スポンサードリンク

龍が如くとは

基本情報

基本情報

デザイナー: 名越稔洋、 馳星周、 Takeshi Tanaka、 Daisuke Sato
開発元: 龍が如くスタジオ、 セガ、 シンソフィア、 Sega Sports R&D、 アミューズメントヴィジョン、 セガワウ
公開元: セガ、 SEGA of America、 Sega Europe Limited
ジャンル: アクションアドベンチャー

概要

概要

名越稔洋が2003年に企画を立案し、2005年に『龍が如く』がPlayStation 2用ソフトとして発売されたのを皮切りに、シリーズの全世界累計売上本数は1,700万本を超えるヒット作になっています。東京都新宿区に実在する歌舞伎町をモデルとした架空の町である神室町を主な舞台としている。またキャラクターは神室町以外にもストーリーの展開上、日本の他の地域も訪問することになります。ゲーム内の地区や町は各ゲームが発売される年の間の現実中のそれぞれの外観と相関しており、多くの場合は新しい作品で改装や改築がなされています。店や建物はしばしば実際のものとは異なり、実際のプロダクトプレイスメントやストーリー上重要な場所に置き換えられています。

龍が如くの歴代キャラクター・強さランキングTOP60-56

60位:森永悠

60位:森永悠

東城会系組員及び会長護衛役。礼節をわきまえ、上の命令には絶対遵守である。同じく護衛役の相沢聖人とは兄弟分の関係となっている。戦闘では隙の少ない打撃を主体とした戦法を取ります。

59位:南大作

59位:南大作

『龍が如く4』に登場する東城会直系「真島組」若衆で、顔に入った無数のピアスとモヒカン頭が特徴的な極道です。戦闘では酔拳や目潰し、更には火吹きなど、酒を武器として戦います。

58位:田頭直人

58位:田頭直人

『龍が如く6』に登場する広島を拠点とする極道組織「陽銘連合会」の四次団体「広瀬一家」組員で、松永孝明と同じく若衆の一人。物語終盤では、博識ぶりを発揮して「尾道の秘密」の暗号を読み解き、途中で秘密の番人である広瀬にナイフで足を刺されるもその秘密を暴くという活躍を見せ、桐生や南雲による最終決戦にも参加しています。

57位:松永孝明

57位:松永孝明

『龍が如く6』に登場する広島を拠点とする極道組織「陽銘連合会」の四次団体「広瀬一家」若衆。そして同じく若衆の宇佐美勇太や田頭直人の兄貴分。戦闘では背筋を伸ばしたガードの低い構えから肘打ちや膝蹴りを中心とした近い間合いでの攻撃を仕掛けます。

56位:浜崎豪

56位:浜崎豪

東城会直系「浜崎組」組長。浅黒い肌と顔の傷が特徴的で、伊達真から「AV男優みたいな男」と揶揄されています。性格は非常に陰険で、みかじめ料を払わない料理屋の店主を時限爆弾で店ごと爆破するなど極めて危険な人物。横浜中華街を拠点にし、通称「ハマの帝王」と呼ばれています。

龍が如くの歴代キャラクター・強さランキングTOP55-51

55位:ダニエル・フェルドマン

55位:ダニエル・フェルドマン

「米国第一級殺人逃亡犯」の肩書を持つ男で、『2』でも対戦が可能なキャラクターです。戦闘ではレスリングで戦い、『極』ではルチャで戦います。桐生のデビュー戦の相手として戦うも敗北しています。

54位:馬淵昌

54位:馬淵昌

横浜・伊勢佐木異人町を拠点とする三大勢力「異人三」の一角である中国マフィア「横浜流氓」の参謀で、構成員から「老馬(ラオマー)」と呼ばれています。戦闘では青龍偃月刀を使います。三国志でお馴染みの武将・関羽の武器として有名であるが、このことは作中で足立宏一も指摘しており、それを聞いた紗栄子は「もしかして馬淵って英雄気取り?」と不快感を露にしています。

53位:南雲剛

53位:南雲剛

『龍が如く6』に登場する広島の極道組織である陽銘連合会系組織「広瀬一家」若頭。極道としての実力も若頭という肩書きに恥じぬ強さも秘めており、東城会やジングォン派、祭汪会といった名だたるヤクザやマフィアの構成員を複数人以上同時に相手にして軽く叩きのめしたりと確かな喧嘩の実力も持っている。戦闘では右の拳骨を高く掲げた構えを取り、大振りながらも勢いを乗せた打撃、とりわけ頭突きを得意としており、ドロップキックやフライングクロスチョップといったプロレス技も繰り出します。

52位:神田強

52位:神田強

『龍が如く3』に登場する東城会直系錦山組の三代目組長。及び東城会の若頭補佐。横暴かつ絵に書いたような(悪い意味で)体育会系。そして超がつく程の短気。その気性の荒さや脳筋ぶりはシリーズ全体でも一二を争う程で、挨拶がてらに暴力を振るったり、部下や自身が借りを与えている峯義孝はおろか、立場上は同格である真島吾朗、浜崎豪や上の立場にある筈の柏木修に対してもすぐに怒声を浴びせ、戦闘中や機嫌が悪い時には周りにある物を手当たり次第振り回したり、破壊する悪癖がある。戦闘では身の丈はある程の石板を引っ剥がして振り回す程の怪力を見せるも、息切れを起こすなどスタミナはそれ程でもない。

51位:新藤浩司

51位:新藤浩司

東城会直系組織「錦山組」若頭で、組長である錦山彰に憧れて極道になった経歴を持つ。戦闘では主に日本刀を使用し、桐生と時代劇さながらの鍔迫り合いを披露した。ちなみに『極』では『維新!』の岡田以蔵、『極2』では同じく『維新!』の伊東甲子太郎と同じ剣術を使う。

龍が如くの歴代キャラクター・強さランキングTOP50-46

50位:飯渕圭

50位:飯渕圭

『龍が如く極2』で追加された真島吾朗編にのみ登場する東城会直系飯渕組組長で、元コンサルタントという異色の経歴を持つインテリヤクザ。インテリヤクザとしての技量は凄まじく、自らが身を置く極道社会全体を「この世で最も非合理的で時代遅れな業界」と見下し、極道組織の全国統一と自らの手での合理化を目論む強い野心の持ち主。理想の邪魔になる相手を力ずくで排除することをためらわず、作中では真島組若衆・川村涼太がギャンブルで作った莫大な借金を肩代わりすることで彼を手駒にし、自らの若頭就任の障害となっている植松と、大阪・蒼天堀で近江連合三次団体の幹部を、東城会と近江連合の戦争の火種を作るために射殺させている。

49位:ゲイリー・バスター・ホームズ

49位:ゲイリー・バスター・ホームズ

神室町の地下施設「賽の河原」にある闘技場で過去3年間全勝無敗の戦績を誇る、「無敗の地下王者」と呼ばれている黒人男性。戦闘において『1』ではパンチを中心とした格闘スタイル、リメイクの『極』では『5』のラスボス相沢聖人に似た格闘スタイルで戦います。

48位:林弘

48位:林弘

五代目近江連合舎弟頭補佐。『1』では、100億の鍵を握る少女・澤村遥を誘拐する為、ミレニアムタワー内のバー「アレス」に構成員を引き連れて登場し、主人公・桐生一馬と戦うも敗北する。戦闘では飛び蹴りを多用し、リメイク版の『極』では『5』の馬場茂樹のようなスタイルで戦い、近くに椅子があるとそれを振り回して攻撃します。

47位:デッド・バンチャー

47位:デッド・バンチャー

デッド・バンチャーは、リング上で対戦相手を故意に撲殺した罪状から「法では裁けぬ悪魔の拳」と称されるボクサーです。戦闘では玉城に似た格闘スタイルで戦いますが、地下闘技場に参戦した真島の最終戦の相手として戦い、敗れています。

46位:石尾田礼二

46位:石尾田礼二

『龍が如く7』に登場する八代目近江連合若頭補佐兼直参「石尾田組」組長。長年のライバルである東城会を壊滅に追い込んだ「神室町3K作戦」では、最前線で指揮を執っており、自分の欲しいものは力ずくで手に入れようとし、破天荒な言動が目立つ武闘派極道。

龍が如くの歴代キャラクター・強さランキングTOP45-41

45位:巌見恒雄

45位:巌見恒雄

『龍が如く6』に登場する広島を拠点とする極道組織「陽銘連合会」会長である伝説の極道「来栖猛」こと巌見兵三の息子であり、陽銘連合会のフロント企業「巌見造船」社長で、本作のストーリーにおける黒幕。韓国マフィア「真拳派」を抱き込んで、関東最大の極道組織「東城会」と中国マフィア「祭汪会」の同士討ちを図ったり、桐生一馬に対し腕尽くでは敵わないと見るや澤村遥とその息子のハルトを人質にとって桐生を手出しさせない様にした上で、結託している東城会幹部・菅井克己と共に一方的に痛めつけるなど、己の野心を実現させる為なら女子供を含めどんなものでも利用するばかりでなく、不必要となったり邪魔者となりうる存在は容赦なく排除し、その為ならばどんな汚い手段をも厭わないという姿勢を見せており最早、極道の道さえ踏み外すほどの異常な残虐性を併せ持った非常に性根の腐った下衆野郎。

44位:金井嘉門

44位:金井嘉門

『龍が如く5』に登場する近江連合直参「逢坂興業」若頭。強面かつ2m近い身長と屈強な体格の持ち主で、それに加えて秋山駿の足技を何度受けても立ち上がる程のタフさも持ち合わせている。戦闘では貫手や手刀といった危険な攻撃を多用し、最終決戦ではドスも使用します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

乙女ゲームの人気おすすめランキング70選と口コミ【2024最新版】

イケメンアイドル育成や学園生活など、近年ゲームジャンルとして急速にタイトル数を増やしているのが、女性向け覧愛…

maru.wanwan / 596 view

RPGゲームのラスボス最強ランキングTOP25【2024最新決定版】

RPGゲームにおけるラスボスという存在は、強いものもいれば拍子抜けの存在もいます。今回はガチで倒せない、あま…

石もち / 8715 view

歴代PS4ゲームソフト売上ランキング100選【2024最新版】

ソニーから発売している人気ゲーム機器のPS4は、多くのゲームファンから支持を集めています。そしてPS4に対応…

maru.wanwan / 3999 view

FFの女性キャラクター美女ランキングTOP40【2024最新版】

人気RPGゲームのシリーズである『ファイナルファンタジー』 (FF) には人気を支えるさまざまな美女キャラが…

maru.wanwan / 6926 view

子供向けニンテンドースイッチソフト30選!人気おすすめランキング【2024最新版】

家の中ではもちろん、外出先でも遊べるニンテンドースイッチは、子供たちの間で大人気です。そこで今回は、子供向け…

maru.wanwan / 675 view

プロゲーマーの年収ランキング10選!日本人・世界別【2024最新版】

近年、eスポーツを筆頭に様々なゲーム大会が行われる中、多額の賞金獲得を目的とするプロゲーマーが話題になってい…

maru.wanwan / 4619 view

3DSのおすすめゲームソフト90選!人気ランキング最新版【2024最新版】

世界で7000万台以上の売上を誇り、携帯ゲーム業界のシェアトップクラスを誇るNintendo 3DS。ソフト…

石もち / 1653 view

スポンサードリンク

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

クロノトリガーのキャラ人気&強さランキング50選【2024最新版】

タイムマシンで過去や未来を行き来しながら冒険するRPGゲームの「クロノトリガー」ですが、人気キャラ、強いキャ…

maru.wanwan / 1202 view

サクラ大戦の歴代キャラクター強さ&人気ランキング28選【2024最新版】

蒸気技術が発達した架空の「太正時代」を舞台に繰り広げられる、スチームパンク作品の「サクラ大戦」ですが、みなさ…

maru.wanwan / 7505 view

バウンティラッシュの最強キャラ・強さランキング46選【2024最新版】

ワンピースのキャラクターを使って、最大4人vs4人で対戦する本格アクションゲームの「バウンティラッシュ」。今…

maru.wanwan / 14114 view

ゲーミングモニターのおすすめ人気ランキング22選と口コミ【2024最新版】

ゲームでの使用を主目的に設計された製品であるゲーミングモニター。今回はゲーミングモニターの選び方とおすすめ人…

maru.wanwan / 280 view

高額レアなポケモンカード100選・人気ランキング【2024最新版】

買取価格が数百万円にも上り、闇バイトによる強盗事件のターゲットにもなり社会問題化している高額レアなポケモンカ…

maru.wanwan / 4748 view

パルワールド強さランキング100選!戦闘最強のパルとは【2024最新版】

話題沸騰のゲーム「Palworld / パルワールド」。ゲームの舞台であるパルパゴス島には「パル」と呼ばれる…

maru.wanwan / 6289 view

FF人気キャラのイケメンランキングTOP35【2024最新版】

人気RPGゲームである『ファイナルファンタジー(FF)シリーズ』は、男性イケメンキャラが多数登場することでも…

maru.wanwan / 8348 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング