショートアニメと呼ばれる短い尺のアニ…

ririto / 468 view

サザエさんの家系図&キャラ強さランキング30選~登場人物最強とは【2022最新版】

磯野家(とそれにかかわる人々)の日常を描いたサザエさんですが、そこに登場するキャラクターの強さがネットで議論…

ririto / 515 view

イナズマイレブンのキャラクター人気ランキングTOP40【2022最新版】

『イナズマイレブン』は、育成サッカーRPGゲームとして人気を集め、その後も漫画やテレビアニメが展開され、多く…

maru.wanwan / 1895 view

BLアニメのおすすめランキング30選!ボーイズラブ作品まとめ【2022最新版】

BLとは『ボーイズラブ』の略で、つまりは男性同士の恋愛を描いた作品のことを指します。昨今ではBLに対する認知…

ririto / 777 view

恋愛&ラブコメアニメおすすめランキングTOP53【2022最新版】

思わずきゅんとしてしまう恋愛アニメ、あり得ないと思いながら笑ってみてしまうラブコメアニメ…やはり恋愛&ラブコ…

ririto / 1455 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

鬱アニメのおすすめランキングTOP40【2022最新決定版】

鬱アニメとは、見ている時または視聴後に鬱な気持ちになるアニメの事です。今回は数ある鬱アニメの中から、おすすめ…

ririto / 630 view

歴代の神アニメおすすめランキング100選【年代別・2022最新版】

テレビ黎明期の時代から、多くの人々を楽しませてきたテレビアニメ。今回は歴代の人気アニメを年代別にTOP25作…

ririto / 2191 view

ジャンプ打ち切り漫画50選!衝撃順にランキング【2022最新版】

老若男女問わず多くの人たちを魅了し続ける漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」。今回は週刊少年ジャンプに掲載されながら…

もどる / 5136 view

ナルトのイケメン男性キャラランキング31選【2022最新版】

岸本斉史による忍者バトルアクション漫画作品で、1999年から2014年まで週刊少年ジャンプで連載された「NA…

maru.wanwan / 1545 view

キングダムのかわいい女性キャラランキング15選【2022最新版】

3000万部以上の発行部数を誇る、中国の春秋戦国時代を描い人気作品『キングダム』。登場するかわいい女性キャラ…

maru.wanwan / 1212 view

アイシールド21の人気キャラ強さランキング52選【2022最新版】

週刊少年ジャンプに連載されたアメフト漫画「アイシールド21」の人気キャラクターを強さ順にランキング形式でまと…

maru.wanwan / 834 view

名探偵コナンのキャラ推理力ランキングTOP50!最強の頭脳【2022最新版】

今回は、名探偵コナンのキャラクター50選!推理力ランキングを紹介します「名探偵コナンは、黒の組織によって少年…

maru.wanwan / 1158 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング