X JAPANとは

X JAPAN(エックスジャパン)は、日本を代表するヴィジュアル系ロックバンドで、1982年に当時高校生だったYOSHIKIとTOSHIを中心に彼らの出身地でもある千葉県館山市で結成されました。

1989年にX(エックス)としてメジャーデビュー、1992年にX JAPANに改名、1997年9月22日に解散を発表し、同年12月31日のラストステージで活動を一旦終了。2007年10月22日に再結成し、十数年越しの世界進出を果たしました。

KISSを髣髴とさせる派手なメイクや金髪を逆立てた髪型、派手なライブパフォーマンスは「ヴィジュアル系」と呼ばれるジャンルを生み出し、その先駆者ともなりました。

X JAPANのメンバー人気順ランキングTOP7【現在や2人の死因も解説】

7位:HEATH

プロフィール

プロフィール

本名 森江 博(もりえ ひろし)
生誕 1968年1月22日
出身地 兵庫県尼崎市
担当楽器 ベース/ギター/ボーカル

概要

概要

現在もX JAPANのベーシストとして活躍するHEATHは、1992年XにTAIJIの後任として加入、X JAPANとしての初ライブからソロコーナーを行う等TAIJIとは違った形でX JAPANを支えてきました。

X JAPANおよびソロ以外にもバンド活動を行っており、I.N.A.およびPATA等と結成した「Dope HEADz」、鈴木慎一郎と結成した「RATS」、ISSAYと結成した「Lynx」があります。

HEATHの原点

HEATHの原点

小学校4年生の時に母と兄に連れられて、大阪府立体育会館で行われたヴァン・ヘイレンのコンサートを初めて見て、そこでのサウンド、主にマイケル・アンソニーが奏でるベースに衝撃を受け、ロックに目覚めたとされています。それからは、ヴァン・ヘイレンやキッス、クイーン、モトリー・クルーなどを聴いていたようです。

真面目な性格なHEATH

真面目な性格なHEATH

SUGIZOとは、自身がX JAPAN加入以前からの知り合いで、そんなSUGIZOからは「ハードロック、ヘヴィメタルにどっぷりつかってきたロック小僧だと思うけれど、資質はクラシックプレーヤーに近いんじゃないかな。本当にマジメで、常に練習してるし、譜面どおりに完璧に演奏するタイプ」と真面目であることを証言しています。

6位:PATA

プロフィール

プロフィール

本名 石塚 智昭(いしづか ともあき)
生誕 1965年11月4日
出身地 千葉県千葉市
担当楽器 ギター

概要

概要

PATAは現在もX JAPANのギタリストとして活動しています。

酒と猫と読売ジャイアンツをこよなく愛する、かわいいおじさんとして人気のPATAは、X JAPANの癒し系として知られています。 愛称は石塚先生で、PATAという名は、漫画「パタリロ!」の主人公・パタリロに性格が似ているという理由で、メンバー等から呼ばれていたのをそのまま縮めて付けたとされています。

不動のメンバー

不動のメンバー

X JapanがCBSソニーに所属していた頃、かなりお世話になっていた元Xのプロデューサーによると、PATAは自分のまわりがどれだけ変化しようが、ずっと変わらないと話しており、メンバーの中でも最もマイペースで流されず、不動のメンバーとして人気を集めています。

誰よりも巨人を愛するPATA

誰よりも巨人を愛するPATA

2019年5月9日の深夜に放送されたテレビ番組、「有吉×巨人」に出演したPATAはそのあふれるほどの巨人愛を熱弁。それによりPATAが大の巨人ファンだということが広く知れ渡りました。

共演した神無月に「本業は?」と聞かれ、迷わず「巨人ファン!」と答えるほど本気の巨人ファンということがわかります。

5位:SUGIZO

プロフィール

プロフィール

本名 杉原康弘(すぎはら やすひろ)
生誕 1969年7月8日
出身地 神奈川県秦野市
担当楽器 ギター/ヴァイオリン/ベース/シタール/胡弓/トランペット/ピアノ/キーボード/シンセサイザー/ターンテーブル

概要

概要

SUGIZOは、現在も日本を中心に活動するミュージシャンであり、プロデューサーです。人気ロックバンドLUNA SEAとX JAPANのギタリストで、2008年のX JAPAN復活ライブにゲストギタリストとして参加、HIDEパートを演奏し、ライブ後に正式メンバーの加入を打診されますが、最初は断っていました。

理由は当時、S.K.I.N.に在籍していたこととhideのパートに入るのは非常にプレッシャーが大きかったためとされています。しかし、YOSHIKIの説得とX JAPANが新しい道を選ぼうとしていることから、2009年には正式メンバーとなります。

LUNA SEAとX JAPANの関係

LUNA SEAとX JAPANの関係

SUGIZOは、さまざまなセンスに優れていて積極的に活動しているhideを尊敬し、兄のように慕っていいたそうです。実際、hideがLUNA SEAを発掘し、Yoshikiに紹介してYoshikiの創ったレーベルであるエクスタシーレコードからインディーズアルバムを出しています。

それだけLUNA SEAとX JAPANの関係は深かったといえます。

モノ言うギタリスト

モノ言うギタリスト

SUGIZOはモノ言うギタリストとしても有名です。娘が生まれてから、環境問題に取り組むようになり、ソロ・ユニット活動と並行しながらイベントなどに多数出演している他、自身のブログなど、インターネット上で度々政治的発言を行うこともあります。

2011年の福島第一原子力発電所事故発生以降は坂本龍一らと共に脱原発を訴えており、2014年には脱原発を争点にして都知事選に出馬した細川護熙と対談を行っていることでも知られています。

4位:TAIJI

プロフィール

プロフィール

本名 沢田 泰司(さわだ たいじ)
生誕 1966年7月12日
出身地 千葉県市川市
死没 2011年7月17日(45歳没)
担当楽器 ベース/ギター/ピアノ/キーボード/コーラス

概要

概要

ベースのみならずギターもプレイし、X在籍時からアコースティックギターによる楽曲も数多く残している伝説のミュージシャンです。X初期の重要なメンバーの1人で、多くのファンから支持を集めていました。

X在籍時には、「日本最高のベーシスト」「ベースラインアレンジの天才」と称され、ライトハンドタッピングやスラップ奏法(チョッパー)によるベースソロを導入したり、アルペジオによって独特の演出を施し、存在感を発揮していました。

解雇

解雇

1989年、Xのメンバーとしてメジャーデビューを果たし、順調にスター街道を邁進していたかに見えましたが、1992年1月31日に突然の脱退が報じられました。しかし実際にはYOSHIKIによる解雇であったことが後に判明します。

Xからの公式な発表では音楽性とファッションの違いとされていましたが、TAIJI自身は自伝の中で「自分がバンド内での収入格差に文句を言ったのとYOSHIKIのドラムプレイに対して平気でダメ出しをする様になり、彼との間に軋轢が生じたからではないか」と述べています。

これに対してYOSHIKIは自伝『佳樹』の中で「TAIJIのベースはXに必要だったが、TAIJIが自分との約束をいとも簡単に破ったこと」を原因として挙げており、さまざまな憶測が飛び交いました。

死因はサイパンで自殺?

死因はサイパンで自殺?

TAIJIは2011年7月11日に成田空港からサイパンへ向かう航空機内で、当時のマネージャー・北見輝美と騒動を起こし窓や座席を叩いたり蹴ったりしたとして逮捕されます。その後、拘束中にベッドシーツで首を吊って自殺を図ったとされ、脳死状態に陥り、17日に死亡しました。

死因には謎が多く、家族が遺体と対面した際に首を吊った跡が見つからず、暴行を受けたような傷が目立ったことから、国に対して検証や再調査を求める署名活動を行っていました。

また、遺族がカルテの開示を要求するもカルテはなぜか紛失、死亡報告書から司法解剖も死後解剖も行われていないことが判明しています。

不審な点が多く他殺説も浮上していますが、当時のマネージャー・北見輝美が真相を知っているでしょう。本当の死因が明らかになる日を願います。

3位:Toshi

プロフィール

プロフィール

本名 出山利三
生誕 1965年10月10日
出身地 千葉県館山市
担当楽器 ボーカル/ギター/ピアノ

概要

概要

X JAPANのボーカリストとして活躍するToshiは、ハイトーンボイスの持ち主で、その歌声は国内の様々なバンドに影響を与え、ヴォーカリストに要求されるキーを一気に高くしたとも言われています。

洗脳事件

洗脳事件

Toshiは1998年から2010年までの長い間、MASAYAによる洗脳を受け、激しいDVを受けていたことを自伝の『洗脳 ~地獄の12年からの生還~』を元に公表しました。

復活

復活

Toshiはその後洗脳騒動から復活し、YOSHIKIとともにX JAPAN再結成を宣言します。2018年11月、ユニバーサルミュージックより、自身初のカバーアルバム『IM A SINGER』を発売。初週で22,946枚を売り上げ、オリコン週間アルバムチャートでは4位を記録し、アルバムでのトップ10入りは『GRACE』以来、23年ぶりとなりました。

2位:hide

プロフィール

プロフィール

本名 松本 秀人(まつもと ひでと)
生誕 1964年12月13日
出身地 神奈川県横須賀市
死没 1998年5月2日
担当楽器 ギター/ボーカル/ベース

概要

概要

1987年から1997年までX JAPAN(旧名:X)のギタリストとしてHIDE名義で活動、1993年より、hide名義でソロ活動も開始し、1996年にはレコードレーベル「LEMONed」(レモネード)を設立します。1997年のX JAPAN解散後はhide with Spread Beaver及びzilchでの活動を開始するも、1998年5月2日に急逝。

hideの音楽性

hideの音楽性

hideは、中学生の頃、初めて聴いたキッスのレコードに大きな衝撃を受け、ロックに目覚め、その中でキッス、ザ・クラッシュ、アイアン・メイデン、ディープ・パープル、ヴァン・ヘイレン、ダムド、レッド・ツェッペリン、ジャパンなどに影響を受けたそうです。

Xの「PSYCHEDELIC VIOLENCE CRIME OF VISUAL SHOCK」というフレーズを考案したことでも知られ、これがヴィジュアル系という言葉を生み出したのはhideと言われる所以になっています。

また、hideが音楽界に与えた視覚面や音楽面の影響は多大で、音楽ライターの市川哲史からヴィジュアル系はhideから始まってhideで終わったとも評されています。

死因は自殺?

死因は自殺?

1998年5月2日朝7時30分頃、hideは自宅マンション寝室のドアノブに掛けたタオルで首を吊った状態で発見され、病院に搬送されますが午前8時52分に死亡が確認されました。

当日午後3時頃から、「元X JAPANのギタリストhideが死亡、警視庁は自殺と断定」と速報で報道されると日本中に大きな衝撃を与え、遺体が置かれた築地本願寺には5万人にもおよぶファンが駆け付け、YOSHIKIが寺の正面に立ち、メッセージを送る事態になりました。

また、疲労と心労が重なったファンが次々と倒れ、救急車で病院に搬送され、さらに、「hideが自殺」と報道されていたためにファンの後追い自殺が築地本願寺境内をはじめ全国で相次ぎました。

死因についてはファンの間で「酒による事故死」「演出練習中の事故死」「自殺」と意見が分かれています。しかし、警察発表の通り自殺の可能性が高いでしょう。

1位:YOSHIKI

プロフィール

プロフィール

本名 林 佳樹(はやし よしき)
生誕 1965年11月20日
出身地 千葉県館山市
担当楽器 ドラムス/ピアノ/キーボード/ギター/シンセサイザー

概要

概要

YOSHIKIは、X JAPANのドラマー兼ピアニストとして活躍、バンドのリーダー、メインコンポーザーも務めています。X JAPANのほかにもViolet UK、L・O・X、V2、globe extreme、S.K.I.N.などに参加しています。

天才的ピアニスト

天才的ピアニスト

YOSHIKIは幼いころからピアノを弾き続け、X JAPANの曲のほとんどを自ら手掛けるなど素晴らしい才能を発揮、天才的ピアニストと評価されています。1999年には『天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典』のための奉祝曲を披露しています。

さらに1986年に設立したインディーズのレコード会社「エクスタシーレコード」は、LUNA SEAやGLAY、ZI:KILLなどを輩出し、ヴィジュアル系ムーブメントのパイオニアの1つとなるなど、音楽経営全般に精通したスペシャリストに成長を遂げています。

慈善活動

慈善活動

YOSHIKIは、幼くして父を亡くした経験から、とりわけ遺児救済に関わる活動に積極的で、2009年1月16日のX JAPANの香港公演『X JAPAN WORLD TOUR LIVE IN HONG KONG』では200人の孤児をコンサートに招待し、地元の非営利団体「仁愛堂」にコンサート収益の一部を寄付しています。

また、2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災者のためにYahoo! JAPANのチャリティ・オークションにX JAPANのコンサートで使用したカワイのクリスタル・ピアノ「CR-40A」や愛用品を出品し、落札金額を日本赤十字社に全額寄付しています。ピアノは同年4月28日に ¥11,001,000 で落札されました。また、交流のあるハリウッドの著名人にも被災地の義援金協力を呼びかけ、マリリン・マンソン、アンソニー・キーディス、スタン・リー、ロバート・パティンソン、ジェームズ・フランコ、リース・ウィザースプーンなどが寄付を申し出ています。

関連するキーワード

関連するまとめ

Superfly人気曲ランキングTOP53【2020最新版・動画付き】

圧倒的な歌唱力を誇る音楽ユニット「Superfly(スーパーフライ)」の人気曲をランキング形式まとめてみまし…

rogi / 195 view

二代目J Soul Brothersのメンバー&人気ランキングTOP7まとめ【202…

初代J Soul Brothersの解散から約6年後の2007年1月25日に新たなメンバーで二代目J Sou…

rirakumama / 826 view

劇団EXILEのメンバープロフィール&人気ランキング!脱退したメンバーの現在は?【2…

劇団EXILEとは、ゼネラルプロデューサーを務めるHIROさんが立ち上げた劇団です。今回は、そんな方のために…

rirakumama / 1431 view

ゴールデンボンバー人気曲ランキングTOP40【最新版】

ビジュアル系バンドの金爆こと「ゴールデンボンバー」の代表曲・人気曲ランキングTOP40を動画付きで紹介します…

m_and_m / 75 view

浜崎あゆみ人気曲TOP80!ファンが選んだ名曲ランキング【動画付き・2020最新版】

1998年にデビューを果たした浜崎あゆみさん。今回はファンが選んだ浜崎あゆみさんのおすすめ曲や人気曲をランキ…

rogi / 188 view

川嶋あい人気曲ランキングTOP40【動画付き・ファンが選んだ名曲集・2020最新版】

シンガーソングライターとして活動を続けている川嶋あい。音楽ユニット「I WiSH」のボーカルも務める等幅広く…

石もち / 329 view

歌手・アーティストのかわいい女性ランキング30選【日本・海外】【2020最新版】

国内外のかわいい女性歌手・アーティスト30人厳選!日本・海外それぞれで1位に輝いたのは誰でしょうか?ランキン…

cibone / 2116 view

Salyuの人気曲ランキング15選&アルバム5選【動画付き・2020最新版】

映画「リリィ・シュシュの全て」の中のアイコン的存在「Lily chou-chou」として圧倒的な歌声を披露し…

rogi / 226 view

歌手・アーティストのイケメン男性ランキング30選【日本・海外】【2020最新版】

国内外の男性歌手・アーティストの中で、イケメン度が高い人を30人厳選したのでランキング形式でご紹介します!日…

cibone / 2458 view

PUFFYの人気曲40選!名曲ランキング最新版【動画付き・2020最新版】

日本のみならず海外でも人気の女性ボーカルユニットのPUFFY(パフィー)の人気曲・代表曲をランキング形式でま…

rogi / 82 view

2000年代の邦楽ヒット曲ランキング100選【動画付き】

2009年代の邦楽ヒット曲を年代別にランキング形式でまとめてみました。2000年・2001年・2002年・2…

rogi / 100 view

人気歌手の年収ランキング!35人の推定収入を紹介【2020最新版】

アイドル・俳優、そしてお笑い芸人たちの中には、歌手・アーティストとして成功を収めた人も少なくありません。そこ…

kent.n / 6979 view

女性ソロ歌手の人気ランキングTOP45最新版【アーティスト】【2020年版】

日本の芸能界には、魅力的な楽曲で日本中を魅了する女性歌手が大勢活動しています。今回は、全45人の女性歌手・ア…

kent.n / 5189 view

竹内まりやの人気曲ランキングTOP45&アルバム6選【2020最新版】

日本最高峰のシンガーソングライターとして、幅広い世代に支持されている竹内まりや。そんな竹内まりやの手掛ける人…

rogi / 236 view

SPEED人気曲ランキング40選&アルバム5選【2020最新版】

沖縄アクターズスクールが送り出した4人組ダンスボーカルユニット『SPEED(スピード)』。今回はSPEEDた…

rogi / 102 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

洋楽ロックバンドの人気ランキング最新TOP37【海外・2020年版】

ロックバンドの歴史はアメリカから始まり、ヨーロッパからも多くの大物バンドが誕生しています。そこで今回は、世界…

kent.n / 5584 view

Suchmosの人気曲30選!おすすめアルバムもランキング【2020最新版・動画あり…

多彩な音楽性でファンを拡大中の人気バンドSuchmos(サチモス)。2018年の横浜アリーナ公演でファンにな…

kent.n / 126 view

GENERATIONSの人気曲ランキングBEST47【2020最新版・動画付き】

ピーカーブーダンスで人気急上昇中のダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS」のおすすめ楽曲をまとめま…

rirakumama / 301 view

ラブソング名曲ランキングTOP100【動画あり・2020最新版】

恋している人もそうでない人も、淡い気持ちになりたい時に聴きたくなるラブソングの数々。邦楽はラブソングが中心で…

kent.n / 319 view

Official髭男dismの人気曲ランキングTOP30【2020最新版・動画付き】

Official髭男dismは、2012年結成され、2019年には第70回NHK紅白歌合戦に出場しました。今…

maru.wanwan / 425 view

サザンオールスターズの人気曲ランキング!名曲60選【2020最新版】

2018年でデビュー40周年を迎えた国民的バンド、サザンオールスターズの人気曲をランキング形式でご紹介します…

cibone / 1577 view

【ラルク】L’Arc〜en〜Cielの人気曲50選!ジャンル別にランキング形式で紹介…

2017年に結成25周年を迎えたロックバンド、L’Arc〜en〜Ciel(ラルク・アン・シエル)の人気曲をジ…

cibone / 250 view

the brilliant greenの人気曲ランキング42選&アルバム6選【動画付…

1995年に京都で結成されたバンドthe brilliant green(ブリグリ)。川瀬智子はソロプロジェ…

rogi / 184 view

GENERATIONSのアルバムおすすめTOP5【2020最新版】

三代目JSBの弟分として2012年にデビューを果たしたGENERATIONS。2018年1月には初のベストア…

rirakumama / 166 view

エレファントカシマシの人気曲!おすすめ名曲45選【動画付き・2020最新版】

日本が誇るロックバンド「エレファントカシマシ」・デビュー30周年を迎え、衰えるどころかますます攻めた姿勢をみ…

cibone / 561 view

中島美嘉の人気曲45選!名曲ランキング最新版【動画付き・2020最新版】

壮大なバラードソングで聴く者を魅了する中島美嘉の人気曲・代表曲をランキング形式でまとめてみました。中島美嘉の…

rogi / 76 view

人気歌手の年収ランキング!35人の推定収入を紹介【2020最新版】

アイドル・俳優、そしてお笑い芸人たちの中には、歌手・アーティストとして成功を収めた人も少なくありません。そこ…

kent.n / 6979 view

2000年代の洋楽ヒット曲ランキングTOP50【動画付き】

2000年代の洋楽ヒット曲をランキング形式でまとめてみました。あの懐かしい名曲も2000年代の洋楽ヒット曲ラ…

rogi / 128 view

DAOKOの人気曲ランキングTOP39【ファンが選んだ名曲集・2020最新版】

個性的な世界観と表情豊かな歌声で人気を集める女性ラップシンガーDAOKO(だをこ)。ニコニコ動画出身でもある…

rogi / 111 view

GLAYの人気曲ランキング!ベテランファンが選ぶ52選【2020最新版】

ファン歴20年以上のベテランファンが紹介・解説する、GLAY(グレイ)の人気曲ランキングを大発表! GLAY…

cibone / 541 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング