スポンサードリンク

UMA未確認生物とは

概要

概要

未確認生物は世界中で目撃例があり、それらが家畜や人間を襲ったとされる事件などもあります。また、画像やビデオとして残されているものもあります。ネッシーが生息すると言われたネス湖のように、特定の場所や地域で目撃される場合はその場所が観光スポットとなることもあります。

天狗や鬼のような妖怪の類や、小説などのために創作された存在は未確認動物に含まれませんが、これら架空の生物が未確認生物として存在するかのように思わせる見世物として、猿や鯉、エイなどの動物の死体を継ぎ合わせたミイラが江戸時代の日本で作られたこともあります。 猿やカワウソの前脚が「河童の手のミイラ」と言われるなど、既知の動物の死骸や痕跡が未確認動物のものとして保管されている例もありますが、中には既知の動物には当てはまらない物もあるとされています。

有名なUMA未確認生物ランキングTOP60-56

60位:アッシー

60位:アッシー

アッシーは、神奈川県の芦ノ湖に潜んでいるといわれるUMAで、世間を席捲 (せっけん) したネッシーブームに (便乗して) 現れ、あっという間に忘れ去られてしまった悲しきUMAとも言われています。アッシーの正体ですが、おそらくは巨大化した魚、またはウナギではないかといわれています。

59位:シュパカブラ

59位:シュパカブラ

チュパカブラは、主に南米で目撃される吸血UMAで、チュパカブラスとも呼ばれています。1995年2月頃に初めてプエルトリコでその姿が目撃され、チリやメキシコ、アルゼンチンなどの南米各地、さらにはアメリカにまでその目撃例があります。

その被害は家畜に留まらず、人間も襲われています。これは現地でニュースとして扱われており、日本でも一部報道されました。「チュパカブラによるものではないか」という推測を含めれば、被害件数は1000件を軽く超えるという話もあります。

58位:モンキーマン

58位:モンキーマン

モンキーマンとは、UMAの一種で、インドの首都ニューデリーに、2001年の4月から5月にかけて出没しています。当時は「2000年代最大のUMA騒動」として大きな話題となり、解決には警察が動員されました。多くの目撃者によると、体長は1.5m~1.8mほどで、「猿のように上半身は毛深く、鋭い爪を持つ怪物」とされています。

57位:ジャノ

57位:ジャノ

ジャノは、UMAの一種で、トルコのヴァン湖に棲息するといわれています。1997年5月にユズンジュ・ユル大学助手のウナル・コザックが、ヴァン湖でジャノと思われる生物を発見、ビデオ撮影に成功、これは未確認生物を撮影したとされる映像では異例ともいえる鮮明なものでした。

56位:メロン・ヘッド

56位:メロン・ヘッド

メロンヘッドは、アメリカ合衆国のミシガン州、オハイオ州、コネチカット州など、様々な州の都市伝説に登場する未確認生物です。メロンのような形をした非常に大きな頭をした小さな人型生物として語られています。ミシガン州で主に言われている伝承によると、メロンヘッドは元はミシガン州西部の収容所にいた水頭症の子供たちであり、そこで医師から残酷な虐待を受けており、後に付近の森に捨てられたという。メロンヘッドが収容所から逃げる前に虐待していた医師を殺したという話もあり、メロンヘッドと医師の幽霊を見たと主張する若者がいると噂されています。

有名なUMA未確認生物ランキングTOP55-51

55位:アルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダー

55位:アルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダー

アルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダーは、1981年7月22日に神奈川県横浜市で日本の女性が発見した宇宙生物、とされている未確認動物です。主な特徴は、光る目とビーバーの様に大きな尻尾である。毛の色は赤茶色。全体的にはネコに似ており、ネコそのものではないかという指摘もあります。

54位:シーサーペント

54位:シーサーペント

シーサーペントとは、海洋で目撃、あるいは体験される、細長く巨大な体を持つ未確認生物(UMA)の総称で、大海蛇とも呼ばれています。正体が特定されたものはほとんどありませんが、目撃例は中世以降多数存在し、中世から近代にかけて作成された世界地図の海洋を示す部分にはシーサーペントの絵が記されていることが多くあります。

53位:フラットウッズ・モンスター

53位:フラットウッズ・モンスター

フラットウッズ・モンスターは、1952年9月12日にアメリカ合衆国ウェストヴァージニア州のブラクストン郡フラットウッズの町でUFOとともに目撃されたといわれる有名な「宇宙人」、あるいは未確認生物です。数日後には全米の新聞紙面、ラジオ、テレビで報道され、地元のみならず全米でもパニックとなり、その年の7月に首都ワシントンD.C.上空で謎の飛行物体が相次いで目撃されています。

52位:グロブスター

52位:グロブスター

グロブスターは海岸に漂着する謎の肉塊で、日本の海岸にも漂着した例が21世紀に入ってからだけでも複数ある未確認生物です。異臭を放ち、時に体長は10メートルに達することもあります。全身は毛のようなものに被われており、突起などがあり、一説には鯨の死骸の表皮などが剥離し、筋繊維が露出した脂肪なのではないかと言われていますが、調べられたことは無く真偽は不明とされています。

51位:ミネソタ・アイスマン

51位:ミネソタ・アイスマン

ミネソタ・アイスマンは、1960年代後半にアメリカのミネソタ州で氷漬けの死体で発見された未確認動物(UMA)です。1960年代後半にアメリカミネソタ州で氷漬けの死体で発見され、何らかの手段でフランク・ハンセンという人物がミネソタ・アイスマンを入手し、アメリカ各地で見せ物として、このミネソタ・アイスマンを「氷河期から来た男」という触れ込みで一般公開されました。

有名なUMA未確認生物ランキングTOP50-46

50位:グローツラング

50位:グローツラング

グローツラングは、南アフリカ共和国リフタスフェルトのオレンジ川近くに生息すると言われている大蛇で、精霊のヘビであり、遭遇したものには災いが降りかかると伝えられています。全長は12m、眼球として宝石が嵌め込まれており、大量のダイヤモンドが埋蔵されている洞窟(「底なしの洞窟」)の中で、ダイヤモンドを守っていると伝えられています。

49位:クラーケン

49位:クラーケン

クラーケンは北欧に伝わる「海の怪物」で、タコやイカなど巨大な頭足類のような描写が多くみられます。中世から近世にかけてノルウェー近海やアイスランド沖に出現したと伝わる未確認生物で、19世紀のアフリカ南部はアンゴラ沖に現れた海の怪物もクラーケンでないかと言われています。

48位:モンゴリアン・デス・ワーム

48位:モンゴリアン・デス・ワーム

モンゴリアン・デス・ワームはゴビ砂漠周辺に生息するといわれている、巨大なミミズやイモムシのような未確認動物(UMA)です。牛の腸に似ている事から、現地ではオルゴイホルホイと呼ばれています。モンゴリアン・デス・ワームの捕獲例は無く、撮影された映像も存在していません。

47位:ヒバゴン

47位:ヒバゴン

ヒバゴンは、日本に生息すると言われている、類人猿型の未確認生物で、1970年代に、広島県比婆郡西城町油木・比婆郡比和町・庄原市の中国山地にある比婆山連峰において目撃されています。

46位:キャディ

46位:キャディ

キャディは、UMAの一種で、現在も北太平洋に棲息していると言われています。1992年12月に、アメリカ動物学研究会で、海洋生物学者ポール・レブロンドと動物学者エド・バウスフィールドらがキャディに関する論文を発表。それによれば、カナダに繁殖地があるとされているキャディは、現在も棲息していると書かれています。また、1968年にキャディの幼生らしき捕獲報告もされています。

有名なUMA未確認生物ランキングTOP45-41

45位:オウルマン

45位:オウルマン

オウルマンは、フクロウ男とも呼ばれ、UMAの一種で、イギリスに生息するといわれています。目撃場所にちなみ、「コーンウォールのフクロウ男」や、「モウナンのフクロウ男」と呼ばれることもあります。目撃情報によれば、成人男性並みの体長で、その名の通りフクロウに似た外見とされています。また、尖った耳と赤い目を持ち、爪は黒くはさみのような形状をしています。

44位:マラウイ・テラー・ビースト

44位:マラウイ・テラー・ビースト

マラウイ・テラー・ビーストとは、2003年にマラウイの首都リロングウェからおよそ100キロの距離にある中部州のドーワ県にて出現した未確認生物で、この獣によって少なくとも3人が死亡し、16人が重傷を負わされました。

43位:ヤマピカリャー

43位:ヤマピカリャー

ヤマピカリャーは、元はイリオモテヤマネコであったと考えられている未確認生物です。しかし体長がイエネコの倍ほど、尾が約60センチメートルほどで、イリオモテヤマネコとは模様の違う大型のネコ科動物が現地の人によって幾度か目撃されています。

42位:スカンク・エイプ

42位:スカンク・エイプ

スカンク・エイプはアメリカ合衆国、フロリダ州エバーグレーズ国立公園で目撃されている類人猿型の未確認生物(UMA)で、名前が表す通り、大変な異臭を放つと言われています。外見はオランウータンに近く、褐色の体毛に覆われ、人間のように二足歩行で歩くことができます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

飼いにくい犬ランキング10選~特徴と性格も紹介【2024最新版】

犬は「カワイイ」だけでは飼育を続けていくのが困難です。今回は、人気のあるペットだけれど飼育のしにくい犬をラン…

remochan8818 / 618 view

犬のハーネスおすすめ25選!人気ランキングと選び方&口コミ【2024最新版】

犬のハーネスは、首輪よりも犬への負担が少なく犬にやさしい素材やつくりが特徴です。そこで今回は、小型犬・中型犬…

remochan8818 / 212 view

室内犬の飼いやすいランキング20種類と口コミ【2024最新版】

室内で犬を飼育したい場合には、犬の大きさや抜け毛の多さ、運動量の違いなど様々なことを考慮しなければなりません…

remochan8818 / 253 view

知能の高い動物20選!頭いい順ランキング【2024最新版】

頭がいいと言われている動物と聞いて何を思い浮かべますか?今回は知能の高い動物、頭いい動物をランキングで紹介し…

nakai / 2795 view

犬のペットシーツおすすめ20選!人気ランキングと口コミ~小型犬・中型犬・大型犬別【2…

犬のペットシーツは、吸収力や消臭力、コスパの良さなどを考慮しながら愛犬に合わせた大きさを選んであげましょう。…

remochan8818 / 140 view

モルモットの人気ランキング8種類~性格や特徴と値段も紹介【2024最新版】

一人暮らしの方や狭い家でも飼育しやすいモルモットは、小動物の中でも人気のあるペットです。今回はモルモットの人…

remochan8818 / 120 view

犬の人気ランキング100種類!おすすめの犬種ばかり【2024最新版】

犬は、世界で約700~800ほどの種類がいるといわれています。その中でも世界中で愛されている人気の犬100選…

remochan8818 / 333 view

スポンサードリンク

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

飼いにくい犬ランキング10選~特徴と性格も紹介【2024最新版】

犬は「カワイイ」だけでは飼育を続けていくのが困難です。今回は、人気のあるペットだけれど飼育のしにくい犬をラン…

remochan8818 / 618 view

動物の強さランキング30選!最強の生き物を公開【2024最新版】

自然界には陸や海を含めて様々な動物たちが生活しています。弱肉強食の世界で生き残る最強の動物はどのような動物な…

maru.wanwan / 1712 view

【飼いやすい】うさぎの人気ランキング20種類と口コミ【2024最新版】

うさぎは室内でも飼育することができ、その愛くるしい見た目からペットとして人気のある小動物です。そこで今回は、…

remochan8818 / 231 view

かわいい動物の人気ランキングTOP53【2024最新版】

動物園や水族館にはさまざまな動物がいますが、かわいい動物は見ているだけで癒されることがあります。今回は、かわ…

maru.wanwan / 3676 view

海洋生物の強さランキング30選!最強の海の生き物【2024最新版】

海には魚類や甲殻類、哺乳類など様々な海洋生物がおよそ100万以上存在しているといわれています。そこで今回は、…

maru.wanwan / 643 view

大型猫の人気ランキング10選~特徴と性格も紹介【2024最新版】

猫は比較的小柄な子が多いですが、体重10kg近くの可愛らしい大型の猫もたくさんいますよ。今回は、大型猫の人気…

remochan8818 / 158 view

イケメンな犬ランキング20種類!かっこいい犬種【2024最新版】

人間だけでなく、犬にもカワイイ系やかっこいい系など顔には様々な特徴があります。犬のイケメンNO.1に輝くのは…

remochan8818 / 250 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング