スポンサードリンク

沢村賞とは

沢村賞は正式には沢村栄治賞といい、日本プロ野球における特別賞の一つとされています。1974年に読売新聞社が戦前のプロ野球黎明期において、剛速球投手として名を馳せた沢村栄治の栄誉と功績を称えて制定されました。

沢村賞の決定方法

沢村賞の選考基準は7項目ありますが、必ずしも7項目全てをクリアしなければならないわけではないため、正確には参考基準であり、あくまでも沢村賞選考委員会の審議により決定されます。選考委員のメンバーは原則5名で、セ・リーグ(基本的には受賞経験者)及びパ・リーグで先発投手として活躍した元選手が起用され、現職の日本プロ野球監督やコーチングスタッフからは器用されません。2018年度の委員は堀内恒夫を委員長に、平松政次、村田兆治、北別府学、山田久志の5名です。

沢村賞の選考基準

〇登板試合数 → 25試合以上
〇完投試合数 → 10試合以上
〇勝利数 → 15勝以上
〇勝率 → 6割以上
〇投球回数 → 200イニング以上
〇奪三振数 → 150個以上
〇防御率 → 2.50以下
補足項目 7回で自責点3点以内という独自基準のQS率

沢村賞の歴代最強ランキングTOP25-21

25位:星野仙一

闘将

闘将

出身地 岡山県児島郡福田町
(のちの倉敷市)
生年月日 1947年1月22日
没年月日 2018年1月4日(70歳没)
身長 180 cm
体重 80 kg

タイトル
最高勝率:1回 (1975年) ※当時連盟表彰なし[148]
最多セーブ投手:1回 (1974年) ※セ・リーグの初代最多セーブ投手
表彰
沢村栄治賞:1回 (1974年)
月間MVP:2回 (1975年9月、1977年8月)
正力松太郎賞:2回 (2003年、2013年)
パ・リーグ最優秀監督賞 (2013年)
報知プロスポーツ大賞特別功労賞 (2003年)

星野仙一は闘志を前面に打ち出した投球スタイルが特徴で、特に巨人戦になると闘志を燃やしていたため、「闘将」「燃える男」と呼ばれていました。そんな星野仙一は1974年に49試合に登板して7完投、15勝、防御率2.87で沢村賞を獲得しています。通算146勝をあげ、引退後は監督としても活躍し、東北楽天ゴールデンイーグルスを球団史上初の日本一に導いたことでも知られています。

24位:平松政次

カミソリシュート

カミソリシュート

出身地 岡山県高梁市
生年月日 1947年9月19日
身長 176 cm
体重 74 kg

タイトル
最多勝利:2回 (1970年、1971年)
最優秀防御率:1回 (1979年)
表彰
沢村栄治賞:1回 (1970年)
ベストナイン:2回 (1970年、1971年)
最優秀投手:2回 (1970年、1971年)
野球殿堂:エキスパート部門 (2017年)
岡山市民スポーツ栄誉賞 (2017年)[19]
高梁市市民栄誉賞 (2017年)[20] ※受賞者第1号
岡山県スポーツ特別顕賞:1回 (2017年)

平松政次は、カミソリシュートの異名をもつとおり、高速かつ凄まじい切れ味を誇るシュートを武器に、大洋ホエールズで18年間で201勝をあげる活躍を見せた大投手です。1970年には25勝で最多勝を獲得し、沢村賞のタイトルを手にしています。2017年には野球殿堂入りも果たした優れた投手です。

23位:大野豊

昭和最後の沢村栄治賞

昭和最後の沢村栄治賞

出身地 島根県出雲市
生年月日 1955年8月30日
身長 177 cm
体重 75 kg

タイトル
最優秀防御率:2回 (1988年、1997年)
最優秀救援投手:1回 (1991年)
表彰
沢村栄治賞:1回 (1988年)
月間MVP:3回 (1984年4月、1989年8月、1997年4月)
ファイアマン賞:1回 (1991年)
野球殿堂競技者表彰(2013年)

大野豊は、腰を極端に低くして、大地に踏ん張るように軸足を深く沈み込ませて溜めを作る、独特の投球フォームで、この溜めと数々の変化球によって打者のタイミングを外すことを得意としました。そして1988年には14完投で13勝をあげ、防御率1.70という素晴らしい成績をおさめて昭和最後の沢村賞を獲得しました。先発として148勝をあげ、その後抑え投手に転向し、138セーブとどの役割もこなすオールラウンド投手として活躍、2013年に野球殿堂入りを果たした大投手です。

22位:ダルビッシュ有

NPB通算防御率1点台

NPB通算防御率1点台

出身地 大阪府羽曳野市
生年月日 1986年8月16日
身長 195.6 cm
体重 99.8 kg

タイトル
NPB
最優秀防御率:2回(2009年、2010年)
最多奪三振:3回(2007年、2010年、2011年)
最高勝率:1回(2009年) ※最優秀投手として表彰
MLB
最多奪三振:1回(2013年)
表彰
NPB
沢村栄治賞:1回 (2007年)
最優秀選手:2回 (2007年、2009年)
ベストナイン:2回 (投手部門:2007年、2009年)
ゴールデングラブ賞:2回 (投手部門:2007年、2008年)
月間MVP:5回 (投手部門:2007年8月、2008年3月・4月、2008年9月、2009年5月、2011年5月)
最優秀投手:1回 (2009年)
ゴールデンスピリット賞:1回 (2010年)
パ・リーグクライマックスシリーズ第2ステージMVP:1回 (2007年)
日本シリーズ敢闘選手賞:1回 (2007年)
日本シリーズ優秀選手賞:1回 (2006年)
セ・パ交流戦優秀選手賞(日本生命賞):1回 (2009年)
オールスターゲーム優秀選手賞:1回 (2007年第1戦)
フレッシュオールスターゲーム優秀選手賞:1回 (2005年)
最優秀JA全農Go・Go賞:1回(2011年)
JA全農Go・Go賞:2回(最多奪三振賞:2009年5月、2011年6月)
「ジョージア魂」賞:2回(2010年度第4回、2011年度第4回)
パ・リーグ特別表彰:1回(両リーグ初の5年連続防御率1点台:2011年)
札幌ドームMVP:3回(2005年、2008年、2011年)
札幌ドームMVP特別賞:1回(2007年)
MLB
ア・リーグ月間新人MVP:1回(2012年4月)

ダルビッシュ有は、イラン人の父と日本人の母の間に生まれた選手です。最速159km/hの伸びのあるストレートに数種類のスライダー、カットボール、球速の違うカーブ、数種類のフォークを巧みに操り、NPB通算防御率1点台を誇る優れた投手です。2007年には12完投、15勝、210奪三振、防御率1.87という抜群の好成績で沢村賞を獲得しました。とにかく負けない投手として活躍し、NPB通算93勝38敗で勝率は驚異の.710を誇り、ダルビッシュが投げる日は相手チームファンは諦めてしまうという逸話があります。2012年からはメジャーリーグのテキサス・レンジャーズにポスティング移籍、その後ドジャースへ移籍してメジャー通算では57勝を誇ります。

21位:野茂英雄

トルネード投法

トルネード投法

出身地 大阪府大阪市港区
生年月日 1968年8月31日
身長 188 cm
体重 99.8 kg

タイトル
NPB
最多勝利:4回 (1990年 - 1993年)
最優秀防御率:1回 (1990年)
最多奪三振:4回 (1990年 - 1993年)
最高勝率:1回 (1990年)
MLB
最多奪三振:2回 (1995年、2001年)
表彰
NPB
沢村栄治賞:1回 (1990年)
最優秀選手:1回 (1990年)
新人王 (1990年)
ベストナイン:1回 (投手部門:1990年)
月間MVP:2回 (投手部門:1990年6月、1992年8月)
野球殿堂競技者表彰(2014年)
MLB
新人王 (1995年)
月間MVP:2回 (投手部門:1995年6月、1996年9月)

野茂英雄は大きく振りかぶり、背中を打者に向ける独特のトルネード投法が特徴で、最速152km/hの伸びのあるフォーシームと鋭く落ちるフォークボールを武器として、抜群の奪三振率を誇る大投手です。NPB、MLB通段奪三振率は9.28で、1回に1つの三振を奪います。1990年には21完投で235回を投げ、18勝をあげて勝率は.692、奪三振は287、防御率2.91で沢村賞のタイトルを獲得しています。1990年から1994年まで近鉄のエースとして78勝をあげ、1995年からはメジャーリーグで活躍し、123勝をあげました。日米通算201勝をあげる野球殿堂選手です。

沢村賞の歴代最強ランキングTOP20-16

20位:ジーン・バッキー

初の外国人沢村賞投手

初の外国人沢村賞投手

出身地 ルイジアナ州ラファイエット
生年月日 1937年8月12日
身長 191 cm
体重 91 kg

タイトル
最多勝利:1回 (1964年)
最優秀防御率:1回 (1964年)
表彰
沢村栄治賞:1回 (1964年)
ベストナイン:1回 (投手部門:1964年)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

歴代男子ゴルフ選手イケメンランキングTOP22【2024最新版】

イケメンが多い男子ゴルフ選手は、ナイスショットの隙間に見せる輝かしい笑顔も魅力ですよね!ここでは、全世界の男…

kent.n / 3285 view

【野球/投手】ピッチャー球速ランキング~日本・世界別TOP35【2024最新版】

野球の醍醐味は特大のホームランというかたも多いかと思いますが、160キロを超えるような剛速球もまた一つの醍醐…

maru.wanwan / 6359 view

男子スキージャンプ選手の歴代人気ランキング30選【2024最新版】

冬のオリンピックの注目競技である男子スキージャンプは、日本でも長野オリンピックでの日の丸飛行隊の活躍で話題に…

maru.wanwan / 1323 view

【歴代】男子バレーボール選手イケメンランキングTOP38【2024最新版】

女子バレーボールよりも話題になりにくい男子バレーボール選手たちですが、歴代の選手たちはイケメンばかりなのです…

kent.n / 2228 view

オリンピック日本人メダリスト・歴代最強ランキング100選【2024最新版】

筋書きのないドラマが展開される4年に1度のオリンピックですが、これまで数多くの日本人メダリスト(金メダル・銀…

maru.wanwan / 838 view

平昌オリンピックのメダル数!日本国内&国別獲得ランキングまとめ【決定版】

2018年2月、平昌オリンピックが開催され、日本でも大きな盛り上がりを見せましたね。合計13個もメダルを日本…

kent.n / 391 view

プロ野球選手の愛車ランキング32選~高級車ばかり【2024最新版】

年俸1億円プレーヤーも続々と誕生しているプロ野球界ですが、選手は自分の身体を守るために高級車を利用して移動し…

maru.wanwan / 7886 view

スポンサードリンク

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

歴代の女子ラグビー選手・かわいい人気ランキングTOP20【2024最新版】

今回は歴代のかわいい女子ラグビー選手の人気ランキングTOP20を紹介します。ラグビーは今や男子だけのスポーツ…

maru.wanwan / 3356 view

【歴代】男子体操選手イケメンランキングTOP30【2024最新版】

見る人を圧倒させる演技でも知られる男子体操選手たちは、イケメンの選手が多いことでも注目を集めていますね。ここ…

kent.n / 1680 view

テニス選手のラケット破壊10選~衝撃順にランキング【動画付き・2024最新版】

テニスの試合を見ていて、イライラが募り、ついラケットを叩き壊してしまうような衝撃的なシーンを目にすることがあ…

maru.wanwan / 793 view

女子ボクシング選手の歴代強さランキング30選!日本人・世界別【2024最新版】

2001年には世界女子ボクシング選手権大会が開催され、2012年ロンドンオリンピック以降の採用も確定した女子…

maru.wanwan / 1723 view

メジャーリーグのホームラン数ランキング100選!年間TOP50・歴代通算TOP50【…

近年、日本人選手のメジャーリーグ(MLB)での活躍が話題となり、歴代の本塁打数の記録にも注目が集まっています…

maru.wanwan / 1589 view

体操選手の世界ランキング32選~男子/女子別【2024最新版】

日本の体操選手といえば内村航平、白井健三、村上茉愛が有名ですが、世界の体操選手にはどのような選手がいるのか気…

maru.wanwan / 2686 view

サッカー国の強さランキングTOP100~世界最強の代表チームとは【2024最新版】

世界にはどれだけの国の代表チームが存在し、どの国が歴代最強のサッカー国なのか気になったことはありませんか?そ…

maru.wanwan / 750 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング